好きより大事で曖昧な関係

俺を見て。

ore wo mite

俺を見て。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×215
  • 萌31
  • 中立9
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
11
得点
197
評価数
65
平均
3.2 / 5
神率
10.8%
著者
百瀬あん 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
Jパブリッシング(ジュリアンパブリッシング)
レーベル
G-Lish Comics
発売日
ISBN
9784866691459

あらすじ

子供の頃からずっと、幼馴染の朔に恋心を抱いていた京介。もう何年も朔ばかり見ているけれど、男に好かれるなんて迷惑なだけだとその気持ちをひた隠しにしていた。しかしある日、玄関先で見知らぬ男とキスをしている朔の姿を見てしまい、今まで押さえつけていた気持ちが一気に溢れてしまう。他の男に譲るぐらいならもう我慢しない、俺を好きになってほしい。そう朔に告げる京介だったがーー!?
同時収録:相楽くんの恋患い

表題作俺を見て。

阿達 京介、朔の幼馴染・高校3年生→大学生
三好 朔、京介の幼馴染・大学生→院生

同時収録作品相楽くんの恋患い

相楽 孝生、高校生・モデル
乃木 琉人、高校生・陸上部

その他の収録作品

  • 描き下ろし

レビュー投稿数11

”相楽くんの恋患い”が好きでした

タイトルの”俺を見て。”は期待してた受じゃなかったので”中立”な気分でしたが、同時収録の”相楽くんの恋患い”にキュンしたので”萌”評価にしました!

”俺を見て。”は、、めんどくさい受と一途な年下攻、幼馴染ものなのです。うんうん、設定いい感じ!と、表紙から、勝手に”受がめちゃくちゃ攻めを好きで執着するやつ♪”を期待してたのですが、逆だったので、、えええ!な感じでした。もっと攻への愛がほしかったです。攻はめっちゃ一途に受を好きなのですが、その気持ちが、受が手に入れたかったけど入らなかったものの代用品みたいに見えてしまって、ちょっとモヤりました。。。

同時収録の”相楽くんの恋患い”は、めちゃ可愛い同級生モノ。一瞬”ショタ?”に見えた乃木くん、キュートな見た目に反して男気があって、でもオカン気質なところが魅力でした。モデルやっててモテモテなのに乃木くんばっかり好きな相楽くんのピュアッピュアな恋にキュンできる、とてもよいアオハルでした。

1

表紙の圧がつよい

絵柄に通ってきた作品(同人活動)の名残がある所なんかは『ためになるね〜』みたいな感想が強いですね。
丸みのある鼻や厚みのある下唇なんかになるほどの既視感を感じるし、ここから最新刊までの絵柄の変移を読み取るのも改めて読み返していくと楽しかったです。

『10年越しに繋がるこじらせラブ』と帯タイの煽り文通りにこじらせまくってます。
あまりの回り道にしゃらくせ〜!ってなっちゃう人はいそう。そういう意味では好みの別れる作品だと思います。

個人的に、受けの年上院生が某バッテリーを足して二で割った容姿していて、そこばかり気になって中身が入ってこなかったという感想はありますが、初コミックスとは思えない表紙&仕上がりだと思います。

1

攻めの一途さがいい


愛する怖さ知る受けを、年下攻めの一途な愛で解していく物語。
受けが攻めの耳に開けてあげた「ピアス」も、重要なキーワードだったと思います。

母の理想の”女の子”として育ってきた受け。
自分は男なのに…と、違和感を抱えながらも母のために必死に偽る生活を送る中で、ある日引っ越しをしてきた攻めと出会います。

二人の出会いは6歳と9歳。
まだ小さな攻めは、当時から受けを女の子だと思っていましたが後にそうではないと気づきます。
それでも好きなことには変わらない。
そんな攻めの愛が本当に真っ直ぐで一途です。

男を連れ込んでいると噂される受けを見ても、見守っていましたがあることをキッカケに、二人の関係が進展します。

一時は攻めの思いも受けれて両想いか…と思いきや、自分は汚いから、と受けは距離を置いてしまいます。
それでも攻めは大学も一緒の所を目指し、二人でデートした時に買ったチラリと光るピアスを、ずっと付け続けた一途さには拍手もの。

