アフェア ~人でなしの恋~

affair hitodenshi no koi

アフェア ~人でなしの恋~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神36
  • 萌×29
  • 萌11
  • 中立5
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
11
得点
254
評価数
67
平均
4 / 5
神率
53.7%
著者
丸木文華 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
笠井あゆみ 
媒体
小説
出版社
二見書房
レーベル
シャレード文庫
発売日
価格
¥657(税抜)  
ISBN
9784576181813

あらすじ

新しい上司・絢斗に一目惚れした友哉。だが絢斗は既婚者で、友哉にも出産を控えた妻が…。ダブル不倫&同性愛の禁断泥沼ラブ!

表題作アフェア ~人でなしの恋~

斎藤絢斗、買収元の外資系企業で友哉の新しい上司28
雪野友哉、広告代理店営業30

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数11

止められない恋心に読む手が止まらない!

読後の全力疾走感…
「鬼子の夢」「義父」「ふたご」など、濃厚な世界観とエロと簡潔なタイトルの丸木作品、読み終えるたびにこれ以上濃い作品は無いのではないかと思うのですがまたしても夢中になれる(個人的なツボも含め)作品が読めて感激と興奮です。

初対面のときの、“胸の底に溜まるような品のある甘い香り”という表現が素敵です。
友哉がどこから見ても完璧に好みの絢斗に一目惚れして、今まで積み上げた「普通」を打ち壊され恋を自覚して夢中になって、下僕になり果ててしまうのが堪りませんでした。
キスされてその続きがあると知れば舞い上がり、絢斗の言葉(台詞が毎回良いんですよね)に翻弄される。遊ばれていると分かっていて「それなら飽きられるまでの時間を宝物のように大切にする」と全力です。

3割読み終えたとこで濡れ場というのも的確で最高でした。スピードありつつ恋心爆燃え、相手の体を知ってしまえば決定的に後戻り出来ません。飲み会のかぶりつくキスからホテル、事後までしっかり描かれていて最高で圧巻でした。その次の日は事前に約束してた絢斗の自宅、気恥ずかしさからの激しい雪崩れ込み…
割愛せず綿密に濃厚に描かれるのに、それが何度あっても飽きず読み手を興奮させ、あわよくば幾らあってもと思わせるのがすごいです。笠井さんの挿絵が負けるほどのエロスでした…

後半まで友哉視点なのですが、それでも絢斗から見る友哉の魔力もしっかり伝わります。細い腰と小さくて丸いSiri最高です。
友哉の絢斗の奥さんに対する見方が無意識にキツくなったり、自分の妻や同僚の絢斗への印象を分析したり、社内女性陣の目線に共感と嫉妬したりというのも面白い。浮気についての会話に自分の中で共感と諦めがあったりというのは、これは浮気する人はきっとみんなあるあるなんでしょうね。

夫婦2組で温泉に行ったあたりから若干トーンダウンして行き、友哉に子供が生まれてからは子供を大切に思う気持ちを持ちながらもちょっと意味不明理解不能な方向に行ってます。
もう少し顔と身体以外の魅力を話してくれれば不倫という枠から抜けられそうなのに、彼らも理屈を越えてしまっているのでしょうが、もう少し熱情より純愛があれば許せたし救われる気がします。
立場が逆転するのは好きな展開ですが、もっと絢斗は姑息な真似をせず髪を振り乱しても縋ってほしかったな。まだ余裕ある。
この二人がハッピーエンドであれば余計冷めると思って読んでいたので、良い終わり方でした。でも友哉の色気やキス痕に妻が気付いたりというのも欲しかったな…バレて全部無くしてから二人がくっつくでも良かった。
パリ旅行を許す妻と義母どーかしてるぜ!みんな気付けー!友哉の目はハートでエッチな身体なんだ!

理解不能な理屈で関係を続ける二人の行き着く先は破滅しかなさそうですが、色々とにかくすごかったので神です。神に見つかって鉄槌受けてください。それでも二人は一緒にいられれば、それだけで良さそう。

1

1番の悪は誰なのか?

