あなたのものにしてください

anata no mono ni shitekudasai

あなたのものにしてください
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神16
  • 萌×219
  • 萌10
  • 中立7
  • しゅみじゃない20

--

レビュー数
11
得点
193
評価数
72
平均
3.1 / 5
神率
22.2%
著者
夕映月子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
秋吉しま 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
レーベル
プラチナ文庫
発売日
ISBN
9784829626436

あらすじ

保育士の瑞希は極度の男性恐怖症。でも、絵本作家である経験豊富なオトナの男・黒川に一目惚れされ、お付き合いし始めて……。

表題作あなたのものにしてください

黒川千里,28歳,カフェでバイトをしている絵本作家兼イラストレーター
西森瑞希,23歳,男性恐怖症の保育士

その他の収録作品

  • あなたのものになりました
  • あとがき

レビュー投稿数11

心と身体は繋がってる。゚(゚´ω`゚)゚。

しっとりと落ち着いた作風のイメージが強い作家さんだったのですが、今回はピュアピュアです。言うなれば、少女漫画BL。甘くて切なくてキュンと来てと、もう萌えすぎてしんどい状態。
これは大人女子には堪らないんじゃないでしょうか。


まずカップリングですが、作家兼イラストレーターで包容力のあるイケメン・黒川と、男性恐怖症の保育士・瑞希になります。
すでに付き合っている二人というのが序盤ですが、瑞希が男性恐怖症の為、キスもエッチも無い清らかな関係。
すれ違いはありますが、これと言って大きな事件なんかは無く、二人がゆっくりと心を通わせ、本当の意味で結ばれるまでをとても丁寧に書いた作品です。


それとこちらですね、「恋にセックスは必要か」をテーマに書かれたそうです。
あとがきに書かれてますが、BLではエッチの有る無しで友情か、恋愛かと分けられる部分がありますよね。でも少女漫画ではエッチが無くてもしっかり恋愛だったりする。じゃあ、それをBLでやってみたら・・・と言った所らしいです。

そんなワケで、ストーリーはもうピュアピュア。二人の出会いから、互いに惹かれ合う瞬間、男性恐怖症の瑞希が少しずつ警戒心を解いていく過程、初めてのホッペにチューと、読みながら何度悶絶した事か・・・。
おばちゃんなので、最近の「しんどい」にイマイチ馴染めなかったのですが、今回良く分かりました。これは確かにしんどい・・・!

あとですね、瑞希が少しずつ黒川になつき、無防備な姿を見せるようになっていく過程にも萌えまくったのですが、これまた萌えさせてくれたのが黒川の溺愛ぶり。
それこそ壊れ物のように瑞希を大切にしてるんです!!
また、当然愛しく想うほど劣情も大きくなるのですが、ここで見せる男のやせ我慢。余裕ぶってやせ我慢をする男を書かせたら、夕映先生の右に出る者は居ないんじゃないでしょうか。

と、ひたすら甘酸っぱいかと思いきや、ストーリーに深みを出してくれるすれ違いもしっかりあります。読んでるうちにすっかり感化されちゃいまして、すれ違いでは思わず涙。
心と身体は繋がっていて、心が求めれば自然と身体も抱き合いたくなるんですね。きっと。
終盤のエッチシーンは尊すぎて泣けました。

人によっては盛り上がりに欠ける印象を受けるかもしれませんが、個人的にはめちゃくちゃ好みの作品でとても萌えました。
なんか、あそこも萌えたここも萌えたと言いたくて仕方なくて、ついついレビューが長くなっちゃうのですが。
長々と失礼しました。

19

少しずつ深まるプラトニックな恋

ピュアな恋に、何度も萌えて、切なくなって、泣きました。

大人で絵本作家兼イラストレーターな千里×男性恐怖症で美形な保育士 瑞希

男性恐怖症で大人の男性を避けて、避けられないときは顔を隠す格好をして生きてきた瑞希。パニックを起こした時に千里に助けられて以来、彼の気分転換のバイト先であるカフェで逢瀬を重ね、付き合うように。けれど、男性恐怖症である瑞希は、セックスはおろかキスもできなくて、ハグだって緊張してしまう。千里はそれでも良いと言ってくれるのだけど…。

男性恐怖症の瑞希が、大人な千里にだんだんと慣れて懐き、心を許していく様が、甘く優しく描かれています。その様子が愛おしくて、頑張って我慢してポーカーフェイスを装う千里と、だんだんと無防備に心を許していく瑞希に萌えました。大人でこれまでにも経験のある千里が、瑞希相手にはガラス細工に触るように大事に、そして甘やかしていくのです。劣情だって抱かないわけがない。けれど、瑞希を怖がらせたくないとぐっと我慢する。瑞希も、甘やかされて、大事にしてくれる千里に恋心を抱き、心から愛おしいと思う千里のために頑張る瑞希が本当に可愛い。最後の最後、千里と繋がりたいと求める瑞希に、泣きました。

甘くて切ない、可愛らしいお話が好きな方には、大変!オススメです!

