こんこんキツネのお嫁入り

konkon kitsune no okiniiri

こんこんキツネのお嫁入り
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×26
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
63
評価数
15
平均
4.2 / 5
神率
40%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
幻冬舎ルチル文庫
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784344841741

あらすじ

狐の半妖・温は住み込みで作家・紳太郎の身の回りの世話をすることに。温の失敗も笑い飛ばす紳太郎の優しさに触れ好きになるが?

表題作こんこんキツネのお嫁入り

瀬之上紳太郎、温を助けた売れっ子小説家
紺野温、純真な狐の半妖、17

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数5

純粋無垢な受けの可愛さに悶絶


狐の妖と人間とのハーフである温(受け)はある嵐の日、山で道に迷っているところを一人の男性に助けられます。家に帰ってから、大切なお守り石・ちろり玉を無くしてしまったことに気が付きます。ちろり玉は温の狐耳尻尾を隠してくれる大切なお守り石です。捜し回っていると、山の麓の古い大きな家で助けてくれた男性・瀬之上紳太郎(攻め)を見つけるのです。ところが、紳太郎は温を助けたときに足をねんざしてしまっていたらしく、動けなくて不自由していることを知ります。申し訳ないと思った温はせめてものおわびにと、毎日住みかの近くに咲いている
野の花で花束を作り、そっと家の前におき、時には山でとれた果物なども一緒においてはお礼をするのです。
そんなある日、とうとう紳太郎に見つかってしまいまさが、紳太郎はとてもやさしく温を迎えてくれごちそうしてくれるのです。


温は母親は生まれたときに亡くなり、父親は妖の国に帰ってしまったため、一人で洞窟で成長しました。
温を育ててくれたのは通称センセイというイヌワシの妖です。本や衣類など必要なものはセンセイがどこからか調達してくれるのでした。戸籍のない温は学校へ行けないのですべてセンセイから教わるのですが、人里離れたところで育ったのでかなり世間知らずです。センセイに頼りきりになりたくないと、16歳になってからはバイトを始めるのですが、常識を知らないので失敗してはすぐにクビになるということを繰り返しながらも前向きに一生懸命生きています。

紳太郎は売れっ子推理小説家です。旧華族の子息ですが、非嫡出子なことと昔から人に見えざるるものが視えるため気味悪がられ両親から煙たがられており、弟の陽次郎が後継に決まっています。妖が視えたから周りに疎まれたとはいえ、妖を憎むことなく、偏見で物事をみることもありません。
温に身の回りの世話を頼むのですが、温がどんなに失敗しても、知らなかったことを叱ったりせず優しくやり方を教えてくれるおおらかで優しい人です。


とにかく、温がかわいいの一言です。最初の登場シーンでいきなり道端の草をむしゃむしゃ食べ始めたときはちょっとびっくりしましたが、本当に純粋無垢で全く汚れていないのです。
自分がもの知らずなことを理解しており、なんでも知りたがり、前向きで好奇心旺盛な頑張り屋さんです。
返事がすぐに「あい」となるのもすごくかわいいし、「ぎゃふん」を「きゃうん」といってみたり、花の名前も自分のイメージで名前をつけるのですが、それがまたかわいくて、シロポヤポヤとかうっかり草とかとにかくかわいい名前を付けるのです。おおきな尻尾を抱きしめながら寝る姿とか、とにかく温のする行動の一つ一つがかわいくて、きゅんきゅんしまくりで、死にそうでした。
好きなものと好きなものを合わせて食べるとおいしいという持論のもとに、温が作る料理は前衛的でした。紳太郎がどちらも好きだからとカレーの中に大福を入れたときはびっくりしましたし、おにぎりの中の具は基本果物で、それをおいしいといって食べる温にはかなりびっくり。
でも、温が傷付かないよう工夫して食べる紳太郎の優しさにはほっとします。
カレーにリンゴをそのまま入れようとしたのにもびっくりですが、料理に関する見解の違いは読んでいてとても楽しかったです。

性的なことも何も知らなくて、紳太郎のことを考えてて勃ってしまったり夢精してしまったときには自分は病気なんじゃないかと心配するし、本当に真っ白です。
温と紳太郎の何気ない大切な毎日を読むのはとても癒されました。
二人に関してははじめからベクトルがお互いにしか向いていないし、特に邪魔が入ることなく両想いになります


他の主な登場人物は、
超ブラコンの紳太郎の年の離れた弟・陽次郎。
はじめは敵意むき出しで意地悪なことをいうけれど、本当はちょっと不器用なだけで紳太郎のことを大好きで尊敬しているだけのとてもいい子です。

紳太郎の編集・嶋田。
無表情なことが多いけど、紳太郎や陽次郎のことを正確に理解し、温にも優しく、知らないうちに温のことも知っているような聡い人です。彼の恋の相手が気になります。(ちょっと年が離れてるけど陽次郎かなー)

