恋には向かない職業

koi ni wa mukanai shokugyo

恋には向かない職業
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神52
  • 萌×228
  • 萌16
  • 中立10
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
16
得点
430
評価数
108
平均
4.1 / 5
神率
48.1%
著者
金井桂 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784403666315

あらすじ

アイドルグループ「D.BUG(ディーバグ)」のリーダー・頼(より)は元マネージャーの三倉(みくら)に秘めた想いを抱えていた。現場を離れた今でも、三倉が頼を特別に扱ってくれるのは仕事だからだとわかっている。だが、募る気持ちはとうとう溢れ出し……!? 優等生アイドルのトップシークレット・ラブ。

表題作恋には向かない職業

三倉悠人, 29歳, 広報部課長(元マネージャー)
香椎頼, 21歳, アイドル(リーダ)

その他の収録作品

  • 描き下ろし劇場
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数16

ベア頼ちゃん経由

金井先生のツイ(ベア頼ちゃん)があまりに可愛いので読んでみました。今、この続きを連載中なんですよね、確か。楽しみだ!さらっと読めたので評価は萌ですが続きも読むぞ!雑誌掲載分(加筆修正あり)+描きおろし4P+あとがき(設定ラフみたいなのもあり)2P。二人の恋模様が好きだーひかり●Vブックさんで買いましたがカバー下と思われるものが見当たらず・・無かったのかな?

攻め受け以外の登場人物は
アイドルグループD・BUGの他のメンバー、マネージャ(松永さん)ぐらい?
二人の恋模様は良かったけど、他のメンバーのお話もちょっと読んでみたいな!

++好きだったところ

三倉さん、陥落するやいなや、げろ甘になるところ。頼もさっきまで「きりっ」っとしとったやんけ!
なんやそのデロデロ顔は!!!!という振り幅!
とっかかりとなった先生のツイ(ベア頼ちゃん)そのままのげろ甘シーンが、ノーマルキャラの本編の方にもあって、楽しかったです。どちらかというとデフォルメキャラであるベア頼ちゃんの方が好きですが、それもこの本編あってこそ!松永さんも先生のツイートの方に出てくるので、この本編読んで良かった・・・

芸能界ものがお好きな方、きらきらアイドルの世界を垣間見れると思うので、良いのでは。
なんてったってグループ皆で仲良いのが一番です・・・。
今連載していると思われる続きの方も楽しみにお待ちしています!

0

キラキラのアイドルとマネージャーの恋

アイドルもので重要なのは、出てくるアイドルのキャラを「現実にいたらファンとして推したい!」と思えるかどうか、だと思っています。

その点で本作のアイドル、頼くん(受け)は、アイドルとしてのキラキラ具合をいかんなく発揮してくれる「推せる」アイドルキャラになっています。
黒縁メガネのクール系という、フィクションで描かれるアイドルとしては珍しいビジュアルですが、プロ意識が高く努力家でリーダーシップもあって、こんなアイドルがいたらなあと思ってしまいます。
ステージ上で見せるカッコ良さと、緩んだ雰囲気で元マネージャーの三倉さん(攻め)に甘える可愛さのギャップも良いですね。

三倉さんはデキる大人の男ではありますが、ちょっと臆病で弱い部分もあります。頼くんのことを想うからこそ距離を置こうとするのですが、段々その輝きから目を逸らせなくなっていきます。振り回されつつも頼くんを守ろうとする三倉さんの包容力にも惚れ惚れしました。

アイドルのステージ描写も充実していて一見の価値ありです。続編も連載中とのことで楽しみです‼︎

1

頼くんのポスターが欲しくなるv

全く何も知らずにタイトルと表紙を見たとき、
なぜか私はハードボイルドな裏社会の話だと勝手に思い込んでいて、
読み始めてビックリのアイドル芸能界物でありました!

そして久しぶりにドキドキしながら走り切り、
至極満足な気分で本を閉じましたv

いや〜らぶらぶっていいですねv

ただ甘いだけではなくて、
頼くんの揺るがない強さがカッコいい!
あまりにかっこよすぎて、もしかして頼くん攻⁉︎って、
最後までドキドキしつつ読みましたよ(汗)
最後は可愛く豹変して、そっちもまたびっくりvvv

途中切ない展開ですが、それもまたお約束。
終始、BL心の満たされる一冊でありましたv

アイドルの他のメンバーで続編とか期待しつつ、
評価は「神」で!

2

振り向かせてやる!

絵が美しいですね。
元マネージャー三倉とアイドルグループのリーダー頼のお話です。

冒頭は三倉がマネージャーを辞めた後から始まります。変わらず三倉を慕い家に押しかけ勝手に夕飯を作る頼。三倉を好きで好きで、合鍵を返せと言われない間はまだ来てもいいんだと可愛いですね。

しかし三倉も頼のアイドルとしてのプロ意識に尊敬と、慈しむ気持ちがあり。この感情が頼の将来に影響が出る前にマネージャーを辞めます。

頼が三倉からのキスに本気を見つけ、頑張って仕事して見せつけて三倉の気持ちを引き出します。

三倉も覚悟を決めて。

スカウト後に家族に挨拶に行った下りは良かったですね。大切に守ってくれる大人にキュンとします。

二人もちゃんと社長に関係を報告し堂々と?絶賛恋人中。二人の甘々をもっと読みたかったな。

0

久々のあまあま少女漫画BL♡

めちゃくちゃに最高でした。
久々に思い切り少女漫画みたいなBLを読んだな〜!という気がします。
いいんです、多少のツッコミ所はあっても、全部、この世界のこの二人のことなら許せる。
甘い、甘い、甘い。
結ばれてからがとろっっっっっとろに甘い。
頼くんが可愛すぎる。
いいんです、それで。

