それでも俺のものになる Qpa edition 2

soredemo ore no mono ni naru

それでも俺のものになる Qpa edition 2
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神33
  • 萌×222
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

62

レビュー数
8
得点
265
評価数
59
平均
4.5 / 5
神率
55.9%
著者
 
媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス Qpaコレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
ISBN
9784801960879

あらすじ

高校の先輩でオレ様な若手指揮者の榊にぐいぐい迫られる中、
仕事も一段落した冬休みに訪れたドイツ・ドレスデンで
思いがけず余興の一曲をピアノで演奏することになり、
榊に惹かれつつも素直になれない伊月。
帰国後、作曲場所に困る榊のさに自宅を提供することに。
一方、伊月の友人・瀬名と榊がなにやら険悪な雰囲気になっていて——?

表題作それでも俺のものになる Qpa edition 2

榊 明斗(28歳・指揮者・高校の先輩)
伊月 結弦(26歳・雑誌記者・高校の後輩)

同時収録作品Ver.大和2

大和 涼介(26歳・クラシック音楽雑誌編集)
久世 薫(28歳・ヴィオラ奏者)

その他の収録作品

  • 番外編 Vacation
  • Vol.8.5(描き下ろし)
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数8

2巻発刊、おめでとうございます!

 連載途中で出版社が変わったりしてヤキモキさせられたので、まずは無事に2巻が発刊されてほっとしております。内容も、1巻の甘さとエロさを踏襲しつつ、より心理的描写が豊かになった感じで、大満足でした。

 強引な榊に押し切られる体で始まった榊と伊月の、仕事の付き合い以上セフレ未満の関係ですが、流されっぱなしだった伊月が少しずつ二人の関係と自分の気持ちを意識し始めたことで、これまでの一方的な展開に比べると二人の距離がだいぶ近付いた印象を受けました。
 音楽にコンプレックスを持ちつつも真面目にお仕事を頑張る伊月には好感が持てます。一方の榊も、強引なだけじゃなく、影の部分が今回垣間見えて、前より面白みが出てきました。

 現時点ではまだセフレ止まりのようなので、これからの展開がますます楽しみです。

0

エロだけに非ず

1・2巻同時発売だったので、2巻完結なのかと思っていましたが完結じゃなかった…。内容はすでに書いてくださっているので感想を。




1巻よりも断然面白かった。
榊の過去の回想。
伊月の榊への気持ちの自覚。
そして、二人の仕事面。

エロいことはエロいのですが、二人の気持ち面の描写が多く思わず感情移入してしまった。何不自由なく、挫折なく生きてきたように見える榊の過去。そして、伊月に恋した高校時代―。

「俺さま」に見える榊の切ない片想いに胸がぐっと締め付けられました。

そして。
伊月にひそかに思いを寄せていた優聖の告白。
サラリと流さず、どろどろの三角関係になると面白いんだけどな。と思ったりしました。

久世さんは相も変わらずの魔性さを存分に発揮してます。
エロいです。
存在も、表情も、もちろん濡れ場も。

大和を存分に振り回してほしいです☆

1

祝!CD化

こちらの作品、CD化されるそうです。
先生のツイッターで知りました。
ファンの皆さんは「待ってました!」という感じではないでしょうか。

2巻も相変わらず、甘エロ、とろとろです。
エロだけではなくストーリーも進み、今後が楽しみです。

今回は榊さんの過去が少しだけ分かったり、伊月との出会いも描かれていました。

とにかく、エロとお仕事描写が楽しめる素敵な一冊です。
たくさんの方に読んでほしいです。

0

2巻も変わらずトロトロ

角川書店版のそれでも俺のものになるが出てから約一年
竹書房Qpaに移籍して1巻の新装版と2巻同時発売。そしてドラマCD化も決定とのこと。

CIELに載っていたものと、Qpaでの連載がまとまりました。

榊に誘われて冬休み皆でドイツに行くことになった伊月と瀬名、久世、大和。学生オケの年越しコンサートで指揮を頼まれた榊。
コンサートの後余興の演奏に伊月も駆り出されて。ピアノを弾くことに。
最初は嫌々だったけど演奏しているうちに楽しくなってきて。
ここに来て瀬野が榊に宣戦布告。瀬野も伊月狙ってたの?!
無事演奏を終えて抜け出した榊と伊月。年越しの花火を一緒に見てキスされてそのままホテルに戻ってHになだれ込むのですが、衣装のチョーカーが首輪みたいな伊月に猫のしっぽがついたアナルビーズをいれられて更にそこに榊のものまで入れられてトロトロにされる伊月がかわいいし、エロいのです。