受けにトラウマを与えた男が再会した時も救ってくれたし、こんなに受けの子を一途に想っていてくれてありがとう…!!と感謝したい。

攻めの友人も、友達がホモだと知っても偏見がなくてとても優しい。

受けが報われると、切なさも楽しめた作品です。


【相楽くんの恋患い】
まっったくダークさのない高校生同士のハピエン青春BLでした。

バスケが上手だったのに膝を故障してモデルを始めた攻めと、バスケをしていた時代から攻めを知っていた受け。
ある日をキッカケに二人は再会して距離が縮まります。

この受けの子が真っ直ぐで、少しひねくれ気味だった攻めの心がゆっくりと解されていきます。
受けの子の友人も、この二人の距離を近づけるいい役割をしていて良かったです。

友達から恋を自覚した二人の過程が楽しめます。

【描き下ろし】は「俺を見て」の二人でした。

どちらのお話も良かったのですが、グッとくるものもなく…。
地雷はなかったのでこのような評価となりました。

1

ずっと不安なのがなんかいい

告白したらさらっと上手くいっちゃって、コレすんごく不安になる…。朔にウラがあるのは分かるんだけど、京介がどう思ってるのかが分かり辛くて。
京介の無骨っぽくてまっすぐなとこが良き。
朔の過去のトラウマは、BLのいつものやつですね~。初恋相手が女と結婚したってやつ。子供の頃、女として育てられたってやつもプラスされてる。もう見飽きたよーw

お決まりのエピソードを繋ぎ合わせて、一冊で綺麗にまとめてハピエン。ずっと不安が漂ってる感じは好きかも。

後半に入ってた同時収録のお話は、受けが小さすぎて、えちシーンがちょっとショタってるのが苦手でした。

1

京介に「萌」1つ

先生の初単行本なんですね。私も先生作品、初読み。
絵がきれいです。とても見やすい。

表題作
あっさり告白して、あっさりくっついた。と思ったらすぐダメになってそこからが長かったw
あとがきで書かれているように、めんどくさい受けの典型みたいな。
母親の歪んだ愛情、初恋の人に裏切られたトラウマ、そこからビッチまっしぐら。
京介のことは好きだからこそ、できなかったと。
なら、そう言ってあげたらいいのに。仮にも蒴の方が年上で京介を子ども扱いするならさ〜。
蒴があまりに身勝手で京介が腹立たしいと言うのが、まさにそれ!と思った。
京介が女でも男でも蒴は蒴だと、振り回されても一途に好きだったのが良かった。
京介がうぶなところを蒴がかわいいと思うところも萌え。
なので、京介萌えということで「萌」です。

1

激しすぎる気性に追いつけない!

初読みの作家さん。
目を引く美しい表紙に惹かれました。

【俺を見て。】(6話+描き下ろし) 中立
幼い頃の引っ越しで隣同士になった京介と、3つ年上の朔。
京介にとって、初めて見た瞬間から朔はずっと好きな人。
でも朔は…。

6話もある上に、いろいろな設定が詰め込まれているのですが、どうにも登場人物が激し過ぎて、ついて行こうとするも猛スピードで振り切られてしまうこと数回。
京介にとって朔はずっと特別だったのに、近所で評判になるほど朔が遊び回っていても平気だったのがよく分からない。
しかも「朔のために(自分の気持ちを)言わなかった」というのも分からない。
朔の方も京介の10年越しの気持ちを受け取っておきながら切り捨てるのが分からない。
いや、分かるんだけど、あまりにも自分勝手過ぎて分からない。
自分が過去に先生にされたことと、京介を重ねて見るのがそもそも変というか、10年好きだったという京介の気持ちを全否定していることに気付かない上に、先生がしたのと同じこと(体の関係はありませんが)を京介に対して自分がしたという意識がないのが恐ろしい。
そもそも幼少期に亡くなった姉と重ねて母親が自分を見ていたことと、精通を迎えた自分を「汚い」と言われたことの処理がうまく行っていないというか、この子は女の子になりたい子なのでしょうか?
ここがうまく描き切れていないせいで、もやっとする。
性同一性障害というのとは違う感じだし、姉と重ねられて母親に自分を見てもらえなかったことが問題なら、「女の子として愛してあげる」という先生の申し出は地雷じゃないのかとか、もやもやが募りまくりですよ。
大きなトラウマである母親と先生のことが噛み合わない上に、激情型の行動がドラマクイーンに見えてしまって、冷めてしまう結果に。

