home

home
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神28
  • 萌×226
  • 萌9
  • 中立5
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
8
得点
276
評価数
70
平均
4 / 5
神率
40%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
価格
¥628(税抜)  ¥679(税込)
ISBN
9784799736838

あらすじ

大きくなったら絶対に帰ってくる。だからこの家で待ってて?

小説家・辰巳はある日家の庭に潜んでいた少年・澄晴と出会う。
子供は大の苦手なのに、無邪気で子犬のような澄晴に懐かれ、
一緒に過ごすうちに澄晴との距離感に慣れてしまった辰巳。
でも澄晴はピタッと家に来なくなって?
子犬が超大型犬になるまで――
まっすぐな子供×捻くれた大人の極上幸せラブv
愛ある「下衆」「屑」短編2本を同時収録!

表題作home

中神 澄晴,大学生
寺尾 辰巳,小説家

同時収録作品せまいせかいに

夏路,澄滋に執着する幼馴染
澄滋,サラリーマン

同時収録作品ENDLESS WELCOME BACK

泰影,サラリーマン
優心,浮気性のヒモ

その他の収録作品

  • feel at home

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数8

読んで良かった!

表題作は私の大好きなワンコ物語だとわかっていながらも、同時収録作に「屑BL」と「下衆BL」アンソロ由来の短編があるのを知ってたため、ビビって敬遠してました。
でも非BLの「ストレンジ」も好きだし、BLの「エロティクス・インサイド」も良かったし…とえいっと購入。

読んでみたら確かに屑や下衆を打ち出しているのでモヤっとした読後感は残りますが、打ちのめされて立ち直るのに時間がかかる類の作品ではなかったので思い切って読んで良かったです。
それどころか一番印象に残っているのはワンコではなく下衆BLの【せまいせかいに】だったりする。
そして【せまいせかいに】と【ENDLESS WELCOME BACK】はどっちが屑でどっちが下衆なのか判らない状態で読み進めたのだけど、読み終えた時に、【せまいせかいに】が下衆BLで【ENDLESS WELCOME BACK】が屑BLだなというのが読んだだけで判ったのが地味に凄いと思いました。
なぜなら今まで屑と下衆はほぼ同義語でさほど違いがないと思ってたんだけど、つゆきさんのは屑と下衆の微妙な差異が描き分けてあるんです。

表題作【home】は表紙の通り、懐いていた仔犬が大きく成長して目の前に現れて…というお話。
まっすぐなワンコと大人ならではの臆病さを持つ受けという組み合わせで、ワンコあるある物語ではあるのだけど、攻めがいかにも体温が高そうでお日様の匂いのする青年って感じなところがとてもいいと思います。
受けよりも体温高そうというのが(暑っ苦しいというのとは違う)私の考えるワンコの資質の一つだと思うので。


【せまいせかいに】下衆BLが初出。
自室に女連れ込まれるわ、澄滋に携帯は必要ないとわざと水没されるわと幼馴染の夏路に好き放題されても何故か突き放すことができない澄滋。
しかし三十路目前となり、そろそろ生涯、自分を愛してくれる人が欲しいと婚活を始めたのだが、それを知った夏路がブチ切れて…。

今まで長らく夏路の暴挙を許してきた澄滋だけど、立場が逆転して、自分の言動一つで夏路を支配できる快感に目覚めてしまったようでどっちが本当のゲスか?という状態に。
ゾクゾクしたけど、夏路が可哀想で心がチリチリします。
私はこれが二人の最終形ではなく通過点であって欲しいなぁって思うんです。
予想もしていなかった新しい支配関係に目覚めたばかりなのでしばらくの間はこのままかもしれないけど、澄滋は生来の真性ゲスではないと思うので、夏路の心を支配して弄ぶという行為に澄滋の良心が痛み始めて、時間はかかるかもしれないけどそのうち正常な愛情関係にならないかなぁ…なんて事をこっそり願ってます。

【ENDLESS WELCOME BACK】屑BLが初出。
あぁこれは立派なクズです〜。どクズです〜。
恋人がいながらも、浮気をやめられない受け。
下手な嘘をつくもバレバレだし、そもそも隠すつもりも大してなくて「気持ちいいことして何が悪いんだよ」と逆ギレする始末。
さすがに耐えきれず一度別離を選んだ攻めだけど、受けは「俺は何も悪くない」「そんな俺のことも全部受け入れろ!!」と主張。
そして元サヤにおさまってしまう様子に、あぁぁぁ〜……って気持ちになります。

0

誰かに恋する時=他者に自分をどう譲るか

事前知識無しに手に取ったのですが、短編集だったのですね。
中編の表題作の他に、2編の短編が収録されていました。
そして、その短編2編が思いもかけないテイストで、驚きと共にやられた…と感じました。

