かしこまりました、デスティニー ~Answer~ 上

kashikomarimashita destiny

恭依从命

かしこまりました、デスティニー ~Answer~ 上
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神165
  • 萌×226
  • 萌9
  • 中立0
  • しゅみじゃない5

3

レビュー数
26
得点
956
評価数
205
平均
4.7 / 5
神率
80.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
シリーズ
ポーバックスTHE OMEGAVERSE PROJECT COMICS
発売日
価格
¥675(税抜)  ¥729(税込)
ISBN
9784865893472

あらすじ

オメガバースで、執事乱舞。

平凡なβVS. "魂の番"(たましいのつがい)


西園寺家の執事・宮内(みやうち)(β)は上司である執事長・久藤(くどう)(α)と、セフレ以上恋人未満の関係。
久藤は深い愛情を注ぐが、宮内はβであるという引け目から自分の気持ちを抑え込もうとしていた。
そんな矢先、久藤の前にハジメ(Ω)が現れる。彼は宮内が恐れいていた存在、久藤のーー"魂の番"。

マッドサイエンティスト、謎の多い美少年、新たなキャストを迎えてより一層盛り上がる
『かしデス』シリーズ第2章を刮目せよ!

表題作かしこまりました、デスティニー ~Answer~ 上

久藤優人(α)/西園寺家執事長
宮内一郎(β)/西園寺家執事

その他の収録作品

  • 彼はまだ知らない

評価・レビューする

レビュー投稿数26

久藤押し

久藤がベルばらのアランみたいで結構ツンデレ、振り回されててかわいい!

0

執事モノはやっぱり漫画で

AnswerとAnswerじゃないのがあるのを知らず、これを先に読んでしまいました。
その後、4冊全部読んだけれど、このAnswer上下が一番好きなので、ここにレビュー。

オメガバースは散々読んできて、α×βの格差恋愛と聞いただけで「あーはいはい」と思ってしまうので、正直あまり期待せずに読んだのですが。
……良かった!実に切なくて良かったです!

また、αの方に「魂の番」が現れてしまう設定もありがちですが、大抵は胸糞悪いオチになる(番を貶めるラスト展開が多い)のに、そうならなかったのがとてもよかった。読後感爽快でした。
(むしろ、あの二人も嫌いじゃないと思えたくらい)

さちも先生の絵は美しくて大好きなのですが、この執事CPは本当に美しくて眼福。
執事モノはやっぱり絵で見るといいよね、と思わされた本作でした。

1

表紙を見ただけで‥

表紙を見ただけでキュン!とするくらい、久藤がかっこよかった。
チンピラで情に厚くて、宮内には結構タジタジだけど決めるときは決める!最高です。

オメガバースって「αとΩが理由もなく無条件に惹かれ合うものだから、なぜ好きなのか?を作者が説明する必要がなくて作りやすい設定」だとどこかで読みました。
そのせいかのめり込めないでいたのですが、かしデスは発想の斜め上を行くくらいオメガバースの設定をうまくアレンジしていて、さちも先生の設定のすごさを感じました。
久しぶりに心から読んで良かった!と思える作品に出会えました。
さちも先生ありがとうございます!

2

運命に向き合う二人。

幸せって何か、考えさせられるお話。さちも先生は、オメガバース設定を上手く使って作品を作っていると思います。α×βってだけで切なくなるのに、そこに運命の番Ωが登場する。あらすじだけ読んでも、辛くなります。

運命に怯える宮内、宮内を想い運命に苦しむ久藤、運命を操る南雲とΩのハジメ、その運命を見守る周りの人たちという構図。運命を嫌い、久藤が幸せになることだけを考えている宮内と、そんな宮内を理解しつつ、「何があってもずっとお前が好きだよ」って男前な久藤。二人は同じ気持ちなのに、すれ違っている状態に、葵が何も出来ないのかとなっているけど、いつかは超えなければいけない壁だと思う。大切な人のために、自分を犠牲にする事も厭わない宮内。苦しむ久藤姿を通して、運命について葛藤する。久藤の答えは出ていて、あとは宮内が何を選ぶのか鍵。

さりげなく宮内をフォローする姿や運命と宮内との間で苦しむ姿など、宮内を想っている久藤の姿はかっこよくて、惚れ直します。宮内も、久藤の前では素直になれず可愛い。不器用なりに、久藤の事を大切に想っているのが伝わってくる。

下巻に向けて、どうなっていくのか、宮内がどんな運命を選ぶのか、気になる終わり方をしている。

1

素敵なお話ありがとうございます!