凄い作品を読んでしまいました。ページをめくる手が止まりませんでした。

不倫は罪です。しかも夫同士のW不倫。片方は子どもが産まれるのです。どう決着を付けて終わるのかと期待と不安を覚えながら読みました。

受けの友哉は学生時代の友人との戯れ的な触れ合いに衝撃を受けながら、普通の幸せにこだわって生きて来ました。来る者を拒まず去る者を追わずに、常に女性がいます。でも彼女らの記憶は薄く好きだから付き合った訳では無いのです。
妻の美桜もそうです。付き合って半年で結婚しています。彼女となら普通な明るい家庭を作っていけるだろうとの理由だけです。
例え彼女の性格に嫌な面があっても目をつむり、言動に問題があると思っても黙って決して争おうとは思わないのです。

そんな友哉が30歳にして一目惚れをした初恋の相手が攻めの絢斗なのです。魅力的な外見と優秀さで職場では彼を巡って女性達の争いまで起きるような人物です。しかし既婚者でありながら、自分に好意のある都合の良い女性と簡単に関係を持つようなクズでした。

絢斗は自分に好意を持っている友哉を次の標的に選びます。お互いの妻が高校の同級生同士だった事もあり、家族ぐるみでの付き合いになって行くのです。友哉の家でのホームパーティーで妻達に隠れ、友哉の好意につけ込んでキスする絢斗と魂を持って行かれるようになった友哉に興奮しました。

それから仕事の打ち上げを抜け出して2人は初めてセックスするのです。友哉は今までの女性達とは感じた事の無いエクスタシーを感じて、絢斗もまた友哉とのセックスに夢中になるのです。

友哉は絢斗に弄ばれているのを知っており、これは期間限定の関係で絢斗が飽きたら終わりだからと、罪悪感も感じないで夢中になっています。妻の感の良さに怯えたりしながらも、絢斗に抱かれると何もかも忘れてしまっていました。

友哉は絢斗は1度寝た相手とは2度と寝ないとの話を聞いていました。しかし絢斗との関係は終わるどころか、ますます回数も激しさも増して行くのです。その頃になると絢斗の妻の杏奈が、今度の浮気の相手は何かが違うと気がついてしまうのです。

友哉は美桜との間に子どもが産まれた事により、ようやく決心して絢斗に別れを告げるのです。しかしすでに友哉以外を抱けなくなった絢斗は怒り拒否するのです。そして拒否る友哉を美桜や義母を丸め込んでパリ旅行へと連れて行きました。パリ旅行ではずっと恋人同士として過ごして、初めて絢斗から好きだと言われて友哉は夢中なのです。

そして帰国した2人を空港で妻達が出迎えます。絢斗の同伴者を疑った杏奈に美桜が付き添って来ていたのでした。
そして数日後に杏奈に待ち伏せされて絢斗の愛人は誰かと相談された友哉は、真相に近付きつつある事に恐怖します。

友哉はその後に胃潰瘍で倒れて入院します。病室に現れた絢斗に杏奈が興信所を雇うかも知れないとつげましたが、絢斗にはどうでも良い事のようでした。

友哉が退院すると杏奈の為に夫婦同士で温泉旅館に行く事を美桜に提案されます。友哉は拒否したいのですが、断る事が出来ずに承諾するのです。

微妙な空気の中で夫婦達はそれぞれの部屋に入るのですが、美桜が友哉に乗っかった所で絢斗に拒絶された杏奈がやって来て友哉と部屋を交換するのです。母乳の出た美桜を見て、今までのように抱けないと思った友哉はほっとします。
そして絢斗は妻が残していった下着を友哉に着せて激しく抱くのです。最低ですが友哉も興奮してます。

もうこれってどうなっちゃうのって所で終わっています。
正直言うと何も知らないで幸せな私って言う美桜が1番嫌いです。杏奈はあれだけ浮気されてたのを知っていたのだから、もっと早く絢斗に見切りをつけていれば良かったのにと思いました。
それから1番の悪は友哉だと思います。妻と子どもと絢斗って全てを手放すつもりが無い強欲です。普通に固執しないで性癖を認めていれば、こんな呪縛に囚われる事も無かったのに…

そして最終章で絢斗が友哉に捕われて行く心情が語られています。色んな人間の気持ちを手玉に取っていた絢斗が、全てを捨ててまで欲しい人間が現れたのです。1番のクズでしたが1番潔いので嫌いになれませんでした。絢斗には友哉をぜひ地獄へ道連れにして欲しいです。(私的には2人が離婚してくっ付くハッピーエンドです)

