恋人は、一人のはずですが。

koiito wa hitori no hazudesuga

恋人は、一人のはずですが。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神12
  • 萌×232
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
16
得点
212
評価数
58
平均
3.8 / 5
神率
20.7%
著者
楠田雅紀 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
麻々原絵里依 
媒体
小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
発売日
ISBN
9784199009242

あらすじ

小説投稿サイトで、稀有な才能を持つ作家を発見!! 見つけたのは、文芸誌の編集者・森藤東護。この作者にもっと書かせたい――惚れ込む東護だが、著者のマサトは、心温まる作風とは違い横柄な態度で書く予定はないと告げる。どうにか口説き執筆を約束させるが、その直後、なぜか大ベストセラー作家・柳瀬優から担当編集の指名が!! 戸惑いつつ柳瀬を訪ねるが、その顔はマサトと瓜二つで!?

表題作恋人は、一人のはずですが。

マサト、稀有な才能を持つ謎の作家
森藤東護、文芸誌の編集者、28

同時収録作品恋人は、一人のはずですが。

柳瀬優、大ベストセラー作家
森藤東護、文芸誌の編集者、28

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数16

ネタバレ厳禁

この本の結末については賛否あるのも頷けます。
私は東護の感情で読んでいたので、最後マサトを選んでくれて安心しました。優の苦悩も分かるけれど、東護にとってマサトがカッコよすぎます!
マサトと優の関係は早々に気付き、セオリー的には東護は優とくっつくのかな、と悔しく思っていたこともあって、東護がマサトを恋人に選んだときは嬉しかったです。
まぁ時間を置いて冷静になってた今、これで良かったのだろうか・・・という一抹の疑問は湧いているのですが。こういう設定のお話の場合、どう納まるのが一番いいんでしょうか。
機会があれば収録されていない同人誌のお話も読んでみようと思います。
それにしても作中マサトの書いた物語も、優の小説も面白そうで、こちらも読めるものなら読んでみたいですね。

2

この題材は好み。サスペンス調

タイトルからラブコメかな?と思いきや、サスペンスみが強い。
これはネタバレ無しで読むべき作品だと思います。

書ける範囲でざっと言ってみれば、「性格が正反対の双子との三角関係」的なストーリー。
ただ、よくある『2人ともそれぞれ魅力的で、受けはどちらかを選べずに悩む』という展開ではありません。

冒頭、いきなり小学生誘拐事件の衝撃的なシーンから始まり、甘い恋愛ものではないな…という事が示されます。
主人公は出版社の編集者・東護。
ある小説投稿サイトで心打たれる作品を読み、作者に連絡を取る…というところから物語が始まります。
双子の愛憎、自由を奪われている片方と、彼を潰そうとしている片方。
多分比較的すぐにそれがどういう意味で、どうしてそんな状態になってしまったのかはわかるとは思うけれど、それならこの後どういう解決になるのだろう?というのが次の読みどころになってくる。

私はこの結末はちょっと懐疑的…ほんとにこれでいいの?と感じてしまいました。
東護は「自由を奪われている方」と恋仲で、「潰そうとしている方」と対決するわけだけど、これを恋を貫く強さと取ってしまっていいのか、不自然な状態を相手に強いているだけなのではないか。
気持ちはわかるけれど東護のわがままを感じてしまった…

このテの題材は好みですので、結末はアレとしてもおおむね「萌」で。

1

自己中に思えた

すごく良かったんです。
マサトの気持ちを考えるととてもせつなかった。優が残ってマサトが消えたら悲しいって思いながらハラハラしてたんです。
でも途中から東護が余りにもマサト、マサトになってしまって違和感を感じてしまったんです。
あまりにも自己中だと思ってしまったんです。
そして2人の生活に満足してしまい、優が戻って来てるのかをフォローもしないで、他社編集者の電話で知るってどういう事だって、一気に覚めちゃたんです。
マサトが優に呼ばれて話し合ってくれたから良かったものの、あのままだったらどうしたんでしょう。
それに焦ってマサトを説得する様子も自己中のような感じがしました。

出来るならば、同人誌の内容までで一冊にして欲しかったです。

2

心情描写が良い

初読み作家さん。
試し読みをしたときに、冒頭(事件シーン)から作品世界に引き込まれたことと
麻々原絵里依さんファンということで購入。

頁数から予想していたよりもしっかりとした内容が良かった。
解離性人格障害をテーマにしたBL小説はいくつか読んだけれど
これはサスペンス的要素が薄めで話の先が直ぐに分かってしまう。
なのに、頁を繰る手は止まらないという読ませてくれる作品。