家令がかっこいいです。
かしアンもドラマCD化してほしいです。

0

愛は本能を超えれるのか……!?

 シリーズ前作が面白かったので、今回のも読んでみました。
 さちも先生の絵は人物の描き分けパターンがあまり多くないので、人物を見分けづらいのと、未だ私がオメガバースの世界にどっぷり浸かれてないせいで、運命の番のことをやたらと気にする作中の人たちに上手くシンクロできなかったところはありますが、βという立場や生い立ちの問題から、自分では久藤にふさわしくないと考えて気持ちを言葉にできない宮内の臆病さや、逆にそんな宮内にも諦めることなく気持ちを伝える久藤の誠実さには心揺さぶられるものがありました。
 今回、久藤の「魂の番」という新キャラのハジメが登場します。そして追い込まれた宮内は、余計に自分の気持ちを閉じ込めてしまうんですね。前作で葵の発情を前にした久藤の崩れっぷりを見ているので、本当にハジメが彼の番なら、久藤が彼を拒むにはかなりの自己抑止力が必要になるかとお思います。はたして愛は本能を超えれるのか……!?
 ずっと好きな人の幸せを願ってきた宮内が、最後には自分の幸せも願えるようになることを信じて、下巻を待ちます!

2

宮内が尊い…

マスター編も良いのですが、断然バドラー派で‼︎
αとβならどうやったって切なくなるのに、これはさらに…ですよ。
久藤と宮内が個々のキャラとしても、組み合わせとしても尊すぎてツライ…。。特に宮内のツンツンデレでいて、奉仕精神半端ないところが…切ない。。自分の幸せは二の次三の次で、それを分かって見てるしか出来ない葵も切ない。久藤はもっと切ない…
下巻がホントに待ち遠しいです。宮内の幸せいっぱいな笑顔が見たいです。

2

αとβ、そしてΩ…

前作下巻の、久藤×宮内の続編。
宮内の幸せを願わずにはいられない今作でした。

久藤に愛されながらも、過去の事やβというコンプレックスにより素直になれない宮内が悲しすぎます。
自分の幸せが相手にとって幸せとは限らないという考えもあり、久藤の求婚も断るという。

対して久藤は本当に良い男です。
口は悪いけど優しくって、宮内を本当に愛してます。
カバー裏に久藤と宮内のプロフが載ってますが、久藤のスペックの高さ素敵…!!

宮内が恐れていた久藤の「魂の番」登場により、久藤も辛い状況になります。
聖の思惑や2人の愛の行方が気になりつつ下巻へ、です。

切なくって苦しかった上巻ですが、下巻は嬉し泣きするような展開でありますように。。。

5

想いは運命に勝てるのかな?

フェロモンで惹かれるオメガバースという状況の中でさえ、その人の生きてきた過去や生き様、その人自身に惹かれて恋に落ちるなんて、どんだけきゅんきゅんさせるんだろうと不器用な二人の恋をにやにやしながら読んでいたのですが「魂の番」の出現で事態は一転、目が離せない展開になってきました。

「魂の番」を前にして、強面で口が悪くて…でもまっすくで優しい久藤が「衝動」と「感情」にどう折り合いを着けるのか下巻が楽しみです。

一方で自分自身を完璧に演じきっていた宮内が久藤の優しさにより、自分の本当の気持ちの片鱗に触れ動揺し戸惑う姿にはとてもきゅん〰となりました。
反面、相手を汚してはいけない、誰よりも幸せになって欲しいと願う姿は切なくて、「魂の番」に怯えながら人生をおくりたくないと拒絶する姿は寂しげで、苦しむ久藤を前にして困惑して立ち尽くす姿は悲しくて、自分の想いに素直になれないこじらせキャラが大好物の私は、萌えが溢れて身悶えしました(笑)

そして何よりこの二人のエロ、かなりツボです…
なぐさめ&ごめんねの軽いキスもきゅん〰っだし、久藤の優しく執拗な愛撫でトロトロにさせられた自分の身体に驚く宮内の姿はかわいいし、すがりつきながらも、雄を擦りつけ感じている対面座位…あぁ、最高!私の中ではbest of 対面座位でした(笑)さらに咬み跡をつけるシーン、たまりません(悶絶…)性欲の処理としてではないあたたかいセックスを初めて与えられ、身体だけでなく心まで幸せを感じてしまう宮内にはもぅ…言葉にできない。メチャクチャよかったです!さちも先生のエロは濃厚なのに、下品じゃなくて、鼻息ぶんぶんしながらときめいてしまいます(笑)本当にいいです。たまらないです!

