愛しのストレンジマン

itoshi no strange man

可爱的怪咖

愛しのストレンジマン
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神17
  • 萌×216
  • 萌10
  • 中立4
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
12
得点
183
評価数
48
平均
3.9 / 5
神率
35.4%
著者
amco 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
心交社
レーベル
Chocolat comics
発売日
価格
¥629(税抜)  
ISBN
9784778120801

あらすじ

小さくてちんちくりんの大学生・豪は、理想そのものみたいにかっこいい親友の豊に恋をしていた。
けれど勇気を振り絞った告白は「うん」の一言で流されてしまう。
拒否られた…!と嘆く豪に、友人は言った。
「まったく伝わってないと思う」と。
そう、豊は恵まれた顔面と引きかえに(?)色々失った、植物系超絶ぼんやり男子だったのです。
豪は好き好きアピールを始めるが効果なし。
そのうえ豊には付き合っている人がいる“らしい”と豊自身が言い出し――。

表題作愛しのストレンジマン

根本豊,大学生
山岡豪,攻に片想いをしている親友の同級生

同時収録作品パラボラ

高橋,東京から来た転校生  ?
瀬川,田舎の高校生,攻のクラスメイト  ?

その他の収録作品

  • 愛しのストレンジマン 豪のはなし
  • 愛しのストレンジマン 豊のはなし
  • 愛しのストレンジマン 二人のはなし 前編
  • 愛しのストレンジマン 二人のはなし 後編
  • あとがき(描き下ろし)
  • カバー下:キャラ説明・漫画

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数12

決めつけたらいかんよね…

冒頭から、豪が大きな声で恋バナしていて
そういうのってもっと他の人に聞こえないようにするものじゃないか…??と気になり
その後も結構な割合で声がデカいのであまり良い印象が無いまま
(悪いコでは無いんですが好みの問題ですすみません)
更には豊に経験があることを「そんなの…っ、豊じゃない!!」と決めつけていて
ショックだったにしてもそれは無いんじゃないのかな。
そもそも大学生にもなって0721したこともない豪の方が稀なわけで…。
豊が見た目だけと周りに言われても豪が一緒にいて楽しくて豊も嬉しいんだから
二人が良ければ何も問題はありませんが。
アホのコ受けがやっぱり苦手…。
友人のタクミくんは面白がりながらもアドバイスくれたりして、
アキラくんは目つきは多少鋭いけど友だち思いで二人はいいヤツでした。

同時収録の読み切り作品、いくら綺麗な顔していても
自分の箸が無いからって「お前手で食え」とかイヤだなぁ…。
気分屋な瀬川が好きだと高橋は思っていましたが
自分勝手に振り回しているような気がして私は好ましくなかったので
申し訳ございませんが中立です。

1

好きだぞ!

二ページ目で、え?ジョジョ?と絵に引きましたが最後まで読んで良かったです。

泣けました。

豪と豊と友達二人がとっても良かったです。
特に友達の「豪は俺に言えるけど豊は一人だよ」みたいなセリフ言えちゃうところとか親友ですよね。

豪の天然?箱入り加減にもちょっとどうなの?と思いましたが、豊の経験豊富さにもちょっと残念な気持ちになりました。
しかし読んでいくうちに豊のこれまでの人間関係とか人柄から仕方なかったのかなあと。

豪が豊をそこをひっくるめて、丸ごと好きで会いに行って、豊から色々言って諦めないでくれてくれてありがとうってところで泣けました。

最後はちょっと進展しましたが豪といつかできるといいね!