二次的人格であるマサトに焦点が当てられた内容展開は
途中からサスペンス色よりも心情描写に重きが置かれており
マサトの心情描写は切なくて何度もホロリとさせられる。
また、マサトと東護を応援する気持ちの果てに明らかとなる
基本人格である優の本音は意外なもので不意打ち食らって落涙。

優とマサトの人物像の対比には
彼らそれぞれの言動だけでなく、彼らが書いた作品をもってくるところが興味深い。
それらの作品タイトルがまた心惹かれるもので
特に優の作品のタイトルは秀逸で読書欲が刺激される。

物語の着地点は私的に好ましいものだったが
3人の関係性を考えるとスッキリした気持ちにはなれないため
先の方が書かれているように本編の続きとなっている同人誌の内容も収録して欲しかった。

今作を読んでいる途中で、何度も秀香穂里さん作品を思い出した。
こちらも二次的人格であるリョウは残る話なので、良ければ是非。
ちなみに、奈良千春さんの表紙イラストが全てを物語っていて
リョウが生きていることは秀さんご自身に確認済み。

ラヴァーズ文庫『ダークフェイス ~閉じ込められた素顔(上)~ 』
       『ディープフェイス ~閉じ込められた素顔(下)~』

5

ぐいぐい読ませる

ミステリー要素が絡んだ展開で、お話がどこに向かうのか予想もつかない面白さに夢中になり、一気に読んでしまいました。

ぐいぐい読ませる展開や切ない描写などにジーンときて、これは間違いなく神だな!と思っていたのだけど、終わり方が私としては尻つぼみというか、えぇぇ……それでいいの??とモヤモヤが残ってしまったために萌萌どまりです。
主役カプにとってはハッピーエンドだけど、個人的にはメリバっぽく感じてしまったので……。





ネタバレしてます。


まず終わり方。
そんな仲良く共存って可能なのか?!という点がいまいち腑に落ちなかった。

そして何よりも、優が可哀想すぎて落ち込んでしまいました。
これがただの当て馬だったら「彼も素敵な人を見つけて幸せになって欲しいです♪」みたいな感想を抱けるけれど、優の幸せって何なんだろう……優が幸せになる方法ってあるんだろうか?って思ってしまって。

東護の痴態を見ることはできるけど、味わうことができない状態が、一生続くというわけですよね。
忘れようにもその状況じゃ忘れることはできないだろうし……

なにその生き地獄……。

だからといって、他の人に恋をすることを東護は許してくれるんだろうか?

私としては精神的3Pというのかな、どっちにも愛されちゃって欲しかった……と思ってたら、同人の「恋人が、二人になりました。」とレビューが目に入りました。
どうやらまさに私が考えていたような続きになっているようなので、良かったぁ!と思いつつも、どうせならここまで収録して欲しかったなぁと。

そしたら文句なしに神でした。

4

最後まで興味が尽きず、面白かった!

他の方も書いてらっしゃるようにネタバレ厳禁作品ですので、オブラートに包んだレビューになります。
ミステリー要素のある作品で最初から物語に引きこまれました。読み進めると、展開やオチに予想はつくのですが、 これも登場人物達ののっぴきならない諸事情や恋も大いに絡んできて、とてもユーモアのある展開になり、最後まで気が抜けずに楽しめました。

某ネタを扱う系統の小説では、かなり面白い部類に入ると思います。コミカルな部分とホロッとさせられる部分のバランスが非常に良かったです。プロット等も相当練られていると実感する内容でした。設定の活かし方も絶妙で作家さんの力量を感じました。個人的によく見かけるネタに関しては、どうしても厳しい目で見てしまいますが、この作品については「お見事です!」と言うしかありません。

文壇界のリアルな事情も知れて本好きとしては、なかなか興味深かったです。登場人物もキャラがたっていて、感情移入がしやすかったです。全体的に読みやすい文章でサラッと読めますが、最後までドキドキが持続されます。エンタメ作品としては、なかなか良く出来た作品だと思います。
BL部分は非常にライトでした。ストーリー重視の作品です。