ハイスペックにもなれず、蔑まれ疎まれる存在にもなれず、ましてや「魂の番」にもなれない中途半端な存在のβでありながら苛酷な過去をもつ宮内なので、今度こそ久藤に目一杯愛されて心からの幸せをつかんで欲しいなぁ~下巻が楽しみです!

5

あーーーーしんどい!!

前作の上下巻を読んで、下巻の執事たちの話の方が好きだと思っていたらまさかの続編!!ありがとうございます!!!
ちらちら出てくる宮内の過去が切なすぎて辛かった。しかも宮内は葵のために身体まで売ってたの?え?健気すぎるよ宮内!!宮内綺麗だし性癖すぎて胸が苦しかった!でもよい!!めっちゃよい!!!
新キャラのハジメが宮内とは別の感じで美人。
振り向いてもらえない久藤への思いのところは切なかったけど、でも久藤と宮内の邪魔しないで!!!!聖さんとか特に!久藤のこと好きなら応援してあげて!!!って強く思いました。
ちょいちょいでてくる次郎と葵は幸せそうでよかった。
執事たちも早く幸せになって欲しい!
前作よりもかなりドラマチックです。読んでてドキドキします。
下巻出るまで1ヶ月待つの嫌だなーでもこんないいものの続きが1ヶ月で読めるんだから感謝しないとな!!!っていうモチベーションで乗り切りたいと思います。
次郎と葵の子供もめちゃくちゃかわいかった。
結構切なめな上巻でしたが大満足でした!
はやく続きが読みたい!

3

次巻が待ち遠しいです

前作の下巻のレビューが良かったので、前作の下巻、今回のAnswer上巻を読んでみました(前作の上巻は未読です)。久藤が宮内を見るときの優しい顔はすごくイイです!それがこの巻の表紙ですごく嬉しいです。

この巻も前作もすごく面白かったのですが、作者さんが前作の下巻からここまで続くとは思っていなかったためか?前作の最後では久藤と宮内の信頼感が出てきたところで終わり、今回のAnswer上巻では、宮内が久藤に冷たい態度をとりすぎるところがちょっとちぐはぐしてる感じがしました。

今回は久藤の魂の番と言われているハジメが登場しています。もちろん久藤と宮内には幸せになって欲しいし、そうなるんだとは思うのですが、魂の番ってそんなに拒否できるものでもないとも感じるので、 2017年、一番ドラマチックな展開を期待しています。

でも、ハジメって本当に魂の番なんでしょうか。ハジメの「偽物なのに」発言が気になるところもありました。何せあの南雲が連れてきたんだし、ハジメが遺伝子操作か新薬で調整されたとかあるかもなあって思ったりしています。(ハジメが遺伝子操作や新薬で操作された魂の番だったとしても、私としてはそれを偽物だと卑下しなくて良いと思いますけど←これは私の妄想です。)

あと、ハジメと宮内が何か似ていると言う事は、何か意味ありげだな~って思いました。
久藤→宮内大好き&次郎大好き=宮内&次郎ママの遺伝子に惹かれているのかも。
久藤→宮内とハジメは雰囲気が似ている=????

次巻は1ヶ月待ちですが、一ヶ月で次の巻を出してくれるなんて『早い!(←宮内に言っているのではない)』と思いましたヽ(゚ー゚*ヽ)

3

この話の時間軸は

先生が以前、かしデス下巻の描き下ろし部分で「宮内が葵から『誰よりも幸せになれ!俺よりもだ』と命令を受けるまで、宮内が答えを出すまでを描く」と仰ってたと思うので、下巻も期待してます!
各話の扉絵で主人組と執事組の成長の過程を描いてて、素敵だな~と思いました。
後、やっぱり久藤執事長はいい男だと思います!この本で黙って立ってれば「クウォーターのイケメン」だとも判明しましたし、顔も心も「イケメン」ないい男、スパダリですね♡宮内さんは幸せだな~と思いました。後、カバー裏は必見です!!二人の設定に萌え転がりました♡

