官能小説家と俺の“言えない”お仕事

インディゴの気分

indigo no kibun

インディゴの気分
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神50
  • 萌×27
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

51

レビュー数
8
得点
294
評価数
64
平均
4.6 / 5
神率
78.1%
著者
 
媒体
漫画(コミック)
出版社
祥伝社
シリーズ
onBLUE comics(オンブルーコミックス・祥伝社)
発売日
価格
¥680(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784396784225

あらすじ

担当編集×若き日の官能小説家
[ポルノグラファー]過去編スピンオフ!

官能小説の編集者・城戸は、
大学の恩師の葬儀で、同級生だった
純文作家の木島と再会。

創作に行き詰まり困窮している木島に
城戸はポルノを依頼してみるが、
出来は濡れ場が5行で終わる始末…。

そんな折、木島は城戸の頼みで
ポルノ作家の大家・蒲生田のもとへ
弟子入りにやってくる。
そこで悪趣味で鬼畜と有名な蒲生田に
「あること」を命じられた二人は、
一線を越えた関係になってしまいーー。


『ポルノグラファー』から遡ること十数年。
凡人の憧れ×天才の孤独を描いた
城戸と木島の“言えない”過去の物語。

表題作インディゴの気分

城戸 士郎,ポルノ小説担当編集者
木島 理生,スランプ中の小説家

同時収録作品ポルノグラファー補遺(其の壱,其の弐)

久住 春彦,サラリーマン
木島 理生,小説家

評価・レビューする

レビュー投稿数8

手練れのムード

前作「ポルノグラファー」からの本作「インディゴの気分」の流れ。
木島がどう木島になったのか、城戸とは何があったのか、それを遡って創作し皆を唸らせる。
離れ技的に上手い!と感じる。

時は遡ること十数年、木島が純文学小説家として完全に行き詰まっていた時期。
偶然アングラ出版社の文芸(ポルノ)担当の編集者となっていた大学の同期・城戸と再会し…と物語が動き始める。
この辺は、プライドは高いが現実には金に困っている木島と、木島の才能にかつて打ちのめされて文学を諦め、それでもまだ文芸の世界から抜けられない自分を卑下しつつ、今の自分が仕事を恵んでやるんだという歪んだ優越感を抱いた城戸との精神戦的描写。
本作のキモは、どうしても原稿を取りたい城戸が、弟子として人身御供的に木島を送り込んだ大物官能小説家・蒲生田です。
蒲生田は木島の持つ「何か」を嗅ぎつけ、それを解放せよと伝え、そして木島が失った「父親」の代わりのような存在となって、今になって後悔している父への喪の儀礼のやり直しをさせてくれるわけです。
この蒲生田が初対面時、嫌がらせで木島に城戸のtnkをしゃぶらせる。
そこから木島が受け的要素に目覚め、城戸と木島の関係性が決定的に変容するわけですが、城戸は一度は結婚や出世よりも木島との仕事を選ぶけれど、結局は普通の結婚をし……

そして「ポルノグラファー」の時期に続き、木島には久住が現れ、城戸は自分が距離を置いたくせに炎を燃やし尽くせなかった…と目を伏せる。でも確かに城戸にもあのタクシーでのキスの後のホテルでの激情が、炎があったんだ。
今、久住と炎を燃やして作家道を行く木島を見やる城戸は、後悔しているのか、諦めているのか。
ブルーよりも憂鬱なムード。

巻末に「ポルノグラファー補遺」。
久住と木島の甘々なエピソード。
これはいいんだけど、ここは「ピンクの気分」になっちゃってます。

2

神神神

今読んだばかりなので静かな興奮が冷めやらぬ状態なのですが、ただでさえ文章が下手くそな上に考えも纏まっておらず申し訳ないのに書かずにいられませんでした。

先ず後書きで作者さんが、当初は城戸に男を充てがってと考えていたけど妻子がいるし…と思いとどまったという経緯。
ハッピーエンドがお好きにもかかわらず、
変えられない現在という足枷がある中でこの様な素晴らしい作品を書き上げられた力量にただただ感動、尊敬、溜息です。

久住くんとの現在は、ハルくんなんて呼んでいるしきっとポカポカと暖かいものなのだろうな、過去の思い出とは比べる物でもないけど比べられない特別な宝物で。
でも多分木島にとっての受け身ではない最初で最後の恋の相手は城戸、なんでしょうね…城戸にとってもまた特別で。
そこを表現したラストシーンが見事だと思います、余韻が残ります。

4

本当に本当に読んで良かった!!