0

ひじょうに可愛いカプ

可愛い大学生同士のお話です。

受けは一目惚れからの片想いを続けたおチビの豪で、スタイル抜群イケメン同学年の豊が攻め。

豪が、豊への片想いに終止符を打とうとした告白からスタートする本作。
告白がもしかしたら伝わっていないのでは?と疑った豪がなんとかしようと努力するも、常からベタベタしているためにそれ以上どうしたら…とジタバタする様が可愛い。
そしてそのベタベタゆえに、すでに付き合っているつもりでいた豊がかなりの天然。

本題作は5話収録されていますが、片想いぐるぐるはわりと早めに解決し、その後は恋人って今までとどう違うの?となるのですが、解決後も最後までエチはしてません(苦笑
なので電子でも修正等は気にしなくて大丈夫ですよ。

0

可愛らしく楽しい!

表題作のみの感想になりますが、とても面白かったです。

絵のタッチが独特で、外国人っぽく見えてしまう感じですね。
表紙のカラーイラストと中身の印象がわりと違っていたので、表紙で判断せずに中身の方も試し読みしてみるといいと思います。

キャラクター設定が素晴らしくて、とてもテンポよく楽しめます。
コメディではないのでしょうが、お付き合いする前のふたりの様子はラブコメといった感じで、非常に微笑ましくてキュンキュンしちゃいますね。ナチュラルにラブラブな男友達というのは他でも見たことがありますが、これは描き方が秀逸ですね。何もかも可愛らしくてたまらないです。
1話は受け視点、2話は攻め視点になっていますが、表裏一体のお話になっているので、答え合わせをしてもらっているような楽しさがあります。

お付き合いし始めてからは、ラブコメから一転、ピュアすぎる受け、不憫すぎる攻めの性格や過去がクローズアップされてせつない雰囲気になります。
でも、これはこれで私はとても好きです。
ちょっと切なめ展開ですが、ラストに向けては可愛らしいハピエンですので、満足です。

残念なのが、「え?ここで終わり?!」と物足りないところ。
ここでもうひとエピソード追加して、ラブラブな二人の様子を見せてくれていたら、神評価でした。
ほんと、物足りないです・・・・!!

0

イケメンの不憫萌え

「愛しい」「いとしい」「愛し」「いとしの」などで検索してヒットした本を片っ端から読んでた時期があって、これもその一つです。

「愛しのストレンジマン」というように豪(受け)が好きになった相手、豊(攻め)は変人。ぼんやりしてて何を考えているのか判りづらいタイプ。
1年間思い悩んだ末の豪の告白の返事を「うん」で終わらせてしまう。

でも私から言わせれば豪も変人の類だと思うの…。20歳超えてオナニーもしたことがないだなんて…。

付き合う前から異様に距離が近くて、まるで恋人同士だったような二人だからいざ付き合うようになっても何も変化がない。恋人らしいことってなんだ?と攻めが考えた末に、キスとセックスだともっともな結論に辿り着いて、いざ実行しようとしたら受けに拒絶された…。

背が小さくてちんちくりんだと自覚している受けは、自分とは正反対の背が高くて男前でかっこよく自分の憧れが詰まったような攻めを好きになった。
攻めに抱くイメージは「普段女子とは話さなくて、品があって綺麗で純粋無垢で、性欲とか汚い世界とは無縁な人間」だと思い込んでいたから、まさか女と経験済みでしかも結構な人数と…と受けはショックを受けるんだけど、全く共感できない。あんなイケメンが童貞なはずないでしょ。。。。そっちのほうが怖いわ。

攻めは派手な外見に吸い寄せられてくる人々に勝手に過剰な期待をされた挙句、失望&文句を言われ離れていくというのを幾度となく経験してきて外見と内面のギャップに傷ついてきた人。
そして受けだけが、生まれて初めて「豊と一緒にいると楽しい」と言ってくれたかけがえのない人。その受けが他の人と同じようにまた離れていってしまう…と思い悩んだ末の「俺のこと諦めないで」と受けに告げるところがなんとも不憫で萌える。

私にとってこの作品の美味しいポイントは、お付き合い前の友達なのにまるで恋人のようにイチャイチャしているところと、イケメンが内面ギャップに苦しんでるというイケメン不憫萌えというところです。
後半の受けが、ちょっと騒がしくてウザったいのが大きな減点ポイントなのが残念。

