目つきが悪くて、プライド高くて、だからこそ──押し倒したいッ!

エリートの理性も限界だ

elite no risei mo genkai da

エリートの理性も限界だ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
30
評価数
8
平均
3.9 / 5
神率
37.5%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(メディアファクトリー)
レーベル
フルールコミックス
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784040694894

あらすじ

「まさに天職」と自負する河南だったが、ひとつだけ困ったことがある。それは、年上のフロントクラークの二上保貴。
高圧的な態度でものをいい、鉄の眼光で睨みつけてくる二上──そんな彼が、性的な意味でとても好みなのである。押し倒したい、という欲望を抑えながら、仕事をこなす毎日だが―…。

表題作エリートの理性も限界だ

河南浅黄 高級ホテルのドアマン
二上保貴 フロントクラーク

その他の収録作品

  • after story(描き下ろし)
  • カバー下おまけマンガ

評価・レビューする

レビュー投稿数1

お仕事頑張る系BL

初めて読む作家さんでしたが、絵が好みだったので購入。
ライバル同士の関係から恋愛に発展していく話ですが、全体的に背景も含め絵が綺麗でストーリーもテンポがよく、読みやすかったです。

語学堪能なドアマンの河南(攻め)は、自分にだけ高圧的な年上のフロントクラーク・二上(受け)の気の強さが実は嫌いじゃない。でも、ただ気が強いだけではなく、情も厚く、ホテルマンの仕事に対して人一倍情熱を注いでいる二上の内面を知るにつれ、本気で惹かれていきます。二上の方も、見た目の軽薄さに反して意外と優秀で、ホテルマンの仕事に対して自分と同じような情熱を持つ河南に、徐々に絆されていく、というお話です。

お仕事頑張る人たちの恋愛模様が好きなので、私は好きな作品でした。
ただ、何かすごく印象に残った場面というものがなかったので、次作以降にその辺は期待したいと思います。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