それでも俺のものになる Qpa edition 1

soredemo ore no mono ni naru

それでも俺のものになる Qpa edition 1
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神34
  • 萌×223
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
9
得点
280
評価数
64
平均
4.4 / 5
神率
53.1%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
シリーズ
それでも俺のものになる
発売日
価格
¥680(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784801960862

あらすじ

女性誌編集の伊月は急遽コラムの取材交渉をさせられることになるが、
「これを聴けば、俺の記事を書きたいと泣いてすがると思う」と言う
傲慢で嫌味たっぷりな男は、新進気鋭の若手指揮者・榊明斗、伊月の高校の先輩だった。
嫌々ながらも演奏を聴いた伊月だったが、全身が痺れるような高揚感に満たされる。
その隙をついた榊の強引なキスでとろとろに融かされてしまう——。

表題作それでも俺のものになる Qpa edition 1

榊 明斗(28歳・指揮者・高校の先輩)
伊月 結弦(26歳・雑誌記者・高校の後輩)

同時収録作品それでも俺のものになる Qpa edition 1

大和 涼介(クラシック音楽雑誌編集)
久世 薫(28歳・ヴィオラ奏者)

その他の収録作品

  • Vol.3.5
  • Vol.4.5(描き下ろし)
  • あとがき
  • 出てきた曲リスト
  • ★登場人物★

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数9

初心者の為のエッチなクラシック入門編。

新装版は旧作と違い、巻頭4Pがモノクロ。やっぱりカラーページは美しかったので惜しい。ですが、榊の変態度増し増しの描き下ろしは新装版ならではの特典です。
テレビドラマにもなった、有名な某作品のイメージがちょっぴり邪魔をしますが、指揮者演じる玉木宏…じゃなかった、榊 明斗の燕尾服姿はなかなか色気があります。選曲も少し前のトレンドといえばそうですが、マーラー、ラフマニノフ、ラヴェル、ショスタコヴィーチ等、得意とされる曲目が偏ってるところもらしくていい。ぼすこ先生、お好きならもう少し踏み込んでくれてもいい。曲の色っぽさに官能的な気分に酔わされる結弦のシーンが好きです。音楽には確かにそういう作用がある。なので、いかにもなエチシーンも自然な(いや、ねちっこいけども。)流れというか。結弦が流されちゃうのも仕方ないよ〜っていう。
結弦は強引に榊に抱かれてしまうけれど、榊の音楽と仕事に対する姿勢そのものにも惚れ込んで行くんですよね。そこもいい! 結弦は雑誌の編集という立場で、まず「売れなきゃ意味が無い」という事が大事なんだけど、それと同じ、それ以上に読者に「伝えたい」という気持ちも持っていて。雑誌の企画内容自体にはそんなに触れてはいないんですけど、その企画をものすごく考えている、というところは描かれていて。エロはもちろんですが、結構読み応えもあると思いました。ゆっくりですが、次巻へ向けて当て馬くんも登場しますし、ふんわり出ている二人の過去編も描かれて行くので楽しみです。

1

新装版でも十分エロいよ

他のかたのレビューを見るまで旧版のことも、色々あった事も知りませんでした。
でも、これでかなりエロ部分をカットしたのかと思うと、一体どんだけの事を描いていたのだろう?と思ってしまいました。いや、新装版でも十分エロいです。

偉そうな指揮者と編集者と言うことで、クラシックの曲名や解説みたいなものが所々あったり、オケの普段の雰囲気みたいなものも丁寧に書かれていてちょっと高尚な気分になってると突然の変態プレイの数々。高校時代の後輩として昔から好きだったのはわかりますが拗らせすぎてやることが玄人です。伊月はノンケな上、先輩のこともすぐに思い出せないくらいなのだからもう少し時間をかけて溶かしてあげてほしかったです。そして、伊月、あんたちょろすぎだろっ!

