僕のかわいい王子様

boku no kawaii oujisama

僕のかわいい王子様
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×27
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
66
評価数
19
平均
3.6 / 5
神率
15.8%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
日本文芸社
レーベル
KAREN COMICS
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784537135404

あらすじ

男子校の教師でゆるいけど尽くす系のネコの志信は、ある日生徒とキスをしているところを同僚の光陽に目撃されてしまう。それ以来、なんだか嫌われているみたいだったのに、何故か一緒に料理部の顧問をすることになってしまい…天然系の光陽のことを段々知るうちに、同じにネコなのに光陽のことが気になり始めた志信。ネコとしての自分が分からなくなり、葛藤するが!?他にも人気シリーズ『ルールそのいち』の番外編『きみのぜんぶ』、『はじめての日』(商業誌未発表)を収録。

表題作僕のかわいい王子様

高森志信 男子校の世界史教師
千原光陽 男子校の物理教師

同時収録作品きみのぜんぶ(ルールそのいち)同人誌「Do you feel going out today?」より

野上理央 大学生
塚本悦史 大学生

その他の収録作品

  • はじめての日(ルールそのいち)同人誌「はじめての日」より

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数5

「攻め不在」という世界感

村上左知さんお得意の受け×受けのお話です。
攻め×攻めというジャンルはBLでは人気がありますが、受け×受けの需要ってどんなもんなのか・・・。
村上さんの受け×受けのBLはほぼ読んだと思うのですが、好きなものを描いている、という感じが振り切っていて(るように私は感じて)よく好きでこういうものを描き続けているなぁと感心。

正直中身はファンタジーです。(教師モノですが)BL自体ファンタジーでしょうが、その中でもだいぶファンタジーというか、リアリティ全く無い!!^^;
でもそれが好きです。こういうの好きな人が読まなきゃ、正直ぽかんとなっちゃう内容かも。
こういうの読みたかった!て人に当たったらよいな…と思えるお話でした。

自分はネコだから可愛くなくちゃいけない、とかネコに磨きをかけるために日々努力するとか、なんだそれ・・・て感じなのですが、でも村上さんの世界観では許される気がします。個人的に、単にカップルが好みだったので続きが読みたい…。
お話としての展開はなくとも、結ばれてからの生活が意外と少なかったので、ただのイチャイチャがもっと見たい!と思えるカップルでした。

学生なら受け攻めふんわりなお付き合いもあり得ますが、いい年の大人でこんな中学生のような付き合いは、ないですよね。
でも受け同士なのに全くタイプが違うとこうなるよ、みたいなお話でした。
互いに受けなのに、カッコイイところはカッコイイのが良かったです。
本編中では志信が攻めですが、おまけの光陽の方が攻めっぽい書き下ろしがツボにハマりました。

村上さんの世界感に取り込まれたら、普通のBLってなんだっけ?という気がしてきます。このお話もリバーシブル前提、というより「攻め不在」というおかしな設定なのですが、不思議なことに二人とも受けとして可愛く見える反面、攻めとして男らしく見えるという、個性的なお話でした。

2

ネコ2匹

努力型のネコと天然系のネコかぁ、ほんとこれについて考えるとどうしても現実がチラチラしちゃうけど、こういうことって実際あるんだろうか?と思いながら読んでいました。

でも、漫画ではうまく志信はタチやれましたね。しかもDT卒業という気持ちも経験して感動してましたね。エッチのときの役割としては男役の志信が実は色んなことを考えてしまうタイプだったり、女役の光陽が実は肝が座っていて男らしかったりと言う逆な性格なところが良かったですね。それにおとなしそうに見えて案外積極的な光陽も良かったです。

皆さんが楽しみにされていたルールその1シリーズも未読でもわかりましたが良さげなので読んでみたいと思います。

0

男子校の教師同士。

なんとなくゲイだとお互いに察して、お互いにネコだからと仲間意識。
ユルイ男子校生たちのノリと満更でもないお姫様扱いに、それなりに楽しげな教師生活が伺え、BL的なお気楽さに頬が緩んでいきます。
同じネコと言えども系統の違うふたりが、仲良くしたいけどきっかけが掴めずもの言いたげな視線を交わす。
ふたりが慎重に近づいていくもどかしさをにやにやしながら読み進めていきました。
今回はどちらがタチになるかが早めに決まったものの、ネコとして努力を惜しまない高森のぐるぐる感には既視感もあり、萌えるにはあと一押し足りない感じです。
その分ごちゃごちゃ考えない千原の男前さには何が飛び出すか分からないどきどきを感じてしまいます。
個人的な好みですが、受け攻め逆の方がもっとエロさが際立ったかも。
なんて思ってしまい少しもやもやしてしまいました。

他、同時収録「ルールそのいち」シリーズ。
リバカップルの相変わらずなラブ。
そして初めての夜をやり直したい。なんて必死すぎたふたりの甘酸っぱさを存分に堪能しました。

0

ごめんなさい!ちょっと物足りませんでした!!