「home」
作家の辰巳の生活に突然入り込んできて、お日さまの匂いとあったかい体温、不安なき睡眠を教えてくれた小学生の澄晴(すばる)。
子供なんて騒がしい、と思っていた辰巳だが、澄晴の存在がかけがえの無いものになっていく。
そして澄晴の海外への引越しと共に、会えない時間と距離で感情が煮詰まって煮詰まって、恋心に熟成されていく…
これ、澄晴がずっと日本にいて成長過程があったのなら「恋」にはならなかったかも。
ともかく大学生になって帰ってきた澄晴。
戸惑う辰巳。
…のかすかにすれ違う、モダモダな想いがすごく良かった。特に自分の心情を言葉に乗せて伝えようとする臆病な大人・辰巳の姿に胸打たれる。

「せまいせかいに」
デリカシーの無いヤリチン野郎がザマア展開でスカッとすると思いきや…
このラストは昏い逆転劇。出口の無い共依存になりそう。

「ENDLESS WELCOME BACK」
こちらもスッキリしたハッピーエンドではない物語で、え〜っ⁈て感情がわきました。
恋愛ではなくても。
恋愛ならなおさら。
相手を変える事は難しい。
「価値観の相違」をどう乗り越えていくのか。その回答はいつでもメリバだ。

「feel at home」
甘々になった澄晴x辰巳。
離れていた時間と年齢の違い。それらを少しずつ解決していく2人を応援したい。

0

雰囲気の真逆な作品が同居している。

表題作『home』の澄晴くん(年下わんこ攻め)が大型犬のようで、とにかく可愛いです。
弱っているときにギュッとされたい辰巳(小説家受け)さんの気持ち、痛い程分かります:( ;´꒳`;):

同時収録の下衆BL・屑BLに収録されていた作品『せまいせかいに』『ENDLESS WELCOME BACK』も、僕好みのゲス&クズ加減で、大変美味しかったです。
表題作とは全く異なる雰囲気、寧ろ真逆の作品を同時収録するとは……凄いですね……

1

好きな気持ちがツライ

表題作『home』は
可愛かった男の子が約束どおり戻って来てくれて
ようやくお互い想いを成就させられるという素敵なお話でした。
年の差アリでの年上受けの葛藤も、年下攻めの自制心も
やっぱり愛おしい!!
健気な澄晴は言わずもがなですが
ポンコツ具合が可愛らしい辰巳、
なんていうか雰囲気が美魔女ww
アメリカでの出来事は…しょうがないかなーとは思いつつも
つい辰巳の心境に焦点を合わせてしまいましたが
あれだけ惜しみなく愛情を見せてくれたら大丈夫ですね!

『せまいせかいに』
泣き虫だった幼馴染・夏路の世話ばかりやいて来た澄滋は
妹の言葉がきっかけで自分の将来への疑問をいだき…。

おぉー…。激しい愛ですね…。
個人的には夏路の方がひどいと思ってしまいました。
澄滋を好きなのに自分は澄滋の部屋でゆきずりの女と、とか散々勝手してきて
澄滋が離れていこうとしたら殴ってレイプしておいて
泣き縋って「嫌いにならないで」ってちょっと…。
それでも澄滋が二人だけの世界を選んで
パワーバランスがとれたのなら良いんでしょうけど
もう少し優しい愛が良かったかな…。

『ENDLESS WELCOME BACK』
こちらの作品は、読んでとても苦しくなってしまいました。
好きなひとと愛し合えているのに
どうして他の男とも寝られるんだろう。
小遣い稼ぎにしたってバイトも選り好みしてる時点でクズい…。
嘘だけはつかない事を泰影さんは信じていたのに
それも出来ないんじゃ別れて当然だと思ってしまいました。
好きだから他の男と寝て欲しくないって普通の感覚が
優心には理解出来ないんでしょうね。
「気持ちいいことして何が悪いんだよ」とか
「金に困んねぇから一緒にいるけどさあ」とか
泰影さん程では無いかもしれませんが凄く傷つきました…。
それでも優心を愛している泰影さんは一体どうなってるの…??
戻ってきて「俺を愛してんなら全部受け入れてよ!」だなんて
すごいこと言っちゃうんだね…。
価値観が根本的に違っても人は愛し合えるものなのか…。
それだけ泰影さんの愛が深く、
優心は他の男といくら寝ても愛しているのは泰影さんだけという事なんでしょうけど
私の狭量さでは理解が難しかったです。
『せまいせかいに』と同様、二人が良ければそれでいいはずなのに
どちらも読み返すのはしんどいなぁ。