捨てうさぎ3兄弟のピョン太・ウサ太・ミミ太。
気まぐれな人間に飼われて捨てられたためすごい人間嫌い。特にピョン太は温のことを心配します。
ピョン太はもの知りで温にいろんなことを教えてくれます。

センセイ。
イヌワシの姿をした妖で、温の父親に温を託され一人人間界に残り温を育ててくれます。妖力が高く、人間界に深く干渉しない程度に温のために妖力を使って育てます。

紳太郎と陽次郎の祖母・珠子。
紳太郎と同じく妖が視える人で、紳太郎の理解者。温の両親について唯一知っている人です。

いい人ばかりで、穏やかな毎日がつづくのですが、元バイト先のヘルプを頼まれた帰りの温のピンチを紳太郎が救ったことにより今度は逆に紳太郎が世間的にピンチになります。
無事解決するのですが、自分が悪い癖に逆恨みして二人をピンチに陥らせた温の元のバイト先の男にはそれ相応の罰が当たってほしかったです。そして、それに乗っかった連中の金儲けできれば人がどうなっても構わないという態度には本当に腹が立ちました。

この事件の後、温は両親のことを知ることができ、自分が望まれて生まれてきたこと両親に愛されていたことがわかって、本当に良かったです。できれば、いつか父親と再会できるといいなと思いました。
ただ、父親は妖の長ということなので強い妖力の持ち主だと思うのですが、温は父親の妖力は全く引き継がなかったのかなとちょっと疑問でした。妖力がそこそこあってうまく使いこなせたらもう少し楽に生きられるだろうとおもったのですが。

ともあれ、人里離れた田舎で二人で仲睦まじく暮らしていってほしいと思いました。

0

一生懸命で可愛い温

読み始めた時は、純粋無垢が故に失敗ばかりで何もできないアホの子なんじゃないかと少し心配しましたが、そんな事なかったです。
半妖なので山で生活をしているが、街へ出てバイトをしていて人間としての生活もしています。ただ、山育ちの為、センセイというイヌワシの姿をした妖が育ての親代わりです。その先生が人間の世界の知識も教えてくれていました。
人間の生活(社会)に馴染めていないという訳では無く、知識の吸収や探求心も強いので努力家で可愛い子です。

大雨の日に攻めの紳太郎に助けられその際に耳としっぽを隠すために必要な「ちろり玉」を無くしてしまいます。探している内に、大雨の日に助けてくれた紳太郎の家を見つけて色々あって彼の家で住み込みのバイトを始めます。

紳太郎は温が人間ではないという事にも気づいていて、温の知らない事で失敗をしても決して非難する事なく、次に失敗しないようにどうすれば良いのかと諭してくれるような人です。包容力のある攻めです。

紳太郎の弟や編集者の方などサブキャラも良いです。寧ろ良い人ばかりで終始、可愛い甘々な物語です。表紙にもいるウサギの3兄弟も可愛いです。

ただ甘いだけではなく、事件も起こります。当て馬にもならない微妙なただのチンピラみたいなキャラなので、ちょっと役不足なのが残念でした。2人の今後に関わる事だったのですが、その事件もあっさり解決してしまいもう少し何かあればなと思いました。
温の出生についても書かれていて、すっきりして良かったです。

全体的に甘く、攻めが受けを甘やかすのが好きという方にはオススメです。

0

帯の一言にやられました…!!!

大好きな作家さんなんですが、ここ最近の作品は自分の中でヒットせず…
期待7割不安3割で読み始めました笑。
ですが、好きですこの本。
甘々加減も受けさんの天然っぷりにも、マセガキうさぎ3兄弟にも、
全部にハマってしまってる始末です。

狐の半妖の温(受け)。
ある雨の日に紳太郎(攻め)に助けられたことがきっかけで、
その際に失くしたペンダントを取り返す目的と助けてくれたお礼の意味も兼ねて
育ての親でもあるイヌワシ先生から貰っていた
お気に入りのボロボロの絵本、『ごんぎつね』を思い出し
紳太郎の家にお花を届ける日々。
しかしある時届けている所を紳太郎本人に見つかり、
交流を持つことになり、そこから住み込みでのバイトをすることになるのですが…

と、ファンタジーっぽい展開で進められる有体で言えばよくある話。
だけども温に何度癒されたか…
おにぎりの具にブルーベリー、カレーの具に大福…
被害者の紳太郎には申し訳ないけど、温ちゃん可愛い!としか言えません。
そんな温に色々と人間の常識を教えてあげるうさぎ3兄弟の長男・ピョン太も可愛いんです。
マセガキで態度もデカいんですが、温を心配してるからこそのアドバイスだったりするので
憎らしくも愛らしい感じなんです。
それから、極度のブラコンである紳太郎の弟・陽次郎
紳太郎につく編集者の理解力ありすぎる嶋田さん
と、気になるキャラクターもたくさんで、今後のこの2人も気になるところです。