2

セリフ、モノローグの随所に加筆修正あり

結構加筆修正されていますね!
旧版を持っているので購入をしばらく迷っていたんですが、これは買い直してよかったと思いました。
具体的には、主に指揮者としての榊が描かれているシーンのセリフやモノローグの随所。
1冊全般的に書き直しが入っています。
榊が鳴らしている音楽をより具体的に想像できるようになった感じ。
旧版でも十分想像を掻き立てられる言葉選びをされていたと思っていたのですが、本作を読んでしまうと旧版より断然良くなっています!
榊の人物像が私の中でさらにカッコ良くなりました。

絵に関しての加筆修正はほぼ無かったように思います。(でも絵の間違い探しが苦手な人間なんで気付けてない可能性も)
・・・という中で、唯一気付けた、と言いますか、気付いてしまった加筆箇所がありまして。
我ながらなぜ気付けたんだお前、と自分のエロ脳を褒めたいくらいなんですが、伊月の何も垂れていなかったはずの先っちょにたら〜んと滴が描き足されているコマ発見。(←第3話の挿入シーン)
こちらは如何にもBL作家さんらしい加筆修正だったもんで思わずにんまりしてしまいました。

収録内容面での差分は、8ページのエロエロな描き下ろしの追加収録。
えっと、2巻のレビューにも書いたけどもう一回書こう。
榊さんは変態腐女子の味方だって思ってたよ!!期待以上だよ!!ありがとう!!
すごいスマートにド変態だよね、どんな顔してアダルトグッズ買ってんのこの人w
8ページずっと( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)←こんな感じでした。
今後も期待してます。

電子版の場合はペーパーも新しいものが収録されています。
旧版のシーモア版にもおまけペーパーが入っていましたがそれとはまた別モノでした。

個人的には迷わずさっさと買やぁ良かったなって感じの新装版でした。
惜しむらくは冒頭のカラーから白黒になっちゃったページくらいですかね。

【電子】レンタ版:修正○、カバー下○、裏表紙×、電子限定特典(1p)付き

2

安定のエロ。

旧版も持ってるはず、読んだはず、なのに全然記憶にない。なんでかな~と思いつつ、新装版で1・2巻同時発売になったこともあって再度お買い上げ。

ぼすこさん、絵柄の美しさとエロ度の高さはかなりの高評価。私も好きなんですよ、ぼすこさんの絵柄。
ただ、ストーリーという点で言うと「俺さまな攻め」に「キャンキャン騒ぐ受け」というのか。割とワンパターンな気が。

この作品もそういう出だし。
出会ってすぐなのに攻めに手コキされちゃう受け。
と、エロ&俺さま攻め、という通常運行だなあと思いつつ読み始めました。

ぼすこさんの大きな魅力の一つが「濃厚な濡れ場」なので仕方ないと思いつつ、伊月が快楽に流されホイホイ抱かれてしまうのに違和感が。ゲイでもなく、そして榊に対する恋愛感情も自覚していないのに、なぜそうなる、という。

けれど、エロい描写に混ざって少しずつ見えてくるのは、若き天才指揮者と、音楽一家に生まれたものの才能が開花せず挫折した雑誌記者。それぞれの仕事の描写と、そして二人ともに人知れず努力している姿。

そして伊月の友人・優聖の片想い。

おお、面白い。
で、個人的に、久世さんが超お気に入り。
ビッチ受けってあまり好きではないのですが、彼の色気とエロさにKOされました。

1

竹書房さんに感謝

以前、KADOKAWAから出されていた「それでも俺のものになる」の新装版ヴァージョンです。
表紙だけが変わったのではなく、きちんと描き下ろしが追加されています。

相変わらず美しい絵!
そして甘エロ!!!
こうやって新しい形で読めるのが本当に幸せです。

描き下ろしのエロも可愛くて綺麗です。
榊さんカッコイイ&安定の変態。

伊月はもうとろんとろんで、読んでいて幸せな気持ちになりました。
竹書房さん、ありがとうございます。

2

描き下ろしもエロい

それでも俺のものになるの新装版

角川書店から発売されていたものに描き下ろしが追加されています。
前半部分は以前のコミックスと同じなので描き下ろし目当てで購入しました。
角川版に前半部分レビュー済みなので描き下ろし部分のみ。

描き下ろし4.5話
榊に呼び出されて酔った伊月が榊の滞在するホテルにやってきます。
もう呂律もまわってないので今日は泊っていくよう言われて、ソファーに横になる伊月はお酒のせいか榊にグチをこぼします。
結局なんだかんだ言いつつ榊にお尻にローションカプセルを入れられて、自分でして見せてと言われて榊の前でソロプレイ。
結局フェラされて挿入までされちゃう伊月。
榊にとって伊月ほんとちょろい。
短いけどエロは濃厚でした。

2

溢れかえる色気と汁

KADOKAWA版が発売された当初から続きを楽しみにしていたので、また読むことが出来てとっても嬉しいです!!!!