3

見つけてくれてよかった





電子書籍を購入。挿絵、おまけあり。
サスペンスっぽく、最後までどうなるかわからずどきどきしました。
私はネタバレ大歓迎派なのですが、それでもこの話はネタバレなしで読むほうが楽しめると思います。私はネタバレしたあと読みましたが、結構時間を開けたのですっかり忘れてネタバレなし状態に近い感覚で読みました。

とは言え、感想はネタバレしないと書けないので、以下盛大にネタバレします。




<あらすじ>
大手出版社の編集・森藤東護(受け)はネットの小説投稿サイトでとても感動した話を見つけます。
この作者・マサト(攻め)に才能を感じ、他の作品を読みたいと思うのですが見つけることができず、作者に作品の感想と他の作品を読みたいとコンタクトをとります。
返事は来るのですが、作品は一つだけで次の作品を書こうにも自由になる時間がないというマサトを不審に思う東護。
その後、上司が担当する人気小説家・柳瀬優から突然連絡がきて、困惑する東護にマサトに小説を書くように勧めないでほしいと自分が売れっ子だということを盾に脅してくるので、ますます訳が分からなくなります。
東護は二人の顔が一緒だったことから一卵性双生児ではないかと思い、マサトが優からDVを受けているのではないかと疑うのですが・・・


すごく面白かったです。一気に読みました。
タイトルから二重人格(解離性人格障害)の話だと予想していたのですが、二人の交代のタイミングやどういう展開になるのかわからなくて、ドキドキしました。
話の展開からどう見てもマサトは基本人格ではなさそうなのに、読んでいくうちに愛着がわいてきて、マサトの人格は消えてしまうのかと心配し、遺書のようなものを書いてよこした時には悲しくなりました。
解離したままだとよくないと思う反面、どちらが消えてしまうことも嫌だと思う相反する思いで読みました。
結局、東護の強い想いや消えたくないというマサトの想いもあり、二人とも残ることになり、主役カップルの恋は成就しますが、それはそれで基本人格の優がちょっと不憫に感じました。
そして彼にも恋人ができたらいいなと思う反面、身体を共有している限りそれはそれで嫌だと思うし複雑でした。
最後の方では感覚を共有出来るようになってるので、二人の人格を消すことなくうまく統合して、それを東護が受け入れ、恋人になることはできないものかと思ってしまいました。


電子限定おまけ「ベッドでは、二人だけのはずですが。」
優視点の切ない想いが描かれています。

本編最後に、優が主人格の時マサトの意識はあるがマサトが主人格の時の優は寝ていたという関係から、お互い自分が主人格でない時は中から外を見ることができるようになり、二人で意思疎通までできるようになっています。
なので、優はマサトと東護の二人を常に見守る状態となっているのです。

ある朝、前夜の情事の名残を残して寝ている自分に触ってくる手がマサトのものではないことに気が付いた東護は・・・

本編でも東護のことを気に入り、ラブレターと称した小説も発表した優ですが、情事をいつも中から見るだけで、自分が主人格の時は触れることができない東護に少しでも触れられないかとマサトのふりをする優がやっぱり気の毒でした。

東護がどんなにそれらしくフリをしても優とマサトを完璧に見分けられることに驚きました。
でも、この話で蚊帳の外におかれる優が余計に気の毒で、なんとかならないものかと思ってしまいました。




1

そうくるのか

 最後まで、どう着地するんだろう?とドキドキしながら一気読みでした。
表紙の2人の攻様。
読み進めるにつれ、2人の関係性はなんとなく予想ついてきて、もしかしてコレ、ハンカチが必要になるやつ!?と涙腺気にしてたのですが…。
そうかー、そうくるのかー。
今まで私が読んだことのない、予想してなかったラストに着地でした。

 以下、私にしてはなるべくネタバレを明記しないようにはレビューさせて頂きます。
でも、それって難しいなぁ。
  

 受様の東護は、とても一生懸命で時に情熱的であり男前の人でありました。
恋人になったマサトを大事に思いつつも、優の事もきちんと考えることができる大人の社会人。

 攻様のマサトは、初めこそチャラい言動を見せていたけど、東護に接していくにつれどんどんかわいくて甘えん坊できらきらしている所が見れて、魅力的になっていきました。
自分の存在意義を理解してるから、と納得して受け入れようとしている姿には切なくてぎゅーってしたくなりました。

