この胸のうちの花が まだ枯れていないなら――

花咲く明日

hanasaku ashita bangaihen

花咲く明日
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神15
  • 萌×218
  • 萌12
  • 中立3
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
11
得点
186
評価数
52
平均
3.7 / 5
神率
28.8%
著者
美和 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
道玄坂書房
レーベル
MIKE+comics
発売日
ISBN
9784866250137

あらすじ

何にもやりがいを見出せず街をふらつきセフレのマサトと遊ぶ日々の勇太はある日花屋のオーナー・高見に出逢い一目惚れする。
しかし勇太の「仕事」はカラダを売ることで、それを高見に知られてしまう…。
高見の家を飛び出した勇太を待ち受けていたものは…?

トラウマ持ちの少年勇太と花屋のオーナー高見、そして2人を見守る若きバーのオーナーマサト。1つの出逢いをきっかけに3人の明日が大きく動く。

表題作花咲く明日

高見,花屋のオーナー
平野勇太,カラダを売っている家出少年

同時収録作品花咲く明日

ガク聖人(マサト),バーのオーナー
平野勇太,カラダを売っている家出少年

同時収録作品花咲く明日

複数
平野勇太,カラダを売っている家出少年

同時収録作品花咲く明日 番外編

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • あとがき

レビュー投稿数11

楽しい気分になれる、暗いお話

暗かったり痛々しい設定のはずなのに、最後まで明るく、楽しい気分で読めました。ほんと言うと、最後まで通してあんまりテーマとしては好みじゃなかったかな、と思います。
ウリ少年、ドラック、ヤクザの抗争に暴力、輪姦…
なのに、なんか楽しかったんですよね。

主人公の勇太は風俗嬢のような性格なので、ここでかなり好みが分かれるのではないかと思います。
一日10人でも相手できる、とか、セックス大好き!とか言ってるし…これでほんとに高校生なのか…。

家出少年の勇太は、身体を売って生活していますが、これではダメだとどこかでわかっている。漫画のキャラとしてみたらかなり痛々しいというか、イタイというか…。
そんな勇太が、2人の大人の力を借りて立ち直って行くお話です。

不幸な境遇といえなくもないですが、勇太はかなり恵まれている。
赤の他人、しかも2人も、が無償で彼を助けてくれます。
そして愛情で包んでくれるのです。

ただ、勇太は好きでこういう生活を送っている部分があり、家庭もあるし、親にも愛されていると思うので、同情心のようなものは芽生えません。
とにかく勇太の性格が底抜けに明るいです。

かなり分厚い本なんですが、そんなに続くストーリーなのか?と思いつつ最後までさらっと読めてしまいます。
でも一番評価できるのは、やっぱり最初から最後まで鬱にはならない明るさとこのテンポのよさ。
清清しいくらい明るい、というか、笑っちゃう楽しさとキャラの会話。

あれ、重くてシリアスなお話読んだんだよね?ギャグ漫画じゃないよね?という奇妙な感覚が残ります。
暗いお話のはずなのに、なんだか気分が落ち込んだときにまた読みたいと思えるような、読んだことの無いタイプのお話でした。
読み応えがあると思います。

2

マサトくん!

マサトくんヤバすぎますよ〜!
ガラ悪いのになんだかんだイケメンで優しい色男!
番外編の笑った顔がさらにやばいです!!
メインの二人の話もとっっても好きなんだけどマサト君の話もじっくり読んでみたいな
ドラマCDにならないのが不思議なくらいオススメな作品です!!!

0

花屋の店長×ビッチ家出少年

本屋で見かけて、聞いたことのない出版社とレーベルだなぁ、と思いつつ手に取りました。普段は電子書籍のコミックを出されているレーベルなのですね。
背表紙を見たら、他のBLマンガと比べてかなり分厚く、でも値段は他と変わらないのでお得感がありました。

さて内容は、ビッチゲイな家出少年受けが花屋の店長攻めに一目惚れし…というお話です。
受けには他にもセフレがいるし、売りまでやってるビッチくん。でも攻めに対しては告白なんてできず、純愛片想い。
攻めは見た目チンピラだけど、花屋の店長として真面目に仕事しています。受けがビッチゲイだと知らないとは言え、付きまとってくる受けを邪険にはしない心の大きい人。ちなみにノンケ。

受けはセフレと同居しているのですが、そのセフレ・マサトさんが本当にカッコいい良キャラ。短髪でピアスでタトゥー、という出で立ちで、バーを何店も経営しています。受けに恋愛感情はありませんが、とても大事に思っている模様。
そんな3人の三角関係っぽく話は進みます。

かなり読みごたえのある作品でした。作画はしっかりしているし、ストーリーも骨太。セリフが誰が喋ってるのか分かりづらかったり、状況が分かりにくいところもちらほらありましたが、まあ許容範囲内。メジャーなレーベルから出たら(失礼)かなり人気が出る作者さんだと思いました。
受けがビッチで複数とヤッてるし、モブレなんかもガッツリあったりするので、苦手な方はお気をつけください。


受けと攻めが、セフレのマサトさんの大いなる助けによってくっついたあとの、マサトさん主役の番外編も収録されていました。
お相手は、マサトさんのことが大好きな、ダンディなヤクザの組長。

このカプがすごくよかった! 悶えちゃいました。本編でマサトさんには本命がいるらしいとほのめかされていて、どうやらそれが組長さんらしいのですが、顔を合わせたらクーデレ全開なマサトさん。
エロは全くなく、どちらが受けか攻めかも分かりません。対等な距離感、そして一筋縄ではいかないマサトさんに翻弄され、更にマサトさんへの執着を強くしていく組長。
いやー、すごくいい!
こちらのカプの続編出ないかなぁ。すごく読みたい。

11

読み応えありっ!!

