恋人は、一人のはずですが。

koiito wa hitori no hazudesuga

恋人は、一人のはずですが。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×27
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない3

106

レビュー数
6
得点
41
評価数
13
平均
3.4 / 5
神率
15.4%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784199009242

あらすじ

小説投稿サイトで、稀有な才能を持つ作家を発見!! 見つけたのは、文芸誌の編集者・森藤東護。この作者にもっと書かせたい――惚れ込む東護だが、著者のマサトは、心温まる作風とは違い横柄な態度で書く予定はないと告げる。どうにか口説き執筆を約束させるが、その直後、なぜか大ベストセラー作家・柳瀬優から担当編集の指名が!! 戸惑いつつ柳瀬を訪ねるが、その顔はマサトと瓜二つで!?

表題作恋人は、一人のはずですが。

マサト、稀有な才能を持つ謎の作家
森藤東護、文芸誌の編集者、28

同時収録作品恋人は、一人のはずですが。

柳瀬優、大ベストセラー作家
森藤東護、文芸誌の編集者、28

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数6

一気読み!!

BL作品とは思えないような緊迫したプロローグが非常に印象的です。
編集者・森藤がいかに本が好きか、
日々様々な作品に触れる中で
心を打たれるものに出逢えるのはどれだけ稀な事か。
ネットで知った才能溢れる人物との接触、
大ベストセラー作家・柳瀬の
一見穏やかに見えて怖ささえ感じる冷たい目…。
読み始めたら止まらないとはまさにこのこと!!
先が気になってドキドキして
やっぱり小説は素晴らしいなと改めて思いました。
森藤の気の強さと情熱が好ましく、
久しぶりの恋に戸惑いながらも
腹を括るシーンや愛おしい男との交合シーンに興奮させられ
全体的に読み応えのある作品でした。
ラストはハピエンとは言えるものの
「そ、それでいいんですか…??」とちょっと複雑になってしまいました。
いえ、誰も悲しまずにいられるならそれに越したことはないんですが。

これは是非是非ネタバレ無しで読んでいただきたいので
珍しくレビューもネタバレ無しでww
神寄りの萌×2です!!
麻々原さんのイラストもめっちゃかっこよかった!!

1

人の中にある様々な可能性を描く

今回はWEBサイトに投稿している謎の作家と
大手出版社の文芸誌の編集者のお話です。

謎多い攻様に関わる諸事情が詳らかになり
受様の恋人となるまで。

受様は大手出版社に就職して
文芸誌の編集者として6年目、
主に新人作家を受け持つ編集者です。

受様は仕事柄、本の売れ筋や
新刊の売れ行きを常に意識し
今日も仕事上がりに書店によりますが

そこで受様の上司である副編集が担当する
新人ながらも大人気作家「柳瀬優」の
デビュー作の文庫版に目を取めます。

「柳瀬優」はデビュー3年目の作家で
人の残虐性や異常性を前面に出しつつ
どこかもの悲しさを残すダークな作風で
コンスタンスに話題作を発表しています。

受様は「柳瀬優」は違った視点でも
良い作品もかけるのではと思っていますが
副編集長には一蹴されてしまいました。

そんな中、
受様は他部門の同期の話から
WEBの小説投稿サイトを覗きに行って
ある1つの作品に心を惹かれます。

それは抒情的な響きを持つ
男女の友情を描いたあたたかな小説でした。

受様は早速
その作家にコンタクトを取り始め
1作だけで次作は書けないという彼を
熱烈に口説いた結果
会いたいと呼び出される事になります。

約束の場で待っていたのは
少しやんちゃそうな若い男性で
彼こそが今回の攻様になります♪

攻様は次作を期待する受様に
書き上げたらご褒美に一晩つきあえと
交換時要件を突きつけてきて
攻様の勢いに呑まれた受様は
その提案をのむ羽目になります。

攻様は約束通り
次作の構想をメールで送ってきますが
気になる一文が添えられていました。

もし「柳瀬優」からコンタクトがあっても
無視して欲しい。

なぜ攻様から「柳瀬優」の名がでるのかと
訝しむ受様でしたが当の「柳瀬優」から
担当編集者にと指名を受けてしまいます。

「柳瀬優」の真意を聞くべく
担当の副編集長と向かった自宅で
受様をまちうけていた大型新人作家は
攻様と瓜二つでした。

攻様と「柳瀬優」の関係とは!?
また「柳瀬優」の思惑とは!?