 
 ラスト、大団円とまではいないまでも、ハッピーエンドに落ち着いてよかった。
しかし、何度も読んでこの先を想像しちゃうと、うーん、このままじゃいられないのでは?と思ってしまいました。
このままじゃいずれ優が不憫だし、だからといって優に別の恋人が出来ても、こちらの2人が既にらぶらぶになっている以上、なんだかもろ手を挙げて祝う気持ちにはなれないしなぁ。

 と、自分で勝手に妄想してはちょっともやもやが心にひっかかりつつも、それでもやはりおもしろくて何度も読み返しています。
それに、じれじれする攻様って大好物ですから。

マサト、見つけてもらってよかったね。

6

『ネタばれ容認派』もネタバレなしの読了を強くお勧めします

電子書籍で読了。挿絵、あとがきあり。

読み始めて一番最初に思ったのは「先にレビューを読んじゃって失敗したあーーーーー!」ということ。
私は下手をすれば推理小説ラストも先に読んでしまう位の『ネタばれ全然平気というか、むしろ歓迎派』なのですが、このお話はやっぱり「仕掛けを知らずに読んだ方が断然面白かっただろうな」と思うのです。
楠田さんもそれを意識して書いているし、そこがとてもとてもいい感じなので。
読んだからといって読書の喜びが台無しになるわけではありませんが、少なくとも「あっちの本屋さんで買ったなら特典ペーパーがついていたのに……くそっ」という位の勿体ない感がありました。
あのことを知らずに読んだなら、もっと盛り上がったであろう、もっとドキドキしただろうと、やっぱり残念です。
私は、知っていたせいで『作家のテクニックを堪能する(「なるほど。上手いなぁ、上手いなぁ」と感心する)』面白さは随分感じさせていただいたのですが、この楽しみ方ってやっぱり邪道だと思う次第。
出版社さんはかなり気を使ってあらすじ紹介等をしているのに、この辺が読めなかった私の責任なのよね。あー、勿体ない。

ということで、出来るだけあらすじを回避した感想のみを。
自我についてのお話だと思うのです。『私とは何であるか』についての。
人は多面的で、相対する対象によって、自分の持っている『この部分』を出して触れ合っているんだと思います。だからこそ「こんな人じゃないと思っていたのに」っていう悲劇が起こるわけで。
ということは、東護とカップルになる人の性格というのは、東護の気持ちを反映したものになるんじゃないか、と思ったんですね。「あ、東護はこの人をこういう人と思っているからこうなるのね」みたいな。

同時に、ここにあるものは、他人が「ない」と言っても「ある」と主張しているお話ですよね。
これは私にとってなじみが深い考え方。
あの物語の彼や、あの物語の彼は、虚構の中にいるのではなく確実に存在していると言えますもの。

では「リアルって何なんだ」と。
「私がここにあると感じ、実際にやり取りをしているこの人の価値を、外野が決められるものなのか」と。

いやー、このお話で私の鈍い頭もフル稼働いたしました。
たいへんスリリングなお話、と同時に萌えもあるよ(ここ、ネタバレになっちゃうんで書けない。かなり胸が絞られるようなせつない萌えでございました)。

読後に『もう一人の方をもっと深く知る東護』について読みたいな、と。
純愛の成就エンディングを望んでいる姐さま方には怒られそうだけど、楠田さん、書いてくれないかな?

2

生まれてきて、よかった。

難しい。
本当にその一言に尽きる作品だったな、と。
ネタバレなしで読むことを本当にオススメしたいです。

受けさんの東護は、偶然がきっかけでペンネームがマサトという
作家と知り合うことに。
次回作を書いてほしいことの交換条件に抱かれることを提示され
2人は度々交流を取りながらも距離を縮めていく。
そんな時、柳瀬優という大人気若手実力作家に担当を指名され会いに行くも
マサトと瓜二つの同一人物で…

と、最初は双子ものかあ!3Pものかな?と、読み進めましたが
内容が深すぎて。切なすぎて。時には恐ろしくて。
こんなにたくさんの感情をもって読み込んだ作品は珍しく
読後感も不思議な感じですが、
楠田雅紀さんが本当に綺麗に最後纏めてくれていたので
すっきりと、そして救われた感じでいっぱいです。
リアルでこういう事に遭遇したら、実際は大変なんだろうな…と。
こんな風に綺麗に終われたらいいけど、難しいだろうな…と。

優にも素敵な人が現れる番外編などが読めたらいいけど、
それもそれで攻めが二股してるようにも見えて複雑だし…。
あ~!
本当に難しい話でした(´・×・`)

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う