かつとし

katsutoshi

かつとし
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×23
  • 萌3
  • 中立5
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
4
得点
66
評価数
23
平均
3.3 / 5
神率
34.8%
著者
上野ポテト 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ホーム社
レーベル
アイズコミックス.Bloom
発売日
価格
¥689(税抜)  
ISBN
9784834264067

あらすじ

その眼差しに、誰もが虜。

「さみしいの?」
「…うん。さみしい」
あることをきっかけに、本気の恋愛をしなくなった青年・克利(かつとし)は、一晩だけの関係を繰り返している。
彼の視線、声、仕草、笑顔……それらに惹きつけられた男達は、気づけば彼の身体を抱いていた。それなのに、彼は笑顔で去るだけで、誰のものにもならない。
そんな克利の前に、年上でどこかおどけた様子の男が現れる。今までの男達とは違う雰囲気を持つ彼に、克利は……。
謎めいた青年・克利の、愛の遍歴を描いた衝撃作。

"恋"をしなくなった克利が、再び出逢った"恋"ーーー…

表題作かつとし

かつとし、バーで声をかける年上男性
克利、一夜の関係を選ぶ青年

同時収録作品オートマチック・コントロール

裕希、コインランドリーにいた大学生
克利、コインランドリーで話しかけてくる男

同時収録作品モノローグ

志雄(学生時代の先輩)
克利

同時収録作品スイート・ハラスメント

津村大智(たいち)、新入社員
内藤、職場の上司

その他の収録作品

  • いつかくる朝
  • ごあいさつ
  • カバー下イラスト&作品解説

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数4

ちょっとおまけの5

久々に骨太のヒット作品でした。あまあまファンタジーBLとは一線を画す、ちゃんと人間ドラマを描いた作品。ちょっとおまけの神評価。

オムニバス形式ですが、タイトルになっているかつとしくんの物語ともとれる。

一夜の関係を結ばれた方の視点で描かれる1作目。これは新しいですね。遊び慣れたように見えるかつとしの、どこか狂おしく切ない面が、その男の目を通してえぐられる。

2話は、克利のルーツを描く作品。
女子に告白されて断り、その兄にいじめられそうになっていたところを先輩に助けられ、人付き合いがうまく優しい先輩に憧れるようになる。そんな先輩が、”好きじゃなくてもとりあえずキスしてみて、あとはのらりくらりしていたら向こうから振ってくれるから、恨まれないよ”と処世術を教えてくれる。そのことが心に残る克利。
ある日声をかけてきた男性に体を許してしまう。しかしその男にストーカーされるようになり、先輩に相談する。先輩は克利をふとかわいいと思い抱いてしまう。けれど先輩は一時の感情だよと、本気でなかったことを告げる。

ショートが1編挟まります。一夜をともにする男性視点で、1話の素になった作品かもしれないと思いました。

その後は、現在編。バーで克利に声をかけた”おじさん”。なぜか偶然出会うことが多く、克利はストーカーだと疑う。しかし、おじさんの方はだんだん克利を本当にかわいいと思うようになりー
ラストの克利の顔がなんともいえずよかった。

背中で語る表情の付け方や、背景、目線など、流麗ではないがうまい作家さんだなあと思います。

最後は、別の短編が1つ収録されています。何ともいえず人たらしな、優しく包容力があり楽天家の上司。ぐいぐい迫る堅物の新入社員との恋。こちらも味があってよかったです。


2

王道のストーリーではあるけれど

ちるちるさんの作家インタビューを拝見して購入。ネタバレ含んでいます。ご注意を。




表紙の、気怠い表情で横たわっているのが、主人公・克利。

とある夜のコインランドリー。
一人の青年が洗濯が終わるのを待っているときにふらりとコインランドリーにやってきたのは、服がびしょ濡れの青年・克利。怪しい奴だと警戒するその青年ですが、フレンドリーに声をかけてくる克利と話をすることに。
その後身体の関係を持つ彼らですが、その事の最中に克利がよんだのは「せんぱい」という名前で…。

そこから少しずつ、克利の「先輩」への想いが描かれていきます。

先輩と克利の出会いと彼らの歴史。
ずっと先輩のことが好きだったこと。
けれど先輩にはそういった意味で応えてもらう事はなかったこと。

好きな人とは結ばれることはないと知った克利が、先輩の代わりとして求めたものは―。

主人公は克利なのですが、彼の気持ちは、彼と関わった男たちの目を通して描かれている。克利自身の言葉で、あるいは感情で描かれていない。その手法が非常にお上手で、より一層切なさと萌えが湧いてくる。ある意味王道なストーリーなのですが、その展開の仕方に引き込まれました。

克利はビッチさんなので濡れ場の回数は多いものの、直接的な描写はあまり多くない。多くないのだけれど、克利が見せる色気がなんともエロティックです。

最後に、克利が出会った「かつとし」との恋が、克利を救ってくれることを願って。

後半の1/3くらいに、別のお話が収録されています。
タイトルは『スイート・ハラスメント』。
主人公はリーマン・内藤。彼の働く部署に新人として入ってきた津村くんとの恋を描いた作品です。
人当たりがよく常の気遣いの人・内藤さんと、イケメンで寡黙な津村くんの恋のゆくえはいかに。

