偽りの皇子は淫らに啼いて

itsuwari no miko wa mdara ni naite

偽りの皇子は淫らに啼いて
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×24
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

142

レビュー数
5
得点
34
評価数
10
平均
3.6 / 5
神率
20%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
オークラ出版
レーベル
プリズム文庫
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784775527832

あらすじ

皇太子の影武者の彰湖は、地方軍の反乱により皇太子本人として捕まる。病の母を助けてもらった恩義から正体を明かせず…。

表題作偽りの皇子は淫らに啼いて

大星、反乱軍である大豪族の頭領
彰湖、皇太子の影武者を演じる青年、18

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

皇太子(の影武者)としての矜持

今回は反乱軍の指揮官の1人で地方大豪族の頭領と
皇国の皇太子に瓜二つな影武者のお話です。

貧窮する民のために救国軍が立ち上がり
攻様が受様を伴侶とするまで。

受様の住む国は高原にありますが
ここ数年、雨期に雨が降らず
収穫季に嵐が来るという天候不順が
続いていました。

しかし、
大皇后と皇太子は民の生活を顧みず
贅沢三昧な日々を送っていた為

秋から冬へと向かうある夜、
都の中心にある王城に反乱軍による
謀反の火の手が上がります。

受様は貧しい農村で母と2人、
身を寄せ合って暮らしていました。

しかし12の時に
皇太子と瓜二つの顔立ちを
目に留めた大皇后の命により
皇太子の影武者を務めていました。

そして謀反が起こった夜、
大皇后と皇太子が逃げ延びる為に
受様は江東の証となる宝剣とともに
皇太子として城に残されます。

受様は城に残れば
自らが皇太子としての死ぬことも
考えられましたが

受様が身代わりを務める事で
城外で受様の母は健やかに暮らしおり
大皇后への恩に報いることこそ
自分役目と思っていたのです。

そんな受様の前に
反乱軍の指揮者の1人として
現れた男こそ今回の攻様になります♪

攻様は北方の地方豪族の惣領でしたが
新年の祝賀に攻様の名代として列席した妹を
皇太子に汚された身を恥じた自死によって
失っていたのです。

そんな攻様が
受様から大皇后の行方を聞き出すために
選んだ手段とは皇太子が
攻様の妹にした事と同じ辱めでした。

影武者でしかない受様に未来はあるのか!?

皇太子の影武者でしかない受様と
新しい国造りを目指す攻様という敵対する
2人の恋を描いた中華風ファンタジーです。

受様は反乱軍の求める行方を知らず
攻様の責苦を逃れる術を持ちません。

しかし、
攻様は受様と過ごすうちに
受様の姿が噂される皇太子と違う事で
受様の正体を危ぶみ始めます。

そして
受様も攻様達反乱軍と関わる事で
皇族の傲慢を糺せなかった事や
民の為の国をつくろうとする姿に
次第に心を惹かれていくのです。

そんな中、
受様は母が住む地区が
暴漢によって焼け野原になった
という話を聞きつけ

城から抜け出して一心不乱に
母を捜し歩いてしまいます。

その姿から皇太子は
やはり母親の大皇后と通じていたのだと
処刑を求める声が高まってしまいます。

受様を救いたい攻様は
受様に正体を明かすように迫りますが
受様は大皇后の行方同様、
口を開く事はありません。

受様の実母は無事なのか?
受様は処刑されてしまうのか?
逃げた大皇后と皇太子の行方とは?
そして2人の恋は実るのか?

進めば進むほど
謎は混乱して深まるばかりで
解決の糸口はなかなか見つからず
ハラハラな展開にドキドキしつつ
たいへん楽しく読めました♪

攻様は最初
妹の受けた恥辱を晴らす目的もあって
受様を責め苛むために
凌辱シーンはかなりエロエロです。

でもその行為に
皇太子の影武者である受様は
絶えるしかないというのが
王道設定で萌えポイントなのでしょうが

受様の受ける責め苦は
本人由縁でなく理不尽過ぎるので
私にはちょっと濃過ぎました (>_<)

