童貞トラとツンデレうさぎ

doutei tora to tsundere usagi

童貞トラとツンデレうさぎ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×215
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
108
評価数
25
平均
4.3 / 5
神率
36%
著者
美和 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
三交社
レーベル
Charles Comics
発売日
ISBN
9784815500290

あらすじ

足コキしてっておねだりしてみな♪

脚フェチ童貞ヤクザ×訳ありバニーボーイ

組が経営してる本番アリの地下クラブ「moon」に、用心棒として出向くことになった虎次。
しかし、働きはじめてわかったのは、バニー……ボーイのお店!?
彼らの仕事を「男のする仕事じゃねえ」とバカにする虎次。
その言動に怒ったバニーボーイがとった行動は――

足コキにフェラに…もちろん本番も♪
エロくて可愛いケンカップルBL!!

収録作品
USAGI SAN
Honey my Bunny!
Honey my Bunny!after!
童貞トラとツンデレうさぎ 1話
童貞トラとツンデレうさぎ 2話
童貞トラとツンデレうさぎ 3話
童貞トラとツンデレうさぎ 4話
描き下ろし

表題作童貞トラとツンデレうさぎ

荒虎次(ヤクザ・moonの黒服うさぎ・足フェチ)
うさぎ(4人の弟を育ててるmoonのキャスト)

同時収録作品USAGI SAN

吉田(moonのVIP会員・資産がある引きこもり)
うさぎ(moonのあざといキャスト)

同時収録作品Honey my Bunny!

うさぎ(借金を背負ったmoonの新人キャスト)
うさぎ(moonのキャスト・新人の教育係)

その他の収録作品

  • Honey my Bunny!after
  • 描き下ろし
  • あとがき
  • カバー下おまけマンガ

レビュー投稿数4

うさぎさん

ちるちるで紹介されていたものがおもしろそうだったので衝動買い。
思っていたよりもずっとピュア路線でしたね。
表紙のインパクトは強めですが、トータル見ると甘目。

>脚フェチ童貞ヤクザ×訳ありバニーボーイ

表紙の二人がココ。
いい年したヤクザが童貞こじらせてるとかどーなのよ。
なんて思っていたわけですが、
女の黒い部分見て女怖くなるとか、可愛いなオイ。
だからって男がいいってわけでもないのに
ウサギさんのおみ足に興奮してあまつさえな展開だから
どうにもこうにもw

他、同じクラブの違ううさぎさんたちの話も詰め合わせ。
最終的には起承転結いい感じなので文句はないのですが
せっかくモブ(客)とヤりまくってるハズなのに
そこの描写がなくて残念。
お客様とネンゴロ、カップリングしていくのは構わんが
そのさなかにも他の男に抱かれているというちょっとイタめな展開も個人的には欲しかったかな。
好きな人が男に抱かれに行くのをお見送りもいいけど
目の前プレイの方が燃えるわけで。

脱線しましたが、かわいい短編詰め合わせです。
思ったよりもイタい展開ではないのでご安心ください。

3

うさぎちゃんたちの抱えるペーソスに、ほだされちゃいます‼︎

私は、文化祭でやむを得ないコスプレ♬ というのには萌える方なんですが、こんなにハナっからコスプレありきなのは、基本スルーなんですよね。あざとくて。表紙もいかにもな感じで。
それが、『BLアワードにノミネートされなきゃ死ぬ!』に紹介されていた事と、美和先生の『幼馴染が欲求不満で困っている。』を読んで、絵が好みの感じの綺麗さだったので、読んでみたら…。
思い込んでいた雰囲気とは良い意味で違くて。何よりうさぎちゃんたちの抱えるペーソスに、ほだされちゃいました。

冒頭のストーリーがまず、表紙のカップルじゃなくて。(ビックリ‼︎)
可愛いバニーボーイちゃんたちのいるこの『moon』というお店が、どういう店なのかを読み手側に紹介するという、何やら切なめな余韻を残してスタートする。

そして、次の『Honey my Bunny!』なんて、甘い甘いタイトルにて。BLあるあるの展開。信用していた友達の借金を被ってしまい、連れてこられたお店でバニーボーイをやる事になってしまう男の子。先輩達は、激しめのハイレグショーツなのに対して、新人くんはボクサーショーツで控えめなのも可愛い♡ふわふわの尻尾がまあるくて大き過ぎて、それも可愛い♡ 接客指導という名目で綺麗な先輩にあれよあれよという間にエッチな事を仕込まれてしまうと、彼は先輩を好きになってしまう。
指名を取ると、本番アリなのだが、ボーナスが付く。先輩が、新人くんの指名を横取りしてるのでは?と、周りの同僚に言われるのだが、読み手側には直ぐに気付く。先輩はこの新人くんに客を取らせたく無いのだと。その分自分が無理をする。ちょっと切なくて。私はこのエピソードが一番好きです。

そしてここでようやく表題作。『童貞トラとツンデレうさぎ』
虎次の、『俺は うさぎになった。』キリッ!としたモノローグが笑えます。用心棒や黒服にも、ウサ耳を着けさせる酔狂さ。実は脚フェチの虎次は、綺麗な脚自慢のうさぎちゃんたちに目が釘付け。
『ジジイに媚び売って、男の仕事じゃない!』と、バニーボーイ達を軽蔑していたが、うさぎちゃんの一人に嬲られ、童貞を奪われ、初めてのセックスにハマってしまったことと。
うさぎちゃんである彼(名前、無いんだよね。)が、働きながら大学に進み、両親亡き後、弟達を育てている事などを知り、初めての恋も知る。
こんな仕事をしているから、客との交わりは避けられないけれど(具体的なシーンはありません。ホッ。)それに嫉妬も覚える虎次だったけれど、大学を卒業したらこの仕事を辞めるという、うさぎちゃんに、それまで待っていると告げる虎次が切ないです。
皆んな、抱えた都合やままならない事はあって。それでも恋をせずにはいられない。