WEB投稿作に惹かれた受様が
その書き手である攻様と知り合う事で
大型新人作家の秘密をあばいてしまうという
謎解き要素満載な恋物語です。

クールビューティで男前な受様が
大好物なので絶対ツボ作と思ったのですが
もう期待通りな1作でした (^_^)v

受様は攻様の投稿作から
攻様の作家として育てたいと望みますが

攻様は大型新人作家である柳瀬優の弟で
優は攻様の生活に束縛していて
小説を書くこともままならないのですが

優のほうでも奔放な攻様に手を焼いていて
受様に原稿を交渉材料にしてまで
攻様と関わらないように迫ります。

雰囲気こそ違えど瓜二つな2人の関係は
大体の予想はつくのですが

受様が好きになった相手が
存在しないはずの相手だとしたら

受様の恋は実らないの?
もしかして優と恋仲になるの?
まさかの新たな相手が現れるの?

徐々に明らかになる攻様達の事情で
かなりスリリングな展開になり
最後までドキドキ&ワクワクで
たいへん楽しく読めました♪

攻様達の状況を作った
過去の事件との関りも明らかになり
優が攻様を消したい理由も
リアリティが有って頷けるモノ
ではありましたが

そこで納得してしまうと
受様と攻様の恋は成就しないので
最後に攻様達が選んだ方法で
大団円になって良かったです (^O^)/

しかし、
この手合いの三角関係では
ほぼ優のポジションが勝利して
攻様のポジションが失恋ですよね。

優にはちょっと辛い決着点でしたが
それを作品のカテにしている彼は
なかなかの癖者なので

攻様と受様の今後も
オールオッケーとはいかないかもだし

攻様が活躍すると
色々と問題が発生しそうですが

こんなハッピーエンドがあっても
良いかなと思わせるところが
すごく楠田先生らしいと思います。

今回は同じモチーフを扱った作品から
安西リカさん『バースデー』を
おススメ作とします。
何を幸福とするかが難しいモチーフです。

2

折り合い

麻々原先生の素敵な表紙で購入。どっちが攻なんだろ?3Pですか?と楽しみにしていました。予想とは違ったお話でしたが、重くなりすぎず、せつなさにきゅんとしたので萌よりですが萌2にしました。終わり方が難しい・・・良かったような良くなかったような。どうなっていれば嬉しかったのかも思いつかず。本編のみ240Pほど+先生のあとがきです。

お話は編集者の東護が久しぶりの休日に暇つぶしにと投稿サイトを覘くシーンから始まります。純文学ジャンルで、ある投稿の「あらすじ」に目を留め、本文を開いたところ、1行目から引き込まれ・・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は、東護の同僚、先輩、上司、お医者様など。
大好きな麻々原先生の挿絵情報。カラー口絵の2枚目が超好き~柱の陰でチュしている二人なんですが、驚いて固まっている東護はかわいく、マサトはカッコよく♡中の挿絵も優、マサト、東護、3人とも本当に素敵で大満足です!

***以下は 悩んじゃった部分(めちゃネタバレなのでこれから読む方は避けた方がよろしいかと思います)

優とマサトが統合したらどうなったんだろうと思うのです。個人的な希望としては、今みたいなのではなく、片方がなくなるのでもなく、融合してほしかったなと。うまく折り合いをつけているようなのですが、負担があるんじゃないかとちょっと心配なので、新しい融合した後の二人を東護がきちんと受け入れていく未来が見たかったなーと思ったのです。もちろん、今の折り合いつけてるバージョンでもいいのですが、優が少し可哀想に思えて。

いつか二人が折り合いをつけて、どちらが出ているか分からなくなって、両方好きと東護が言ってくれると、自分で勝手に妄想することにします。
せつなかったー。こういうタイプのお話って弱い。

0

弱さも強さも

タイトルこそラブコメを予感させるけれども、
冒頭の誘拐事件のワンシーンが臭わせるように、取り上げている題材はシリアス。
楠田先生なので、安心して読みました。

売れっ子新人作家と、編集者のお話。

桃源社で編集者として勤務する森藤東護。他部門の同期から新人発掘企画を聞かされて興味を持ち、紹介してもらった投稿サイトで有望な作品を見つける。早速投稿者とコンタクトを取って何度かやりとりを続けるうちに、編集者としての熱意が伝わったのか、職場近くのカフェで実際に会うことになった。

同じ頃、桃源社からサイコ・サスペンスもので立て続けにヒット作を世に送り出している大型新人作家の柳瀬優から、東護について問い合わせの連絡が入った。柳瀬の弟とされる人物から情報を得たようで、柳瀬の担当を東護に変えて欲しいという。柳瀬と弟はどうやら不仲なようで…

ネタバレなしで読んだらドキドキな謎解きが楽しめると思います♡
でも、わかっちゃう人にはわかっちゃうと思います笑

柳瀬もゲイで弟もゲイ。東護もゲイで、特殊な三角関係です。とても切ないです。

混乱しそうだけど、攻めと受けはガッチリ相思相愛なので、ハッピーエンドだと信じています。

兄の思いがいつか報われるといいな…と願っちゃ、ダメなのかな?