3

オメガバースの極地

かしこまりました、ディスティニーシリーズ面白すぎます(;_;)
萌えるし胸きゅん止まりません、、。
でも毎巻オメガバースならではの辛さも詰め込まれてる作品ですけど今回のが私は1番辛いです。


前作でもあったように久藤(α)×宮内(β)の話です。


久藤は宮内のことが大好きで宮内も好意を持っていますが、宮内は壮絶な過去(前作で確認してください)のせいもあり久藤に運命の番が現れることを恐れて久藤の告白を断ってしまいます。
久藤はそれが宮内の本心ではないことをわかっています。だから宮内の心の整理が着くまでセフレ以上恋人未満の関係を続けていました。

しかし、そんな中、久藤を気に入っている南雲(α)が登場します。彼は、久藤がβの宮内と付き合っていることをよく思っていません。そして、彼は久藤の運命の番(?)の謎の少年・ハジメ(Ω)を久藤、宮内と同じ屋敷で働かすようになります。
そこから歯車が崩れ始めます。

久藤は宮内が好きなはず、しかしハジメの運命の番(?)特有の何かに我を忘れそうになります。βであっても宮内が好きだから運命の番など信じない。でも自分の主人である次郎と葵は紛れもなく運命の番であり幸せです。だから、運命の番を否定することはできません。
それが久藤を苦しめていきます。

宮内は、やはり自分はαである久藤には相応しくないと考えてしまいます。自分の幸せなんかより自分の好きな人の幸せを願ってしまう宮内。しかし、久藤の苦しむ姿を見て、自分はどうしたら良いのか悩んでしまいます。自らの過去から運命を呪っていた宮内ですが、運命の残酷さにまた打ちひしがれてしまいます。

こんな感じで上巻は終わってしまいます。
ちなみに序盤は2人のラブラブなところとか萌えポイントがたくさんありました( ' ' )♡
クールな宮内は最中、丁寧で優しくする久藤に戸惑いつつもほだされていく感じが堪らないです。
久藤の宮内を大好きすぎるところが本当にかわいいです。
お互いに素直になれない2人が何とか素直になろうとするところが可愛らしいです(語彙力)。


2人の主人である次郎と葵がこの離れかけてしまっている2人をなんとかしようとしていたり、
謎の少年ハジメの秘密を知った宮内がどう動くのか久藤と宮内は幸せになれるのかが下巻の見どころですかね。

下巻は6月発売らしいのでそわそわしながら待つのもまた一興です!ぜひ見てみては?

5

待ち遠しいっ

もう宮内に感情移入し過ぎて辛くて仕方なかった(笑)でもそれぐらい良かった。早く宮内に幸せになって欲しいです。久藤はどうなってしまうのか、、、気になるところです。運命には逆らえないんですかね。。
あーそれにしても1ヶ月も待たないといけないなんて(笑)上下巻同時に出版してくれれば良かったです。

0

本能の番 運命の番

上下巻一度に出版して欲しい
ひと月は長いです

1

 

いやー久藤執事長はいい男だなー
宮内は「一郎」って感じじゃないですねw

冒頭で前作カップルに男女2人の双子出産シーン
葵の紹介文が「妻」
夜泣きだ授乳だとがっつり育児シーンもあるので
男同士の妊娠出産育児が苦手な方はご注意を

1

αとβとΩ

なんというか、読み終わっていつもの(萌えすぎて)しんどいではなく、本気でしんどいと思いました。続きを読むには1ヶ月も待たなければいけないのかとも思いました。

 今回のお話はα×Ωで運命の番として結ばれた次郎と葵の執事である久藤と宮内のお話の続きです。前回2人の話を読んだときに思った久藤の番が出てきたらどうなってしまうんだろう?という疑問への文字どおり答え(Answer)となる作品でしょう。
 久藤が気持ちを伝え、セフレ以上恋人未満の関係のふたりですが、宮内のβである劣等感などでなかなか進展しません。ですが、久藤は宮内のことが大好きでとても大切にしているし、宮内もそんな久藤に少しずつ弱いところを見せています。
 ある日、久藤は宮内に結婚を前提に付き合って欲しいと伝えますが、宮内は自分がβであるコンプレックスからこれを断ります。それでも久藤は宮内を誰よりもよく見てそっと支えになっています。
 そこにやって来たのは次郎の従兄弟の聖、彼は久藤に並々ならぬ興味を持っているようで、貴方は彼(久藤)にふさわしくないと宮内に言います。そんな聖が連れてきたのは、ハジメ。宮内の(読者である私も)恐れていた久藤の番です。
 聖は久藤が好きだから、彼に幸せになって欲しいから彼の番を連れてきたと言います。好きだから幸せになって欲しい、という考え方は宮内と同じなのに聖からは狂気を感じました。
 宮内が好きでも、魂の番であるハジメに惹かれそうになり苦しむ久藤、久藤の、好きな人の幸せのためにまた身をひこうとする宮内。読んでいて本当に辛かったです。書き下ろしが癒しです。
 