まずエロが最高にエロい!!!!!
色気と汁が大洪水な一冊です。
かといってエロ推しかと思えば軸は主人公・伊月が高校の先輩で指揮者の榊と過去のトラウマを踏まえながらお仕事に情熱を燃やしていくストーリーなので、音楽を題材にするのは難しいかと思うのですが、指揮者や編集者の大変さがしっかり描いてあったり、伊月視点の解説や美麗なイラストのおかげで曲の雰囲気も伝わってくるので、エロだけでなく、お仕事漫画としてもとても分かりやすく読み応えがありました。
予想が付きそうで付かない、ハラハラする、ジェットコースターのような2冊なので、ドキドキするBLが読みたい方、最近ドキドキを感じていない方にはぜひ読んで頂きたい一冊です!!!

3

祝・新装版☆彡(紙版の新旧比べました)

色々一悶着があった旧版を乗り越えての新装版。

出版社は変わりましたが無事に続きを読むことが出来、
又、一時販売停止になってた1巻が再度世に出てホッとしました。

レビューは旧版にてアップ済みです。
発売当初、甘々なエロエロに度肝抜かれたのが記憶に新しい。
ちなみに旧版の帯は
表:蛍光ピンクの大きな文字で【ドS・絶倫・スパダリ!?】
裏:伊月のトロ顔4連発と共に【いつも好きなように弄られて……それでも、あいつが…】
と書いてありました。
(新装版の帯は2巻同時発売を強調したもので、絶倫表記が消えてました(ノ_<)あら。)
装丁は旧版と同じデザイナーさんですが、個人的には旧版の方がインパクトあって好きかな。。。

さて、内容や電子修正は姐様が詳しく書いてくださってるので、私は紙版を比べた感想を。

巻頭カラーがモノクロになった代わりに、口絵カラーが新しく加わりました。
カバー下のキャラ紹介、何故か2世俳優だけが消されてますw

修正は、普通に読む分には差異を感じなかったのですが、
2つ並べると若干厳しくなっているのがわかります。

全てではないですが、場所によっては白ペンが多く加えられてました。
浮き出た血管が見えてた部分は隠れるほどの消しが入ってます。
ツルンとしたア◯ルにもボカシが入ってます。(´•̥ ω •̥` )

残念ですが、多少は仕方ないですね……。
真っ白にならなかっただけでも御の字と受け止めます(泣)

描き下ろし8Pは安定の甘エロで萌えたーーー!!!
「今度こそヤらない」と宣言した直後にエロエロ////
榊さんのド変態性癖GJ!( ´͈ ᐜ `͈ )b
伊月はもう榊さんの身体ナシには生きられないだろうなーと改めて実感するわ…。
トロットロに乱れてご馳走様エロでした+゚。*(*´∀`*)*。゚+

2

竹書房Qpa editionになって。

KADOKAWAから竹書房Qpaに移行しての新装版。
旧版でレビューを書いているので、旧版と新装版の違いを比べます。
収録内容の違いは描き下ろし「Vol.4.5」が追加されているのと、榊がとあるブツを通販するデフォ絵1コマも追加だと思います。
旧版ではVol.大和の後に収録されていた「Vol.3.5」が、新装版では3と4の間に順番どおりに収録されています。

ぼすこ先生のツイートによると本編も加筆修正されているようですが、旧版と並べて見比べないとわからないかな。

ちなみにRentaのtnk修正は旧版と一緒です♪(そこはしっかり見比べた)
俺様にカラダから翻弄されちゃうツンデレ受けが見物ですからね、修正きつくならなくて本当に良かった。

ただ残念なのが、旧版ではカラーだった始まり4ページが、竹書房版ではモノクロに変わったこと…そこも旧版と同じくカラーにして欲しかった。

描き下ろし「Vol.4.5」8ページのために新装版買いましたが、買い直すだけの価値はじゅーぶんありました!
校了明けに榊に呼び出された伊月はほろ酔いで、ヤらないって言ってるのに、そこはお約束^^榊にカプセルのホットローションを仕込まれ、ムズムズしてきた伊月は榊に言われるまま自分でやりだして…と、濃ゆ濃ゆエロが見れます。

あとがきは文面は違いますが絵は同じ、出てきた曲リスト、カバー下の登場人物紹介も一緒です。

電子特典は漫画1ページ。これは全然エロくないけど、榊のノーブルさを改めて実感するコミカルな日常です。

竹書房への移籍なので安心してましたが、いち読者として望んでいた形で新装版が出て、物語が続いていくことが嬉しいです。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