Flaver

Flaver
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神35
  • 萌×232
  • 萌14
  • 中立3
  • しゅみじゃない10

39

レビュー数
15
得点
348
評価数
94
平均
3.8 / 5
神率
37.2%
著者
 
媒体
コミック
出版社
大洋図書
シリーズ
H&C Comics ihr HertZシリーズ(コミック・大洋図書)
発売日
価格
¥647(税抜)  
ISBN
9784813031499

あらすじ

下條はなんでも思い通りになる人生を心底つまらなく感じている。刺激を探し続け、ついにはエリート街道から外れ、ヤクザまがいのゲスへと堕ちていた。それでも、人生はイージーゲームで進んでいく。

そんなある日、ひとりの汚いクズ男を見つける。それは、かつて青春時代にたった一度だけ下條へ敗北感を与えた男、久瀬だった。
落ちぶれた久瀬の姿に下條は苛立つ

──お前を堕とすのは、俺の筈だった── 不愉快さと懐かしさで複雑に絡まる気持ちをよそに、下條の口からぽろりと言葉がこぼれる。「金ならくれてやるから、俺に飼われるか?」インテリヤクザなゲス男とホームレスでヒモなクズ男、ふたりの人生が再び交わった時、未来はどこへと繋がっていくのか…… 青春時代に止まった世界へ新たな轍が刻まれ始める!

表題作Flaver

久瀬,ニート(クズ属性)
下條,インテリヤクザ(ゲス属性)

その他の収録作品

  • 明日の香り

評価・レビューする

レビュー投稿数15

電子版のときから好きでした。

今回、単行本になると知って買いました。
描き下ろしもたくさんでとても満足です。

攻めと攻めの駆け引きがとても素敵です。

受けになったほうが雌化してしまうのはよく見ますが、
この作品はそんなことなく、どちらも雄のままなのが魅力だと思います。

描写も綺麗だし何回読んでも楽しい作品でした。
11月にドラマCDがでるそうなのでそちらも楽しみにしています。

1

男くさいライバル関係

さちも先生は同人をされていた頃に、推しカプがいっしょで薄いご本を買ったことがある作家さんです。
商業になってからは同人の頃の作風から離れてしまい、あまり好みでは無かったのですが…
今回は攻め×攻め風味で黒髪受けという好みのカプ要素が入っていた為、購入しました。

学生時代に短期間だけどヒリヒリしたライバル関係だった男達が、社会人になって再会するという設定の作り込みが素晴らしかったです。
あと学生時代:人気者の生徒会長(クズ)×優等生な副会長(ゲス)→社会人:ニート(クズ)×インテリヤクザ(ゲス)になる、見た目は優秀な生徒だった男達がまともな大人になっていないのは意外。
しかし立場は変わってもお互いに相手を倒すのは、自分だ…というヒリヒリしたライバル関係は維持してるところは面白い!
エッチシーンでも負けず嫌いで、お互いにライバルとして相手を負かそうと勝負する徹底ぶりw
でも一回戦では卑怯なクズ攻めに軍配が上がって、これで終わりか…と思いきや、オマケでゲスが攻めっぽい卑怯な手を使う女王様受け!良かったです!
あとニートのクズ属性だけどフェラだけは巧い攻めが、途中で実はやり手の刑事だと判明するのも良かったです!

ただ残念なのは、いい設定なのに場面展開の切り方が良くないのか話の構造が解かりにくい…
一読しただけでは首を傾げ、また全体を読み返す羽目になりました。

1

好き

最後がいいですね
クズとゲスがどういう風に交わってどういう風にお互いを思っているのかが深く描かれていて、作品の中身がとても詰まっていると思いました

もう少し受けのエロでゆがむ顔が欲しいと思いましたが、一コマか二コマに描かれていた受けの感じている顔に非常に滾りました

前に読んだものは同作者の学生ものだったので、大人の恋愛が楽しめる良作だったと思います
たばこを吸う受けや攻めは基本的に好きです
セクシーで最高!!!!!!!

