恋と性と魔法の作用

koi to sei to mahou no sayou

恋と性と魔法の作用
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神22
  • 萌×219
  • 萌12
  • 中立4
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
8
得点
226
評価数
61
平均
3.8 / 5
神率
36.1%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784801960251

あらすじ

過去の恋愛の失敗から、無責任な恋を楽しみたいと思うようになった保科は、
恋愛絡みの問題を扱う別れさせ屋のバイトをしていた。
ある日、女癖の悪いヤリチン男とセックスして、女に諦めさせてほしいという依頼が舞い込む。
サクラという偽名を使い、情報を元に男に近づくがどう見てもヤリチンに見えない、ドジっ子〝カズヤ"。
証拠を撮るため、名前も見た目も一致している彼をホテルに連れ込むがとんだピュアエロで――! ?

恋愛に失望した別れさせ屋×三十路手前な純情童貞処女、
完全なる両想いまでは……もう一息! ?

表題作恋と性と魔法の作用

佐倉 翔太(別れさせ屋バイト・本名:保科三聡)
湯島 一也(29歳・引きこもり・童顔)

同時収録作品性と体と恋の反作用

紀一 高校生 セフレの弟
湯島一弥(ミロク) 29歳 双子の兄

その他の収録作品

  • 好きと可愛いの作用

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数8

エロエロですな

エロエロですな。
一也が可愛い!
自虐的引きこもりニートをいつまでも引きずって。健気ででもさくらを欲しがって、でも仕事だからなんでしょってわきまえて。

さくらのバックボーンはさらっとしか書かれてませんが、表紙裏に自殺未遂したトラウマの元カレが幸せそうにしてたので安心しました。

しかしエッチばっかりですね!
職場でも人前でも。
誤解から始まった出会いと恋。恋をする気はなかったさくらが一也にはまっていく様子がじっくり書かれてます。長身イケメンとの運命の出会いを恋人にしたのは一也が頑張ったからだよ!

一也の保護者的な兄の一弥もセフレの童貞の弟に実は狙われてて掘られちゃいました!こちらも幸せそうなので良かったです。

一也が何気にスキルが高くて驚きでした。わりと何でもやっていけるんじゃないかな?

0

勘違いから生まれた愛

恋愛も仕事の"別れさせ屋"サクラ(攻)と、引きこもり童貞ナリ(受)の、双方ひねくれたこじれ純愛です(^^)

かさいちあき先生の作品を初めて読みました。表紙にインパクトがあり、前から読んでみたかった!!先生の最近新刊が出て、その作品がこちらのスピンオフとの事で、先にこちらを読みました(^^)

別れさせ屋が抱いた相手が、予定と違うやつだった…勘違いから生まれる愛、大好きです(//∇//)サクラが、別れさせるために関係を持ちたかったのは双子の一弥(かずや、通称ミロク)で、関係を持ったのは一也(かずや、通称ナリ)。まさかの人違い!!仕事として関係を持ったはずが、童貞ピュアなナリにハマり始めるサクラ。さらに、ヤリチンのミロクがナリを溺愛しているので、サクラをさらに本気にさせる笑!!エッチなシーンもたくさんあって楽しめますが、心理戦のような駆け引きも読んでいて面白かったです(^^)

私が1番良いなって思ったのは、ピュアはピュアなんですが、引きこもり特有というか笑、被害妄想というか笑、純粋なんだけど考えがひねくれているナリの人間味溢れるこじれた心ですね!対人関係があまりなかったからか、自己解決みたいな感じに、結構自分の中で決めつけちゃって、それがこじれに拍車をかける!間違って抱かれた初めてあった人を怒るはずが"運命"と言ってすがる。自分に気を許し始めたかと思ったら、なんか自分に自信無くて怖くなって自身を取り繕いながら一線を引く。全てに当てはまらなくとも、ナリに共感できる部分が恋する人なら1つはあるんじゃないかなって感じました(^^)

別れさせ屋のサクラは…ナリの影響でどんどんピュアに笑!ピュアと言うか、取り繕わなくなって、自身をさらけ出すってイメージですね。そんな人間簡単に変われるか?って若干疑問もありますが笑、ナリを想えば、愛を知れば、人は変われるんです!