0

お付き合い前が最高

表紙は好みから外れてあまりピンと来なかったのですが、
表題作のモノクロ画は個性的な味があって良かったです。

◆愛しのストレンジマン

親友に恋をしたちんちくりん大学生の受けと
独特のテンポでストレンジ(風変わり)なイケメン大学生の攻めのお話です。

素直で裏表なくて明るくて騒がしい受けと、何を考えているのか読めないボンヤリした攻めの組み合わせが中々楽しめました(﹡´◡`﹡ )会話が噛み合わなそうなんだけど(実際噛み合わないんだけどw)それでも一緒にいる時間が心地いい関係って良いですね〜。

お付き合い前と、お付き合い後と、大まかにストーリーが分けられるのですが、
個人的にはお付き合い前が最高に萌えました(∩´///`∩)
付き合ってないのにイチャイチャしてる関係が大好きだー!!!

「世の中のカップル以上に、俺らラブラブなんだけど!!」

って受けが確信を持つぐらい、ベッタリイチャイチャ♡
でも付き合ってないってのが重要ポイント。あー最高だ。好き。
これに両片思いのスレ違い萌えも加算されて、萌えツボストライクでした( ´艸`)

お付き合い後はちょっと萌え減。
受けの騒がしさにパワー吸い取られて疲れたのと、
性的な事に潔癖で攻めを傷つけるのにモヤモヤ。
大学生でオナニーしたことないってさすがに((((・・;)

傷つき萌え属性持ちなので攻めには終始キュンキュン。
傷ついた顔も、溢れる涙も、グッときました(;ω;)b
言葉数は少ないけど表情から気持ちが伝わる…。


◆パラポラ

高校生の恋未満な綺麗なお話。

同時収録の短編は画面の雰囲気が全く違いました(;´д`)
線が細くて繊細な印象の絵はフワッとした内容には合ってるけど、個人的に好みでなく…。
草木の背景が綺麗だなぁという感想しか出て来ない(汗)
個人的には表題作の雰囲気の方が好きでした。


評価は
・お付き合い前→神寄り
・お付き合い後→萌え
・同時収録→中立
という感じ。お付き合い前がドストライク+攻めにグッときたので萌え×2です(﹡´◡`﹡ )

3

ストレンジな攻めとピュアピュアな受け

元気っ子で甘えっ子な受けは、背が高くてイケメンの攻めが大好き。親友でずっと一緒にいたけれど、思い余って告白。でも攻めは「うん」と言ったっきりで、まるで態度に変化がなく…。


仲良し大学生同士の体格差カプです。
攻めが188センチ、受けが160センチだそうです。
タイトルの「ストレンジマン」は攻めです。とにかく言葉数が少なく、ペースがスローで何考えてるのかわからないポヤポヤ天然。長身でイケメンなので女子にはモテますが、あまりの訳わからなさにすぐ距離を置かれるタイプ。
そんな攻めに惚れているのは、背が低いことを少々気にしている元気なやんちゃくん。告白したけど返事がないので、「それ気付いてないんじゃね?」という別の友人のアドバイスを元に、日々「俺はお前が好きだ!」と告白を繰り返すようになります。

ニブニブ攻めと押せ押せ受けの攻防、という展開なのですが、最初は受けが健気で楽しく読んでいたのに、想いが通じるあたりからややウザく思えてきました。せっかく付き合えるようになったのに、エッチなことされそうになって拒むとか、攻めに暴言吐いて逃げるとか、それまでの元気な押せ押せキャラとのギャップに違和感を覚えました。ピュアピュアだから、という理由がついてちょっとマシにはなったけど、あまりに子供だなぁと思っちゃった。
エロはなし。かろうじて手で…というシーンはありました。


このカプの話が長編でページの大部分を占めていたのですが、一本だけ別の短編が入っていました。
そちらは大らかな攻めと、ツンツン美人受けというカプで、こちらも人前で攻めを嫌いって言ったり、キツく当たる受けが少々ウザく…。
話は面白いんだけど、キャラにちょっぴり引っかかる感じの一冊でした。

1

表紙絵通りの安定した絵の上手い作家さんです!