5

少女漫画のような純愛からの恋愛

あとがきで作者様が書いておられた通り、少女漫画のような一緒にいるだけで幸せというようなプラトニックからはじまるお話でした。
エロいお話も好きですが、こういうお話も心が満たされる感じがしてとても好きです。

ゲイなのに男性恐怖症という保育士の瑞希(受け)と百戦錬磨の絵本作家兼イラストレーター時々カフェの店員の黒川千里(攻め)。
物語は二人が恋人になってひと月というところからはじまります。

男性恐怖症のため男性に触られるどころか側に座られることもできない瑞希がゆっくりゆっくり千里に慣れていき、心が近づいて、それでも身体が拒否ってしまうのに戸惑いながら本当にゆっくりと近づいていくのです。瑞希が怖がらないように千里が辛抱強く信用を得ていく穏やかな日々が綴られています。本当にゆっくりなのですが、間延びすることもなく最後まで楽しみながら幸せな気持ちで読み終えました。

瑞希は千里が好きなのに本能的に身体が拒否ってしまう自分が嫌われるんじゃないかと不安になったり、同じ部屋で寝ることができただけで感動して泣いてしまったり本当に純粋なんです。でも、千里のことを信用していても先輩保育士の話を聞いてやっぱり不安になったり、もう瑞希が純粋すぎて、おばさんには眩しすぎました。
千里は、様々な恋愛遍歴を経てセックスなしなんて考えられないと思っていたのに、瑞希を好きになってからセックスなんて些細なことだと悟り、傍で笑っているだけ手を握っているだけで幸せで、キス一つで感動して心が満たされるという本当に純粋な「おつきあい」をしていくのです。
千里の恋愛遍歴を殆ど把握しているカフェの店長はさぞかし驚いたことでしょう、
途中、この店長の恋愛に巻き込まれたりして、ちょっと心が波立ったりしますが、でもそれが初心な瑞希が自分の気持ちを気づくきっかけになったり、そんなこんなありながらのプラトニックを続けた結果、最後に二人が心身ともにつながったときは本当に良かったと幸せな気持ちになりました。
純粋な二人は心が洗われるような素敵なお話でした。

ところで、最終的に瑞希の背中を押してくれる形になったカフェの店長と千里の担当編集者とのほぼ平行に進んでいた恋もちょっと気になりました。
二人のスピンオフも出ないかな。

イラストについては、千里はイメージ通りだったのですが、瑞希に関しては「神様が全力で作った美しい容姿」というのにはちょっと疑問でした。ちょっと綺麗な人くらい?それがちょっと残念でした。

6

可愛い!

保育士の瑞希と、イラストレーターと週に2日のカフェ店員を生業にしている千里のお話。冒頭から、もう彼らは付き合っていて、お互いスキスキ状態。
でもちゃんと、瑞希(ゲイなのに男性恐怖症)と千里の出会いの話がすぐにあるので、二人の関係が納得できます。

この作品の読みどころは、付き合ってから体の繋がりがなくても、どう心の繋がりを大切にしていくか。なのかなぁ。
ホントに、ゆっくりゆっくりと近づいていきます。それは、攻の千里も同意しており、瑞希は不安や申し訳なさを感じ、そのたびに話して乗り越えて、好きを高めています。
このゆっくりが苦手な人もいそうです。
でも、私は瑞希の可愛らしさ、そしてそこに毎回心を射抜かれている千里に、癒されました。
大きな出来事はなく、瑞希の心の動きが、物語の起伏であり流れ。
だからか、手をつなぐだけでも、キスするだけでも、キュンときます。
あぁ、可愛い!
挿し絵も、すごく作品に合っていて、良かったです。

4

真綿でくるむような愛し方

図抜けた容姿ゆえに男性恐怖症になってしまい、性的なことが苦手な受け。
どちらも深く思い合っているし大好き同士なんだけど、どうしてもキスやセックスができない受けに対して、攻めが気長にゆーっくりゆっくりと接して、少しずつ少しずつ愛を育んでいく様子が描かれていて良かったです。