3

正反対の才能

表紙からして左右の二人が同一人物だってのは察しがつくだろうが、できることならネタバレなしで読むのをお薦めしたい。
ただ、序盤からして一人二役?あるいは…って想像が、中盤までには核心に変わっていくとは思うが。

勿論、そんな想像がつかない東護にとっては小説投稿サイトで見つけたマサトの小説に心打たれ、たちまちに彼の才能に惹かれていく訳だが、彼の真相を知っていく過程の中で人気作家・柳瀬との正反対の才能の対比が上手く描写されていた。
最初、編集者・東護については、過去に手痛い失恋を経験した真面目な美人受けって程度の認識だったが、マサトの才能を埋もれさせたくないと主張したり、意を決して彼を守ろうと行動する場面を通して、男らしい性格に好感が持てた。

読み進めていくうちに、もしかしたら東護がマサトの存在を強く願う事で、本来の解決策とはまた別の新たな可能性を得るきっかけになるのでは?…と期待が湧いてくるが果たして!?

表紙の件に戻るが、個人的には読む前の第一印象でいいなと思ったほうの彼と結ばれて良かったなと安堵できたし、最後まで読み終わった後に振り替えるとタイトルの意味合いにも気付く辺り、お見事だなと感じ入った。

6

何だか凄く胸に来ます(´;ω;`)

こちら、タイトルやあらすじからラブコメっぽいのを想像してたんですが、シリアス寄りです。
推理サスペンスものであり、心理もの。
あと、私は誤解してましたが、表紙の二人は攻めですよー。受けはメガネ美人。

最後までどうなるか分からないと言う、ハラハラドキドキのストーリー運びがとても巧みでした。
これは前情報無しで読んだ方が面白いと思うので、核心部分のネタバレ無しでレビューいきたいと思います。


内容です。
新米編集者である東護。
小説投稿サイトで見つけた作家・マサトの才能に惚れ込み、1作しか書いていない彼に小説を書くことを提案します。
しかし、心温まる作風とは違い、やんちゃで失礼な態度のマサト。
彼を必死で口説き落としますが、その直後、大ベストセラー作家・柳瀬優から担当編集者の指名を受けます。
初めて会った柳瀬は、なぜかマサトそっくりでー・・・と言うものです。


これは私の勝手な見解ですが、この作家さんは作品の導入部がとても上手い!!
最初に読者が「どうゆう事?」と疑問を感じるエピソードや展開を持ってきて、そこからガラッと違うシーンに入る。
で、興味をそそられる「出来事」に続きと、そう集中力が無い私でもグイグイ引き入れてくれます。そう、「引き入れる」と言う言葉がピッタリ来る感じでしょうか。
今回は特にそれが顕著で、子供の誘拐事件とニュースの記事風な書き出しから始まり、次に強気な新米編集者・東護が小説投稿サイトで面白い作品を見つけとストーリーは運びます。

で、稀有な小説の才能を持ち、本人にも作品を書きたいと言う思いがあるのに、何故か2作目を書くことが出来ないマサト。
また、そんなマサトにそっくりな、紳士的で物静かな大ベストセラー作家・柳瀬優(マサル)。
夜中にしか会えないマサトに、そんな彼に対して異常な程に行動を制限しようとする双子の兄・マサルと、こう徐々に真実のピースが与えられ、読者が確信を持っていくようなストーリー運びがとっても巧みです。

で、マサトとマサルの真実を知る東護-。
ここまではサスペンス要素でグイグイ読ませてくれ、ここから心理ものでハラハラ切なくさせてくれてと言った所でしょうか。
この先はネタバレになっちゃうので詳しく書けませんが、ただ切り口が凄く斬新。
鋭い姐さんはあらすじを読んだ時点でピンと来てるでしょうし、このネタて昔からたくさん書かれてるのです。
が、こっち側から書かれてるのはあまりお目にかかった事が無い。

そして、めちゃくちゃ切なくもあるのです。
自分自身を始めて認めてくれて、受け入れてくれた東護。
マサトの不意に漏らす本音が切なくて切なくて・・・。
マサトはやんちゃと言った感じなのですが、その実凄く寂しがり屋な印象なのですよね・・・。そして健気。
そんな彼が、自身の存在した「証」を残したいと願うのが、何だか凄く胸に来る。
また、東護が男前なんですよ。線が細い美人ですが、超男前。
いざと言うときは殴り掛かりと、ホント男らしいよ!!

あと、マサト側だけでは無く、マサルの心情にもしんみりと。
彼は彼で、気の毒なんですよね・・・。

どうなるか分からないと、最後の最後まで引っ張った結末にもハラハラさせてもらえました。
大団円ではございますが、ちょい結末が軽い気はするのですが。
なんか凄い飛び道具みたいのが来るのを想像してたので。
しかし、これはこれで素敵な結末。
何のかんの言いつつ、幸せになって良かったです。

心理サスペンスものがお好きな方におすすめしたいです。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