ナリを溺愛するミロク…彼のお話も描かれていて、これが面白い!!ヤリチンが年下童貞に処女奪われます(//∇//)その流れも私はすんなり入ってきて良かったです!サクラを敵視するミロクは、ナリとミロクがラブラブする関係を目の当たりにし、ヤリチン魂が疼いて笑、セフレ(女)に連絡します。しかしセフレ不在…。そこですんなり終わるのかなと思うと、セフレに弟がいて彼と知り合いなんです…しかもミロクが好きなピュア童貞高校生!派手でうるさいヤリチン ミロク(受)と、硬派で真面目そうな童貞 紀一(攻)…キャー(//∇//)童貞と思えぬ話術の網に見事に引っかかったヤリチンがグズグズに抱かれます!!大好きですこういう流れ!!

サクラとナリはめでたく身も心も結ばれます(^^)ヤリチンのミロクは年下高校生 紀一に抱かれます!ミロクの恋はスピンオフで描かれているそうなので、続きを楽しみに見たいです(^^)

0

こちらから読むのがオススメ

ミロクの話が出たので、こちらも買って読みました。攻めのサクラもカッコいいけども何と言ってももナリが可愛い!これじゃあサクラじゃなくてもやられるし、ミロクが溺愛するのも分かるわ。ミロクが家で2人をけしかけた時に、サクラにドキドキしてたけど、読んでるこちらもドキドキした。ナリと人違いしてなくてもサクラならミロクも落とせたんじゃないでしょうか?人違いでナリと恋人になれて良かった。個人的にナリのプリントT好きです。浮き輪も可愛いし似合ってた。

1

攻めがドストライク

かさいさんの作品はちゃんと読んだことがなかったのですが、今作は個人的に大当たりでした。

まず攻めの、年下スパダリ腹黒攻めキャラが大好物だったのが大きいです。
普段は物腰柔らかい感じの喋り方だけどたまに口調荒くなったり、エッチの時ちょっとS入ったりと私的なツボをかなり押さえてて 最 高 でした!
最初は受けの執着ぶりにたじたじな感じだったのが、段々とほだされて受けのために仕事も辞めるくらい夢中になり、途中から完全な溺愛スパダリ攻めになっていく様もよかったです。

受けはたまに卑屈すぎるとこが気になりましたが、それを凌駕するほどの純粋さとエッチの時のギャップがすごくて最終的には攻めと一緒に可愛さにやられました。
無意識の誘い文句がAV女優か!と思うほど卑猥なセリフが多々あるんですけど、AVの知識しかない引きこもり童貞が言うと破壊力半端ないです。

これが萌えってやつか!と何度か思いました(笑)

エロ多めですが決してエロだけではなく、「別れさせ屋」というちょっと変わった舞台で、勘違いから始まる純愛ストーリーという感じ。
引きこもり受けが成長していく様や、恋愛に無責任だった攻めが想いを伝えようと必死になっている様が描かれていてエロ以外でも萌えられました。

何より受けも攻めもツボなキャラで、脇のお兄ちゃんも良いキャラしてるんです。
お兄ちゃんに見られながらのイチャイチャも良かった!
他作品もチェックしたいと思います。

3

かわいい子が気持ちよくなってる顔がかわいい

ドラマCDになると聞いて、原作を読んでおこうと手にしましたが、
個人的にツボにとっぷりはまって、これは神かーー!!となりました。

確かにストーリーや設定は???となるところもありますが、
感情の表現は丁寧に感じました。

受け=童顔引きこもり君の、卑屈だけど欲しがりで、
迷惑かけたくないけどエロは隠せないところとか、かわいすぎるだろ!
っと、攻め目線でキュンキュンしました。

攻め=イケメン器用貧乏君は、言葉が嘘くさくなるのが自分でも分かっていて、
受けに対してどこまで踏み込もうかと考えているところとか、
エロや勢いだけではない部分があったのも魅力でした。