ぼすこ先生の描くエロはアングルとかバリエーションが豊富でほぼ1話1エロで、一応抵抗する伊月だけど毎回榊に美味しく頂かれてしまうのです。

ドイツから帰国後、榊にドラマの主題曲を作るよう依頼が来ます。そして伊月はドラマ放送時に記事にする依頼が。
なんでもこなす榊だけど作曲は難航していて。久世さんの家のピアノを借りていたけど落ち着いて作曲できないので、伊月の家へ行くことに。
一度提出した曲はイメージが違うとボツになってしまって。ドラマのテーマが無償の愛。
榊には無償の愛がわからなくて。愛とは何かの引換で得られるものと思わされていて。 そんな中熱を出して倒れていた榊を一生懸命看病する伊月の姿にヒントを得たのか、ドラマの曲が完成します。
榊が仕事で煮詰まっていた時瀬野から伊月に連絡があって遊びにおいでと言われていたけど、問題が解決したので行けないと伊月が伝えている時に榊から電話があって取ろうとしたときに、瀬野からキスされてしまいます。ここにきて俺じゃダメかと言われて。そして、ドイツからは榊の知り合いらしい人物が来日したところで終わります。まだまだ波乱の予感です。

Ver大和2と描き下ろしも収録されてます。

1

盛りだくさん!

2巻待ってました〜。
続きが読めて本当に良かった!
今回も盛りだくさんに詰まってますね。
そしてエロも満載です(*´°`*)

今回は年越しドイツ旅から始まり、榊さんに新しい作曲のお仕事が。そして伊月の家への泊まり込みが始まります。
そんな中、榊さん視点の伊月との出会いや、榊さんの置かれてた環境があらわになってきました。順風満帆なオレ様かと思っていたら、榊さんなりに悩んでいたり、夢を持って真剣に音楽に取り組む姿勢とか、強さの裏にある不安定さも見えたりしました。
伊月のほうも相変わらず体は流され気味ですが、少しずつ榊さんのことを意識し始めました( ˊᵕˋ )音楽をまた楽しいと思わせてくれ、そんな榊さんのことをまだよく知らない自分。
そして突然親友からの…。

いやー、どうなるんでしょう。これからの伊月の気持ちの変化が楽しみです♪
エロも当然たっぷりで、トロトロにされちゃう伊月が可愛いし、執拗に求める榊さんも良かったです。
プラス大和と久世さんも1話あり。ゆるゆるな久世さんにガツガツ攻めてく大和で、こっちも気になる!エロさも問題なし。

2巻もあっというまでした。続きが楽しみです♪
電子も同時ですぐ読めるのが嬉しいです。

0

お話とエロのバランスが良くなって

読後の満足感増し増し↑↑
1巻カバー下の登場人物紹介で榊、伊月の他に大和、久世、瀬名の3人も同じ大きさで並んで紹介されていたので「お?」と思いながら前巻を読み終えていたのですが、ストーリーの方にも彼らがしっかりと入ってきまして、世界観に奥行きと広がりが出てきました。
わたし的にはますます好きな感じのストーリーになってきていてとても面白かったです!
1巻のレビューに「真面目にお仕事して、真面目に恋愛している2人のお話です。」って書いたんだけど、2巻ではこの部分をさらに自分の読みたい方向に読ませてもらえたなぁと思います。満足感高\(^o^)/
これはもう絶対「不健全」だなんて言われたくない!

冒頭第5話が早速楽しいのです♪
前述の5人(+久世さんちの犬)でお揃いの服(アイドルグループの衣装によくある“布地一緒でデザイン違い”みたいなのを想像してね)を着て、男5人(+久世さんちの犬)グループ旅行ノリでドイツのドレスデンへお出掛けするお話から始まります。
これだけで仲良し男子グループ大好き属性の私としてはおかわりしたい系の萌え萌えシチュエーションなのですが、さてさてお話の内容はと言いますと・・・
訪独の目的は音楽院の大晦日コンサートに榊が指揮者として呼ばれたため。
そこで「ア・ストリング・アラウンド・オータム」の指揮をとる榊を見て、その意外性と“指揮者”榊の綺麗さにまたも見惚れる伊月。昔の榊を知る知人は哀愁を身に付けて指揮者としての深みが出たという。
(ちょっと余談なのですが、ぼすこさんの音楽や音楽家を文字で表現する際の言葉選び的なものが素人感覚的に分かりやすくていちいちグッとくるんですよね。演奏されている曲目を彼等のオケで聴いてみたいなって思わせてくれる。そんなところもこの作品の良さだと思います。)
コンサート後、伊月達も楽器が弾けることを知った知人の提案で、みんなで余興の演奏会をすることに。
最初は音楽家の道を諦めた苦い過去で渋っていた伊月ですが、榊の指揮のおかげでピアノを弾く楽しさを掴めて伊月の中に小さな変化が生まれます。
涙腺ゆるゆるなもんで、このシーン一つでなんかもうジーンときちゃいましたね…。

