アナタと汚いことがしたい。

ダーティダーリン

dirty darlin'

ダーティダーリン
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神16
  • 萌×213
  • 萌8
  • 中立4
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
11
得点
160
評価数
41
平均
4 / 5
神率
39%
著者
菅辺吾郎 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
マッグガーデン
レーベル
uvuコミックス
発売日
ISBN
9784800006998

あらすじ

カレと遠距離恋愛中のゲイ青年・正児は、
カレが元々ノンケなこともあって自分に自信の持てない日々。
しかし大柄なホームレスの青年と出会い、
周囲の目もよそに、なぜか彼を理解したいと思うようになり…。

表題作ダーティダーリン

はまさん・ホームレス
三田正児・酒屋の息子

レビュー投稿数11

心がどうしようもなく動く

本作のスピンオフ「ダディダーリン」が読みたいがために、まずこちらから。
前情報全く知らなかったので…
ホームレスさんとの恋愛ですか‼︎
…と驚く。
そして、表紙に戻って「あ、だから洗ってんのか」と思いつつ読み進めて…
イヤイヤ、洗ってないやん!と。
結局ほぼラストまでずっと「ホームレス」状態じゃないか。

…というのは全部読み終わってからの感想で、読んでる途中の感想は…
「んん〜?なんかわかりづらいよー」。
冒頭の、小学生たちとの駄菓子屋さんでのわちゃわちゃからもうわからなくなってた。
それに、主人公の正児がノンケに恋するゲイで、いつもその彼に気を使って、汚いと思われないように…みたいな。
その「汚い」と、ホームレスの「汚い」を我が身に重ねちゃってるような部分が読んでてこっちも苦しくなっちゃったかなぁ。
父親が勝手になのかSNSに色々上げてたり、小学生たちにからかわれてたりも共感できなかった。
「恋愛」そのものは一種の胸アツ展開とも言える。
相手がたとえホームレスで汚くても臭くても心がどうしようもなく動く、というのはアリだと思うし、何もかも捨てて名前も自尊心も感情も抜け落ちた「はまさん」の焦点が正児に合うようになっていく感じ?そこは随分と冷静に描写されてたと感じた。

「後日談」に関しては、洗ったら美青年でした。的な展開になってて、BLとしてはやっぱこうなるよな…と思った次第です。
別に批判じゃないです。逆にホッとしましたよ。
さて、お目当ての「ダディダーリン」にすすみます。

0

割れていても嫌わないで欲しい

すごく良かったなぁー
『任侠ヨーグルト』が良かったので拝読させていただきましたが、こちらの方が好きでした^^

ゲイの酒屋・正児とホームレス・はまさんの偏見なしのラブストーリー!

正児はゲイであることをコンプレックスに思っているけど、
誰よりも愛されることを欲している青年です。
ノンケの元カレに、男同士のセックスは汚いと言われ傷つけられた過去があります。

対するはまさんは、人に騙され借金を負わされてホームレスになっています。
それ故、人を信頼できず何も感じないフリをして生きています。

このはまさん、見た目がマジのホームレスで、
女性向けの漫画ではなかなか見ない程の徹底ぶり^^;
誰もが近寄らず距離を取る中で、正児だけが手を差し伸べます。

はまさんのことをキレイだという正児は、
決して見た目に惑わされない素敵な青年だと思いました。
実際には、小ざっぱりしたはまさんはイケメンです✦
 
トラックの荷台で正児を愛しいと伝えるはまさんと、
それに幸せだと応える正児……
2人のやりとりに胸が熱くなりました。

また、正児パパや花雄さん、かじぃ……
2人の周囲の人々もとてもいい味出していました!

