かしこまりました、デスティニー side:Butler

kashikomarimashita destiny

恭依从命

かしこまりました、デスティニー side:Butler
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神35
  • 萌×24
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

3

レビュー数
3
得点
192
評価数
41
平均
4.7 / 5
神率
85.4%
作品演出・監督
蜂谷 幸
音楽
武本 遥、他
脚本
清水雲丹
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
Ginger Records
収録時間
74 分
枚数
1 枚
ふろく
アニメイト上下巻同時購入予約特典CD/コミコミ特典ペーパー
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

西園寺家・執事長の久藤は自分にも他人にも厳しい強面。
葵とともに西園寺家で働くようになった東條家の元執事・宮内とは犬猿の仲で、口喧嘩が絶えない日々。
しかし、宮内の葵への恋心を知り、次第に彼が気になってしまう。
久藤は押し殺した気持ちを独り抱え込む宮内を放っておけなくなり…。

表題作 かしこまりました、デスティニー

久藤優人 → 前野智昭

宮内一郎 → 興津和幸

西園寺次郎 → 畠中 祐

東條 葵 → 鈴木裕斗

その他キャラ
西園寺太郎[一条和矢]/ 久藤家令[滝知史]/ 山崎[保住有哉]/ 宮内・母[清水はる香]/ 大場[高口公介]/ 店員[宇田川紫衣那]/ 桜・蓮[高田憂希]/ 店員[田中貴子]

評価・レビューする

レビュー投稿数3

誰か1人でも欠けては成り立たない。

かしデス上下巻、かしアン上下巻ともに既読。全部読んだ上で、Butler編を聞いています。今作は、原作に対し、多少省いたシーンがあったり、セリフを追加し補足している部分もあるが、ほぼ原作通りに再現されている。Butler編は、α久藤×β宮内、葵と宮内の主従関係が中心のお話。

まず、久藤役の前野さんについて。久藤は喜怒哀楽の表現がコロコロと変わる為、動の部分が多いのですが、それを見事に表現しています。Master編の時もそうでしたが、怒っている時や坊ちゃん愛を語っている時、今回の宮内との会話や執事モードの時、立場によってコミカルさがあったり、男らしかったりします。宮内が静の部分ということもあり、上手く演じ分けていました。宮内役の興津さんは、静の部分が多いけど、少し低めの声で、淡々とした中で葵を想う気持ちや久藤との会話の中で少しずつ変わっていく宮内を、さすがという感じで演じていました。過去の回想シーンもあったのですが、小さい頃の葵と宮内の会話では泣いてしまいました。宮内がどれだけ葵に救われ、どんな想いで葵を守ってきたかが分かる大事なシーンは必聴です。また、久藤も宮内も、過去に傷つきトラ続きウマを抱えて生きてきました。その為、恋に対し一歩引いているところがあり、そこを見守っている葵と次郎の2人が手助けをしていますが、バレバレです。葵なりに、宮内を想っての事なんですが。葵役の鈴木さんも、いいフォローをしています。宮内に何も出来なかったというセリフや俺よりも幸せになれと命令するシーンは、葵がいてこそのシーンでした。Hシーンは少なめでしたが、ベテランの2人なので、文句なしという感じでした。

個人的には、最後のフリートークの畠中さんに笑ってしまった。畠中さんは、かしデスが初めてのBL作品出演ということで、大興奮のフリートークでした。

4

α執事×β執事の不器用な恋

興津さんの宮内は格好良くて色っぽい捻くれ美人で、想像以上に宮内でした。
少年時代も興津さんが演じて下さっているのが嬉しいです。
声も演技も完璧で感激しました!
前野さんも仕事は出来るのにチンピラ顔で宮内に対してはヘタレになってしまう格好良くて優しい久遠を、表情豊かに演じられていました。
特に宮内に優しく囁く声が素敵で、久遠がより魅力的になったと思います。
一条さんの太郎は相変わらず存在感がありますね。
孫フィーバーで生き生きしていました(笑)

内容はほぼ原作通りで、音声化に伴って台詞が足されました。
ですがどうしても音だけでは分かり辛くカットされた描写もあるので、未読でしたら先に原作上下巻を読まれた方がいいと思います。
久遠の回想で女性の喘ぎ声ありの乱交がありますので、苦手な方は注意して下さい。

キスや絡みは宮内の切なげな吐息や漏れる声が色っぽかったですし、久遠の優しい囁きが堪りませんでした!
『とある使用人の独白』で足された久遠の「悪かった…」「言い過ぎた…」は是非聞いて欲しいです。
モブ×少年宮内は原作では事後でしたが、CDでは宮内が口でするのでかわ続きいそうなんですが萌えてしまいました……!