木島と編集者城戸との過去のお話、つまり成就しなかったお話なのできっと読んだら悲しい気分になってしまうんだろう…と警戒して当初、読む予定はありませんでした。
でもいるいるさんの素晴らしいレビューのおかげで(本当にありがとうございます!)俄然興味を惹かれて入手。

結果…本当に読んで良かったです。

純文学作家としてデビューした木島が官能小説を書き始め、どのように変わりあの「ポルノグラファーでの木島」に至ったのかという経緯が描かれているので、もちろん城戸との関係も描かれているのだけど、木島と城戸の愛憎劇などに終始しておらず恋愛メインではないところが素晴らしい。
城戸は既婚者で子供もいるので、例えば結婚が決まった際のエピソードなどドロドロしたものが描かれているのかと思いきや非常にあっさりしたもので、成就しなかった関係=悲恋という見せ方ではありません。

続編が出ると聞いたときに、キーパーソンとして城戸くらいしか出てこないのではないかと思っていたのですが違いました。
官能小説の大家と呼ばれる蒲生田が非常に重要なキーパーソンとして登場します。彼の元に木島が弟子入りをするのですが、この二人の非常に人間臭いやり取りが印象的でして、師弟関係にとどまらず木島が理想の父親像を蒲生田に重ね、親子のような関係になっていく過程がとにかく素晴らしかった。

そして何よりも読みたかった久住との続きが読めたのが幸せです。
ポルノグラファーで再会したその後が描かれており、さらに本編では再会して付き合っている二人のその後の様子が木島の口から語られています。

「宝物なんだよね 僕の」

これを木島の口から聞けたときには、あぁほんとにこの本買って良かったぁぁ!!と思いました。木島は久住に会えて良かった。それを確信できた一冊でありました。
そして、それを聞きながら自分の知らなかった表情をするようになった木島を見つめる城戸。

そのあと、二人でタクシーに乗り込んだシーンも神です。

「城戸くん またね」「またね」
二度めに言った「またね」に何とも泣けてきます。

城戸にとってハッピーエンドともバッドエンドとも言えない。モヤモヤした思いは一生残り続ける。
でもそう単純じゃないからこそ、ほろ苦く味わい深い。大人のためのストーリーでありました。

こりゃ神しかないっ!!

10

もはや文学作品

前作のポルノグラファーがよかった!からの、本作を購入ですが。
これ、本当に良かったです。
なんだか最近、やおいの語源か?!みたいな、エロくて変態プレーみたいなBLがブームなの?な感じの中(それはそれできらいじゃないんですが)、理由があって、無理がない変態。の、純愛!みたいな。

前作はスランプになった純文上がりの官能小説家の主人公木島が、若い男の子にちょっかいをかけて恋愛に移行する話なのですが、
今回はその木島が、デビューしてから行き詰まり、まさに官能小説かになる流れの話です。
大学時代に木島の才能に自分の作家になりたいという夢を削除した城戸が官能レーベルの編集者となり、すっかりダメになっている木島に会うところから始まります。
城戸に言われるまま、官能小説に挑む木島は、城戸に言われるまま間の小説の大御所の最後の弟子になって・・・という話。
城戸の木島に対する嫉妬や愛情。木島の身内に受け入れられなかった過去からなる、先生との関係。
とにかく、なんだかストーリーが濃い。
それこそ官能小説の大家団鬼六の、BL小説っぽい作品を思い出しましたよ(小野塚カホリ先生がコミック化しているあたりの美少年とか)!

