hide-and-seek

hide-and-seek
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×210
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
52
評価数
14
平均
3.8 / 5
神率
7.1%
著者
あじみね朔生 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
心交社
レーベル
Chocolat comics
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784778125363

あらすじ

かわいいものが大好きな乙女男子の結は、幼い頃の結婚式ごっこで振られて以来、気まずさにより避けていた幼馴染の隼人と、高校で再会する。
ぶっきらぼうだけど優しい隼人と、再び友達として付き合う事になった結。
ある日、街中で彼が女の子と一緒にいる所を目撃した結はなぜかモヤモヤして、隼人に変な態度を取ってしまい・・・。

表題作hide-and-seek

丹羽隼人 17歳、高校生
中島結 17歳、高校生

その他の収録作品

  • hide-and-seek 番外編(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数4

イケメン攻めと乙女受け

一冊全部表題作なのがよかったですね^^
とても可愛くてゆっくり始まる恋のお話です。

結は幼い頃の結婚式ごっこで隼人に振られて以来、
隼人を避けるようになり疎遠に……
しかし、二人は高校生になってクラスメイトとして再会し⁉︎

二人は両片想いなのに、
自分の気持ちに気付かずにここまできた……という感じです。

結が乙女趣味なので揶揄われたりバカにされたりするのですが、
そういったことには気にせず接する隼人が男前です。
結が悲劇のヒロインではなく、
意外と打たれ強いところがいいなと思いました。

お互いの交友関係に嫉妬して気持ちを自覚する……
というありがちな展開ではあるのですが、
要所要所に萌えが散りばめられています。
売れ残りそうになった結の作ったぬいぐるみを隼人がこっそり買うところーーキュンです♡

「結のそばにおる ずっと……」
この「おるよ」という言葉に打ち抜かれました(〃ω〃)
方言かわいかー!

描き下ろしは二人の数年後が描かれており、
本当にずっとそばにいるのねーーと思ったら嬉しかったです^^

0

イケメンxオトメンの胸キュンストーリー。萌え100%

あじみね先生の「絵」がとにかくいい。
1ページ目の幼児の笑顔、そして(後に攻めになる)隼人のかっこよさ…(表紙より中がカッコいい)
受けは、性格が優しくて手芸とかが大好きなオトメンの結。男子たちからちょっと馬鹿にされていて普段は縮こまってる感じ?
そんな地味っ子とかっこいい男子の恋。
だから、少女マンガっぽい…んですよね。
しかも隼人の方が先に結が好きなの!
で、そんな事に全く気付かず結が隼人の交友関係にやきもきしたりね。
もう超王道。
でもそれが超絶萌える。
隼人が結に告白するシーンなんて、胸キュンってこのこと?ってくらい読んでて胸のドキドキが止まらない。
隼人が少し急ぎすぎておっとりの結とペースが合わずちょっとギクシャクするんだけど、2人が心を通わせていく様子も萌えます。
本編は結の心からの笑顔で終わりますが、描き下ろしの番外編は数年後、2人は社会人でどうやら同居している。そして出張から帰った隼人が辛抱たまらんとその場でH…というシーンがありました。
隼人が初恋の結にずっとベタ惚れなのがイイネ!

1

キュンとしました。

可愛いの一言です。読んでる途中から、なんだ、隼人は結のこと大好きなんじゃんて誰もが気が付きます。気が付かないのは結くらい。結の作ったぬいぐるみ可愛いから、私も欲しいと思いました。結は良い子で素直で天然だから隼人がやきもきするの分かります。
初々しいカップルだからHまで行くのかなって思ってたら、最後にあった後日談でちゃんとしてました。
社会人になってて隼人が出張から帰宅して、結が足りないって!その前に同棲ってか、結は嫁に行った?いきなり飛んでるから謎です。でも、あの家族の様子からしたら嫁に行っても祝福される気がします。尻に敷かれてて、隼人も嬉しそうでした。

3

BLが初めてという方にもお勧め 優しい恋のお話

あじみねさんのお名前は、木原音瀬さんの小説「深呼吸」の挿絵で知りました。雰囲気のあるイラストがとても素敵で、気になっていました。ちるちるさんのサイトで新刊コミックスの発売を知り、さっそく読んでみました。

母を亡くし、家事も料理もこなすイケメン高校生の隼人と、可愛いものと手芸が好きな乙女男子・結の優しい恋物語。
幼い頃にした『結婚式ごっこ』で隼人に振られ、結は隼人への好意を心の奥に隠してしまいます。ぎこちなくなった結に、隼人も距離を感じて、二人は疎遠に。しかし、高校で同級になり、再び友達づきあいをすることに。

幼稚園時代の友達を高校生になっても気にしているなんて、正直、すごい記憶力だと思いました。でも、幼いながらも、それだけお互いが大切な存在だったのでしょうね。本人たちは距離が出来てしまったけれど、家族同士の付き合いは続いていたのも幸いしたのかもしれません。

結が作るちょっと味のあるマスコット、隼人が作るお弁当が、二人の距離を縮めていく描写に、心が温かくなります。手作りのものには、そういう力があるのだなあと思わされます。
私にも毎年手作りのカードを送ってくれる友達がいるのですが、本当に嬉しくて。手作りのものって、特別な魅力がありますね。

結に誘われて隼人が一緒に手作り市にいく話が、とても楽しいです。あとがきによると、あじみねさん、手作り市がお好きなんですね。生き生きとした描写に納得です。
手芸部のOB・高雄先輩のお店に、自分の作ったマスコットを置かせてもらう結。隼人は、結が学校の外に自分の世界を持っていることを眩しく感じたのでしょうね。自分の好きなことに打ち込めるって、素敵なことです。

だから、結が男子たちからはじかれ、独りぼっちだったエピソードに胸が痛くてたまりませんでした。
その人の良さは性別に関係ないのに、中高生くらいだと、いろんな人がいていいと、まだ思えないのかもしれません。
中学時代、周りの目が気になって結に冷たくしてしまった平くんが、結に謝りに来る話に救われます。

自分以外にも結の良さを分かっている人がいる。そのことが、隼人に結への気持ちを気づかせます。
でも、臆病な結は、自分の気持ちがなかなか分かりません。

手芸部の先輩・高雄先輩は、当て馬になるのかと思いきや、違いました(笑)。自分の気持ちだけに集中して考えてごらん、とアドバイスをくれて、結も隼人への気持ちに気付くことができます。幼い時に心の奥に隠した気持ちが、恋だったのだと。ずいぶん長いかくれんぼです。いや~、甘酸っぱいです。同性同士だっていいじゃないかと、応援したくなります。

描き下ろしで、ちらっと二人の絡みのシーンがありますが、全然いやらしくないです。BLを読んだことないけど興味があると言う方にもお勧めの作品だと思います。

あじみねさんのアナログ感あるタッチが、とてもいいです。表紙の肌色とシャツの繊細な彩色が素敵。
結も可愛いですが、隼人の尖った顎と幅広い下唇、クールな目元が、とても好きです。描きこみすぎない背景もホッとします。過去作品、ぜひ読んでみようと思います。

8

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