砂糖100グラム、恋少々

satou 100gram koi shoushou

砂糖100グラム、恋少々
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×220
  • 萌9
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
144
評価数
38
平均
3.8 / 5
神率
18.4%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784403665608

あらすじ

パティシエの藤崎が勤めるケーキショップにタラシの宇野が販売員としてやってきた。
最初は反発する藤崎だが、宇野の人なつっこさに次第に惹かれ始め……?

表題作砂糖100グラム、恋少々

宇野浩巳,新販売員のちゃらい元バーテンダー
藤崎,超真面目な見習いパティシエ

その他の収録作品

  • 恋多め、やきもち少々(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下:漫画

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数7

ケーキおいしそう、そしてきゅんきゅん

好きなタイプの絵+食べ物が出てくる作品が大好きなので読んでみましたが…。

いいいいい!!!

堅物すぎる真面目くんパティシエと、セフレ満載なバーテンダー。
出会いから最悪だし、正反対すぎてぶつかることばかりだけど、ぶつかる=相手に真剣に向き合ってるってことですもんね。
堅物くんの意見もごもっともな部分あり、セフレ満載くんの対応もさすが人たらしって感じあり、いい具合にお互いが影響し合ってる。

恋心に気付く過程もきっちり丁寧に描かれていて良かったです。
大体プンスカぎゃあぎゃあ言いながら、「でも気になるお前!」ってパターンか、周りが「何であいつのこと、そんなに構うの?恋じゃね?」って気付かせるパターンだと思うのですが、このふたりはじわじわと自分で気付いていく。
気付いてからの堅物くんの気持ちがもう、ぎゅんぎゅんですよ!
胸が締め付けられる。
セフレ満載くんはタチなので、わたしが調べたところ、ゲイ社会の悲しい現実として万年タチ不足というものがあるらしく、オモテになる。
年間2桁なんて少ない方っていうご意見もある記事で拝見したことがあるくらいお盛んな面もある世界のようなので、ヘテロや、まして堅物くんのようなひとには理解するのは難しいですよね。
そんな数多のセフレを、堅物くんに告白する前に全部切ってくる。すてき。
堅物くんも忘れようとか気の迷いにしないで、ちゃんと気持ちを伝えるのが素晴らしい。
もう、好き。わたしも好きです、御二方。

その後のお話がまたいいんですよね。
ほっこり。
タイトルからセフレ絡みか!?と思ったわたしがばかでした。
しみじみ末永くしあわせでいてほしいcpでした。

1

正反対だからこそ惹かれて変わっていく。

二人の気持ちが近づいていくのを丁寧に描き出す、安定の毬田ストーリーでした。

元バーテンダーでチャラい宇野と、真面目なパティシェ見習いの藤崎。
藤崎が初めて宇野に会った時、宇野はゲイのセフレと揉めていて、さらに自分をセフレをあしらうダシに使われ…最悪な第一印象!

宇野は大学受験に失敗して、家に帰れず、店先で泣いているのを助けてもらった恩で、いまのケーキ屋に弟子入り志願してパティシェを目指している。
飲み会も行ったことがなく友達もいなそうで、恋愛経験以前に、人と接することを知らなすぎるコミュ障。

そんな交わらなさそうな正反対な二人。
でもチャラいってことは人付き合いがうまくて、宇野はマジメすぎる藤崎の失敗をうまくフォローして、狭くて凝り固まっていた藤崎の世界を少しずつ広げていく。
それに振り回されながら一喜一憂していく藤崎がかわいいんだ。

それと藤崎のマジメさは、今までテキトーに流されてきた宇野にとっても生き方を真剣に考えるキッカケになった。
正反対だからこそ惹かれ合って、個人のマイナスな部分が、相手にはプラスに変わっていく…
実はこれ以上ないってくらい相性が良い二人です♪

描き下ろし「恋多め、やきもち少々」が甘々ですごく好き!
付き合って4年後、藤崎は宇野の誕生日にバースデーケーキをつくる。
長く付き合ってるのに、いまだに「宇野さん」呼びで藤崎は初々しいまま、宇野もちょっとしたことに嫉妬しちゃって、付き合いたてのような甘さです。
嫉妬しちゃう宇野がかわいくて、藤崎も初めてのご奉仕を…
ケーキより二人のイチャつきのほうが甘い!

1

あまあま王道

あま~い感じであんまり深く考えずに読めるもの、を探して本屋に入って手に取りました。

すっごいキュンキュンくる!やばい!みたいな感じではなかったですが、
求めてた通りあま~い内容で満足です。
攻めもセフレだなんだ、と言ってますが、真面目に働いてるし、良い奴なので好感度高め。
受けはちょっと頭固いけど、素直で初心な感じがとても可愛い。
キャラ二人とも愛せちゃいます。これって大事ですよね。