『スイート~』が面白くなかったというわけではないのですが、できれば1冊丸々表題作『かつとし』にしてほしかったな、とちょっと思ったりしました。できれば、克利とかつとしの恋がきちんと丸く収まるところまでを読んでみたかった。あの余韻のある終わり方も素敵ではありましたが。

カバー下に書かれているのですが、『かつとし』はそもそも読み切りだった話を膨らませて描いたもののようです。それなのに、「克利」という青年をこれだけ魅力的に描けている。上野さんのデビューコミックだそうですが、これだけのストーリーを描けるなんてすごい作家さんが出てきたなという感じ。

ただ、欲を言うと、絵柄がちょっと…、という感想も。
克利は非常に可愛らしいビジュアルという設定ですが、そこまでのビジュアルに見えないのが残念。あと、絵柄の書き分けが若干甘く、これって誰だっけ?という事も。非常に味のある絵柄を描かれる作家さんなので、今後に期待したいです。

5

ゾワゾワな怖キモ

大きく2作品収録。

「オートマチック・コントロール」
「モノローグ」
「いつかくる朝」
「かつとし」
一応この4編で大きく「かつとし」の世界です。
まず初っ端の「オートマチック・コントロール」は、男性がコインランドリーで1人洗濯待ち中、ちょっとヤバい人が来て…というシチュエーション。
隣に座られて、話しかけられて、わあヤダヤダって思ってる所に急にキスされてうわーって。なのに明日ここで待ってます、なんて言われて眠れなくなって翌日足を向けてしまう。そして気づけば裸で乗っかられてるという…
この乗っかってるあぶない人が「かつとし」=克利なのですが、もうこのツカミの薄暗さは完璧ですね。
その後、この克利の高校時代からの時系列となります。
克利はあまり自分の意見を言えない子。一度先輩の志雄(しおん)が助けてくれてそこから懐いて何でも言う事を鵜呑みにしちゃう感じに。
ある日、志雄から「可愛い娘から告白されたら好きじゃなくてもOKしてキスまではするんだ」と言われ、自分に言い寄ってきた「男」にそれを実行。当然こじれてそいつにヤられ。
傷ついて志雄に会いに行ったら、志雄に可愛いと言われなぜか抱かれ。しかし志雄に「オレ好きじゃない奴でもセックスできる」と言われ。
そこから克利はビッチになっていくのです。
絵柄の雰囲気も何とも仄暗い。
さて、表題作の「かつとし」ですが、こちらは克利を見初める男の視点で進みます。
街中で、志雄に可愛らしい笑顔を見せる克利をゲイバーで見つけて話しかけるが全く相手にされない。なのに偶然の一致でそれから何度も街で出くわしてしまい、克利からはストーカー扱いまでされて。ついに志雄のバンドのライブ会場でも会ってしまい、克利が投げやりにホテルに誘ってくる…
しかし、この男こそ克利の渇き、克利の孤独を癒してくれそうな存在なのです。そして、彼の名も「かつとし」。
この話、どーなんのどーなんの?とビクつきながら読みましたが、夜明けの予感…

「スイート・ハラスメント」
こちらは暗くないです。
イケメンなのに人と親しくしない新入社員・津村と、誰にでも優しい態度の上司・内藤。
津村は内藤をゲイと見抜いていて、好きだと告白してきます。
色恋から離れていた内藤は戸惑うけど彼の想いを受け入れていくという、甘可愛いお話。


「かつとし」の世界観は大変興味深く読みました。このひねりのある感覚はちょっと怖キモな感じでクセになりそうです。

2

心情が丁寧

個性のある絵柄で、とても意味深で雰囲気のあるジャケとタイトルですよね。
一話目を読んですぐのあたり、穏やかそうでいてビッチなのか…と少し不安になりました。
なんかこう、天性のビッチ(というのは語弊があるかもですが)はちょっと得意ではないので。
でもきっとそれには理由があるんだと思わせてくれたのでホッとして読み進めたのです。
高校の先輩に憧れて好きになってしまって
克利の完璧な片想いならまだしも中途半端に応えてくれるなんて
先輩も酷い人だなー…。
克利の本音を聞いてあげたいと思うのは素晴らしいですが
可愛いと思うなら尚更手なんて出して欲しくなかった。
克利にしてみれば嬉しかったのかな。
もし自分だったらって思うとやっぱりやりきれないです。
埋められない隙間を知らない誰かで埋めようとする克利の気持ちも理解出来ました。

バーで話しかけてきた人に引く克利はごく普通のリアクションだと思いましたし
それこそストーカーみたいにあちこちで現れたらヤバいですよねww
誰にでも愛想良く出来る克利が唯一嫌悪感をあからさまにする相手、
考え方はまともで良かったー…。
先輩にズバッと言ってやってスッキリさせていただきましたよ。
図々しくもある男でしたが、彼ならきっと克利とこれからもあれこれ言い合いしながら
付き合っていけるんじゃないかと希望がもてました。

同時収録の『スイート・ハラスメント』は
表題作に比べると明るめな、先輩と新入社員のお話です。
やっぱり御仲間ってわかるものなんでしょうね…??
だからと言って急展開でもなく、少しずつ近くなる距離感が楽しかったです。
二人で出掛けて、はしゃいでそうにない顔の津村がツボりましたww
ああいう顔に出さないタイプと素直に一喜一憂がわかる内藤さんのバランスがとても良かったです。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