描き下ろしの、澄晴と辰巳さんのイチャラブですら
モヤモヤを吹き飛ばしてくれなかった…。

『home』は神寄りの萌×2なんですが
読み切り2話がうーん…なので
萌評価とさせていただきます。

2

10年後かっこ良くなって帰ってくるなんて

あらすじを見ただけで好きそうだと思ったので購入してみました。
もう表紙ですべて表しているようなお話で、子供時代の澄晴が探検の途中に小説家である辰巳の庭に紛れ込んでから澄晴は辰巳の家をちょくちょく訪ねるように、そんなある日澄晴はアメリカに引っ越すことになります。
子供なのに、大きくなったら絶対に帰ってくる、だから辰巳この家で待っててと言う澄晴がかわいいし、既にかっこいい。
お互いメールなどで連絡は取っていたけど10年会わないでいた2人、澄晴は大学進学の為帰国することになります。会う前に辰巳は自分の想いが込められた小説"home"を澄晴に送り、会うかどうかは澄晴に任せることに。

10年たってかっこ良くなって帰ってきた澄晴。お互い離れていても想いあっていたのがわかってキュンキュンします。
澄晴は凄く素直に気持ちを伝えるけど、辰巳は時々ネガティブモードになったりもしますが、澄晴がまっすぐなのでちゃんと最後には解決するけど、辰巳が澄晴の未来を奪うことになってしまうんじゃないかと悩んだり、アメリカから元カノが来て嫉妬したりぐるぐる悩んでいるのも年下と付き合うと考えてしまうのもわかるんですが、ちゃんと自分の気持ちを澄晴に伝えて受け入れられていく過程も良かったです。
勝手に不安になっていただけで、澄晴は昔からずっと辰巳のこと大好きで変わらないので安心できます。

もうずっとくっついていたいというか密着してる澄晴は年下ワンコでかわいいです。
辰巳も澄晴のこと小説に書いちゃうぐらいめちゃめちゃ澄晴のこと好きすぎで、ほんわかした空気と穏やかなお話で良かったです。

短編2篇も収録されていますが、下衆BLと屑のアンソロジーに入っていたお話で、こちらは歪んでいるけど一応愛はあるかな?という感じで表題作ほど好みではありませんでしたが、スパイスになっているかなと言う感じで帰るべきところに帰るお話でした。


0

コタツBL

Twitterで作者のファンの方がオススメしているのを見て買いました。

ストーリーはあらすじをご覧ください!

1番好きな話は最後に収録されていた“ENDLESS WELCOME BACK”です。
これは受攻のキャラがしっかりとわかりやすく描かれていて、大切にしてるものや恋愛観の相違点が伝わってきます。
何回だって別れてきっとまた寄りを戻すんだろうな…と静かに納得し、読後は温かいあきらめに包まれます。

表題作は、孤独で不健康な作家が少年と出会い、愛を知ってしまう…というみんな大好きなやつです。
少しストーリーが薄いところもありますが、少年の体温を感じるような描写に受がどんなに幸せを感じたかがわかります。
ショタスキー協会会員の私としては、もう少し攻の少年時代が長かったらあと5冊は買ってました。ちぇっ。

表題作以外の2作品もhomeにまつわる、陽だまりのような、ぬるま湯のような、生暖かい作品になってます。
寒い時期にぜひ読んで温まってください。寒くない時期にも読んでみてください。

1

色々な愛のカタチが堪能できます

前作『ストレンジ』がめっちゃツボだったので作家買い。内容はすでに書いてくださっているので感想を。



表題作『home』に短編が2話という短編集ですが、なんだろう…。3話ともめっちゃ心に突き刺さる作品でした。


『home』
他者を受け入れることなく過ごしてきた小説家・辰巳。
そんな彼のもとに現れた、まるで太陽のような男の子。
他人は必要ない、自分の能力だけで生きていければいい、とある意味驕って生きてきた辰巳が、天真爛漫なその少年・澄晴と出会い、人としてそして作家として成長し、そして恋を知り。

視点は辰巳で描かれていますが、澄晴の心情もきちんと読み取れる。

大人であるがゆえに、分別あるふりをしなくてはならない辰巳。
辰巳よりも若く青いだけに、辰巳の気持ちをつかみ損ねてグルグルする澄晴。
年齢差はあるものの、どちらも恋する男で可愛いです。