 このふたりの主人である次郎と葵の話では、魂の番としてのつながりはふたりを結びつける糸の様なものでしたが、久藤と宮内に対してはふたりを切り裂く刃物の様なものとなりオメガバースの奥深さや、運命の残酷さのようなものを感じました。
 久藤と宮内も幸せになれるのか、来月発売の下巻が今から楽しみであり、少し怖くも感じました。

7

何度も読んでしまいそうです

久藤も、なんですけど、宮内がとにかくせつないです・・(涙)

βであることにこだわりすぎず、素直に久藤に愛されればいいのに、というのは簡単なことですが、宮内はβであるが故に苦しみ諦め続け、過去には久藤もβであるというだけで宮内を蔑んでいた内の一人で。
なんとか信じてもらおうと必死になる久藤も健気ですが、宮内の閉ざされた心は久藤に開かない。

このままならばきっと宮内は身を引いて、久藤との未来はないんでしょうが・・
ハジメの登場でどうなっていくのか、宮内の幸せを心から願いつつ、下巻が待ち遠しいです。

3

気になるっっ

この後、久藤がどう踏ん張る(踏ん張れる?)か、
気になります。
宮内がどう動くのか、気になります。
聖の動きも、色々気になります。

本編も色々気になりますが…


「表紙」っっ!!


(ふだんチンピラ顔の)久藤の あの表情に、
宮内は どんな表情を返してるの?!

てか、久藤の頬にある あの手 は、
宮内の手ですよね?!


早く、上・下巻、並べて見たいですっ!!
(並べてあげたいですっっ)


「かしこまりました、デスティニー」の表紙も
上・下巻で一枚の絵だったので
今回の「かしデス-Answer」も上・下巻で
一枚の絵ですよね?…だといいな。

6

萌えが滾って仕方ない

前作では坊ちゃんCPよりも執事CPのほうが好みだったこともあって、執事CP編である『~Answer』の発売を楽しみに待っていました。内容はすでに書いて下さているので感想を。





暑苦しいくらいの愛情を宮内にそそぐ久藤。
彼の愛情が、宮内の閉ざされた心を少しずつほぐしていくお話。

なのかなあと思っていましたが。

うわ、キタコレ。
そう来たか!という展開でした。

αとΩの間にあるという「魂の番」。
坊ちゃんCPの時はそれが良い感じに作用してくれましたが、『~Answer』編ではそれが悪夢のように彼らを襲う。

もし久藤に「魂の番」の存在が現れたら。という宮内の苦悩。
そして彼が歩んできた孤独な子ども時代。
葵のためだけに自らを犠牲にしてきた執事時代。
そういった宮内のバックボーンがうまくリンクし、宮内の儚げで美しいビジュアルと相まって切なさをアップさせる。

「自分」に価値を見出せない宮内が、何よりも大切な存在の幸せのために身を引くシーンには思わず落涙。

聖と、彼の連れてきたハジメ。
そして、ハジメに感じる久藤の思いは…?
聖は魂の番について研究しているらしいし、もしかしたら彼らが感じる「想い」は作られたものなのかな。とちょっと思ったりもするのですが。
「魂の番」と、自分の意思。どちらが勝つのか。宮内のために、久藤くんには頑張ってほしい!

