仰げば恋し

aogeba koishi

仰げば恋し
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
12
評価数
3
平均
4 / 5
神率
0%
著者
ココミ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
Jパブリッシング(ジュリアンパブリッシング)
レーベル
aQtto! アキュット
電子発売日
価格
ISBN

あらすじ

バスケ部の先輩・安芸に恋愛相談をしていた榛名は、突然キスをされる。こういうのは勢いだ、そう言って笑う安芸は榛名の憧れだった。しかし、ある試合を機にバスケを辞めた榛名は、あれだけ仲の良かった安芸とも疎遠になっていった。
数年後、バイト先で偶然当時のチームメイトと再会する。そこにはもちろん、安芸もいた。榛名が閉じ込めていた想いが徐々に大きくなっていく。それなのに安芸はあの頃と変わらぬ顔で笑いかけてきて。

表題作仰げば恋し

安芸,元・中学バスケ部の先輩
榛名,元・中学バスケ部の後輩

レビュー投稿数2

短編好きのわたしにはたまらない。

表紙含めて30ページ。
あらすじ以上の進展はこれといって特になし。

ふたりで夜の校舎に忍び込み、ぽつりぽつりと思い出話をして...

で、
......で?!
ってところでまさかのEND。
かなり唐突に終わるんですが、最後の台詞が良かったです。

まだ何も始まってない。
けど、何も始まらないわけないよね?
そういう甘酸っぱい予感たっぷりな終わり方。
友情なんだか、憧れなんだか、恋なんだか。
ふたりの間に漂う曖昧な空気感がたまらない。

決定的な台詞がない分、丁寧に描かれている表情も◎
片眉だけ下がってる笑顔とか、照れたような横目とか。
ほんといちいちキュンキュンしました。

1

癒される〜

ココミ先生らしい、きゅんきゅんさせる短編だぁ〜
短い作品の中に、切なさや愛しさがギュッと詰まっているのを感じます。

先輩・安芸と後輩・榛名の甘酸っぱいストーリー。
安芸の中学最後のバスケの試合でシュートを外し、責任を感じて部活を辞めてしまった榛名。
そんなこと何年も気にしてたの?って、感じなんだけど、安芸が好きだったから自分に腹が立ったんだと思う。

安芸に中学の時と同じセリフを言われたときの榛名の表情が堪らないよ〜
キューンて感じで、ホントに可愛い♡
両片想いなの?何か始まるの?っていう、ラストも好きです。
きっと、これから素敵な恋が始まるんだと思いたい^^

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う