キスも知らない彼と…

愛とスマホのある生活。

ai to smartphone no aru seikatsu

愛とスマホのある生活。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×24
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
42
評価数
12
平均
3.6 / 5
神率
16.7%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
発売日
価格
¥679(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784758077811

あらすじ

人型の携帯「ヒトガタスマホ」が普及する時代。
大学生兼小説家の信長は
携帯を買い換えようと友人の電気屋に来ていた。
そこで紹介されたのは、心に傷を負った中古の
ヒトガタスマホの少年。
小さくて真っ白な彼を一目で気に入った信長は
家に連れ帰り、二人暮らしを始めるのだが――。

表題作愛とスマホのある生活。

大学生兼小説家 信長
人間不信の中古のヒトガタスマホ ゆき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

表紙が可愛くて思わず買い♪

装丁は野本理香さん。どおりで可愛いはずだわ♡

中身も非常に可愛らしい、イマドキな感じのお話でした。
表紙でメインの子が機械なんだけど、ロボットでもドールでもなく【人型スマートフォン】、という発想がなんかもう完全に若者脳だなーと。
作家様とのジェネレーションギャップをヒシヒシと感じながら読みました。

感想は・・・ごめんなさい、ちょっと辛口です。
良くない方の意味でガトーコミックっぽいコミックでした。
〔ゆき〕が可愛らしくて癒されますし、パートナーのようにスマホを連れ歩く世界もいいなと思いながら読みました。
ただ、アマチュア作家さんが描いたものを編集さんが何のアドバイスをするでもなくそのまま単行本化しましたという感じで、プロットが練り足りてないというか、「こういうお話可愛くない?」って妄想段階のものをチラッと読ませてもらったようなアッサリ感で読み終わってしまうのですよね。
もうちょっと読ませる展開が欲しかったかなと思います。
中立寄りです。

【電子】シーモア版:修正 白抜き+トーン、カバー裏表紙、背表紙、折り返し、本体表紙、裏表紙収録あり

1

ゆきがとにかく可愛い

ヒトガタスマホというのものが出現し、高額ではあるもののある程度の人が持っているという世界。
ネットで1話読み、ふわっとした雰囲気とゆきの可愛さに惹かれて単行本を購入しましたが表題作のみの収録の割にはちょっと消化不良かなと…

充電する時に人間であり攻めの信長と心に傷を負ったヒトガタスマホのゆきが、指先をぴとっとくっつけるのは可愛いなと思います。ほわっとします。
ただ、そのふわっとが物語全体的になってしまっています。
濡れ場もありましたが、一応機械相手にそんな事して平気なの?と疑問に思ってしまいました。
ヒトガタスマホが人間と同じように生活するというのに嫌悪感がある人がいるみたいな描写があったものの、それもサラっとしていました。
その辺のふわっと感も良いのかなと思いながらも気になってしまいます。

信長のお友達も良い感じで全体的に幸せな気持ちになります。このままゆきの心の傷も無くなり幸せに暮らしていけるなというくらい良い人しかいません。

前の持ち主はゆきのあの健気な行動の何が気に入らないんだよというくらい、健気なゆきが可愛かったです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