けっして焦らず、忍耐強く、気長に、優〜しく真綿でくるむように愛する攻め。
性急に求めて飽きたらポイするような使い捨ての恋ではなく、二人で一生物の恋をしようという感じが素敵でした。
スローテンポだし、派手さはないんだけど、そこがまたいいんです。

恋人同士なのに自分のせいで体の関係もなく、このままこの先もずっと一緒にいられるのかという不安に陥ってしまった受けが「してもいいよ。」と攻めに言うんだけど、「してもいいとか、大丈夫でするのは違うと思う」と諌めた後に
「好きで好きでたまらなくて、どうしようもなくなったら、自分からおれの唇にキスをして。そうしたら、思い切り君を抱くから」という予告に、ドキッとさせられました。

で、ついにようやく!という状況になってもなお、いきなりその日のうちに挿入しちゃうのではなく、少しずつ少しずつ日数をかけて順を追っていく攻めが、これまた忍耐強い。
指一本入れた攻めが「瑞希くんの、中に入るのを許されている」と嬉しそうに言うんだけど、あぁそう言えばセックスってそういうもんだなぁって妙に新鮮に感じました。
即エロではないからこそ、指一本でも際立つ尊さみたいな(何を言ってるのか自分でも良くわからない)


ちょっと残念だったのは脇役である編集者の松田さんがうるさくてコイツ何者?と。
この作品ってシリーズ物だったっけ??とスピンオフ?と戸惑ったくらい存在感がありました。
主役カプの二人はふわっと甘酸っぱくて癒されるのに、脇役の言動のせいでストレスを感じる始末で、そこが勿体ないなぁと思います。

4

純愛ってこっぱずかしー。

 先生が後書きで、「恋にセックスは必要か」というテーマで書かれた、とおっしゃってたましたが、うん、恋を育てていく過程においてはなくても大丈夫だけど、恋する気持ちがぐわーって盛り上がってしまったら、行き着くところは相手の身体も知りたくなる、全部全部自分のものにしたくなるし、相手のものになりたくなるんだな、と私は思いました。

 男性恐怖症の受け様である瑞希を、人生経験豊富そうな包容力たっぷりの大人の攻め様の黒川が、とってもとっても大事に愛していて。
君のペースでいいんだよ、無理なんかしないで、君の特別ってだけで僕は幸せだからってなものです。

 2人が出会って、恋をして恋人同士になり、気持ちがぐわーって高まってたまらなくなってえっちに至るまでを甘くあまーく、優しくゆっくりと進んでいく様子がね、なんて言ったらいいんだろ…もう酸いも甘いも飲み込んだおばちゃんとしては、そんなかわいらしいピュアは、背中がむず痒くなって、こっぱずかしくてヤメテーと叫びだしたくなる。

 見つめ合うだけでとろけるように微笑む黒川とか、黒川が好きだってだけで幸せになれちゃう瑞希とか。
ホントにどうしようってくらいきゅんきゅんと甘く優しく進んでいく2人の恋愛模様でございます。

 途中、セックスなんてしなくていいよ、と言っていた黒川がどうも我慢しているようだと気付いた瑞希が、このままで大丈夫かな、と不安にかられてしまい、ちょっとした行き違いがありましたが、自分の気持ちに気付けた瑞希がちゃんと自分から黒川との恋の為に会いに行っていて、それだけでもよく頑張ったね、とエールを送りたくなりました。

 とまぁ、こっぱすかしくなりながらも、黒川にはこれからも瑞希をめーいっぱいかわいがって、恋愛って楽しい幸せだってひたらせてあげてね、と見守っていきたいけど、10年後20年後の2人の微笑ましい姿を想像できちゃうな。

0

少しずつ進んでいく物語です

タイトルとあらすじを読み、体を重ねるのは結構早いのかなと何故か思っていたのですが、そんな事はなく寧ろこちらがモヤモヤするくらいプラトニックな関係が長く続きます。
ゲイでありながら男性恐怖症の受けという、一筋縄ではいかない2人です。

攻めである黒川も遊び人というか経験豊富で体を重ねたいけれどきちんと瑞希の気持ちを考えて我慢している姿は称賛に値するのではないかと。
両視点の為、お互いの気持ちが分かりやすいです。その為、黒川がいかに大切に想っているのかというのも分かりやすかったのですが、お互いがかみ合っていない部分が読みながら分かってしまったのが残念だったかなと。

また、脇キャラが意外に目立ってしまいそちらも結構BL的にはありがちではあるもののドラマティックに感じられて、スピンオフのある予定でもあるのかなというくらい出張っていてちょっと悪い意味で印象に残ってしまっています。