あと、カバー下が素敵でした

1

非常に男臭い純愛物語

確かに、セリフがどちらのものか判り辛かったり、
過去と現在が交差して判り辛かったり、
下条の背後が判り辛かったり、
ちょっと難解な作品ですが、
そこを上手く読み解けていくと非常に歪んだ純愛が見えてくる。

一見男臭いハードボイルドに見えるが、
私には純愛物語に読めた。
物凄〜く歪んでるけどね。

表現がガツガツしてて、エロいこといっぱいしてるのに
そこは萌えなかった。
これはひとえに私の好みの問題。
男同士の生なぶつかり合いという感じ。
その分、情事の後の雰囲気の方が好き。

互いに対等に向き合うことを良しとしている二人の、
男臭い恋愛もの。

個人的には、もう少しわかりやすい愛情表現が好き。
でも、二人の関係性は面白かった……ので「萌×2」!

1

ンンン

さちもさんの絵が好きで購入しました。

私はリバが地雷に入ってるのですが、このマンガはリバではないです。
言うならば誘い受けって感じかな...という印象を持ちました。

私の読解力が皆無なのかもしれませんが、話が全くわからず......
裏組織系の話だからわかりにくいのか、
時間軸がわかりません
友達2人にも貸したのですが、みんな「?」でした。

2人の心情がわかりにくく、ストーリー性は低めだと思います。
絵は綺麗でした!

1

倒錯愛でもいいのですが…

クズ×ゲスのマウントの取り合い。プライドの高いライバル同士が主導権争いとしてタチネコのポジションを奪い合うのは嫌いではないのですが…今作品については、残念ながらあまり私にとっての萌え要素はありませんでした。一番の要因は、久瀬の正体がわかるまでの間、下條が久瀬のことを本気で蔑んでるように思えたからかな。倒錯愛でもいいのですが、そこはちゃんと愛が感じられないと…
あとは、話の流れがわかりにくかったり、受け攻めのどちらの台詞かわかりにくいところがあり、気になりました。

2

攻めと攻めのアダルトエロ

リバ大好き、タチが受けているのが好き、雄同士がエロしているのが好きな方は絶対に読んだ方がいいと思います。皆さんレビューで攻め×攻めとおっしゃっていたので購入しましたが大正解!!

かしディスも読みましたが、さちもさんにもっとこういうBL描いて欲しい!!攻め同士のマウントBLの第一人者になって欲しい!!こういうの求めてました…となってしまうような作品でした。

大絶賛レビューですみません。上記に当てはまる特定の好みをお持ちの方にオススメします。ソフトSMと言えるような描写もありますよ。

4

ノアールと青春の光

んんん〜?
わかりづらいなー…よく言えば何度も読んでみたくなる、んだけど。
下條は別にゲスじゃない。久瀬は、高校時代はクズだったかもね。でも今と高校時代が連続してると考えていいのか、逆転してると考えていいのか、螺旋になってると考えていいのか、そこも少し曖昧かなぁ。
久瀬の「正体」が出てきた所からグッと面白くなりそうだったのにちょっとだけモタっちゃった感が出た。ここで終わったらエ〜!っだったけど「番外編」で浮上しました。
何しろHシーンが良かった!
一読目は「これはリバじゃない」。次は「あー攻x攻ね」。その次は「受けの方が攻めてて、攻めを圧倒してるじゃん」。
そして至った境地は、「下條が攻めのメンタリティーで受けて、久瀬は攻めで挿れてるけどメンタリティーはフラットな感じ」という感じなのかな…
久瀬が何を感じてるのか無性に知りたい。女王受けに犯されるおとこ?犯される事も受け入れてて別に征服欲みたいなモノは追求してないような。逆にそんな下條とCPでいられることに大いに満足してそう。
続く「明日の香り」でのHシーンも良かった!修正嫌いの姐さんも納得の結合部だと思う。ただ…台詞がどっちの言葉?と思う所があるのが惜しい…!

2

期待していたけれど…

場面場面を切り取っている感じがして、一つのお話として流れが上手く繋がっていない気がしました。
映画の予告編を見ているような感じ。
キャラの心情もよくわからないし、感情移入しにくい。
とにかくお話の組み立て方もっとちゃんとすれば、キャラも魅力的で絵も綺麗なのでいい作品になったと思います。
先生の描きたい場面をただ書いているだけのように感じました。

1

マウンティングをとるのはどっちだ?