こちらの作品を読んで、前作のポルノグラファーを読み直しました。
ら、もうそちらもよい感じで。
こっちとそっち、どっちを先に書いてたんだろう(前作が先に決まってますが)?丸木戸先生は!!マジ、神か!?みたいな気持ちになりました。
そのぐらいスムーズに、どちらから読んでもすごいのが普通にすごいです。
スピンオフ作品は失敗作を読むと、キャラに一貫性がなくなっていたり、ひどいと、あーーーー、人気あったからね〜〜、編集者も声かけるよね〜〜なものもありますが、これは本当に良かったです。


もっとネタバレしたいですが、これ以上書くと読書感想文みたいになりそうなので、この辺で。
エロは少な目ですが、ストーリー重視な方は、絶対に買って損がないと思います!!

7

前作があったからこそ読めた作品

これぞスピンオフの鑑というか、前作があってこその、結局くっつかなかった二人のお話って所がすごく好き。
木島はポルノ大作家・蒲生田の最後を看取ることで、自分の中にあった色々な物、親との確執であったり、小説を書くことであったりを、乗り越えて、受け入れて、踏み出したけど、城戸は大した覚悟もできないまま、木島との関係もその場の勢いだと、なし崩しにして、怖気づいて、結局は「普通」の家庭を手に入れて、逃げた。

いい。
すごくいい。
こんな風に、どうにもならなかった二人の話って、商業作品だと多分かなり珍しいけど、すごくよかった。
これも、前作があったからこその作品。
これ、実写映画で見たいなぁ。

4

城戸が切ない

丸木戸マキ先生の作品は作家買いしています(*´꒳`*)
さらっと一回読んだだけなので私のレビューは参考にならないと思います。
「ポルノグラファー」より好きというか前作あっての今作って感じで(過去編なんでそりゃそうだ)
より前作が好きになったというか前作に深みが増したというか…とにかく良かったです。
前作より好き。
過去の城戸と木嶋の関係…友人と言い切れない曖昧な関係…セフレ?元彼?そんな名詞では言い表せない関係に滾りました。
木嶋にキスしてしまいそうになる城戸が切ない。
木嶋と久住を見る城戸が切ない。
これからも作家買いし続けようと思いました。

5

痺れました!!

非常に楽しみにしておりました…。
『ポルノグラファー』過去編!!!
久住くんもワンコで可愛くて好きなんですけど、
木島と城戸とのなんとも言えない雰囲気がたまらなくてですね…。
久住くんが二人を怪しんでいる内容は
ただの妄想では無く嬉しかったですww

木島の変人っぷりが
前作に比べるとちょっとマイルドなような気がしてしまいましたが
何度も読み返したので
単に私が木島という人物に慣れてしまっていたのかもしれません。
インパクト強すぎましたもの!!
でも、城戸に頼られ無茶ぶりを承諾したところに
かなりグッときました。
好き勝手しかしないイメージだったので、
ちゃんと情もかけられるんだなぁっていうか…。

城戸が、想像していたより真面目で驚きました!
いや、途中「そりゃないぜ城戸よぉ……」な事もありましたが
人はどうしたって条件のいい方に行きたくなるものですよね。
なんていうか、とても人間くさくて好きです。

大御所官能小説家・蒲生田先生が凄かった!!!
木島を上回る変人っぷりでしたが
信念を貫く姿勢が素晴らしい…。
そして、スケベは正義だと言う事を改めて感じましたし
説得力ありすぎですよ。さすが“官能小説界のドン”。
城戸に見せた涙と、最期木島に見せた笑顔が泣ける……。
木島もよく頑張ったね……。

あー…二人が結ばれなかったから久住くんとお付き合いするわけですけど
やっぱり城戸もいいなぁ………。
お互い好きな気持ちはありつつ成就しないところに
他の誰より特別な想いがずっとあるんでしょう。
きっと引きずっているのは城戸の方なんですね。
…だったら結婚するんじゃないよ!もう!!お前は!!!
説教したい気分です…。
いや、『インディゴの気分』とまではいきませんがww

同人誌と描き下ろしの久住くんがまた面白い…。
大丈夫、たぶんもう大丈夫なはずだからりーちゃんを信じてwww

本編は耽美でシリアスだからこそ、
コミカルなシーンが活きています。
テンポもいいし様々な表情も見惚れてしまいます。

カバー裏のデザインも凝っていて、
表紙を開くと小説風につづられていて
雰囲気めっちゃいいです!!
湿度のあるエロさがなんとも…最高!!!