ちょっとショタっぽい受けの子の、思い切り気持ちよくなってる顔が
めちゃめちゃかわいくて、これをCDにしようというのはちょっと大変だな…
と思ったくらいです。

ドラマCDは、受けを寺島惇太さんが演じられることが発表となっておりますが、脳内再生は、途中からずっと河西健吾さんでしたwww

2

残念ながら

 かさい先生の作品は、私の中では、よく言えば「行間を読ませる」、悪く言えば「ストーリーが端折られてる」印象があるのですが、それがしっくりくる時と合わない時があるのですが、今回の作品は後者でした。
 恋愛慣れしてない受けが別れさせ屋の攻めに、会ったその日に恋に落ちるのはわかるのですが、攻めが受けを好きになった理由やタイミングがいまいちよく伝わりませんでした。あと、受けが卑屈すぎて、最後まで魅力的なキャラには思えなかったのと、双子で同じ読みの名前はさすがにないかな、と思いました。
 どちらかというと、受けの双子の兄のスピンオフの方が話としては面白かったです(こちらも、ヤリチンな受けのキャラを好きになれなくて、萌えとしてはあまり感じませんでした)

0

双子のスピンオフ

過去の手痛い経験から恋愛不信になり、別れさせ屋で働いている大学生攻め。ある日、ヤリチンのオトコを落とせという仕事が入り、サクッと抱いて仕事を終わらせたところ、人違いでターゲットの双子の弟をモノにしてしまって…。


別れさせ屋の大学生×29歳の引きこもりネットオタク、というカプのエロコメディです。
攻めは恋愛不信の超イケメン。ヤリチン男を掘ってくれという仕事を引き受け、ターゲットを発見して駆け引きを開始したところ、ヤリチンのはずの男はなんかすっごく慣れてなくて可愛い。疑問は感じたけれど、「なるほどこれがヤリチンの恋愛手管…!」と思って抱いたら人違いでした。
ヤリチンの双子の弟である引きこもり受けは、兄に「30歳で童貞だと魔法使いになるぞ」と脅され、一念発起して外出したところで攻めと出会います。そして攻めの歯の浮くようなセリフにコロッと落とされ、めくるめく一夜を過ごすことに。

行き違いや受けのキャラクターが面白かったです。最初は人違いでヤッちゃうとか、人違いに気づいてホテルから姿をくらませるとか、攻めがひどい男だと思ったのですが、可愛らしく健気だと思っていた受けがヤンデレ気味のなかなかストーキングな人だったので、悲壮感やかわいそう感もなく、おかしみがありました。
ただ、大学生×29歳なのに、ショタっぽいくらいに受けが童顔なので、年下攻めの醍醐味はあまりなかったです。


表題作受けの双子の兄(ヤリチン)が主役のスピンオフも入っていました。
ブラコンなのに弟に彼氏ができちゃって少々傷心なお兄ちゃん。家に弟彼氏が遊びに来て、いちゃついてる2人を見ていたらイライラムラムラしてしまい、セフレのところへ行ったらその弟にヤラれちゃった、というお話です。
受けはクズだけど可愛げがあり、攻めも健気なタイプで、表題作よりはこちらの方が正統派なお話でした。

3

年上拗らせ男子

別れさせ屋のサクラがターゲットを間違えて、30歳直前の童貞ひきこもりくんを抱いてしまったところから話が始まります。

反応がいちいち可愛いと気になったものの、間違いに気づいて逃げ帰ったサクラのところにGPSを使ってやってくるひきこもりくんの一也。実はパソコンスキルに長けていて、サクラがシャワーを浴びている間に鳴っていたスマホを開けたり、GPSを作動させたり、案外怖い。

なんだかんだサクラもどんどん本気になってしまって告白するも、出会いが出会いだけになかなか信じてもらえないと言う展開なのですが、とにかく途中途中で致してしまうエッチが濃厚だし、人前でし始めるし!

一也の双子の兄一弥の方も負けず劣らず快楽に流され勝ちでサクラと一也のエッチを焚き付けて、目の前でやられ始めたら、自分もおかしな気分になり沢山いるセフレに電話するも、すぐに帰るから弟としといて!と言われ…。とまぁ、兄弟揃って本能のまま生きてます。

BLにはエッチがなくちゃ!と言う人には楽しめる一冊かもしれません。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