クズやゲスに拘りがあるわけではないのですが、帯の煽り文句ほどクズでもゲスでもないような気がしたのは私だけでしょうか?人の弱味につけこんで…と言うところは確かに酷いことなのですがそもそもの脅されてるネタの方が酷いので自業自得と思えてしまいました。

それよりも私的にゾクッとしたのは二人ともタチなのにひかれあって、お互いにマウンティングを狙っているところです。しかも、二人とも大人の男のフェロモン溢れまくりなので余計にエロい。リバが地雷だと辛いかもしれませんが激しいもの好きならお勧めです。

2

クズ男×ゲス男

当該作品のバナー広告に「クズ男×ゲス男」、本の帯にも「クズ×ゲス」と書かれている、攻めのクズさと受けのゲスさを前面に押し出した作品です。

人の弱みを握るのが大好きなヤクザの下條。何もかもが簡単に行きすぎて退屈な日々を過ごしていたが、高校生のときに生徒会選挙で唯一敗北した相手・久瀬と意外な再会を遂げる。かつて自分を負かしたとは思えない落ちぶれた姿に落胆しつつも、野良犬を拾うように自宅に持ち帰ってしまうが…。


この先カップリングネタバレありなので、ご注意ください。


というわけで、ヤクザでゲスな下條氏が受け、そこに突如現れた元同級生のクズニートが攻めです。
攻めは巨根でワンコ属性のバリタチですが、受けもなかなかの攻め属性。ドSで鬼畜だし、人を見下した目つきがデフォなヤンデレヤクザです。実際攻め以外には受けの方もバリタチなので、作品的には攻め×攻めものになるかと思います。
その2人が再会します。かつての因縁を思い出し、苦い気持ちの受け。でも攻めは受けが同級生だとは分からない様子で、パチンコなどに受けの金を遣いまくったり、無理やりしゃぶらされても顔を足で蹴られてもヘラヘラしているクズニートっぷり。昔この男に負けた自分は何だったのか、と受けは遠い目をしたりします。

そこからの逆転がとても面白かった。隠されていた攻めの素性、過去、高校時代の2人の様子ややり取りが描写されるにつれて、受けや攻めに対する印象が少しずつ変化し、ただのクズ×ゲスではなくなっていきます。
まあ善人になるわけではなく、基本はクズゲスのままなので、クズゲスがお好きな方はご安心を。

説明がわかりにくいところ、受け攻めのどちらがしゃべっているのかわかりにくいところ、現在の話なのか過去の出来事なのかわかりにくいところなどがあり、そこが少し惜しかったかなと思います。
でもとても深みのある、読み応えのある作品でした。あと個人的にヤクザ受けの顔が大好きでした。蔑む目つきがたまらんかったです。

5

間違いの無い攻め×攻め

大好きな「かしこまりました、デスティニー」とあまりに違うタイプのようでちょっとビクビクしていましたが作家さんの新しい面を見た気がします。

友人二人の薦めもあったのですが、一人目は3回くらい見てようやく理解した。もう一人は1回見てすぐに理解したというので、どういうこっちゃと見てみたら
私は1回半(分からない所だけ読み返した)で理解しました。
でも思い返せば「かしこまりました、デスティニー」もそうなのですが、若干説明を抑えて描く作家さんなのだなと思います。
考察好きと言うか、すべてを言葉で説明して欲しくない、感じたいというタイプの方には本当にお勧めしたいです。

で、内容なのですが、
間違いありません。攻め×攻めでした。
帯にはデカデカとクズ×ゲスを前面に出していましたが、今作は攻め×攻めを楽しむ作品かなと。
受けが攻めから受けになるのに攻めのままという、変な言い方しか出来ないのですが
その説明が正しいと自信を持てるくらいには攻め×攻めです。
カッコいいタチ専を雌堕ちさせようぜ!!では無く、受けなのに攻めです。
だからと言ってリバを求めている方にはちょっと違う気もします。
でもリバ好きの私にとって理想の男達でした。
一応作品内で肉体関係の上下は固定されているので、1ミリのリバも許容出来ない方以外なら
大丈夫な範囲だと思います。