描き下ろしは、甘あま後日談。冒頭の、バニーボーイ。客とボーイの境界に踏みとどまっていた彼等が、それをやっと越えていく。
新人くんの愛する先輩も実はワケありだったけども、彼等もお互いに守り護られる関係で。
そして、虎次たちも。
ちゃんとそれぞれの幸せを用意してくれていて。ほのぼのあったかくて。
この表紙で、この温かさは、実に意外で。読めて良かったです。
このお店は、ヤクザのいいシノギにはなってるようだけど、オーナーがこの店を始めた理由とか。
ちょっと気になります。今日もお店で、恋をするうさぎちゃんたちが、夢を売っている。
切なくて甘い甘い、そんな夜。彼等の恋とその切なさに想いを馳せる。

3

楽しい作品

すっごく良かった‼︎
3カップルでてくるんですけど、タイトルの2人は1番最後(笑)

ツンデレいつでるの?って思いながら読んでました

最初のカップルも、もっと知りたいような不思議な雰囲気のある2人でした

2つの2人は微笑まましいというか、幸せになってねって感じ
やっぱり、訳ありな世界なんだなとちょっとリアリティと漫画ならではのファンタジーのバランスが良かったです

最後はタイトルのカップル
この2人はほんとに良かった‼︎トラが可愛い
けど、ちゃんとカッコイイ‼︎すごくカッコイイ
ツンデレ受けちゃんも、そんなにツンツンしてるわけじゃないけど、ちゃんとツンデレのメリハリあって良かった

どのお話もキャラクターが魅力的で良かったです

0

月のうさぎがおもてなしします♪

バニースタイルのかわいい子を揃えたエッチOKの地下クラブ「moon」を舞台にした3カップルのお話。
風俗だと、シリアスかエロ激しめのどっちかな話が多いと思うんですが、本作はうさぎちゃん達のキャラが立っていて、ほのぼの感すらあるのが楽しい一冊です。

掲載順にレビューします。


●「USAGI SAN」
「moon」はお高いクラブなのに、無精髭&スウェットの吉田はなぜかVIP会員で、指名されてるうさぎには大事な金づる。
うさぎは街で偶然、スーツ姿の吉田に声をかけられる。客に乱暴されて、片目が開かないくらいひどい状態なのに、気付く吉田って…
しかもうさぎに恥をかかせないように髭を剃って、スーツに着替えて、クラブに行こうとしてた献身ぶり!

うさぎは吉田に寄生して、そのまま絆されちゃえば良いのに「moon」に戻ってくる。
理由はハッキリ明かされないけど、情緒ある一言が印象的!
風俗を苦界と捉えるんじゃなくて、うさぎ自身が楽しんでるっぽい、このインモラルさが私は好き♪


●「Honey my Bunny!」
友達(好きだった男)に借金背負わされた男の子がスカウトされてうさぎに。
この子は借金取りからもかわいがられるくらい純朴な良い子で…

そして、うさぎのお仕事をするために、先輩うさぎが準備の手ほどきをするんだけど、新人うさぎは感じやすくてウルウルしちゃってかわいいし、「こんなことされたら好きになっちゃいます~」って素直だし、先輩うさぎはそのまま新人くんの童貞を奪っちゃいますw

で、この二人はセット売り出しで、先輩うさぎは後輩うさぎに客がつこうとすると阻止して自分が相手をする。
それは客の横取りなのか?後輩うさぎを誰にも抱かせたくないからか?
この先輩うさぎも考えてることがイマイチわかりにくいんだけど、後輩うさぎは超絶良い子で、うさぎ同士のカップルは百合感たっぷりでほのぼのしていてかわいいです♪


●「童貞トラとツンデレうさぎ」
組の命令で「moon」で黒服をさせられてるヤクザの荒瀧。
黒服は黒スーツに黒バニー耳をつけてます。強面のうさぎスタイルが笑える!

で、真面目というか硬派な荒瀧は、「男のする仕事じゃねーな」とうさぎをバカにすると、うさぎに仕返しに襲われます!
荒瀧は拒否ろうとするんだけど、足フェチにタイツ脚はたまらなかったようで…

それから童貞&うさぎに欲情した男としてうさぎに弄られるけど、仕事はキッチリこなす男で、そんな荒瀧にうさぎもだんだん絆されていって…

うさぎの気の強さと、ケンカばっかしてるくせに、カラダの相性は良さそうな二人にクスッとさせられます。でも、なんていうか表題作はふつー。


ちなみに、うさぎの名前は出てきません。
各ストーリーメインのうさぎは全員別人です。
この名前を出さないところが、月のうさぎみたいな架空感があっていいと思う!
表題作はふつーだったけど、2つの短編は意外性があって私は好き♪
借金とか、親の代わりに弟達を育てるためとか、重い設定も出てくるけど、風俗を辛いものとして描いてないので、一冊通してコミカルに楽しめます。


描き下ろしは3カップルのその後。
曖昧だった関係に答えを出して、人間臭さを醸しちゃう話で、せっかくの架空感がリアルに近づいてしまったのが残念。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う