なぜ上下巻同時発売じゃないんだ~~!
続きが気になってしょうがない。

描き下ろしの『彼はまだ知らない』も良かった。
出会った当初は高圧的で偉そうだった久藤。
徐々に彼の優しさに気付き、少しずつ久藤に惹かれていく過程が宮内視点で描かれています。
そして久藤も。
宮内のことが本当に好きで。大切にしたくて。

どうかどうか、彼らが幸せな未来を描いてくれますように。

11

待ちに待った単行本化

前作を読んでから、かしデスが大好きになり、オメガバースプロジェクトを毎月購入していました。

オメガバースプロジェクトには、無かった描き下ろしの話もあるので、毎月、オメガバースプロジェクトの雑誌を購入していた人にもおすすめです!!
描き下ろしは、久藤と宮内がデートをする話なのですが、宮内視点で、話が進められます。普段、自分の気持ちを表に出さない彼の考えていることを知ることができて嬉しかったです。
また、最近、残念気味になっている久藤(そこも含めて大好きです)がやっぱり、かっこいいと思いました。

そして、カバー裏には、プロフィールや宮内のボツ設定などが書いてあり、執事組が好きな私にはたまらなかったです。
下巻も楽しみにしています。

3

早くも下巻が待ち遠しい

前作「かしこまりました、デスティニー(上)(下)」では、αΩCPより格段に久藤(α)宮内(β)CPの方が好みだったので、この2人の続編があることを知ってからは、コミックになるまでソワソワしっぱなしでした。

初っ端、葵様の出産から話しが始まりますが、やっぱり私はオメガバース世界の、この妊娠出産描写が本当に苦手なんだなあと再認識。でも久遠と宮内のことは気になるのでここら辺は流し読み。

さてこの物語の主要αβCP、序盤から久遠αは宮内βに対して「好き」を全身で示していて、「結婚を前提に付き合ってほしい」とまで言い出すのですが、宮内は自分がβであることのコンプレックスが強すぎて「それに応えることはできない」とバッサリ断ってしまうんですね。
受けの方から離れて行こうとする描写が大好物なのでここら辺はキュンキュンしっぱなしでした。もっとやれ的な意味で。
その後の、久遠が暗闇の中、(おそらく宮内宛の)指輪を切なげに眺めるシーンはさすがにちょっとかわいそうになりましたが。

その後、南雲αが、久遠αの「魂の番」ハジメΩを連れてきたときは、こういう展開か〜〜〜〜!!大好物です!久遠頑張れ!!
と漫画片手に白飯10杯いけそうなほど興奮しました。
攻めが苦悩する姿ってなんでこんなに心にクるんですかね?
ハジメもそんなに嫌な奴というわけではないので、それがまた久遠を苦しめるという。
さちも先生、久遠に対してちょっと鬼畜すぎない?wと思いつつ、ここからが宮内頑張りどころだぞ〜!というところで、待て次巻!
あっという間に読み終わってしまいました。

4

執事、運命に乱舞する?

前作上下巻を拝読したので、続き・・・帯が・・運命とかに続いて乱舞、買うしかないと手に取りました。
表紙の顔の傾き具合が好みでまたそれも購入を促進しました。

前作を読まれた方がより切なさを感じられる内容となっています。
オメガバースの特殊設定と主従関係と屋敷という閉鎖空間これでもかという縛りの中で見つけた愛情を覆す宿命のような運命に攻め様はどう抗うのか、抗えるのか!?
そしてその特別な運命を見てきたからこそ受け様は身を引くのか・・・

二人を見守るあたたかなご主人様と二人愛情をあざ笑うように現れた新しい存在がどう彼らの今後にかかわっていくのかっ!!

とりあえず次も買わないとこれはっ 続きも買わないといけないっ と自分も踊っても惜しくない内容でした。このご本だけでも相当乱舞したんですけどね。
ご一読いただいてお楽しみいただければ。

3

久藤と宮内の運命

オメガバース作品の中でも奥深い作品だと思います。
前作で宮内も幸せを掴みかけたかな…と思っていましたが…、
宮内の心の壁は大きく、久藤とのことに真っ直ぐ進んでいけない不安と葛藤。
運命って宮内の中では大きなことなんですよねー。運命を恨んで、でもその運命の絆を羨ましくも思い、その運命に不安になり…。

answerは葵の出産から始まります。
久藤と宮内の言い合いは相変わらず。でも久藤は宮内のことが好きで好きで、何度も口に出して伝えます。そんな言葉を聞きながらも宮内は気持ちを口にしてくれず…。
そして意を決して久藤の告白。でも宮内の返事は…。
そしてついに恐れていた久藤の番の登場。悩む久藤。運命の番?それとも自分の愛する人?
この結末はいかに!
と上巻は良いところでおしまいです(゚ロ゚;)

下巻が待ち遠しい…。
果たして久藤の決断は?
そして宮内の決める運命は?