で、そんなイイお話の後のお約束エッチの内容がドエロすぎてですね、思わず苦笑・・・・するわけはなく♡(笑)
ぼすこ先生神かよ(//∇//)というすんばらしいエロでもだえ死にそうになりました(//∇//)(//∇//)(//∇//)
ドSなとこある榊さんは変態腐女子の味方だって期待してた…!ありがとう!!!

ドイツ旅行を経て伊月の心に変化があらわれ始めたところで、次のお話から焦点は榊の方へ。
この榊のお話が比重的に2巻のメインとなる部分なのですが、ここからがまた良かったです。
初っ端第5話にレビュー文字数取りすぎたので、ここから先はさらっと触れるのみで抑えたいと思いますが、丁寧にゆっくりとラブ以外の部分も含めてこの2人のことを描いていこうとされているんだろうなという印象を受けるお話の進め方がいい。
榊はハイスペックでスパダリだけど完璧じゃないところがいい。
1巻で少し感じてしまっていたテンプレカプ・テンプレBL感が薄まって、どういう展開になるのかな?とワクワク感が増しました。
2人は人生ごと少しずつ寄り添っていくのかな?
っていうかこんなにエッチしてるのにこの2人付き合ってないんだもんねぇ。ありえなくない?!ハタから見てりゃ愛あるエッチしまくってるのにね。
今回描かれた榊のエピソードも知ったうえで榊の心中を思うとますます切ないです。
榊に心からの幸せを噛み締めてもらいたい。

が、しかし!
なにやら波乱の幕開け?
気になる展開で「3巻につづく」です。><

最後の1話は、1巻と同じく大和×久世。
こちらも久世さんについて少し踏み込めるお話になっています。
やーしかしえろい美人だよね久世さんは!こんな清潔な顔したビッチいる?!?!
大和以外にも簡単に乗っかっちゃうから人によっては地雷要注意なカプでもあるけど、私は特定の相手を持とうとしない淫乱な雌お兄さんが攻めだけに堕ちるシチュエーションが大好きなので、大和くん期待していますよ!!!とエールを送りながら楽しませてもらってます♪
(電子のオマケペーパーも非常に美味しく堪能させていただきました♡)

ところで本作の電子版、「Cresc.(クレッシェンド)」が頭に付いて「Cresc.それでも俺のものになる」っていうタイトルになっています。
おそらく同じく都から指定されてしまった座裏屋さんの「眠り男と恋男」が一部の電書ストアで「ねむり男とこい男」で販売されていたのと同じで大人の事情的なアレによるタイトル改変だと思うのですが、意味深さが増していいなと個人的には気に入っています♪
このタイトル通りにどんどん盛り上がっていくのを期待したいなー!
ちなみに表紙も元絵は同じなんですがデザインが紙版とは違っています。(Cresc.を目立たせてタイトルがあまり目立たないようなデザインになっています。)
素敵なので紙派さんもぜひチェックしてみてください!

Qpa大好き読者なんで、今回の移籍は内心嬉しかったです。
この調子でいい形での連載が続くといいな。

【電子】レンタ版:修正○、カバー下○、裏表紙×、電子限定特典(1p)付き
Qpaさんは裏表紙も収録してくれるレーベルなのに本作は収録なしです…(T_T) 装丁変えてるせいかなぁ。。

5

勢い変わらず+゚。*(*´∀`*)*。゚+

2巻を読むにあたって、一番心配だったのは勢いがなくなることです。

作家さんから見れば新刊のゴタゴタは死活問題。
今後を考慮して勢いが弱まるかな?という懸念がありました。

ーーーが。
いやいや、弱まるなんて全っ然!!(ヾノ・ω・`)
余計な心配は必要なく、杞憂に終わってホッと。
攻めの姿勢を崩さなかった作者さんや出版社に感謝です。

メチャメチャにエロくて甘くて、
仕事に生きるカッコいい彼らの恋模様。
初めて旧版を読んだ時と変わらぬ印象でした(∩´///`∩)
甘さとエロさを堪能しつつ、少しずつ距離が縮まるのが良かったです♪

