恋人が、二人になりました。

koibito ga futari ni narimashita

恋人が、二人になりました。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×24
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
21
評価数
5
平均
4.2 / 5
神率
20%
著者
楠田雅紀 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
小説
サークル
きす&らぶ<サークル>
ジャンル
オリジナル
発売日
価格
ISBN

あらすじ

「恋人は、一人のはずですが。」番外編。
マサトと恋人になって1年、東護とマサトと優は不思議な三角関係が続いていた。しかし、そんな日々の中で小さな違和感か育ってきて…

表題作恋人が、二人になりました。

マサト、柳瀬優の第二人格で新人作家
森藤東護、文芸誌「小説桃源」の編集者

同時収録作品恋人が、二人になりました。

柳瀬優、マサトの主人格で大ベストセラー作家
森藤東護、文芸誌「小説桃源」の編集者

レビュー投稿数2

こんな続きが嬉しい同人誌!!

全開でネタバレになってしまうので
本編を未読の方はこのレビューはお読みにならないでいただきたいですという
非常に勝手な言い分で申し訳ございません…!
でもやっぱりそちらの方が楽しめると思いますので…。



優に統合されずに、東護に愛されたままの二次的人格のマサト、
でも優も東護に惹かれている微妙な三角関係。
マサトと東護が睦み合っている姿は
引っこんでいる状態でもちゃんと記憶にある苦しい優。
そうしているうちに優が東護似の他社編集と良い仲になりそうで…。

優が他の人と深い関係になったなら
別人格とは言え体はマサトと同じですから
東護の恋人であるマサトの体を他の人も愛するなんて
これはかなりの葛藤がありますよね。
マサトだって本当は東護だけ抱きたいけど
優と替わっている時は他人を抱く事になってしまうという現実。
優だって、東護に自分の事も愛してもらいたかったのですから
めちゃくちゃおさまりの良い関係性なんです!!

体は同じだけど人格が違うから
キスも愛撫も手管が違うわけですよ……。
最中の会話ももちろんマサトと優は口調が違うんですよ……。
これってすごくえっちじゃないですか…!?
マサトも優も、名前を口にして自分を刻みつけるような熱く淫らな愛を注ぐのです。
メンタル的には3Pっぽいんですが実質タイマン勝負(?)っていう面白さ…。
どちらにもメロメロに愛される東護を堪能出来ました!
めっちゃ喘がされていたのでちょっと気恥ずかしかったですが(カマトトぶるな)
神寄りの萌です♪

5

東雲月虹

フランクさま、初めまして!
コメントをいただきまして誠にありがとうございます(*^_^*)

そうなんですよね、優だって東護を好きな気持ちは負けないでしょうに
やはりマサト×東護メインなのね…という悲しさもありました。
それを踏まえるとこちらの同人誌は激甘ですので
フランクさまのお心を少しでも軽く出来たのなら幸いです。

こちらこそありがとうございました!

フランク

はじめまして。
フランクと申します。
突然のコメント失礼いたします。

本編の終わりは優があまりにも不憫すぎて、読後はすっかり気分が落ち込んでいたのですが
東雲月虹さまのレビューのおかげで、願い通りの展開になっていることを知ることができました。

どうもありがとうございます!

良かったー

「恋人は、一人のはずですが。」の本編後日談。本編から1年後のお話になります。
個人的に期待していた方の展開になり、あーよかったと安堵したため、萌2にしました。

マサトと東護の関係は継続しているのですが、二人の事を常に優が見ているという不思議な三角関係も続いています。そんな中、東護にそっくりな編集者が担当として優の部屋を訪れているのを目にした東護は、不思議に胸が騒ぐことを止められず・・・ というお話。

好き嫌い真っ二つかもと思うのですが、私はこの決着のつき方、めちゃ安堵しました。人格統合されるのも安心できるかもしれないですが、どっちかが消えちゃうというのは寂しい。とっても嬉しい終わり方だったので、他の人がどう思うのか知りたいなー。誰かレビュー書いてくれないかなあ。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

この作品は、18歳未満の方には不適切な表現内容が含まれています。 18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。
あなたは18歳以上ですか?