勃っちゃったなら、面倒見るよ。

さよならコンプレックス

sayonara complex

さよならコンプレックス
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×27
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
82
評価数
19
平均
4.3 / 5
神率
47.4%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
レーベル
ポーバックス BABY comics
発売日
価格
¥675(税抜)  ¥729(税込)
ISBN
9784865894417

あらすじ

下半身がワンパクすぎるネガティブ攻め×何でも受け入れるフェロモン受け
ギャグに見せ掛けて最後は思わず泣いてしまう…
コミカルだけど切ないセンシティブボーイズ・ラブコメディ。

一般的な大学生の春仁には一つだけ常人離れしたことがあった。
それが異常なまでに過敏に反応してしまうペニス。
女子に軽く素肌が触れたり、パンチラが見えたりしただけで、すぐに勃起してしまう。
そんな素直すぎる息子くんのお陰で彼女も作れない…。

悲しみに暮れる春仁を救ってくれたのは、
大人っぽくてエロティックな雰囲気を持つ謎の存在・浅彦だった。

評価・レビューする

レビュー投稿数5

甘くて切ないラブコメディでした

【総評】
★★★★☆
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
既刊『それでも好きです笠原さん』が好みだったので購入しました。
昭和のノスタルジーを感じさせる味のある絵柄が特徴的な作家さんです。

本作は帯コメントに『下半身がワンパクすぎるネガティブ攻め×何でも受け入れるフェロモン受け』とあります通り、攻めの春仁くんは幼いころから異性とのほんの些細な接触だけでも勃起していまう体質で、多感な思春期の頃にお付き合いしていた彼女にそれを気持ち悪がられてしまったことから自身の体質が大きなコンプレックスとなってしまいます。
そんな彼が大学時代に会ったのが受けの浅彦くんで、セフレがたくさんいるといった噂も立つような、性に貪欲な浅彦くんから春仁くんの体質について「面倒見るよ」との打診が。それからふたりの関係は始まっていきます。

攻めの春仁くんは体質こそ厄介であれど、恋人に対しては誠実であり大切にしたいとの強い思いがあります。体の関係から始まった浅彦くんに対しても恋人なのだろうと認識してからはセックスだけでなくデートに誘ってみたりと恋人らしくあろうと努めていました。
ただ、浅彦くんに対しては「体質を受け入れてくれた恩人」という思いもあり、それが浅彦くんを苦しめます…。

序盤から中盤にかけては春仁くんと浅彦くん、彼らの友人とで少し笑えるようなコミカルな掛け合いも続いていきます。会話のテンポがよく、作家さんのセンスのよさを感じさせてくれる場面でもあります(カバー裏はもはやギャグ漫画のレベルで小気味よく、必見です)ラブコメディのような印象も受けますが、終盤でグッと切なくなっていきます。

※以下、ネタバレあります

ある日、春仁くんが同級生の女の子に告白をされ、そのときに「体質についても気づいているし、自分は気にしない」と声をかけられている場面を受けの浅彦くんが目撃してしまいます。春仁くんにとって自分の価値は「体質を受け入れてくれた恩人」であることしかないと感じていた浅彦くんは春仁くんへ別れを切り出します…。

受けの浅彦くんは、実は春仁くんのことを中学時代から知っており、春仁くんのちょっとした発言が自分のコンプレックスを振り払ってくれたことから憧れを抱いていました。と同時に、春仁くんが体質により彼女から振られてしまう場面も目撃していて、春仁くんの力になりたいとずっと思っていました。
大人になるにつれ、体質を理由にして春仁くんを受け入れられないなんて人は減っていくと知っていながら、浅彦くんは、春仁くんに「いらない」と言われることが怖くて何も言えませんでした。
春仁くんからすれば、自分には悩みや困り事を明かしてくれない浅彦くんにとって、自分は「いらない」のではないかと思いつめます。

「最後くらいほんとのこといって」と言って涙する春仁くんを浅彦くんは見たくなかったと思うし、「いらないって言われたくない」と言って表情をこわばらせる浅彦くんを春仁くんは見たくなかったと思います。
お互いに好き合っていたからこそ、お互いがほしがっていた言葉をもらえなかったことですれ違ってしまい、傷つけ合っていたことにふたりは気付きました。

最後は、攻めの春仁くんから受けの浅彦くんへ、恩人だからではなく「浅彦だから好きなんだ」と改めて告白し、お付き合いの申し込みをして、晴れてハッピーエンドとなります。

※ここまでネタバレ

要所要所で春仁くんと浅彦くんがお互いに見せる、好きって気持ちがあふれた笑顔がとても印象的で、そことシリアスシーンとの対比がまた切なさを助長させていたと思います。
ラブコメディとして読むにはちょっぴりビターな部分が多い気もますが、すべての場面が次のシーンへの布石となっていた為、私個人としては最後まで入り込むことができました。

甘さと切なさを味わえる、かわいらしい1冊でした。

2

せつなえろです。

デビュー作から絵が好きで作家買いになったおまる先生ですが、今回も素晴らしかったです。
絵的に綺麗系というより懐かしさを感じるタッチでクセはありますが、とてもエロいです。はらだ先生や春泥先生が好きな方なら合うと思いますがどうでしょう。

受けが一見ビッチなんですが、中身は一途で健気でとてもかわいいです。ちょっと健気すぎる気もしますが、それより今のビッチ風になったいきさつが気になりました。学生時代の描写もあるので。ビッチらしいという噂もたっていましたし。
あとおまる先生の作品の特徴ですが、受けだけじゃなく攻めもかわいいです。是非たくさんの人に読んでいただきたいです。

1

おすすめです!

前の作品が好きだったので、購入しました。
期待を裏切らない 内容で1冊にぎゅっと詰まっている感じで!

特に主人公がるーみっく風なところも良かったです。
(o^^o)
うまく言えないですが読んだあと満足感、充実感?があってとても良かったです。




1

テーマの割に意外と重め

絵柄(特に攻めの顔)がどこか昭和を感じさせるので、お好きな方は合うのではないかと思います。
すぐ勃ってしまう下半身に切実な悩みを抱える攻めがそんな自分を好きといってくれる受けに出会って。。という意外と純愛系でした。
受けがチャラい感じの見た目なのですが、かなり良い子で、良い子すぎて少し物足りなさを感じてしまいました。
あまりリアリティがなく、もう少し今時の男子感がほしかったというか。。
また、コミカルなテーマの割に、全体的に重めだったので、もう少し笑える要素があると更に良かったかなーと思います。

1

かわいいが、すぎます。

絵柄がとても好みだったので表紙買いしたのですが、買って大成功と言える一冊でした!

同じ大学に通っている二人ですが特に接点はなく話をしたこともありませんでしたが、たまたま飲み会で隣同士の席になり、、、最初は浅彦に流されるようなかたちでセックスをすることになる春仁ですが、今まで受け入れてもらえると思ってなかった体質を、受け入れてくれた浅彦に好意を抱くようになります。 

一方中学時代春仁に救われた過去があり、一見ビッチにも見えて感情を表に出さないですが本当はずーっと春仁大好きな浅彦が可愛いです、、

どこか両片思いのようなふたりがすれ違う様子は切ないですがとっても愛おしかったです。

えっちシーンは攻めのすぐに勃起してしまう体質と受けのエロさもあってかなり濃厚なえっちになっています!最高です!絵柄もかわいいのでえろかわがすぎました!最高です!(二回目)
攻めも受けも違うベクトル(絶倫と天然フェロモン)ではありますが二人ともエロいのでもう最高です!(語彙力)

気になってる方、ぜひご一読を!

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