とろけるくちびる

torokeru kuchibiru

とろけるくちびる
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神183
  • 萌×2114
  • 萌47
  • 中立16
  • しゅみじゃない12

--

レビュー数
31
得点
1528
評価数
372
平均
4.2 / 5
神率
49.2%
著者
高崎ぼすこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
ISBN
9784801964174

あらすじ

世渡り上手を装っての社長業、仕事も順風満帆。
ただし色恋はまったく音沙汰ナシの寂しい生活を送る相原。

接待の帰り道、酒に悪酔いして道にしゃがみこんでいると
サングラス男子が、女を口説くような言動で馴れ馴れしく声を掛けてきた。
イラついた相原がからかい半分にキスをしかけて黙らせて
「俳優を意識した髪型、似合ってねーんだよ! 」
と捨て台詞まで吐いた翌朝、自宅で目を覚ますと
テレビに映る俳優・雨宮理久が、昨日のいけ好かないサングラス男子で…?!


生意気年下イケメン俳優×チャラ仕様なバリキャリ社長の業界シークレットラブ★

表題作とろけるくちびる

雨宮 理久(俳優)
相原 涼(デザイン会社社長・バイ)

その他の収録作品

  • After melty kiss(描き下ろし)
  • あとがき

レビュー投稿数31

労り甘やかす言葉とハグに癒される

絵柄や強引なお話の運びは余り好みではなかったのですが、理玖が相原を甘やかす言葉の数々とハグとエロに癒されました。

「なんでいじけ顔してんの?」
「今日頑張ってたね お疲れさま」
台詞としては素朴ですが、仕事に揉まれた相原の疲労や過去の厳しい言葉を垣間見た後だと、余計優しくて沁みます。
経営や営業は向いているし上手くいっている、でも本当はデザインがしたかったという相原の、その時々の気持ちを見て言葉にしてくれる理玖。
色んなことを試したいし鍛えたいのに、顔だけでOKと思われる業界にやり切れない理玖に「引き出し多い方が潰しきく!」と経営者らしさもある言葉でかっこよく背中押す相原。
お互いにベッドだけじゃなくて精神面で良い関係を築けてる描写もしっかりあるのが良かったですし、ポジティブで癒されました。

ぼすこさんの作品は初読でしたが、最中の言葉選びや、攻めの理玖が至る所にさりげなくキスしているのが!最高でした…
「おいしいよおって言ってるよココ」
「俺に挿れられちゃうのにあんなに勃っててかわいそーって思ってたんだ」
相原が交戦的だったりも良いスパイスで、行為シーンだけでいえば初めから相性が最高なばかりだったので楽しめました。
一人で身体を持て余して玩具使う相原も良き。続きも読みます。

0

相原さんの身体、結構即オチ2コマ気味じゃないですかね?(笑)

線が極細系ではなく、白黒(トーン?)はっきりしていて、顔つき等しっかりと描かれていて、電子書籍でも読みやすかったです!


ウサ晴らし目的で近付くところや、撮って釘を刺したりするところはゲスいかなと思いますが、相原さんに対してはスパダリ気味なのはよかったです。
理久の、才能のきらめきがあるだけでなく、向上心があるところが、キャラクターとして、良かったです。子どもっぽいところもカバーしていましたし、怒ったりするところも、キャラクターとして良かったです。


昔の写真を見て笑い出したところは、読者ウケの良さそうなスペックを盛ってきて さめるなーと一瞬思いかけたのですが、次ページの吐露が良かったです。この吐露した気持ちを踏まえると、笑ったのも可愛く見えました。

0

イケメンの二人です

高崎先生の作品は初めてでしたが、二人ともイケメンで芸能界とデザイン事務所というお仕事内容も面白く、ファンになりました。
男っぽい受が好きな方にはおすすめです。
相原が見た目は男っぽいのに、本当に可愛いです。
年下の理久も包容力があり、良かったです。
BL初心者で、思ったよりエロで最初はびっくりしましたが、絵が綺麗で下品ではないので良かったです。

0

一冊だけで満足感すご…

あぁ~
良いですね。
一冊だけなのに、読了してからの満足感がすごっ…

エロも、恋になるところも、芸能界や、広告業界の事もたっぷりでした。

どちらも、キラキラした外側の部分が皆に求められていて。
でも、中身は違う。外と中のギャップに苦しんでいるんですね。
こういう思いは誰しも有りますよね。
求められるキャラに、当てはめられたり、または自ら当てはめようとしたり。

葛藤するのは、悪くない。違う自分になりたい、変わりたいと思って生きていくのは正解だと思うのです。
でも、ほんとの自分に気づいて欲しい。
そんな底に有る気持ちを互いに引き寄せて、手離せなくなる2人が、ひたすら良かった~!