お互いがお互いを好きになる過程、流れ、ポイントが分かりやすく、
「相手のここに惹かれたんだろうな」っていうのが理解しやすくて
ストレス無く読めました。

なんてことない話、と言われれば確かにそうなのですが、
そんななんてことない話の中の、「恋」を感じられるお話でした。

1

心の傷の再生の物語

毬田先生は「ダブルセクション」を読み、ツボに入り、既刊本も読みつつ、新刊も勿論チェック!!ということで、この作品も迷わず手に取りました。
毬田先生の作品は、お話も勿論のこと、絵やキャラの表情がとても豊かで私的にはツボで大好きなんです。
この作品でも、たくさん素敵な表情を見ることができました。
今回はケーキ屋さんでのお話。丸々一冊このカップルのお話になっています。
回顧シーンに登場する、店長さんのきっぷのいい、優しい肝っ玉奥様が、最近亡くなったという設定は、悲しいですが、それも含めて、辛い思いをした人たちの再生の物語という面も感じられました。
受け様は受験に失敗し、ケーキ屋さんに心が救われて、それでそのお店で無理矢理頼み込んで修行させて貰っている身。入店当初はケーキ作りが下手で、でも持ち前の生真面目さで少しずつ頑張って作れるようになってきているという感じで・・・なので、どうみてもみもちがゆるくてチャラット系の攻め様は、受け様にとって異質で、嫌悪を抱くのも当然。
でも、そこで、全く違う2人に起こる化学変化が魅力であり、見どころでもあったりします。
店長さんも良い人だし、身重の店員さんも良い味だしていて、こんな魅力的なケーキ屋さんがあったら今すぐ買いに走る!!!とか思いながら、読んでいました。

1

はじめビター、のちスイート

毬田ユズさんは社会人BLを描く作者様、というイメージがあるのですが、本作も働く男たちの恋の話です。
個人経営のケーキ店でパティシエ見習いをしているド真面目青年藤崎が出会ったのは、店先でセフレと言い合いをしていたチャラ男、宇野。だが宇野はケーキ店の新しい販売員だった…
第一印象最悪と感じていた相手に惹きつけられていくのは、藤崎が自分には無い明るさ、他人との距離感、優しさを宇野に感じるようになったから。
宇野の方も真面目な藤崎に「流されてる」と言われて自分が本当にしたい事に気付いていく…
という感じで、正反対のような2人が磁石みたいに惹かれあって、そして2人ともそれぞれに成長していくという読後感の良い物語でした。
毬田さんの作品って、2人の想いが高まって通じ合うところまでは甘切ない感じなのですが、エロシーンとなるとこれが結構エロっぽくて、特に真面目くんがエロっ子になるというか。『俺は宇野さんとしたいんですけど駄目ですか?』なんて!その上描き下ろしにてメガネのままフ○ラする藤崎くん…え〜っこんな子でしたっけ?となっちゃいました。

3

頬を染める眼鏡くんを愛でる本。

タラシのケーキ販売員×真面目なパティシェ(眼鏡くん) という、苺のショートケーキみたいに間違いない組み合わせ。
一見相容れない二人が周囲を巻き込みながら、同時に助けられながら歩み寄っていく こういうお話、私はかなり好きです。
藤崎君(受け)の手は、パティシェなので甘いケーキの匂いがします。仕事で扱っているものの匂いが体に染み付いていて、それを相手に嗅がれたりペロッとされる描写もかなり好き(笑)

あらすじです。
藤崎の勤めるケーキショップに新しい従業員として宇野(攻め)がやってきた。元バーテンダーの彼の接客は勉強になると店長の御田さんは言うけれど、藤崎には「ナンパもどき」にしか見えない。
でも、クレーム対応が苦手な藤崎の代わりに場を収めてくれたり、作りすぎたプリンを売り切ってくれたりと「意外と優しい」宇野の一面に、そわそわする自分もいて・・・

お仕事の描写と恋部分のバランス配分が、ちょうど良く感じます。
ゼリーや焼き菓子はすぐ覚えた藤崎がパイ作りには苦戦している理由が、とても彼らしいなぁと感心してしまった。
描き下ろし以外で唯一、宇野視点で進んでいく4話は二人の過去、御田さんの思い、自分の本当にやりたい事、相手に気付かされた気持ちなどが描かれており読み応えがあります。

恋の始まりを二日酔いと勘違いしていた藤崎の(いろいろな意味で)成長した姿が見られる描き下ろしは最高!身も心も深く触れ合える恋人がいる彼の作るケーキは、どんどん美味しくなっていくのかなぁ。


4

チャラいゲイ×堅物ノンケ

堅物真面目なパティシエ受けと、ゆるゆるチャラいゲイの攻めのお話です。

パティシエの受けが働くケーキ屋に、販売員として元バーテンダーの攻めが入ってきます。店長は「攻めの接客を手本にしろ」と言うけれど、ナンパまがいの接客に拒否感しか覚えない受け。でも一緒に働くうちに、良いところ、優しいところが分かってきて、どんどん惹かれていきます。
攻めはセフレが複数いるチャラいゲイ。生真面目で融通の利かない受けと最初はぶつかりますが、攻めに慣れてきた受けの一見分かりにくい可愛らしさに気付き、こちらも恋に落ちます。可愛らしさのあまり、うっかりキスしそうになってしまい、ぐるぐる悩む受けに避けられてしまうように。

もともと不器用な受けの不器用さと、人当たりもよく社交的な攻めの恋ゆえの不器用さが可愛い作品でした。特に、手馴れているはずの攻めの純情が何とも微笑ましく、キュンキュンしちゃいました。
1冊まるまる同じのカプのお話なんですが、エッチは最後にちょろっとだけ。でも十分萌えられました。
描き下ろしの番外編が収録されていて、そちらは付き合ってから4年後の2人。4年も経ってるのにこの初々しさ⁉︎ というような、ラブ甘なカップルの日常話です。

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