そしてそしてカバー下に泣きました。新しいなぁ。カバー下までで一作品だと思います。

4

これぞ「男同士」なCP

『かしこまりました、デスティニー』がとてもツボだったので作家買い。内容はすでに書いてくださっているので感想を。





ここまで「男同士」を前面に押し出したBLはなかなかないんじゃないかな、というのが読後の感想。登場人物も、ストーリーも、武骨で男くさい。

何をやらせてもそつなくこなせてしまう下條は、こなせてしまうがゆえに何をしても面白くないと感じ、自ら闇社会へと落ちていったインテリヤクザ。

一方の久瀬は、ホームレスでギャンブルが好きなヒモ体質。

どちらもあまり好きな属性ではないのでうーむ、と思いつつ読み始めたのですが。なかなかどうして、複雑に絡む人間関係や久瀬の本性など、ストーリー自体面白くストーリーに引き込まれました。

ただ、二人はかつて高校生の時に同級生だったという過去を持つ「再会もの」という側面を持ち合わせているストーリーなので、過去の二人の話も所々出てきて話がややこしいと感じる面も。いつの時代の話で、二人の現在の境遇は、というのが急に変わるので少しわかりづらい。

けれど、高校生の頃から「ライバル」であり彼らが唯一自分をさらけ出し本当の気持ちを言い合える関係。なので「恋」とか「愛」といった優しくほんわかした感情ではなく、常に全力で闘いあっているかのような彼らの関係が凄くツボでした。

セックスにおいてもその関係は健在。
どちらが攻めなのか途中までわからないし、お互いに攻めを譲らない。
それでも自ら受けを買って出る下條の男気と、そこまで久瀬に惚れてるんだな、という彼の恋心に激萌えしました。
リバありかなと思いきや、リバはなし。でも若干リバ風味は漂っていますので苦手な方はご注意を。個人的にはがっつりリバってほしかったなと思いましたが。

ネタバレしてしまうと面白さ半減だと思うので書きませんが、久瀬の仕事と下條の立場は相反するところにあるので、今後の二人の関係を思うと胸が痛くなります。

彼らの仕事。
今の彼らの状況。
そしてこれからの彼らの行く末について。

はっきりと言葉や画として描かれているわけではないのですが、二人の会話や状況からなんとなく察することができる。さちもさんの描き方がお上手なんでしょうね。そういう描き方にもとてもツボを刺激されました。

甘々で優しい雰囲気がお好きな方にはお勧めしづらいのですが、がっつり男同士な攻め×攻めなCPが読みたい方には超おすすめな1冊でした。

あとカバー下がこれまたとっても良かった。
モノトーン一色のカバーとの対比がとてもセンスがいいです。

6

インテリヤクザ・攻×攻・リバ的関係性がお好きなら…!

あらすじ:
暴力団組織の裏方として働くインテリヤクザ崩れの下條(表紙左・一応受け)は、ある日ホームレスのような汚い身なりの男と遭遇。
その男は高校時代の同級生で、かつて下條に敗北感を与えた唯一の人物・久瀬(表紙右・一応攻め)。
変わり果てた姿の久瀬を拾い、犬として家に置くことに…

高校時代から他人の弱みを握ることに長けていたゲスな下條と、
市長の息子で人当たりは良いものの性根はクズな久瀬。

曲者同士な二人なので、再会モノといってもただの再会モノでなく、それぞれの思惑や相手への執着が積み重なったが故の必然という感じ。
表向きは下條の気まぐれで始まった"ご主人様と犬"ごっこ的な関係性ですが、実はそれぞれが(相手のため)裏で動いており、お互いそれを知りながらも話題に出さないというスカしっぷりが最高にクールで萌えます。
詳しい解説や説明を廃し、短いシーンや会話といった断片を繋いでいくことで読者に二人の行動の意味を悟らせるという構成もスマートで素敵でした。

どちらが攻めでも違和感のない組み合わせですが、作中で描かれるのは久瀬×下條。
ただしキャラ的に攻めっぽいのは下條の方で、久瀬は下條のドSっぷりとエロテクに翻弄されていることの方が多いかも?
オールバック×眼鏡が似合いすぎの下條がひたすらエロカッコよく、受けながらもガンガン攻める漢ぶりに見惚れてしまいましたv
久瀬も一筋縄ではいかない人物なのですが、下條相手だとちょっと可愛くワンコっぽくなるところに萌がありました。

裏組織・裏社会を舞台とした作品でそれなりにスケールの大きな話ですが、そうした舞台設定の説明は最小限。
作中の会話から何となく状況を推測させる描き方がうまいなと思います。
高校時代のエピソードにしても、二人の超然としたキャラクターはともすると中2っぽくなってしまいそうですが、大人っぽさと若さ故の無力さとが絶妙なバランス感覚で描かれていて、作品に良い感じに甘酸っぱさを与えていました。