理久と涼のセックスが、良すぎでしょ。がんがんやって、気持ち良くなって。
気持ちが通じてからは、なお良し!

それぞれの道を行きつつ、互いを支えるって感じがほんと好みです。

高評価には、理由があるなーって感動しました。また繰り返して読みます!

1

理久くんのドSっぷりと涼くんのギャップ萌えにやられます

『たどるゆび』『それでも俺のものになる』に続いて読んだ高崎ぼすこ先生の作品です。
高崎先生は絵が綺麗なので読みやすいです。

『たどるゆび』に登場した相原涼くんをメインにしたスピンオフですが、『たどるゆび』を読んでいなくても楽しめます。

若手人気俳優の雨宮 理久くん(ゲイ)とデザイン会社社長の相原 涼くん(バイ)のお話。

ある夜、仕事関係の接待でお酒をかなり飲んだ涼くんは、道に座り込んでしまいます。
そこに声を掛けて来た1人の若い男性。
しつこい男性に面倒になった涼くんは、突然キスをして「その髪型!俳優の雨宮理久を意識してんだろーけど似合ってねーんらよ!」と言い放ち、意識を失います。
翌日、自宅のベッドで目が覚めた涼くんがTVを付けると、俳優の雨宮理久が出演していました。
雨宮理久は「実は俺、酔っ払いに「俳優の雨宮理久の髪型意識してんじゃねえ 似合ってねーんだよ!」って絡まれて!」と発言していて…。

普段は、チャラいのに周りへの気遣いも怠らず、スマートに仕事をこなす涼くん。
本当は、マネジメントではなく、デザイナーの道を進みたかった。
でも、自分の才能に限界を感じ、挫折して…。
一方、若手俳優の中でも爽やかなイケメン理久くんは、じつはゲイでドSです。
華やかな芸能界に身を置いていても、本気で人を好きになったことがない孤独で冷めた一面があって…。
そんな2人が出会い、お互いが「特別」な存在になり、考え方も変わっていきます。
一般人で年上の涼くんと芸能人で年下の理久くん。
環境も考え方も違うため、途中に駆け引きやすれ違いがあり、ハラハラします。

高崎先生は絵がお上手なので、Hシーンはエロさが倍増しています!
涼くんは理久くんには意地っ張りなのに、ベッドの中ではトロトロにされちゃいます(笑)
そんな涼くんにギャップ萌えされる方も多いのでは?
しかも、理久くんは「年下俺様攻め」なので、もう溜まりません (〃艸〃)♡

個人的には、涼くんの元同僚で元カレの高瀬さん(『たどるゆび』参照)に、もっと掻き回して欲しかった。
当て馬の松永くんは、売れない俳優だけあって、涼くんを陥れる手段が幼稚だったかな。
しかし、理久くんは盗撮が上手いです。いつのまに(笑)
おまけに、元ヤンなので脅しも気合が入っています。

描き下ろし『After melty kiss』
久しぶりに会えることになった2人。
涼くんは自宅まで全力で走っています。
ドアを開けると…。
タクシー乗ればいいのに…と思いましたが、それじゃエピソードにならないのか!

芸能人×一般人のBLだと、どちらの仕事のエピソードも薄くなりがちですが、涼くんがデザイン会社を立ち上げた経緯や心に秘めた苦しみが描かれていたのが良かったです。

人気俳優の理久くんは、日頃からスクープに気を付けてもらいたいです(笑)
2人には、ずっとイチャイチャして欲しいな。

1

受けが私好みすぎた

強気でちょっとツンデレが入ってる受けの相原さんが最高でした!!
いつも会社では男前で女の子にモテそうな感じのかっこいい社長なんですが、Hする時は可愛いくなっちゃうギャップにやられましたね…笑笑
攻めの理久も、芸能界では爽やかキラキラ系男子で売ってますが、本当は結構腹黒でドSっていうのも良かったです!

2人の心情もそこからうまれる行動も納得できるもので、スラスラと読めました!
相原さんが抱えてた過去が結構共感できるもので感情移入しやすかったのも良かったです。
いつもは強気な態度の相原さんが、過去に1度も認められたことなかった自分のデザインを、理久に素直に褒められたシーンで、顔赤くして照れちゃう所は可愛かった…!