コミコミさんの特典ペーパーは友哉の同僚の間宮視点です。本編中も友哉にベタベタ触りまくっていましたが、絢斗と深い仲になった友哉に懸想してストーカー化していました。彼も既婚者でありながら浮気しているような人物でした。
自分が先に好きだったのにと逆恨みしています。
そしてここでは杏奈と別居した絢斗のマンションに出入りする友哉の様子が書かれてました。
友哉は相変わらずのようですが、マンションに入る前にキスしたところを写真に撮られたのを絢斗が気がついて無いとは思われず、カウントダウンへの1つの選択肢に間宮が利用されているのだと思いました。

0

BL失楽園、開園

いやー、すごい1冊でした!
ここ最近、ドラマや諸々で不倫がにわかに話題ですがこれ程傍目から見てドギマギするなら流行りますよ。

それにしてもこの作品、設定の珍しさもすごいですがエロい、兎に角エロいです。
まず、既婚者で女性のパートナーがいる登場人物がW不倫で妻たちに隠れて性行為に耽る…それがまた背徳感でエロのスパイスになってるんですよ。

ラブホセックス→妻不在時セックス→妻たちと旅行セックス→バケーションでセックス→妻たちと険悪にで関係がバレそうな状況で「どうにでもなーれ」セックス

と少なくとも5回は交わってます。
いやあ、攻めの絢斗さんが欧米系性豪スパダリとはいえ交尾し過ぎですね。でもなんだか、マズい関係ほど燃えるってのは経験ないけどなんか分かります(笑)

絢斗さんも絵に描いたスパダリって訳じゃなく、関係が終わりそうになった時受けの友哉くんをほぼ「論破」みたいな形で引き留めようとしたりと多少の人間味を感じましたね。

とまあ、久しぶりに小説を買いましたが良い作品でした!
ハピエン厨の私ですが、中途半端に当て馬♂や別の人と関係持とうとさせたりせずにひたすら2人で泥沼に墜ちて行く話だったので楽しく読めました。
これもまたメリーバッドエンドなんでしょうか?(ニッコリ)

0

なんとも言い難い読後…

攻めがねぇ…………嫌な感じだったんですよ。
そりゃカリスマ性さえあるイケメンですもの、
傲慢であっても仕方ないのかもしれませんけど
受けに対する愛じゃないような気がしてしまいました。
いやいや、そういう愛もあるでしょ、とも言えますが(どっちだ)
自分が女とできなくなったからだけみたいに受け取ってしまって。
友哉は性志向をひた隠して“普通の男”でいたかったのに
絢斗に一目惚れしてキスされて浮かれて
長く続きはしないだろうこの恋に今は溺れたいと願い…。
本当は妻が妊娠中という時期も考えると(そうでなくても)許されることではないんですよね。
でも現実を見なければと妻の出産を機に別れまで切り出しますが
絢斗は最初に面白そうだから手を出したり
友哉が男なのに女よりイイのが癖になってのめり込んだだけで
気持ちが伴っていない印象でした。
別れを告げられ友哉を蔑むような態度も好ましくなかった…。
(蔑むというか、どうせ俺から離れられないだろみたいな)
ここで友哉に縋るような絢斗だったらまだ可愛げがあったでしょうけど
生憎そういう男じゃないんですもんね…。
確かに子供が生まれたから別れを決意するのは友哉の勝手かもしれませんし
今更ただの上司と部下に戻れるわけもないにしても
友哉の判断はごく真っ当な思考な気がしました。
そこを抉ってくるんですもんね、この攻めは。
フランス旅行の誘いも驚きでした。そこまでやるか…。
今まで散々浮気してきた絢斗が本気になった相手が友哉だけで
執着するほど愛してしまったところが肝なのかな。
でも心を愛しているようにはやっぱり思えなかった…。
行きつく先は破滅しかないんだろうな。

道ならぬ恋だとわかっていて読ませていただきましたが
妻の美桜もさらっと差別的発言とかほんわかお嬢様風なところや
攻めの妻のバリキャリ風な感じも苦手でした…。
二人に同情してしまうようでは友哉の心の揺れを汲み取れなかったでしょうから
設定はアリなのかもしれません。