ちょっとネガティブだけど、
お互いのダメな所を認め合って生きていける2人だと思います。
きっと、唯一無二な存在になれるんじゃないかな^^

欲を言えばはまさんの過去をもう少し深掘りしてくれたら、
もっと感情移入できたかもしれません。



0

誰よりも心の強い2人

 ホームレスがメインキャラって斬新ですよね。序盤でお風呂に入れてあげたりして綺麗になるんだろうと想像していましたが、実際には最後の最後までお互いの家に踏み込むこともなく、ホームレスのはまさんは全身汚れた格好のままで。彼の見た目や臭いに左右されず、一貫して中身を見続けた受けの正児は芯が通ってるなぁと思いました。他人の偽りの親切に散々騙されて今に至るはまさんが、正児に親切にされたからといって安易に絆されないのもリアルだなと。彼らのような人達に施す親切はあくまでこちらのエゴであって、相手が必ずしも好意的に受け取るとは限らないということを、忘れてはいけないなと感じました。

 生活環境のまったく異なる2人がこうして徐々に相手の本質や長所を知っていき、他の誰が何と言おうと自分は相手の魅力を胸を張って言えるぞ、というくらいにまでなれるのが素晴らしかったです。彼らはたまたまホームレスとゲイという括りにされる人達だったけれど、もし仮にそうじゃなくても、相手の本質を見ようとしてくれる人達だっただろうと思います。仕事を得てさっぱりしたはまさんには、ホームレス時代から変わらない優しさで正児を包んであげて欲しいですね。

0

正直、親父組が気になって

この本のスピンオフ「ダディダーリン」が良かったので、こちらも購入。
酒屋の息子・正児は、自分の店の手伝いと、隣の駄菓子屋と駄菓子屋のじいちゃんの世話に日々を過ごしていますが、ある日現れた大柄なホームレスの男性に、ある事件をきっかけに好意を持つようになって…。

最初、このお話の、どこが「ダディダーリン」につながるのかと思いながら読んでいたら、正児くんの父親とかじいの息子として、妙に気合の入ったオッサンが登場してきまして、この二人のただならなさは?と思っていたら、ようやくカバー下で「ダディダーリン」へのつながりが。
最初からこっちの「ダーティダーリン」を読んだおじ好きさんは、このカバー下の爆弾読んでさぞ気をもんだろうなと、
そんな美味しい設定の話があるなら早う寄こせや!って叫んだろうなと、
私だったら、叫んでたと思うよ。

0

劇的ビフォーアフターものではないところがいい。

スピンオフである「ダディダーリン」が3/14に発売されるので、こちらを読み返してみました。

こちらはホームレスと、ゲイであることに負い目を感じている酒屋の青年という組み合わせのお話です。

ぶっちゃけて言うと、どんなに心根が良くても、ごめん、臭くて汚いのは無理!なので、もし私が受けだったら早々にお風呂に誘導&洗濯したくなっちゃうのだけど(でもそういう申し出をする事自体、相手を傷つけそうで難しい・世話焼きおばちゃんみたいなお節介キャラでない限り)攻めはずーっとホームレス&汚い格好であり続けます。(最後、綺麗になるけれど)

だから薄汚いホームレスを拾って洗ってみたら、なんということでしょう!そこにはピッカピカの王子様が☆という劇的ビフォーアフターものではないのです。

受けはゲイなんだけど、彼氏はノンケということもあって、どうしても付き合ってもらってるという引け目を打ち消すことができません。
というのも、初めてエッチしたときに「男同士って思った以上に 見れたもんじゃないなぁ」という彼氏の感想に深く傷ついてしまったからなんです。

女性とは違ってどうしてもお尻の穴を使わなくてはいけない。
だからこそ、念入りに中も外も洗って臨んだ。
だけど「見れたもんじゃない」と言われてしまった。
つまり「汚い」からだと感じた受けは、男が好きな自分も「汚い」と思うようになってしまいます。

そんな受けが「汚い」ホームレスと知り合って、自己否定を取り払っていく様子や、ホームレスの内側に惹かれていく様子が描かれていて、「汚い」って何だろなぁって思わされます。

そして終始無表情だったホームレスが熱い涙をこぼすシーンがグッとくるし、最後にこざっぱりしてイケメン好青年へと変貌した攻めが「貴方と二人で汚い事をしたい」と言うのが、すっごーーーーくいいの!!!