とりあえず絵が綺麗なので、二割増以上にエロく読めた気がします!!
登場人物達の抱えてる心情も伝わりやすく、ストーリーの重さも重すぎず丁度いい!そしてエロも十分に楽しめる!!
ストーリーの重さとエロの比率が私的にピッタリで神作品でしたね!!

あと、あとがきの相原さんの絵が私的には1番可愛いなって思いました…笑
甘えベタな年上受け可愛い最強!!

1

芸能人もの

初読み作家さんでした。

相原はデザイン会社の社長。けれど見た目がチャラいイケメンで、ホスト風。
相原が酔っ払ってるところに絡んできたイケメンが、注目イケメン俳優の雨宮だった。
そんな出会いから始まる、芸能界に絡んだ甘い物語でした。年下のイケメン俳優になつかれ、ほだされてしまう相原。

相原自身はデザイナー志望だったが、挫折してマネジメントで成功するというお仕事もちょっと入ったストーリーがよかった。
芸能界のキラキラした感じはそんなにツボではないのですが、お仕事風景が少し見られたところで★1つプラスしました。

過去に相原と色々あったくさい有能なデザイナーも登場しますが、もっとかきまわしてほしかったなあ。

0

あんな社長のいる会社に就職したい…

ざっくりいうとやっと本当の自分をわかってくれた人に巡り会えたっていういい話。

受けの社長がトロトロになってく姿が可愛かった!私事だけど受けのがたいがいいのあんまり好んで読んでこなかったんだけど、全然気にならなかった!むしろ好き?

攻めは、ゲス味っていうのか?大好きな受け以外への態度?最高だった!!!いい顔してた!

あんないい社長いないよね!?ってぐらいあの社長の下で働きたい…モブよ、そこ代わってくれ!!!

芸能人×社長っていうあまり身近でなく遠い存在のようにどこか思ってしまっている自分がいたけど、それぞれで葛藤してる2人がいて同じ人間なんだなって感じた!

ぼすこ先生の作品初めて読んだんだけど、絵柄ドストライク!他の作品も読んでみたいな〜

0

決して順風満帆じゃないふたりが愛おしい。

攻めが売れっ子俳優、受けも商才あふれる社長ということで、華やかな世界のお話なのかなと思いきや、実はそれぞれがコンプレックスを抱えていたのでした。
(特に相原の悩みは、お仕事BL派のわたしにはたまらんでした。好き)

ビジュアルよし体の相性よしなふたりだけど、お互いが惹かれ合う決定打となる部分は、自分の胸の内に抱えたコンプレックスをいかに溶かされたかってところ。
今作は思いが通じ合う前からエッチシーンが満載で、あー...ちょっとわたしの好みじゃないなと思いましたが、ふたりがちゃんと心で恋愛している様子も見て取れます。
お仕事BLならではのお互いを尊敬して、必要としている感じが伝わってきてよかったです。
エロエロだけど、あまりエロ耐性ついてない方にもおすすめしたいです!

0

仕事に恋に

ずっと読まずにしまっておいた本作……
やっと読む気になりました^^;

『たどるゆび』に登場した相原のスピンオフです。
本作には、高瀬も登場しておりますが、
未読でも問題ないでしょう。

人気俳優・理久とデザイン会社社長の相原による、
業界お仕事BLです。

ぼすこ先生は、ラブだけでなく、
お仕事を絡ませてくるのがお上手ですよね。
本作も、それぞれが仕事に悩む姿があり、
それが作品に深みを持たせていると思います。


簡単な内容としましては、
理久が何気に拾った酔っぱらい相原を気に入って、
身体から始まる恋のお話です。

お互いに仕事を頑張る姿に惹かれていく様子も描かれており、
働く男同士の媚びない恋愛バトルが見どころです。

素は毒舌な理久と一緒にいると楽しいし、
このまま幸せになれるのではと思う相原。
それに対し、人気俳優でありゲイバレ厳禁で、
先のことはなにも考えていない理久。
二人の思いがすれ違うところは、
とても読み応えがあったし、切ない場面でした。

色々あっても最後はちゃんとハッピーエンドにもっていってくれるので、ぼすこ先生の作品には安心感があります。
もちろん、本作も二人がお互いの気持ちを自覚して伝え合い、
無事にハッピーエンドを迎えます。

理久が相原と出会ってからを回想しながら、
自分の気持ちの変化を振り返るシーンがとても良かったです。

Hはたくさんしており、言葉責めや体位がエロかったです。
電子で読みましたが、
白抜きなのでそこは少し残念でした。

後一歩神評価にならなかったのは、
やはり全体的に軽い印象が否めないからです。
ただ、エンターテイメントとしては最高だと思います!

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う