早くもCD化決定、おめでとうございます!!
城戸役の松田さんの演技を沢山聴けるのがものすごく楽しみです!!
『ポルノグラファー』で新垣さんととてもいい感じでしたから…。
今更ながら、あちらも神でしたわ。我ながらバカ。

前作を未読の方は『インディゴの気分』の後に
『ポルノグラファー』を読むのも楽しいかもしれません。

7

成就することのなかった関係

本作はポルノグラファーの過去編。
すごく良かったです!!!
それぞれ単体で読める内容だけど、是非ともセットで読んで欲しいです。

成就しない関係という結末がわかってて進むストーリーが切なく。
後悔にも似ているような燻りが今も残っているようでモヤモヤと後を引くのですが…。

個人的にポルノグラファーでハマれなかった受けの性格の一端を理解し、
編集者との微妙な距離感が今作で分かってスッキリしました。
セットで読むとより味わい深くなった気がします。


さて。
お話は編集者である攻めが、純文学小説家の受けをポルノ小説へ誘うところに遡ります。
実は攻めは元作家志望。受けの才能を目の当たりにして筆を折った過去があります。

攻めは、才能をこのまま埋もれさせたくないと思うのと同時に、
ポルノを馬鹿にしてプライドの高い受けをグチャグチャにしたい欲求も湧き。
受けは、死別した父親との遺恨や小説が書けなくなった現状から酒に逃げていて。

そんな中、とあるキッカケで関係が徐々に変わっていきます。

受けは攻めに対する愛情がチラホラ見えるようになり。
攻めは恋愛的な意味では意識していなかったのに、
タガが外れたら一気に引き込まれ理性飛ばしてガツガツするのが胸熱!!
受けの熱っぽい目がすごく色っぽーーーーーい(∩´///`∩)

なのですが、恋愛感情とは言えないままで繋いだ関係で、攻めには後ろめたい隠し事があり…。
事後に背中を向けあって無言でいる時間が遣る瀬無く重く感じました。

結果的にこの不信感が最後まで響いてしまったのかな。
ポルノグラファーで完全スランプに落ちたのは確実に編集攻めが影響してるのが分かります。

書けなくなって大荒れした時期は編集攻めに子供が生まれた時期と重なるのはポルノグラファー内でも匂わせていましたが、こちらで編集攻めと受けの間にあったイザコザを知るとストンと落ちるものが…。

どん底まで落ちた受けのその後は、ポルノグラファーで知る通り。
うん。受けにはポルノの年下攻めみたいな裏表がなくて感情が分かりやすい子の方があってるな!と。
良い子に出会えて良かった(∩;///;∩)

編集攻めはね〜〜〜〜…。
年下攻めと幸せそうにしてる受けを見て、
安心してる部分と嫌な気分が綯交ぜになってるのがなんとも言えない(;ω;)
過去を振り返る度に『インディゴの気分』になるんだろうな。
心の中に一生残る恋心のようなものを持ち続けながら妻子を大切にしてくのか…。


脇で大活躍だったのはポルノ大御所作家の先生。
死期が近づく中で、受けとの心の交流は涙腺が緩む…。

大御所先生は受けを弟子というより息子のように気をかけていて。
受けも自分の父親に出来なかった後悔を、先生との交流でやり直しをしているようで。
父子のような最期の穏やかな時間がジンワリときました。

巻末にはポルノグラファーのその後のお話。
同人誌からの再録と書き下ろしです。
幸せそうな2人が見られて良かったです。

11

いるいる

フランク様

はじめまして(^^)
コメントありがとうございます♪

感じるままに書いてるので、きちんとお役に立ててるといいのですが…(汗)ポルノグラファーのその後はとっても良かったですよー!

フランク

はじめまして!突然のコメント申し訳ございません。
成就しない恋なので買う予定はなかったのですが、ポルノグラファーのその後が収録されているという事と、いるいるさんのレビューを読んでいたらなんだか過去も知りたくなってしまったので、買うことにしました。
とっても参考になるレビュー、本当にどうもありがとうございます!

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