わたしは二次元でも三次元でもアイドルが好だから、やっぱり設定にギュンギュンしました。
金井先生、初読み作家さんですが、絵がとても綺麗で、アイドルがアイドル然と、ステージの上でキラッキラに輝く様子、ファンの大歓声を浴びる様子がしっかりと描かれていて、アイドル好きとして満足できました。
グッズのデザインとかもカッコイイ☆

頼くんの『アイドル』だからこその自信とか、三倉さんの男として少々突っ走ってしまう部分と、マネージャー/タレントを守る者としてのプロ意識とか、もう、わたしの好きな要素が盛り盛りで全部好バランスで入っていて、ひたすら熱い気持ちで読み切りました。
「ちゃんと見てて」のリンクとか、冒頭とラストの被せとか、ああいう演出も大好きです。

D.BUGのメンバーも松永さんも社長もみんな優しくて平和な世界でした。
続編、乗り遅れちゃったので、単行本にまとめていただけたら即買います。

3

ギャップ萌え

メガネのクール受けは私のツボと合わないかも、、と躊躇していた時間は無駄でした。
営業二課!から追いかけている作家さんですが、お仕事に一生懸命な人同士の恋という萌えのエッセンスは詰まったまま、新しくギャップ萌えを開拓できました♡
受けである頼はアイドルグループのクールなリーダー。ところが攻めの前で見せる素顔は素直で甘くてとても可愛いらしいのです。
攻めの三倉さんも真摯で好ましい方で恋の行方とお仕事の今後が楽しみです。

1

心地よい直球

アイドルと(元)マネージャーという割と伝統的なカップリングの設定に、いまさらキュンキュンできるんだろうか自分、、と思っていたのですが、150%キュンキュンしてしまいました。清々しい直球勝負の純愛ですね。絵がきれいだし、丁寧な心理描写と練られたセリフ、言葉にぐいぐい引き込まれてしまいました。モノローグと台詞の塩梅が凄く好きでした。最初から最後まで、恋する思考が丁寧に表現されていて、それが物語に緩急をつけていて1話ごとの余韻も残る演出だなぁと思いました。

一途に元マネージャー(三倉)を慕うアイドルグループのリーダーの頼。現場を離れても三倉が自分の面倒を見てくれているのは、彼のビジネスだからと言い聞かせながら、日ごとにその思いは募る一方で~という前半はすごく切ないモード。頼がこの自分の恋心は欠けたり割れたりするものなのかな(表現がいいんです…)と悩みつつも、三倉の行動に期待と確信を寄せ、ますます好きモードを高めていく姿の健気さに心打たれます。可愛い…。ドラマのキスシーンの練習と称して、お互いの感情を直視してしまってから、しばらく距離をおくターンに入りますが、以降の流れもとても自然でいいです。現在進行しているライブと二人の出会いからのフラッシュバックが同時進行で描かれ、この恋が一体どう着地するんだろうとワクワクさせてくれます。そして、最終的に、真摯な思いって正義になるんだなぁと心打たれました。
三倉が「ありがとう ずるい俺を 意気地のない俺を 振り向かせてくれて」と頼に告白する場面が印象的でした。

3

攻守逆希望

アイドルものには目がないはずなんですが正直あまり好みではなかったです。たぶん腐りすぎてアイドルものも王道からクセのあるものまで読み漁りすぎたせいかと思いますがキラキラ感が少なかったかなぁと。
1巻で完結したからあまりあれこれと掘り下げられなかったのも惜しいところでした。スクープされたこともさらっと流されたし、マネージャーとの特別感も少ししか描かれてなくて、これは長編じゃないと無理なのかぁと残念でした。
頼が想像していたよりも幼かったのも意外で、それならいっそ年下のわがままアイドルに攻め様をやってもらったほうが萌えたかなと思いました。

1

さらっと読めるが、中身は充実

 アイドルとマネージャーものって、付き合う前から手を出すような軽いノリのものが多いイメージなんですが、こちらはきちんと手順を踏んでいて、ストーリーの骨組みがしっかりしているなぁと感じました。特に、受けの頼が攻めの三倉に自分の想いを伝えてからは、相手の気持ちを聞くまで距離を置く、と徹底していたところが良かったです。絆されやすそうなのに、結構自分の意志がはっきりしています。三倉に遠ざけられた時も、涙は見せなかったですしね。ただ、そんな頼の表情がちょっと乏しかったかな?というところが気になった(絵が綺麗過ぎて、逆にあまり崩せないのかなという印象を受けました)のと、せっかくグループでアイドルをやっているので、他のメンバーももう少し2人に関わっていたら、もっと深みが出たんじゃないかなと思います。

1

思ってたのと違う

アイドルものということで、もう少しキャラが立ってるものを期待していたのですが、なんか地味なお話でした。

主人公は表面的にはクールキャラの設定なのだそうですが、
最初に素のキャラで登場したので、アイドルの姿が想像しづらかったです。
あとメンバーも影が薄い…グループである必要性を感じませんでした。

(ドルヲタとして気になった点は、熱愛記事が出た後に恋の始まりの歌を歌うのはどうなんだ…
皆も好きな人思い出して聴いてね☆とか追い討ちだし、生々しくて複雑になるファンもいるのでは)

ストーリーもスキャンダルや弊害があるわけでもなく、お互い両想いだけどマネージャーの覚悟が決まるのを見届けるお話でした。

絵も綺麗なんですけど、どうも表情が固く感じてあまり感情移入できませんでした。

想像してた芸能界やアイドルものと違うから違和感ばかりが目についてしまったのかも知れませんが、私には合いませんでした。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