付き合い出してもゲイコンプレックスが発動されてたまにネガになる受けなんだけど、攻めも自分こそこんなホームレスあがり……とネガになって、二人してずーん……となってるのを見ると、ちょうど良い二人なんじゃないかなと思います。


そして今度発売される「ダディダーリン」は受けの親世代のお話で、あのイケオジたちが…!。
この「ダーティダーリン」のカバー下にあるイケオジ二人の四コママンガ「その感情を恋と呼ばなかったから 今でも(幼馴染の)彼と普通に酒が飲めている」というやり取りに密かに激萌えしてたので、絶対に買う!
そして「ダーティダーリン」の受け攻めも登場してくれてたら嬉しい。

3

脇のオジ様2人にイケオジセンサーが反応しまくり!

「任侠ヨーグルト」が良かったので続けて買った2冊目なんですけどね、これイケオジ好き女子は読むべし!でございますよ。
最初は主人公のとーちゃんの見た目萌え〜♡って思いながら読んでおりましたら、途中でさらにもう1人イケオジが投入されましてですね、しかも「アレ?なになに?もしかして…?」な空気がほんのりと漂ってくるではありませんか。
ねぇねぇどうなのこの2人?と主役達そっちのけで気になってしまいましたよ。
カバー下で答え合わせした後、作者のツイッターからマッグガーデンのサイト(マグコミ)に飛んでヒャッホーゥ٩( 'ω' )وなイマココです♪
スピンオフ「ダディダーリン」、オジ様好きは要チェックですよー!

さて中身ですが。
2冊目でもうすっかりこの作家様の虜です♪
あぁ好きだなぁこの方の作風。優しくって、人情が溢れてて、身体の芯まで沁み渡るような。
「理想をあきらめたら理想通りだった現実すら気付かねぇかも」
こんなことをキャラに言わせられるってすごいなって純粋に感動します。

ホームレスの彼、表紙では身体を洗われていますが、作中ではずっと汚いままです。
ホームレスって言ってもどうせすぐにお相手の子のおうちに入れてもらって小綺麗になるんでしょ?なんて思って読み始めたのにずーっと汚い。笑
そんな予想を裏切られる感じもこれはこれでなんだか良いなと思いつつ、読めるお話はとってもハートフルで「イイ!」の一択。
それにしても過去の正児の男を見る目の無さったら…!
ホモセックスしておいて何が「尻は汚い」だよクソ男。正児がキレないのなら私が代わりにキレてやるわ(#`Д´)凸

冒頭ではしゃいだオジ様以外も脇キャラ達がナイスなバイプレイヤーっぷりを見せてくれます。
口達者な女児達はほっこり可愛らしいし、ぼっちくんの淡い恋心についても気になるし、何と言ってもかじぃの超展開!笑
ページ数以上の満足感をおぼえながら、たっぷり楽しませていただきました♪

なんだろうなーこの読んでて楽しい感じ。
この世界にまだもっと入り浸っていたいなーって気持ちにさせてくれる作家様ですね。
スピンオフも楽しみです!

【電子】ebj版:修正-、カバー下○、裏表紙×

5

必見、カバー下!