原作は続きが発売しましたし、もう気が早いですが続編のCD化を待っています。

5

お待ちしてました!バトラー様!!

※念のため注意書き。こちらは下巻の音声化です。ストーリーが繋がっていますので
【side:Master】をお聞きの上で【side:Butler】をお聞き下さいませ(^ ^)

原作既読。
これは是非とも原作を片手に聞いてほしいです。
音声にはなっていない表情やちょっとした仕草がグッとくるんですよー!(原作ファンの叫び)

と、いうわけで。
期待大で待機してた【side:Butler】良かったです+゚。*(*´∀`*)*。゚+


◆宮内@興津さん
誰よりも運命を憎み、誰よりも運命を信じ、誰よりも運命に憧れる男。
頑ななクールビューティーのわずかな感情の変化を完璧に演じてくださってます。
儚くて不器用で繊細な宮内が…いる!+゚。*(;∀;)*。゚+

下巻では宮内の過去が明らかになるシーンがあり。
幼い葵を慈しみながら側に使える宮内少年を興津さんのショタ声で聴けた!!
葵の王子様になりたくてもなれない寂しさも感じるお声に切なキュンでした(;//;)

興津さんのグッとくる演技は挙げ出したらキリがないので(全てのセリフを推したい)、
あえて1つ続きあげるなら初めて宮内が笑ったシーン「らしくないことを」かな。
それまでの気を張るような硬い声がフッと和らぐトーンがすごく良かったです(∩´///`∩)

◆久藤@前野さん
オラオラチンピラ執事が振り回されながらも恋に落ちる。
影の努力家で、気を配る優しさと愛情を持ってて、とても真面目な男。
クルクル表情の変わる久藤を@前野さんで聞けて嬉しい( ´͈ ᐜ `͈ )

個人的に傷心の若かりし久藤が家令に泣きついてるシーンを楽しみにしてたら
・・・・・・カットされてる( ゚д゚)oh‼︎残念無念。


一押しシーンも挙げだすとキリがないのですが…。
1つ選ぶとするなら、やはり2人が結ばれた以降のシーン。
「噛んで欲しい」とお願いするくだり〜ラストまでの宮内の独白。
運命という言葉に囚われ続けた宮内の呪縛が解けてくようで。
穏やかで少し切なく、幸せを願わずにはいられない素敵なシーンになってました。

萌え転がって叫びたかったのは色っぽいシーン♡♡
だって前野さん×興津さんですよ!?
萌えないわけがない(ФωФ)b

思わず久藤がキスしてしまうところでは、内心動揺しつつキスを続ける久藤にニヤニヤ( ´艸`)
宮内が小さく「んっ」ってなるの、すごく良かったー!

第三者・山崎視点で展開する「とある使用人の独白」
これはもぅもぅ(∩´///`∩)あ"ーー!!
人気がない場所でこっそりキスしてるシチュってだけで萌えるのに
お声がつくと叫び転がるほど萌えた。←ガチw
原作にはなかったセリフが入ってましてね。
「悪かった…」チュッチュ
「言い過ぎた…」チュッチュ
吐息まじりのこのセリフにノックアウトされた////
で、宮内の「仕事中です」の言い方が照れ怒りで可愛かったー!!

下巻での脇ヒットは太郎様。
孫フィーバーしてるのが最高で笑ったw
「孫だぁぁ!イッッエーーーイ!\(^ω^)/」
サン○ャイン○崎並みのイエーイを聞いた気がするわw
破壊力のある太郎様の壊れっぷりを@一条さんのイケボイスで聴けるとは…!

残念に思ったのはセリフにならなかった部分。
絵で読ませるタイプのさちもさんの本だと音声化されてないのがチラホラ。
ポッケに入ってる抑制剤とか、さり気なくタイが交換されてるのとか…。
音声にするには限界があって仕方ないのですがね(;´Д`A
中でも久藤家令と宮内の関係が伝わらないのが一番残念でした。

(評価は演者さんがとても良かったので神です。)

16

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