【僕のかわいい王子様】
世界史教師:高森志信×物理教師:千原光陽の教師ものです。
いや~。可愛かったですね!村上先生のネコ×ネコは本当に大好きです。
今後、このCPはリバにならないですか??←リバになるのを楽しみにして
おります!

一応、教師ものなんですけど、あまり教師な感じがしなかったのは、男子校の教師で普通に生徒とキスしたり、生徒に押し倒されてたからなんだ!と思うことにしようと思います。

【ルールそのいち】
塚本悦史×野上理央の大学生もののリバップルです。
正直、この作品のために購入したと言っても過言ではないくらい、この作品は大好きですね!!
今回の話は・・・
☆エツが女の子と話をしていて、理央が嫉妬まではいかないけど、
もやっとする話。
☆理央の初めての時の話
いや~!!どっちも可愛かったですね!!

同人誌なのに、コミックスに収録してくれるとか本当にありがたいですね!
もっと言えば、「ルールそのいち」の続編的な感じで出してもいいと思うんですよ!!

村上先生の作品はどれもあっさりめなのでさらーっと読めちゃうのでレビューはしにくいんですけど、もっとネコ×ネコとかリバとか描いたらいいのになぁ~って思います。
最近は高校生ものが多かったので、久しぶりの社会人ものですし、リバだったので楽しめました!!
でもちょっと物足りない・・・って思っちゃいました。←すみません。

2

ネコ×ネコのCPのお話

最近村上さんはご無沙汰で、あまり読んでいなかったのですが『ルールそのいち』の二人のお話も収録されているとのことで手に取ってみました。

1冊のうち表題作『僕のかわいい王子様』が3/4くらい占めていて、終盤にエツと理央のお話が2つ入ってます。

ネタバレ含んでいます。ご注意を。





『僕のかわいい王子様』
高校教師の高森先生が主人公。彼視点で話は進みます。
高森先生はゲイで、カミングアウトはしていないもののなんとなくそっち系の生徒にはばれている模様。きれい系の見た目という事もあって、生徒たちからは親しみを込めてファーストネームで「しのぶちゃん」と呼ばれているバリネコちゃん。

高森先生の同僚に、もう一人ゲイの先生が。千原先生は小柄で可愛い系の、こちらもバリネコさん。
千原先生も、一部の生徒からはゲイという事はばれているのですが、天然ちゃんという事もあってひそかに恋されちゃってる感じの先生です。

お互いにバリネコという事は認識しているものの、ネコ同士という事で接点もなくいたのですがある日料理部の顧問を二人で任されることになって…。

というお話。

高森先生も千原先生も料理は壊滅的にダメで、二人で四苦八苦するうちに徐々に恋心が芽生えてきて。でも、お互いネコだしどうする?

という、村上さんらしいネコ×ネコの可愛らしいおは話でした。

高森先生はきれいであろうと努力するタイプの人。
千原先生は天然ちゃんで、だけどそのままで可愛らしい人。
どっちがネコやる?ってなったときに、やっぱり小柄で可愛い系の千原先生がネコちゃんになりそうなんだけど…。

という駆け引きがとっても可愛らしかった。
村上さん作品なのでね、この二人も近いうちにリバりそうです☆

正直、千原先生をカッコよく抱きたい、という理由から高森先生が内心葛藤していた時、千原先生のほうが「自分が抱こうか?」と迫るシーンがあったのですが、そのまま千原先生に攻めをやってほしかったな、というのが正直な感想。
高森先生×千原先生、のCPも可愛いんですが、今までのパターンと変わんないなあ、とか思っちゃって。

でも、どっちがネコやる?という点に目が行きがちなのですが、二人の間に少しずつ育っていく恋心が可愛くって萌え萌えでした。

『ルールそのいち』シリーズ
『きみのぜんぶ』
普段人とあまり関わりを持ちたがらないエツが合コンに行くというので、快くエツを送り出した理央。
ところが街中で偶然エツに出会いますが、女の子に手を握られていて。
それを見た理央が嫉妬しちゃって…。

というお話。

エツは理央にぞっこんなので、そんな心配は全く不要なんですが。
その後ホテルにしけこむ彼らですが、ちょびっと感じた嫉妬心が良いスパイスになった模様。

『はじめての日』
友達と雑談している理央。
話の流れで自分にセックスする恋人がいることを話してしまった理央。
そのことをエツに話すと、話題は二人が「初めてした日」に。
「もう一回(初めてのセックスを)やり直したい」とつぶやいた理央のセリフを聞いたエツは…。

というお話でした。

理央はバリネコだったエツがちゃんと気持ち良かったのか心配で。
エツは気持ち良すぎてよくわかんなくなっちゃった。

という、犬も食わないラブラブなバカップルのお話でした。

出来上がっちゃってるCPのお話なのでエチシーンは満載。
でも、いやらしいっていうか可愛いんだよなあ。
ネコ同士のCPだから、っていうより、お互いを大事にしてるのがちゃんと読み手に伝わってくるからだと思うんだ。

『ルールそのいち』の二人が大好きなので、まだまだ続けていってほしいです。
表題作も、理央とエツの話も、どちらも可愛らしいお話でした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