続編が出るのであれば、いつかは温も実は生きていたお父さんに会えるといいな…と
期待を持って待ってます(*´ω`*)★

5

優しくて安心して読めるお話♡

表紙に兎がいたので購入。超王道、イタイ所やチクっと刺されるような所は少な目で、受けが純粋さんで攻めさんも非常に我慢しておられる、色っぽいシーンも少な目のお話なので、まだBLあまり読んでないわという方にも安心してオススメできます。私はぷぷっと笑える受けの料理シーンが好き。書き下ろし280Pほど+先生のあとがき。パンチが足りないという気が少しするので、萌2寄りの萌といったところです。(そのほわほわ加減が優しくていいところでもあるのですが)

冒頭は、バイト先から帰宅途中に大雨にあった温が、自宅(山の洞窟)に向かう途中に泥に足を取られて藪の中に倒れて落っこちたところ、誰かにがっしり受け止めてもらうシーンから。
その人に山の頂上まで送ってもらったはいいけれど、命の次に大切な「ちろり玉」をなくしてしまって耳としっぽを隠せなくなります。探している途中に、あの夜助けてくれた男の家を発見。どうやらあの時足を痛めてしまったようであることに気付き、ごんきつねよろしくお礼の品を届けるようになり・・・・。

攻め受け以外の登場人物は
うさぎ3兄弟(しゃべります、ラブリー)、イヌワシ(温を育ててくれた妖)、攻めの弟(中学生、超ブラコン)、攻めのおばあちゃん(別荘の持ち主、金持ちお嬢、かなり剛毅?天然?)、攻めの担当編集です。

先に挿絵話。受けはちょっと足りない?系で幼く見えるのもあり、攻めがひたすら我慢してる中の挿絵が1枚あり、その表情が一番好き♡頑張れっって応援したくなる(笑)カラー口絵1枚、モノクロ10枚です。

************** 以下はより内容にふれる感想

受けさんがとにかく可愛い。おなかすいた後、ダンプカーいっぱいのお稲荷さんが食べたいといったり、頑張ってカレー作ったはいいものの、攻めさんの好きな大福を入れたり、おにぎりの中身は美味しい果物が一番よねと新鮮なブルーベリーにしたり(爆)。まずいと言わず何とか頑張る攻めさんも超健気。腹抱えて笑っちゃいました。

少々事件があって何とか乗り越え、一緒にいることになった二人、頑張って温の味覚を人間仕様に変えて、二人仲良くね♡とほんわり読み終えることが出来ましたー寒い季節にはありがたいほわほわお話です!

0

甘いもの好きさんにオススメ!!

個人的に、天然でピュアな受けと、そんな受けの無防備な言動に煽られながらも、包容力があるが故に生殺し状態で我慢する気の毒な攻めという図にめちゃくちゃ萌えます。
また、甘くてほのぼの系のお話も大好物。「あい」と返事をするアホの子受けが苦手でなければ、甘いもの好きさんにぜひオススメしたい!


こちら、世間知らずでピュアな狐の半妖・温と、そんな彼を偶然助けた包容力のある売れっ子小説家・紳太郎というカップリングです。
内容的には、恩返しの為に正体を隠して紳太郎の家で家事や手伝いをするようになる温。しかし、霊能力者のある紳太郎は、温の正体に実は気付いていてー・・・と言った所。

こちら、ストーリーとしてもしっかり練られていて面白いのです。紳太郎の祖母と、温の出生に関わる因縁だったり、温がいつも身に付けている「ちろり玉」の秘密だったり。特に山場での温の健気な行動にはホロリとさせられる・・・。健気な受けも大好物なのです。

そして、個人的に最大の萌え所が、二人の日常エピソード。
一生懸命でピュアなのですが、如何せん世間知らずでちょいアホの子な温。恩返しとは言いつつ、何をやらせても失敗ばかりなのです。
そんな温の失敗を、笑顔で大らかに受け入れる紳太郎。もうこの、ほのぼのエピソードがたまらん!!と言った感じで。
また、性的な部分でも奥手で無垢な温。大好きな紳太郎に触れる事で現れる、自分の身体の変化に戸惑ってるのが可愛いったらありゃしない。
そして、そんな無垢な温に一つ布団で無防備に抱きつかれたりして、眠れず悶々としてる生殺し状態の紳太郎。
そんな感じの、天然な温の言動により紳太郎が生殺し状態というエピソードがちょこちょこ書かれておりまして!!
部分萌えもする私にとっては最高でした。

他、紳太郎の担当編集者や、紳太郎の弟と言ったサブキャラも魅力的。基本的に、出て来るのがいい人ばかりなのです。

温が結構なアホの子なので、その点で苦手に感じる方はおられるとは思いますが、個人的にはとても好みの甘くて可愛いお話でした。
大変楽しく読めました!

5
PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