【相楽くんの恋患い】 中立〜萌
バスケに打ち込んでいた中学時代、膝を壊していつでも「代わりがいる」ことを思い知った相楽。
高校生になって、編集者をする姉の紹介でモデルを始めたものの、何かがくすぶっていて…。
その燻りに気付いたのが、クラスメイトの乃木です。
こちらもトラウマと恋がごちゃごちゃになっている印象。
頑張っていた自分を見てくれていた乃木に懐いて「犬」とまで言われる相楽と、作り笑顔の相楽とで、「乃木の前では素でいられる」みたいなモノローグもないので、わんこ設定に無理矢理感が漂うんだなあ。
そもそも相楽の素を知らないわたしたちには、わんこな相楽がはしゃいでるのか素なのかも分からないし。
相楽が膝を痛めてるのに気付いても逃げ続ける乃木のスパルタっぷりにも驚きました。

情報は詰め込めばいいのではなく、感情とリンクさせて処理してくれないと、「こんなことがあった、あんなこともあった、で、今はこれ」と並べるだけでは読者に届かないんだなあ。
あと激しすぎる逃走は、追手と一緒に読者も振り切る結果しか生まないということも学びました。

1

こじらせすぎてるな

幼馴染との恋愛ものなんだけど、受・朔が拗らせすぎている。
こじらせもの嫌いじゃないけど、傷つくのが怖すぎて攻・京介から離れていくっていう…。
幸せになるのが怖い人の話。

百瀬あん作品はめんどくさい男が多いけど、私この受ちゃんはほんとダメだった。
攻を信用してないというか。
まあ、過去にあった恋愛のせいなんですけどね。

攻は逆に信用しまくって、好きで好きでずっと朔を待ってる。帯に忠犬ってあるけど、そのもの。
振り回されるのかわいそうだって思っちゃうけど、本人がいいなら口出せないわねっていう、ね!
果たして、これはハピエンなのかな?って考えちゃう。

3

同時収録作品がよかった

表題作は、京介は幼馴染のお兄さん朔のことがずっと好きだけど、想いは伝えずにいた。でも、ある日朔が男をとっかえひっかえしてるという噂を聞き、身体についたキスマークを見て、男同士だからと伝えずにいた自分の気持ちを伝えます。朔からはいいよと軽く受け入れられて付き合うことになるのですが……わりと最初からすんなりくっつくなぁと思っていたら……一方的に別れ話されて理由もわからなくてでも二年経ってもまだ朔のことが好きで好きで仕方ない京介が可哀そうで……振るんならちゃんと次に行けるような振り方してあげてよ。嘘、ちゃんと結ばれてほしい。最終的にはハッピーエンドなのですが、過去のトラウマの原因がクソ野郎なのと、朔がそれと同じようなことを京介にするのでいまいち好きになれない話でした。

同時収録作品は相楽くんの恋患いです。
相楽くんの心の中の傷ついてる部分に最初は無神経に触れてくる嫌なやつに思えた乃木くんですが、話していくうちにちゃんと相楽くんのこと見ようとする姿勢はあって、見えていなくて傷つけてしまったらちゃんと自分の非を認められるいい子でした。
それから相楽くんは乃木くんに話しかけるようになって……いろんな顔をみて惹かれていくのがとても青春という感じでよかったです。
夢で最終的に自覚してくれるのもかわいくてよかった。初えっちも夢で見た乃木くんよりもかわいくて素直に反応しちゃうのも、それでわーっとなっちゃう二人がかわいくて癒されました。