本編は深刻な分、書きおろしは2人の絡みが楽しめました♡2回目のデートもやっぱりおつかい。でも宮内が少しずつ久藤に対して想いを深めてる感じが出てるのが良かった!えちシーンも拝めました(*´°`*)

表紙の久藤の穏やかな表情も良いです!下巻も楽しみです♪♪

4

また運命が宮内に襲いかかってくる…

『かしこまりました、デスティニー下巻』執事カップルの続編です。
前シリーズから主人・葵のために生きてきた宮内が大好きで、宮内びいきで読んでます。

西園寺家は、主人カップルの次郎と葵に双子が生まれ、執事達も夜泣きのお世話やミルクに振り回されてる様子。
久藤と宮内は仕事上は衝突して今まで通りに見えるけど、久藤の宮内への気遣いがそこそこにあって、宮内愛されてるな~と感じます。
「結婚を前提に」と照れ照れでみっともなくプロポーズする久藤が愛おしすぎる!
でも不幸な過去やβのコンプレックスから、幸せをそのまま受け入れることができないのが宮内なんですよね…
そんな宮内の不器用さを理解して「お前を幸せにするのは俺で在りたい」と、少しずつ宮内の気持ちを溶かそうとしてる久藤。今作は久藤の男ぶりが大幅アップしてます!

そして、宮内にまたも運命が襲いかかってきます。
オメガバースのαとΩには逃れられない運命の番(つがい)がいる。
βの宮内は蚊帳の外だけど、αの久藤に運命のΩが現れるかもしれない。
それは運命の番で結ばれた主人カップルを見ている宮内が一番恐れていることで、久藤を拒んでしまった最大の理由。

製薬会社研究所長で次郎のイトコ・聖が、久藤の運命の番であるハジメ(Ω)を連れてくる。聖は久藤を気に入っていて、久藤に最上の相手を与え「彼の幸せが僕の幸せ」と言い切る。それは前シリーズで葵の幸せを願った宮内と同じなのだけど、聖は暗いなにかを抱えてそうな不気味さがあって怖い。

もしハジメに発情期がきたら、久藤は抑えがきかなくなってしまうの?
宮内は「幸せになって欲しい人」に久藤も加えて、また自分を犠牲にしてしまうの?
不穏なまま下巻に続きます。

「彼はまだ知らない」
双子誕生直後、宮内視点で語られている描き下ろしです。
次郎の配慮でデートをすることになった執事達。久藤は行きつけのΩのおっちゃんが経営するラーメン屋に宮内を連れて行き、そのあと宮内に誘われるままラブホテルへ。
久藤はチンピラ顔で怒ってばっかりいるけど、まっすぐな優しい男。そんな久藤の良さにひとつずつ気付いていく宮内。恋に落ちる過程をゆっくり覗いているようで、恥ずかしくなってしまいました。
久藤はカラダの愛し方が優しく丁寧で、宮内はそれに戸惑いながら愛されていることを実感して…
とにかく甘い!ごく甘です!本編のシリアスさを緩和してくれる萌えが詰まってます!

カバー下に久藤と宮内の人物設定が載ってます。
本編では残念なチンピラ風に描かれてる久藤ですが、クォーターの美形(元?)、金髪・翠目、身長189cm、デカい(そこに線がw)と、めちゃくちゃハイスペックでビックリしました!
そして宮内の愛し方!今作は久藤の男ぶりが大幅にアップしていて、宮内びいきの私としても、宮内を託せるのはお前しかいないと拍手喝采で送り出したい気分です。

オメガバースの運命の番は、遺伝子を残すうえで最高の相性なのかもしれないけれど、引き寄せられる強制力は気持ちを無視しているようで、いつも疑問を感じます。
運命に呪われて自分を犠牲にしてきた宮内だから、今度こそは、久藤と一緒に「運命なんてくそくらえ!」ってやり返して幸せになって欲しいです。

16

運命は皮肉で残酷で美しい

実質3巻となる『かしデス〜answer〜』です。
相関図が載っているので読めなくもないけど、是非とも前作と共に読んでほしい!