彼らの前に現れた澄晴の元カノの存在も良かった。
BLに登場する女の子が苦手な方もいらっしゃると思いますが、彼女の存在が上手に生かされていて素晴らしかった。

『せまいせかいに』
幼なじみの夏路と澄滋の二人。
傍目にはバレバレなのに、無自覚に執着しあう彼らの関係に萌えました…。

夏路がクソ野郎です。最低男です。
そんな彼に、澄滋が振り回されているように、一見見える。でも、実は。

健全な関係ではない彼ら。
「せまいせかい」で生きていこうとしている彼ら。

タイトルが、秀逸です。

『ENDLESS WELCOME BACK』
ウワキ癖のある受けくんと、そんな受けくんを愛してしまったがゆえに振り回される大人の男性のお話。

気持ちは恋人一途、でも身体は快楽を求めて他の男にも向いてしまう。

こういうウワキ癖のあるキャラって苦手な方も多くいると思うのですが、個人的には心だけは攻めを求めてしまう受けさん、にも、浮気されてもそれでも許し受け入れてしまう攻めさん、にも萌えが滾りました。

つゆきさんの絵柄って、ちょっと淡々としているっていうのかな。
あっさり、という絵柄に分類されると思うのですが、その絵柄で描かれるブラックな世界が非常にツボでした。

3作品とも、とにかくタイトルが秀逸。読後にタイトルを見直すと、その素晴らしさに圧倒されます。

表題作は、あえて言うなら陽の雰囲気をまとっていますが、ほか2作品は陰の様相を成しています。1冊の中に趣の異なる作品が混在していますし、好みが分かれるところかと思いますが、個人的には3作品ともめっちゃツボでした。

色々な愛のカタチが堪能できる1冊かと思います。

5

ショタからの成長ワンコと暖かい時間

表題作+短編2話、3CPのお話が楽しめます。

表題作だけなら神評価です///
表紙でズキュンとヤラれて購入は大正解でした!

ただ、短編2話はテーマアンソロ「下衆」「屑」収録作。
浮気・暴力的な表現がありメリバといっていいのかな?
読み手を選ぶお話だと思いました。

個人的にはあまり好みでないので
表題作は神だけど、短編は中立です。


◆home (3話+描き下ろし)

孤独な小説家が子どもに恋をするー。
子どもだった男が大きくなって帰ってくるー。
そして10年の時を経て、恋人としての時間が動き出す。

陽だまりが暖かく、もだもだが焦れったく。
みぞおちにキューっとくる作品でした。


個人的に年下攻め・澄晴が萌え要素抜群です( ´艸`) ♪
ショタ時代がもぉぉぉぉぉ可愛くて可愛くて!
ストレートな無垢が、ズカズカと孤独な心に入り込むのにキュンキュン。
子どもの癒やし力ってスゴイですね。
コレは沁みるわ…(﹡´◡`﹡ )

小説家・辰巳のほうがうんと大人なのに、
子どもに縋るようにギュッと抱きしめるシーンがとても良かったです。

”恋をした”といっても後から自覚しただけなので、
子どもに対し欲情はしていないですので苦手な方もご安心を。
2人で過ごす時間は純粋なもので切なくキューンとしました。

そして澄晴の家庭事情で離れることとなり10年。
その間メールなどのやりとりはしています。

時が経つにつれ、恋心を自覚していく辰巳。
思いを断ち切るために出した1冊の小説。
辰巳の想いがとても切ない…。
ずっと待ってるだけの重さを感じます。

それを読んだ澄晴の反応にズキューーーーーン。
あー年下ワンコ可愛か~~~~っ
もうね、成長しておっきくなって戻ってくるとか反則だ…。
(訳:めっちゃ萌えます。ありがとうございます!!!)

再会後から始まる恋人の時間にはニヤニヤが止まりませんでした///
ぎこちなさ良し。
我慢ふっきれてガッツく良し。
最高か~~~~とはぁはぁしながら読了です。

描き下ろしも良いです♪
相手を思うが故にどうしても遠慮がちになっちゃう2人。
我慢はしない休日が綴られています(^//^)
めっちゃ萌える。年下ワンコ最高。

可愛い年下ワンコ好きな人、読んで…。


◆せまいせかいに(「下衆BL」掲載作)

幼なじみの狭い世界。
どちらも相手がいないと生きていけない共依存のようなお話でした。

最初は友人関係なんですけどね。
とあるキッカケで関係がガラリと変化し…。
最初はまとも寄りだと思ってた受けにゾクっとしました。

◆ENDLESS WELCOME BACK(「屑」掲載作)

甘えたがりの性癖をもつオヤジ攻めと、
素直で全てを受け止めてくれるけれど男遊びがやめられないヒモ受け。

受けのヒモ能力高し。
疲れて帰ってきた攻めをヨシヨシして甘やかして…。
でも1人になるとお金くれる相手について行ってセックス。
それを攻めに隠そうともしません。
オープン浮気(´・ω・`)…

受けから離れられない攻めを見てるのが苦しかったです。
読後にズンと落ち込みました…。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