まぁ、こういった過程を超えて
大皇后の裏切りも知っても
なお影武者でい続ける受様だからこそ
攻様に望まれたのかなとも思うので
良し悪しなのかなぁ。

反乱軍から国を取り戻そうと
敵国とともに舞い戻った大皇后達の
策略を受様が身体を張って阻んだシーンは
とっても良かったです (^O^)/

今回は敵対関係から恋仲になるお話から、
月東湊さん『偽りの花嫁と真実の恋』を
押し作とします。
こちらは爽やかカプなのでエロ度低めです♪

1

表紙買い

表紙にひかれて購入。天山山脈と崑崙山脈の間にある架空の国、澄が舞台の中華ものでした。まっすぐ王道一直線だと感じたのですが、クスと笑うところも癖のあるキャラも無く、今一つ残らなかったのですいません、中立にしました。気が短い方なので、忍耐の時間が長くてちょっとイラっとしたせいかな。本編のみ240P+先生のあとがき。きっと優しい御姐様方には間違いなく響く、健気頑張り屋さんとそれを愛する方のハラハラ話。最初はお約束、無理矢理があることをお伝えしておきます。

お話は、後宮で休んでいた彰湖が地響きで目覚めるシーンから始まります。黒煙や火を横目に大皇后のところへ駆けつけてみると、大皇后と皇太子は今から城を出る、もともと皇太子の影武者であった彰湖は役目を分かっているなと念を押され・・・ああ王道。

攻め受け以外の登場人物は
攻めの腹心、受けの側仕え(♀)、大皇后、ほんものの皇太子、反乱軍の方々といったところですが、印象としてはほぼ二人。(睦んでいる記述が長い・・・エロエロしい)

**内容に触れる感想

王道パターンと思うので、萌える作品もあったと思うのですが、当作はなぜか萌えず。頑張り屋さん健気さんも嫌いという訳ではないのですが、攻め受けともくそ真面目っぽかったので、響いてこなかったのかなと思ってます。ハラハラして一気に読んで、最後はよかったなと思うものの、女性として終わったのがあまり嬉しくなかったのかな。受けを愛した理由も今一つピンとこないまま終わっちゃったし。

表紙にびびっと来てすごく楽しみにしていただけに、中が忍耐長く、うー残念と思ってしまったお話でした。自分の萌えポイントにピタっと来る本って、なかなか見つからないもんですね。難しい。

2

可愛がりたい。おまえを味わいたい。

中華風ファンタジー、との事ですが。
自分の頭の中では、韓流ドラマの時代劇が(エロを除いて)繰り広げられてるくらい
ハラハラとドキドキと切なさが織り交ぜられた、
久々に面白い時代劇風のお話を読ませてもらいました。
また、「精進」されてるというエロ。
いやあ…凄い。ねちっこい。
強姦から始まり陵辱となり最後はデロデロの甘々と
3種類のエロも堪能出来ますので、
刺激をお求めの方にも満足される1冊ではないかと…笑。

受けさんの彰湖は、病弱な母親の看病と引替えに皇太子の影武者となり
生きていくことに。
そんなある日、大皇后と皇太子に反感を持つ反乱軍による謀反の攻め寄せで
捕まってしまい、そこで反乱軍の幹部であり攻めさんとなる大星から
辱めを受けることに…

と、飢饉で苦しむ民による反乱のお話。
もう大皇后と皇太子がこれでもか…ってくらい最悪で。
騙されてるとは知らず、6年も忠誠を誓い尚且つ
捕まって色んな責め苦や断罪の危機に遭おうとも
主を裏切らない決して口を割らない彰湖の姿勢がかっこよすぎて。
お陰で攻めさんのかっこよさが薄れてはいましたが…笑。
切なくて涙が出るシーンも1つ2つある今作。
是非1人でいる時に読まれることをオススメします。

3

前半のねちっこさが萌え

既に詳しく書いていらっしゃる方がいるので、詳しい内容は省略します。
なので、私なりに思ったことを。

煌びやかな宮廷文化での愛憎ものではなく、内乱系の…それも中心の大国ではなく、少し外れの山岳部に位置する国における中華風ファンタジーです。
大陸の風かおる…という雰囲気ですね。

萌えどころは、何と言っても「秘密を聞き出すために性的な拷問をされる受け」!
だけど受けにとっては痛いだけではなく、攻めも本格的に痛めつけているわけでもなく…。
萌えです。

