くろい眼鏡とあかい薔薇

kuroi megane to akai bara

くろい眼鏡とあかい薔薇
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×25
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
2
得点
36
評価数
11
平均
3.5 / 5
神率
27.3%
著者
小鳩めばる 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
ISBN
9784799736517

あらすじ

僕が少しふれるだけで、俊ちゃんのサングラスの奥は真っ赤になる。

こぼれおちそうな潤んだ目でいつも僕の後ろをついて回っていた引っ込み思案な俊ちゃん。
僕たちは高校生になって、俊ちゃんは子供時代が嘘みたいなヤンキー丸出しスタイルに。
俊ちゃんがサングラスで目を隠しているには理由があって……。

表題作くろい眼鏡とあかい薔薇

柴田瑞樹・進学校に通う高校生
俊・見た目ヤンキーの高校生

レビュー投稿数2

誰にも見せたくないから、黒い眼鏡で隠しておこう

幼なじみ再会ラブ。
幼なじみというには出会いがちょっと遅いし、再会というには離れていた期間が2年ちょっとと短いけれど、子供にとっての11歳から16歳くらいの5年間は激変の時間なので十分に濃密。

子どものころに見つけた、きれいな花。
それが、どんなに大事で、大切にしたかったか。
大事な大事な、自分だけの花。
大事だから触れられない、
大事だから触れさせたくない。
ヤンデレ気味の優等生君は、愛されることに慣れていないヤンキーくんに、どうやって愛を受け入れさせたのか。
最初から両想いのの二人のお話なので、表情が最初から最後までかわいいです。
泣き顔がたまらない。

おまけの、お友達くん達にも続きがありそうで、こっちもちょっと読んでみたいな。

1

うーん

小鳩先生の本は何冊か持ってますがこれはちょっと自分の好みとは違ったかな~?
カバー絵はとても綺麗で惹かれるものがあるけれど本題の中身はバランスが崩れた絵柄が所々にあって読みづらく感じました。
個人的には無理矢理シリアス展開に持ってく感じがしてそこもちょっと···
みず君の彼女とは最後どうなったの?て思うし若干モヤモヤする作品でした(笑)

基本、何度か読み直しますがこれは特に読み直さないかな~

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う