念のため読み順を書き記しておきます。
①かしこまりました、デスティニー上巻
②かしこまりました、デスティニー下巻
③かしこまりました、デスティニー〜answer〜上巻
(④〜answer〜下巻/6月発売予定)

時系列としてはかしデス下巻の終わりと描き下ろしの間ぐらい?
久藤と宮内が関係を持つようになった直ぐ後あたり、
次郎と葵の子供がまだ赤ん坊の頃のお話です。

その間にこんなストーリーがあったなんて!!!(´;ω;`)
かしデス下巻読んでる時は想像も出来なかった…
要所要所で萌え転がりつつ、最初から最後まで泣きっぱなしでした。
前作からより一層、運命と運命の皮肉さを感じます。

宮内のβコンプレックスは中々根深いですね。
αとΩの「魂の番」を気にしすぎるが故に久藤の愛情を素直に受け取ることが出来ない。
愛されれば愛されるほど、α×βだった親の愛の結末が蘇り、
αである久藤の隣にいるのはβである自分では相応しくないと。
久藤を目の前にしても、葵の時と同様「脇役」で割り切ろうとする胸中が切ないです。

久藤はというと、宮内のβコンプレックスを理解しながら、根気よく愛情を注ぎます。
その姿は健気というより献身的にも見える。
長年凝り固まった宮内の心を少しずつ少しずつ癒すように、でも決して押し付けがましくなく。
魂の番なくとも、α×βがずっと一緒に居られると信じてもらえるように。
久藤の優しさと愛情に涙が出ます。(そして萌える)

1度宮内からの答えを焦ってしまい拒否されたのですが、宮内の本心ではないとちゃんと分かってて、抱きしめながら「少しづつでいいから、急いてごめんな」のモノローグが涙腺崩壊でした。
久藤の溢れるスパダリ感(;///;)

そんな少々不安定な2人の前に現れたのは、宮内が一番恐れてた「久藤の魂の番」
抗うことの出来ない魂の番の存在に翻弄され強烈な匂いに引き寄せられそうになりながらも、
「宮内、宮内、宮内」と求め叫んでいるような久藤の姿が痛々しく、且つ、
俺は宮内が好きなんだと自分に言い聞かせてるような不安感があって悲しい。

そんな久藤と魂の番を遠巻きに眺めてる宮内が…もぅもぅ(;ω;)
どこか諦めたような顔で久藤の幸せを願おうとしてるのに涙腺崩壊する。

ただ、葵の時と違って少し変化がありました。
苦しむ久藤を思い起こし「どうすれば良かったんだろう…」と顔を歪め…。
久藤の幸せは宮内がそばにいることなんだよぉぉぉ(੭ ˃̣̣̥ ω˂̣̣̥)੭ु⁾⁾
早く!気付いて!!宮内は脇役じゃない、自分の幸せも願っていいんだって!!!
久藤が何度も言い聞かせてたのに…宮内のお馬鹿。

萌え転がり場所は多々ありました(∩´///`∩)
1番はなんといってもお仕事中のチュー♡♡
客人から悪態つかれた宮内をフォローするように裏でキスしてるの最高。
久藤が宮内の頭をヨシヨシして背中に手を回すの堪らん〜!!(∩´///`∩)

夜の営みはなんだか読むのが気恥ずかしい///(訳:激萌える)

久藤の『宮内好き好き』のダダ漏れ感にはニヨニヨ。
次郎から茶化されて顔を真っ赤にしてる久藤めっちゃ可愛い///

それと葵ですら気付かない宮内の体調の変化に気付く久藤!
で、宮内も葵の前では気を張るけど、久藤の前だと素直に緩んでしまう。
こんな唯一無二な存在になってる2人が運命じゃないわけがないじゃないか!!!
α・β・Ωがある世界がもどかしいヽ(#`Д´)ノ

あああ、下巻はどうなるんでしょうか。
1ヶ月が長いぞ…。
久藤がどう「魂の番」を乗り越えるのか、ドキドキします。
そして宮内が今度こそ心から幸せを受け入れられますように゚+.((人д<o))゚+.

描き下ろしはラブラブ(?)デート♡(エッチ付き←)
宮内視点です。
宮内から見た久藤がめっちゃいい男じゃないですか。
(いや、改めてなくても久藤は正真正銘いい男ですけどね!)
久藤が好きで、実は色々嫉妬してるのとか窺い知れます\(´ω`* )/
で、不器用さが切ない。
もっとポジティブになれよぉぉぉ!

エッチで目一杯幸せ感じてトロトロになるラブラブエッチ最高(∩´///`∩)
んで!「一郎」呼び堪らん〜〜〜!!!(床ローリング)

answerは前作の「神」を更に超えてた気がする…。
萌えもストーリー展開もオメガバースの醍醐味も全てにおいてダントツ好き。

18

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