1

むしろ相楽くんがいい

中編2つ。

表題作は幼馴染もの。
お互い想い合っているが言い出せず高校生になる。一方はビッチで、ある時他人に触らせたくないと衝動的に告白するが、受けはいったん告白返しでハッピーになるも、その後臆病になって拒否。
この後半の展開がちょっと意味がわかんなかった。

もう1つの相楽くん〜の方は、青春もの。
バスケが上手いのに、ケガで辞めざるを得なかった相楽くん。でも明るく気丈に振る舞っている。
相楽に憧れていた、乃木。ずっと注目していただけに、バスケを辞めたことを残念に思うけど、ケガにも気づく。
本気でぶつかり合い、お互いの懐に入っていく。高校生同士の親友とも恋人ともつかない感じが出てて、こちらはよかったです。
ので、星を1つあげました。

0

一途な年下ワンコ

初読み作家さん♪絵が綺麗で読みやすかったです。
分厚い1冊で中々のボリュームがあり、2作品収録・描き下ろしは2P・カバー下なしです。

最初は単行本化の予定は無かったそうで…。
電子連載の場合、紙書籍になった時に残念になってしまう作品を見かけるのですが(コマ割りが小さくゴチャゴチャしてたり、本の綴じてある部分に吹き出しがかかってて読みにくかったり等)、そういったことがなくスルリと読めたのは良かったなと思いました。


◆俺を見て。

年上の幼馴染み・朔(受け)に小さな頃からずっと片思いをしている京介(攻め)。
想いは隠したまま小中高と追いかけています。
そんなある日、朔がゲイで色んな男と寝ていることを知り…。
それならばと思い切って告白し晴れて「恋人」としてお付き合いがはじまりました。
しかし良い雰囲気になったとき突然拒否されてしまってーーーと展開します。


帯&あらすじを見て買う一択じゃないか…!と滾りました。
『幼馴染み・10年越し・拗らせ』個人的にド性癖の萌えワードです。

なので期待が大きすぎてしまったかなぁ。
惜しいところが気になって読み返すときは目が滑る…;

帯には忠犬大学生と書かれてるけど、私が想像してた忠犬とは違ってたかな。
年下寡黙ワンコではあるけど忠犬というと…うううーん?
あ、でも ズカズカ入っていくタイプでなく迷惑にならない範囲を守ってる点は良かった!
拒否されたあとも無理矢理問いただすのではなく遠くから見守ってるような感じ。
焦れったくてもどかしくてちょっぴり切なかったです。
(あ、これが忠犬なのか…?)

でも一気に2年もの月日が飛び越えてしまうので
読んでる側としては焦れったい期間が短くて切なさが物足りなかった…。
すれ違いの切なさの余韻があまり感じられなかったので惜しいの一言。

酔った勢いで拒否されたあとの2年分の想いを吐露する場面が萌えMAXでした。
傷ついてる年下ワンコ攻めにきゅーんとくる(;ω;)
一途な年下ワンコってほんッッと可愛い。。。

トラウマ持ちの年上受けは個人的に面倒くさい人という感想が先立ってしまう;
単に性癖にハマらないだけです…スミマセン;

あと攻めの真剣さに対して受けはノリが軽すぎない????
過去回想の屑元彼相手にしてた時の方が"恋してる感"が出てたんだよなぁ…。
攻めへの恋心にもう少し重さがあればもっとキュンと出来た気がして残念です。

◆相楽くんの恋患い

モデルをしている高校生・相楽。実は昔はバスケ部で頑張ってたのですが膝を壊した過去があります。
それを知らない乃木は相楽にズケズケとキツイ言葉を投げかけてきてーーーと始まります。

乃木は良くも悪くも裏表がないというか、思ったことを口にしちゃうタイプかな?
よく知りもしない相手に失礼だなーと思ったけれどキチンと謝れる子で良かったです。
クリクリしたまん丸なツリ目がとっても可愛かった!

話したことをキッカケに2人は友達になるのですが、
純粋な友人から徐々に恋を患っていく過程が楽しめて良かったです(﹡´◡`﹡ )

7

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う