アヒルの王子様

ahiru no oujisama

アヒルの王子様
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×222
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
135
評価数
35
平均
3.9 / 5
神率
14.3%
著者
風緒 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~
発売日
価格
¥620(税抜)  
ISBN
9784796409636

あらすじ

田中亮介の人生のピークは小学生。
大人には可愛がられ、クラスではいつも中心にいて、輝かしい日々だった。
しかしその後は下降の一途、今やうだつが上がらないサラリーマン。
そんなある日、小学生の頃は冴えなかったのに、イケメンエリートに成長していた大槻 謙と再会する。
慕ってくる謙に劣等感を刺激されてしんどく思う亮介だったが、
「小学生の頃から好きだった」と告白&キスをされ…!?

表題作アヒルの王子様

大槻譲,本社から出向のエリートリーマン
田中亮介,地方支社勤務の平凡で地味なリーマン

同時収録作品幼馴染みと僕の事情 / bonus track(描き下ろし)

仁科源一郎,高校生,イケメンでオネエの幼馴染み
壱川恭哉,平凡な高校生

その他の収録作品

  • アヒルの王子様 bonus track(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

性格良いひとしかいない!!

この作品には性格の良いひとしか出てきません。
なので安心して読める上に、己の身の振り方を正そうという気になれました。
BLを読んで背筋が伸びる。初体験です。

【アヒルの王子様】萌2
小学生時代に人生のピークを迎えた亮介はその後下降するばかりの自分に嫌気がさす毎日。
ある日、ドアの故障で会社のトイレに閉じ込められたひとを助けたところ、中から出てきたのは小学生時代の同級生で…。

本当になぜこんなに性格が良いのか!誰からも愛され、頼りにされた経験があるだけに、今の不甲斐ない自分が余計に惨めに見える。そこにスーパーエリートに成長した元いじめられっこが現れた日には劣等感で押し潰されそうになりますよね。
亮介も劣等感は感じる。だけど相手にそれを隠さない。イケメンか!と、亮介に惚れそうになります。
亮介自身は地味と言うけれど、周りへの気配りが自然にできる上に助けることを厭わない人柄なのです。打算的ではなくナチュラルにひとを助けるって、大人になればなるほどなかなかできることではないのに、さらっとやってのける。これで人望が厚くないわけがない。他の人には言いにくい話も亮介になら打ち明けられる。身長や肩書きは夢見たものとは違うかもしれないけれど、中身はそのまま。
譲の方は中身は昔のままな部分があっても周りから見たらスーパーエリート。本人は再会が嬉しすぎて本当に悪気なく「憧れの亮介くん」と仲良くなりたい、できたらその先も…と思っているけれど、本社出向組が地方支社で群を抜いた出世頭でもない亮介に懐いているのはちぐはぐ。
そのせいでいろいろなことがあるけれど、ふたりとも自分の思いのきれいなものも汚いものも隠しません。全部伝える。なので読みながら「ここで伝えないの!?」とか「それは言っておかないと」とやきもきする必要が一切ありません。
最後もしっかり恋をしてほしい派の方には若干物足りなさがあるかもしれませんが、一貫したテーマをうまく取り入れて、亮介の性格を踏まえた納得いく決着の付け方だと思います。
ずっと王子様は譲だと思っていたのですが、今気付きました。アヒルの中にいた白鳥は譲、亮介は白鳥にはなれないアヒル(その他大勢)だったけど譲にとっては王子様。なるほど!深い!

【幼馴染みと僕の事情】萌2
こちらは幼馴染の高校生2人ですが、人柄が恭哉は亮介に、源は譲に似ています。
「アヒルのー」とは年代が違うので、起こる問題も感情も若さゆえな面がありますが、こちらもお互いに嘘がなく、正直に向き合うので安心して性格の良さを堪能できました。
ふだんの源とラブモードの源のギャップもお楽しみに。

総じて言えるのは、言いたいことを率直に伝えられないシチュエーションは焦れるし萌えますが、その分すごくこころが疲れる。
この作品にはそのストレスがない上にみんないい子ばかりなのでいつもとは違う「わたしも相手に誠実に、素直になろう萌え」という新しい何かを体験できました。トゲトゲせずに温かい気持ちになれる作品です。

2

後半の『幼馴染みと僕の事情』の方が好き

表題作品は、あらすじにある通り小学生の頃冴えなかった友達と再会して、キラキラ度が逆転するリーマン、再会ものです。なんか読んだことがあるような気がしないでもありませんが、でも悪い人やいじめシーンがなく安心して楽しめる作品でした。

後半は、幼馴染みのお話なのですが、個人的にはこちらの方が好きかな。攻めのげんちゃんはケンカも強いし、頭もいいし、イケメンなのにオネエキャラの高校生。そのげんちゃんの幼馴染みが恭ちゃん。同じ高校に通う高校生の幼馴染み同士と言う、ストーリー自体はよくある話です。ある日、げんちゃんに好きな人がいると聞き、相手のことが気になって仕方ない恭ちゃん。デートを切り上げてげんちゃんを呼び出した恭ちゃんが「お前が 好きな子がいるなんて言うから…」と顔を赤らめて言うところがキュキュキューン!!!となります。 
ひっついてからのエッチシーンで急におネエのげんちゃんが男言葉になるのも、ギャップ萌えです。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