ただ、下の方も書かれているように、受けは考えを改めません。
私は受けの態度に割とイライラ…マイナスに受け取ってしまったかなー。
初めのうちは萌えていたのですが、だんだん「まだかよ…」と。
だって、どう考えてもお母さん…。
ただ、そういう部分が健気で愛しいと感じる人もいらっしゃると思います。

P.S.そして気になったのは、妹が亡くなったのは間接的には受けが原因だよね…と。
あれ、受けがにっこりと笑いかけたことで妹さん、「もっとこの人と…」的な好意を持ってしまったんじゃないのか!?と…。
(陵辱した張本人を除き)誰が悪いわけでもないからこそ、「うわーっ!」とジタバタしました。

0

読者と攻めを瞬殺

こちら、中華風ファンタジーです。
地方軍の反乱に、陥落する王城。
捕らえられる皇太子に押し寄せる軍勢と、大陸もの特有の壮大な世界観にどっぷり浸れるのです。
が、何と言っても主役二人の関係性に萌えるー!
敵対関係にありながら、惹かれ合う二人ですよ!!(≧∀≦)

また、レーベルがレーベルなので、「素直に白状出来ないなら身体に聞いてやろう」系のエロエロっぷりにも萌えました。
受けが精神的にも肉体的にもかなり辛い目に遭うので、苦手な方はご注意を!!



内容ですが、中華風ファンタジーで大陸ものです。
皇太子の影武者として王城で暮らす彰湖。
地方軍の反乱が起き、皇太子として捕らわれます。
姿を消した大皇后の行方を明らかにするため、反乱軍で大豪族の頭領・大星から辱めを受ける日々。
しかし、病気の母親を助けてもらっている恩義から、決して口を割ることなく、自身の正体も偽り続けますがー・・・と言うものです。


まずこちら、反乱軍の頭領・大星×自身を皇太子と偽っている影武者・彰湖と言うカップリングです。
で、この二人、敵対関係です!!

受けである彰湖がかなり痛々しくて、口を割らせようと凌辱され、その後はあの手この手で辱められる。
拷問にあい、すっかり弱って衰弱する。
そして、国を顧みず怠惰の限りをつくす王族として反感と怒りを周囲からはかう。

ここまでされれば自分が影武者だと明かせばいいと思うのですが、病気の母親を助けて貰ったと言う事に強い恩義を感じていて、あくまで自分が皇太子だと言い張る・・・。
とにかく健気なのですよ。
そしてびっくりするほど頑固。

で、攻めの大星ですが、彼は彼で自身の妹を慰み者にされ、自殺に追いやった皇太子を恨んでいる。もちろん、これは本物の皇太子がやらかした事ですが。
そんなワケで、強い怒りを彰湖にぶつけるのです。

いやもう、自身に覚えの無い事で、強く責められてばかりの彰湖が気の毒で気の毒で・・・。

で、読者が彰湖にすっかり感情移入して痛々しさに身悶えていると、ちょっとずつ様子が変わってくる。
怒りに目が曇っていようと聡明な大星が、彰湖の素朴な言動等により、正体に疑問を覚えててな具合に。
この、最初に散々打ちのめされた後、彰湖の理解者が出て来たり大星の態度が軟化してきたりと言うのがお上手なんですよ。
彰湖がちょっとずつ報われていくのに、得も言われぬ高揚を覚えてと。

また、彰湖を酷い目に遭わせて!!と怒りの対象だった大星。
彼は彼で、彰湖をこの状況に置く事で、実は守っていてと言うのにも萌える!!

敵対関係にありながら惹かれ合うって、何て切なくてもどかしい・・・(´;ω;`)

と、まぁ、この後も一波乱も二波乱もあるのですが、とにかく自分の身も顧みず、互いに相手を想い合う二人の言動に強く心を打たれました。
彰湖はかなりの頑固者なのですが、素直になった彼は最強なんですよ。
その健気すぎる言動で、読者と大星を瞬殺です。

と、とても読み応えがある作品でした。
彰湖を健気ととるか、視野の狭い頑固者ととるかで評価が変わる気がしますが・・・。
ただ、個人的には、その上手く立ち回れない不器用な所まで好感を持ちました。ホント、なんていい子だ・・・。

10
PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