2巻は、榊×伊月が4話、大和×久世が1話ありました。
あとは番外編と描き下ろしです。


◆榊×伊月

今回は榊さんの過去の片鱗がチラリと…。
裕福だけど家族の愛情を知らないで育ち、無感情だった高校時代。
伊月との出会いなども描かれていました。

1巻で伊月は"偉そうな先輩にからかわれた"と言ってましたが、
榊視点になるとガラリと変わります(∩´///`∩)
冷めた目から次第に熱く、無表情が次第に笑顔を見せ。
『俺のこと気付いて、こっちを見て』
願いを込めて視線を送る榊さんの片思いにキュンキュンしました♡♡
高校時代は純愛(?)して見守ってたのですねぇ…。

でも、榊さんが伊月に持つ愛情は純粋なものだけではなく。
伊月への執着、愛されて育ったことへの劣等感、と少し黒いモノが…。
不安定な部分が見え隠れしててピリっとした空気もありました。

反面、伊月は安定してますね〜
明るくて素直で心が元気!且つ、体もトロットロに開発されて満たされて。
はー…可愛い、エロい、エロい、エロ可愛い。。。
伊月に睨まれながらも求め続ける榊さんの気持ちがわかる←
楽しそうにピアノ弾いてるシーンは読んでる方も笑顔になりました。

で!描き下ろしのエロさが!!ねッ!!!
伊月が大変けしからん状態なのでエロ好物さんは是非!!!

◆大和×久世

大和視点で、久世のミステリアスな淫靡さにどんどん惹き込まれていきます。
前話では久世のペースに嵌ってた大和。
今回は激情を見せるのがカッコ良かったーーー!!(∩´///`∩)

昼間は振り回され気味で可愛い年下ワンコ。
ベッドではガツガツと攻める強気なワンコ。
大和……グッジョブやで……(;///;)b 萌

久世は一筋縄ではいかないだろうけど頑張れ!


さてさて、本編では新キャラ登場で次回続く!なので気になるところ。
伊月の中では徐々に芽生えつつある感情や、瀬名からの告白。
ひと騒動起こりそうで楽しみですヾ(*´∀`*)ノ

2

切ないラブストーリーになってきました!

ぼすこ先生も描きたかったものが描けて、読者も読みたいものが読めてると思えた2巻でした。ほんと竹書房Qpaに移籍して良かったです。
1巻はカラダの関係が先行していたけど、2巻は二人の心の距離も少しずつ近づいてラブストーリーらしくなってきました♪

2巻始まりは、榊がドレスデンでの年越しコンサートの指揮を依頼され、それに伊月、大和、久世、瀬名も便乗して、男5人による年越しドイツ旅。
そこで伊月はやめたピアノを弾くのだけど、榊に煽られて弾くピアノはとても楽しそうで、意地っ張りな伊月が心を開くキッカケになった気がします。

そして日本に戻り、榊がドラマ曲を作る間、伊月宅に居候することに。
もっちろん毎晩のようにエッチなことしてますが、伊月も榊を受け入れるのがなんか自然で糖度がアップしてる!
でも、榊は期待に応え続けてきたことが自分の価値だと思っているから、役立たずと思われるのが怖くて、伊月に曲作りがうまくいかないことを言い出せない。
伊月は榊のことを心配してるのに、仕事のためだと誤解されて、相談さえしてもらないのが歯がゆい。
弱い自分を見せたくない、その人を知りたい、それって惹かれてるからこその欲求ですよね。
その後、榊は熱で倒れ、伊月は献身的に看病して、語らなくても行動で気持ちを感じるっていうのがイイ!
榊が高校時代に伊月をどんな風に見ていて、どうやって恋に落ちたのかも描かれていて、2巻は榊の切ない想い、伊月の気持ちの変化がクローズアップされて、がぜんラブストーリーらしくなってきました♪
切ないキュンキュンさがプラスされた2巻の展開すごく好きです。

大和×久世編は、久世に本気になりつつある大和と、それを面白がって受け入れることにした久世。スキモノな久世が本気になっちゃうとこが見たい。

「番外編 Vacation」は2カップルのタヒチ旅。
睡眠姦と聞いて我慢できず掲載誌「Qpano summer 2017」にも手を出しました。収録が思ったより早かったけど、寝ている伊月へのイタズラが良かったから後悔はしてません。

描き下ろし「Vol.8.5」は、榊の熱が下がったその後。
病後で動けないって榊に流されて…伊月による最大のエロご奉仕です。

電子限定特典は漫画1ページ。面積少ないレース下着を履いた久世の見返り美人図が目の保養♪(なにげに乳首までエロい!)

何度も言っちゃうけど、ほんと竹書房に移籍して良かった!
この後の続きもただ楽しみに待てます。

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