大きな事件という事もないのですが、2人がゆっくりと心と体を通じ合わせていくのがとても良かったです。

3

ピュアな作品でした

夕映先生が「恋にセックスは必要か」というテーマで書かれた作品です
セックスは無いけれど恋人っていうとてもスイートな設定

受け瑞希はその美貌ゆえに幼いころから、変態男性にちょっかいかけられて
男性恐怖症。けれど好きになるのは同性だったという絶望。

攻め黒川はゲイでそれ相応に色恋したあとに
身体の関係は二の次で瑞希と付き合うことに

ピュアな作品なので、汚れた大人の私が萌えられるか?
と思ったのですが、それは大好きな夕映先生の筆致
充分萌えることができました。
絵本を語り合うところとか
結局、瑞希が黒川を求めるところとか。

最後に申し訳ないと思うのですが…みなさん言ってますが…
秋吉さんの書く瑞希像がお話と合っていないと思います。
絵は可愛くていいと思うのですが
攻めの黒川の絵もいいと思います。
ただ、その美貌ゆえに人に注目され委縮しているという
瑞希像には当てはまりませんでした。

3

ぷすっと突き刺さるものは無い、優しいお話

なんというタイトルじゃ と気になって手にとって読んではみたものの、なんだか評価を決めにくく・・・攻めさんは格好いいし、ちゃんとくっつくまで、とてつもなく頑張ったよねーと思うし、清流のようなキレイなお話なんですが、どうも水が合わないのかもしれない・・・。そのため評価は萌としました。本編230Pほど+後日談40P超+先生のあとがき です。

ちょっと癖のある奴とか、変な奴とかが出てこない。脇役でそういう人がいればいいのですが、当作品の脇役さん(攻めさんバイト先カフェマスター)も結局いい奴傾向で、少々揉め事はあるものの、なんとなく足りないなあ・・・と思ってしまいました。(個人的嗜好です)

色っぽいお話ではちゃんと攻め受け双方、頑張ってるーという感じなのですが、灰汁の強いキャラが一人ぐらい欲しいんだわ、私 と気付いた一冊でした・・・先生すいません。

2

じれったいほどに丁寧にゆっくりと

心から愛し合う恋人たちに肉体的な繋がりは必要なのか?

あまり昨今のBL小説作品では見かけないテーマに惹かれました。
高校生でもなく、大学生でもない。
けれど、じれったいくらいにあまりにもピュアなお話。
社会人の大人同士が、直接的には触れ合わずに、言葉と仕草で少しずつお互いへの小さな「好き」の気持ちを積み重ねて、2人で大きくふくらませていく様子が両視点で丁寧に綴られています。

もう既にお付き合いをしている恋人同士のお話なので、全体を通して空気は甘く優しいもの。
ここまではよくあるお話ですよね。
今作が他作品と異なるところといえば、やはり性描写がきわめて少ないというところでしょうか。
というのも、その美しい容姿もあってか、受けの瑞希が過去に大人の男性から受けた性的な欲望を向けられたトラウマを根強く持つ"男性恐怖症のゲイ"なのです。

いやはや、これはなかなかに生き辛かろうな。
それゆえに、恋愛どころか日常生活ですら危うい部分が多々あったりするわけなのですが…
瑞希の恋人である黒川がなんとまあ出来た人で。
いえね、もろもろを必死に我慢をしたり、欲望を隠そうとしたりと、ごくごく普通の28歳男性な部分だってあるんです。
でも、大人の男性に恐怖心を抱いてしまう瑞希をひたすら大切に、繊細なほどに心から愛でてやまない姿がなんだかとっても良いのです。
「好き」の気持ちと器の大きさで言えば、それはもう瑞希に惚れ込んでしまった黒川の方が圧倒的に大きいので…
恋愛初心者な瑞希が、恋焦がれたり、時にはぐるぐると悩みながら、少し大人な恋人・黒川相手にどう変化していくのかが見どころかなと思います。

こういうテーマの作品って、なんだかんだでサクッと色んな意味で繋がっちゃったりするものだってあるじゃないですか。
そんな中、こちらの作品は本当にゆっくりと丁寧に、心の深い部分まで想い合う2人の恋愛が描かれています。
波風はあまり立たないですし、ある意味単調といえば単調なんです。
けれど、優しい気持ちと好きを持ち寄る2人をじっくりと読みたい時にはぴったりかも。

萌萌と萌で迷ったのですが、今回はこちらの評価に。
ちょっとサブキャラクターの出張り方が気になってしまって。
カフェの店長とその恋人のキャラクターが作品の雰囲気に合ってはいなかったかも。やや蛇足に感じました。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う