花屋の店主と、ビッチ少年の物語。
けど、ビッチというよりは昔?(それほど昔ではない)のトラウマからヤることでしか愛を見出せない少年といったほうがいいかな。
花屋店主以外との陵辱な描写もあるので、苦手な方にはオススメしません。

家出をしているビッチ少年、その少年を匿うセフレで情報屋。セフレなので、もちろんマサトとの描写もあります。
花屋店主、情報屋とも少年のことを考え、まっとうな道に戻そうと奔走する、お話でした。
少年が心理的に少しずつ成長して、前向きになっていく様がよく描かれていたと思います。

私としては花屋×少年より、セフレの情報屋にハマりました。是非ともヤクザの組長×情報屋のお話も描いて欲しいと切実に感じてしまう作品でもありました。

3

元も子もないけれど

受けの勇太はあまり好きじゃない。
けれど、高見と聖人はすごく好き。
なので聖人×高見がいいなー。

2

マサトくんの優しさが素敵

マサトくんがいい男!!!萌えました。

チューできゅんきゅん、えっちも◎

マサトくんの猫になりたい…

0

地雷を上回るイケメンパラダイス

真ん中の評価ですが私としては設定の割には高評価です。セフレもいるし、援交もしているようなちょっと緩い主人公。そして、その援交が原因で何度か痛い目にもあっていると言う描写、おまけにヤクザがらみと言う、地雷だらけのものでしたが、とにかく攻めの花屋と、セフレで面倒見のいいマサト君がタイプど真ん中!あ、私ってばビッチな主人公と趣味同じだわ。
飛ばしたくなるようなシーンもあるのですが、そのあとの二人のイケメンパラダイスに全てがプラスになってしまいます。

他のレビュアーさんと同じく、私もマサト君と組長のカップルがお気に入りで、二人のこれから始まりそうな恋の駆け引きがものすごく萌えました。勇太とはタチだったマサト君が最終的には組長のネコになってしまっているところが読みたいですね。

1

マサトが気になる

けっこうなボリュームの話。
他の方もおっしゃってますが、辛い展開もあるわりには、読後の悲壮感はないです。
私もメインのカプよりマサト派で、彼のその後が気になります。

1

攻めが良き

思ったよりキツイ展開のお話でした……
受けの勇太がとにかくビッチ!
心の病気?そこら辺がち曖昧で少し残念でした。

街の花屋・高見に一目惚れした勇太は、
セフレのマサトとの約束を破って売りをしています。
依存症?と思うほど身体ばかり求める勇太が、
ちょっとよく分からなかったです。
そして、トラブルを招いて誘拐・集団レイプされて……
という鬱展開には胸が苦しくなりました。

高見とマサトが助けに来るのですが、
どうせならヤられる前に来て欲しかったよー
ただ、そのことを勇太が引きずることはなく、
良いんだか悪いんだか……という気持ちになりました(^◇^;)
 
高見とマサトが勇太を放っておけないというところも、
理由がハッキリしなくて乗り切れなかったかな。
高見が勇太を自分のものにしてハッピーエンドなのですが、
またまた勇太が高見の身体ばかり求める……

もうね、勇太の気持ちに寄り添うことが出来なくて辛かったですよ^^;
ただ、高見のオラオラパワー系Hには大変萌えました♡

全体を通して、攻めの高見とマサトに助けられた作品だと思います。
この2人がひっじょーにカッコ良かった!
マサト目線のお話も収録されていますが、
恋に発展するようなものではなかったので少し残念。
次はマサトのラブストーリーに期待したいなぁ〜

1

色々盛り込んであったものの

色々盛り込んであったもののどのエピソードや要素も活かしきれておらず、話の流れもギクシャクしていて読みにくかったです。

勇太が辛い過去があるとはいえ、ここまで落ちぶれるのがちょっと行き過ぎな感じが。
貞操観念もなくなっちゃって、自分を必要とされたい価値を見いだしたいお金の為からの売りや、やらせるのもなんだか高校生にしては荒みすぎて。

高見ともいつの間に高見は勇太を?だし、くっついてからも高見に対して勇太のやろうやろう、何でエッチしてくれないの?がしつこくて。
高見も考えがあったのに、いざやってしまうと結局やるんじゃんって感じで。

マサトのお話もよくわかりませんでした。本命はヤクザの人?違うよね?

うーん、途中で読むのを諦めそうになりながら最後まで読んでみたけど色々ひっかかり、ほとんど萌えられず。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う