なんとなく裏側を探りながら読む作者の本。
はぁ〜今回はあったかくなりました♡

やはりエロ度は低めでしたが、このお話にはこれぐらいが合ってるなぁと思えるところもいいんです。正直もう少しでいいからこの先のイチャイチャも読みたかったですけどね。これまでの経緯を思うと、ふたりが手をつなぎ、照れながら歩いている光景を思い浮かべただけでニヤけてしまう…そんな読後です。

酒屋の息子・正児は、隣の駄菓子屋(かなり高齢のおじいさん)をいつも手伝ってあげている。小学生の子供たちからは「正ちゃん」と呼ばれ慕われています。心やさしく面倒見もよく、わりとしっかり者の彼ですが、ノンケの彼氏とは遠距離で、いつも自信がなくてうまくいかない自分の恋ー。

そんな彼がホームレスの男性と出逢い、接し方にとまどいながらも、「なんとなくいい人な気がする」…そう期待したいと思う気持ちから始まっていく関係。正児の父がネット依存気味なのが意外で、それがこの地域を盛り上げているようなところも初めは違和感があったけれど、読み進めるうち気にならず楽しくなっていきました。

心からうれしいのも、せつないのも含めて正ちゃんの笑った顔がサイコーでした。
ラストのコマでの彼の顔が想像できるほど、目に焼きついて。
正ちゃんはコンプレックスぶり返しちゃっても、これでもう大丈夫だね!

大勢の脇キャラがそれぞれに濃すぎず、謎も少なめで、いい具合の登場で主人公たちを盛り上げてくれてます。子供たちもよかったし…私はあの"ぼっち"くんがお留守番役になってくれたのがツボでした。

あ、カバー下必見ですよ!本編読んでてこうだったらいいなーなんてこっそり思っていたことがそこにあって、答え合わせできた瞬間に声出ちゃいそうでした。ぜひ、法律事務所のあの人を次回主役に。

各話のタイトルがまたお話にぴったりで素敵。
・スナック菓子どろぼう
・甘酒フレンド
・金平糖シャワー
・うそつきヌードル
・嫌われわれせん
・後日談『春になったので…』


装幀:徳重甫+ベイブリッジ・スタジオ

6

二人が出会えてよかった。

ショージさんとはまさんのハートフルラブストーリーです。
お互いがお互いに救われていく様に感動しました。

直接のエロ描写は無いです。事後です。

1

まっすぐな子が好き

最後が可愛すぎて悶えた(*´艸`*)
ゲイであることにコンプレックスを抱いている受。
どーしょうもない男ばかり好きになる。
自他共に認めるなんとやらw
お前には見る目がない!!そんな男やめろ!またか!
言われ放題なんだけど、この受の真っ直ぐなとこが好きです。
ホームレスで小汚いはまサンとの出会いからのやりとりも可愛らしい。
汚いことがしたい宣言には思わず。
キュンキュン胸がわなないてしまった。

エロス的な要素は薄いですが
楽しく可愛らしいお話でした。

1

綺麗な人達。

正児は酒屋だが、隣の駄菓子屋(いつも寝てるようなお爺ちゃんが店番のため)の面倒まで見る、面倒見が良いゲイ。
恋人は居るが微妙な雰囲気で不安いっぱいな日々の中、1人のホームレスと出会い交流を深めていき…。

正児が良い子なんです。
ホームレスだからとか汚いとか関係無しに、人をちゃんと見る目があります。
はまさん(ホームレス)は自分が汚いという意識と過去に裏切られた経験から人との付き合いを線引きしながらも、まっすぐな人です。
正児が恋人に振られ、彼がゲイと分かりながらも態度は変わりません。

こんな2人が少しづつ近づくんですが、周りのキャラ達も凄く良いんです。
誰が何をしたという訳ではないけど、皆が皆をさり気なく見守ってる感じで。
正児父とSNSで繋がりたい(笑)

はまさんのビジュアルは最終話まで汚いままですが、綺麗になったはまさん素敵です!
綺麗なはまさんでも内面は全く変わらないけど(^^;;
はまさんと正児は、お互いを思いやれる優しいCPです。

エロは後日談に事後のみ(´・ω・`)
2人のエロ見たかったな〜…。
エロはほぼありませんが、心が温かくなる素敵な作品でした。
ぼっち中学生や親父達のスピンオフが読みたいです( ´∀`)

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う