絵がとても上手な作家さんです。
人によっては好みの分かれる絵柄だとは思いますが、デッサンや小物の構造などがしっかり分かって描かれているので、さくっと描いた粗めのタッチですが、全てのコマの絵が安定しています。
ファッションセンスもとても良いです。
イラスト観賞用くらいの気持ちでも買う価値ありです。

個人的に、絵が上手いというのが漫画を評価する上でかなりのウエイトを占めているタイプなので…安心して読めるという点だけでも高評価を付けさせて頂きたいです。

ストーリーは少女漫画のような、ほのぼのしたラブストーリー。
主人公があまりにもピュアすぎて、ちょっと痒くなる〜と最初は思っていたのですが、初恋やファーストキスに悩む姿を掘り下げて丁寧に描く展開は、最近ありがちな「イヤイヤ言いつつすぐ気持ちよくなっちゃう…」みたいな展開と真逆を行っていて新鮮でした。

表題作も同時収録作もどちらも、恋愛要素以外に登場人物の成長や心の変化に焦点をあてていて、思春期の甘酸っぱい、ちょっと恥ずかしいような…あの頃って良かったよな〜と思い出しつつ読める味わい深い作品でした。

ただ、どちらも男女カップルでもあまり展開は変わらないんじゃないかしら?という内容なのがちょっぴり残念。

2

当世風手描きタイトル。

小説の挿絵で知り、絵柄が好みだったので気になっていた作家さま。ほのぼのとしたお話です。

メインの二人は、ちっちゃくてチャカポコした大学生の豪と、顔と高身長だけが取り柄で、よくいえばミステリアスな不思議くんの豊。彼らには大学でつるんでいるタクミとアキラがいる。

お話は可愛くって、ところどころきゅんとして、キャラも絵も背景も丁寧で、楽しく読み終えました。BLとしてはどうかな…?どうも、なんの前情報もなく、抵抗も葛藤もなしに同性を好きになって突っ走るシチュエーションに慣れなくって。(これは読み手であるわたしの問題。)

豪も豊もメンタル幼めで、破れ鍋に綴じ蓋カポーなのは伝わるんだけど、メイン二人のやりとりは高校生くらいでも十分イケるかもと思いました。大学生だから豪のピュアさが際立って、逆に新鮮なのかもな、作家さまにとってお話を進めやすい条件が揃っていたのかな、っていうのもわかるんですけど、時としてBLっぽい雰囲気モノに受け取られることもあるので、年齢設定は諸刃かも。

同時収録作品は「パラボラ」。こちらの方は線が細くて、表題作とは絵柄の雰囲気が違います。すっごく好み〜。この頃の絵も素敵ですね。東京から田舎町に転校してきた写真屋の息子、高橋と、同じクラスになった超絶美形の暴君、瀬川のお話。キャラはなぁー、良いんですよねぇ、とっても。でもなぁー、もっと二人の関係にきゅんきゅんして萌えたかったかな。

次回作もぜひ読んでみたいです。楽しみにしてます!

1

表紙で判断するのは早いです!

表紙を見て、あんまり好きじゃない絵柄だな〜と思ったのですが、試し読み冊子があり、中身を見て購入を決めました。
表紙が良くて中身が……は、よくありますが、この本は逆でした!!!
色気がある絵柄で、お話も大満足で、買って良かったです!!
受の豪くんが可愛い!
エロさを求める人には物足りないかもしれませんが、本当の恋人同士になるまでに物語があり、それをカバーしています。

表紙だけで、選ばないのは勿体無いです!!
帯の裏が本編の絵柄ですので、ぜひ読んでいただきたいです!

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