攻×攻っぽい設定にも関わらずガッツリ攻め受け固定な作品が多い中、台詞のみとは言えリバを匂わせている点も◎
あとがきによると3:7くらいの割合で下條が攻めることもあるという裏設定があったようで、下條が久瀬を開発するエピソードもぜひ読んでみたかったです(大人の事情でリバをハッキリ描くわけにはいかなかったのだろうなとは思いますが)。

表紙や帯のアオリにピンときた方は買われて損なしの一冊かと思います☆

7

攻め×攻め!

【クズ攻め×ゲス攻め】のカップリング。
すごいです。物理的には挿れられる側でも「攻め」にしか見えなんです。
むしろ攻めの方が時折受けっぽさがあるw
受けは元バリタチでリバ挑戦をしてるので地雷の方はご注意を。(描写は薄め)

このお話はレビューが難しい…。
ネタバレなしで読んだ方が面白いと思います。
(ネタバレ有りのレビューを書いておいてなんですが(^^;))

お話はヤクザが絡む裏組織が舞台。
攻めと受けは高校時代の同級生で再会モノです。

高校時代は人気者だった人は、ホームレスで職業不明・金も下半身もだらしない男となり。
高校時代は学校一の秀才を誇った人は、インテリヤクザ崩れに身を堕とし。

現在のダークな世界と高校時代の思い出が同時進行で交互に描かれてます。
ドス黒い裏路地でクールな再会、滲ませる嫌悪感。
からの、嫌悪感の奥にある感情が徐々に明るみになる展開にワクワクします。

なので、というのも変ですが。
クズ×ゲスの攻めガチンコ対決ながらに甘さが香ってきます。
裏組織のダークな世界観なのに青春さもあって、交互のコントラストにグッときました。
これだからさちもさんのゲスは大好きなんだよな…。堪らん。






(以下ネタバレ萌え吐き注意)

高校生活一緒に過ごした時間はたったの2ヶ月。
いがみ合うだけの時間が2人にとって濃密だったんでしょうね。
生粋のクズ&ゲスな性格持ちなので高校生にしては随分歪んだ性格をしているけれど、
2人っきりでいる間だけは普通の高校生らしく純粋に笑いあっててジンワリします。

突然姿を消した攻めを探しても探しても見つからなかった。
だったら、高校生活の時と同じように「見つけてもらう」行動に出た受け。
最初から全て攻めとの再会の為だったのか!?と驚きです。
鍵を閉めずに攻めに情報を「見つけさせた」のも、わざとですよね?

あのクールな顔でクールな態度でどんだけのラブ隠し持ってんだー!!!(床ローリング)

で、捕まる事で長年の不毛な想いを断ち切りたかったのかなーと。。。
キャラクターは言葉では語らず、行動で感情を感じることしか出来ないのですが、
個人的にはそんな健気な想いが根底にあったのかな?と思いました。

何も語らない受けだけど、攻めの「全て知ってる」感が何ともニクい(萌)
そんな受けを守るために攻めは隠れて奔走してるのを受けはお見通しw
この2人は語らずとも分かり合ってる関係性がすごく萌えます!(∩´///`∩)

攻めはクズいのに、受けとのエッチになるとちょっとピュアなのが可愛い。
高校時代の一言が引っかかってキスするのに戸惑うとか…可愛すぎるだろーーー!!!(叫)
クズのくせに!(お金は返そう。受けは口で言うほど気にしてなさそうだけど)

大量描き下ろしの2人のその後もとっても良かった!
ビジネスパートナーのような"ワン公のエス"になったけど、
決して飼われてるわけでなく受け自身が楽しんでエス活動してるのが笑っちゃいます。
退屈が嫌なだけという建前だけど、きっと愛だよなぁ…。
攻めも内心はハラハラしてるだろうなぁ…。
…と、口には出さない甘さを読み解くのが楽しく萌えます(∩´///`∩)

そして最後のお楽しみはカバー下の仕掛け!!
読み終わった後に捲るとブワワっとこみ上げるものが…。
これはデザイナーさんの案なのかな?(;ω;)
すごく素敵な仕掛けとなっててとても嬉しかったです。

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