初めて付き合った男はクズだった

トキオの春

tokio no haru

トキオの春
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
2
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
レーベル
ポーバックス BABY comics
発売日
価格
¥675(税抜)  ¥729(税込)
ISBN
9784865893823

あらすじ

自分のルックスにコンプレックスを持ちながらも被写体として働く時生(ときお)。
学生の頃に付き合っていた相手にも容姿を否定されてしまったことがきっかけで、
セックスそのものに恐怖心を抱いていた。
そんな時生の元に転がり込んだトモヤは時生のトラウマを包み込むように触れようとする。
切ない想いがじんわりとした余韻を残す表題作の他、3本の短編を収録。

表題作トキオの春

トモヤ(ヒモ)・アキラ(会社員)
時生・モデル

同時収録作品絡まって落ちる

小鳥遊・教師
園江・学生

同時収録作品明日もまた日は昇る

スグル・大学生・21歳
ハル・大学生・21歳

同時収録作品エスケープ

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

ひと春の出来事

余韻の深い読後感でした。まつ先生の絵柄も相まって、なんだか切ない独特の空気感があります。
トキオの春で一冊だと思っていたら、短篇集でした。表題作が一番長いです。
題名通りトキオがある春に経験したお話。絵で苦手だと思う方もいらっしゃると思いますが、ぜひ読んでいただきたいです。

ーーーーーーー感想とネタバレーーーーーーー

【トキオの春】
読んでいると、トキオが不憫で仕方ないのですが、その一時ごとに小さな幸せを感じていてその点は良かったと思える部分でした。

過去に付き合っていたアキラによりトラウマを持っていたトキオが、拾ったトモヤと一緒に生活をするようになり徐々に綻び心を許していきます。
でもトモヤは根っからのヒモ体質。1つのところには留まることができず、人と深く関わることができません。最後にトモヤはトキオの身体を触り彼の心を完全に解きほぐして去って行きます。

ここの描写が堪らなく切なかったです。”自分を否定されるのが怖い”というトキオの姿もとても小さく見えました。

ハッピーエンドはハッピーエンドなんだと思います。生活をしていくなかで出会う恋未満なエピソードを覗くような気持ちになりました。
トキオはトモヤによって自分を変えることができたのではないかと思っています。

【絡まって落ちる】
教師×生徒の背徳感があるお話でした。ハッピーエンド。

【明日もまた日は昇る】
家族のような大学生2人のお話。

【エスケープ】
ショートショートで、少しわかりにくかったです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