ただ、おせっ久は流石にエロエロofエロエロでした!!
笠井さんのイラストも相変わらず凄かったです。

5

うーん…若干不快…

W不倫かつ受けの妻が妊娠中という泥沼展開確定な設定に惹かれて購入したものの、こざっぱりとした軽いタッチの話だったので残念でした。
家庭よりも快楽が第一な攻め受けの関係性は萌えといえば萌えですが、どちらのキャラも欲望に忠実だが罪悪感に欠けた無機質な人間性だったので面白味がなく、まったく好みではありませんでした。
また、受け視点で書かれる心理描写が細切れで、取って付けたように苦悩したり開き直ったりするので今はそういうターンか、と冷静に読んでしまいました。

攻め受けともに性格が悪いので身体の関係が先行する間柄のほうが違和感がないのですが、お互い愛を語るのでチグハグな印象を受けました。双方、誰かに愛情を持つ人物には思えません。

受けの性格の悪さとはちょくちょく自分のことを棚に上げて正義感を振りかざすところで、自分は攻めへの恋心で内心浮かれ気分でいながら職場で攻めに色目を使う女性を非難したり、妊娠中の妻がいながら攻めと逢瀬を重ねる自分は置いといて、受けや他の女性と親しくする攻めの倫理観や常識のなさを非難したりするところです。
また不倫をしている罪滅ぼしのために妻を抱こうすると同時に、自分の罪悪感をも癒そうとする受けにはまったく萌えませんでした。
そして一児の親になった後、親としての正義感から攻めと別れることを固く決意しながらも、攻めに屁理屈を言われただけで押し切られる展開は非常に呆気なかったです。

一方、攻めは自分本位な言動をする性格の悪さで、妻を含めた女性へはもちろん、受けに対してさえもモノのように扱っていると感じました。
終始女性蔑視な発言をしながら受けの女性的な外見を褒めるのには違和感を覚えましたし、妻も仕事もすべて捨てていいと言うほどに受けに夢中なわりに、攻めが語る受けの魅力は外見だとか唇だとか体臭だとか魔性だからだとかで説得力に欠けているのに「好きだ」「好きだ」と言うので薄っぺらい人物に映りました。
受け以外の相手には身体が反応しなくなった攻めなので、受け以外いらないと決意できた理由に身体の相性が抜群に良い相手を手放せないからだという割り切った結論を持ってきたのなら納得もいったのですが。
また攻めは何かに執着心を抱くほど思慮深くも暗い過去があるようにも思えなかったので、何もかも失った代償として手に入れた受けだとしても、飽きたらあっさり捨てそうなので攻めのほうも萌えませんでした。

W不倫や妻子持ちといった設定は物語なので個人的にまったく問題はなかったのですが、そういう重い設定でなくてもこの攻め受けの関係性は書けたんじゃないのかなぁと思うと、なんか不誠実だなと思いました。

こうして感想を書いてみると、『人でなしの恋』というタイトル通りの話だと気付きましたが、だからといって萌える話に変わるわけではないので評価は「しゅみじゃない」です。

8

読み応えあり

大人向け文学作品という感じがしました。
読み応えあり!!

フワフワの甘々も好きですが、禁忌であるが故の切なさや執着が書かれた作品。
神。

他の方も書かれていますが、自分もあのラストの余韻、粋だなぁ〜と思いました。

10

これで良かった…!

あらすじを読んだ上でこの本を手にとる方はある程度の覚悟を持っているかと思いますが、
私は結末というか、話の進行はこれで良かったと思います。
まず、そもそものテーマについて。
W不倫ものなんですが、先生があとがきでも言ってた通り、リアルでの不倫は悪だけど、創作においてはこの上ないスパイスですよね。
そもそも創作だから楽しんでいるのであり、主人公2人に感情移入して読んでいるので、不倫→悪だから制裁受けるべき、とはなりません。
昨今の不倫嫌悪の風潮で創作物にまで批判や道徳的展開を求めるとしたら、それは過敏で不合理だな、と。
(だって仮に近親ものやショタものが好きだとしてそれをリアルに投影するか?って話ですよ)
なので、不倫の良し悪しや配偶者に対しての道徳的対応は作品評価に含めてません。

そして、単純に攻×受の関係性だけで見た時、攻めは最初軽い出来心からでしたが、どんどん受けにハマっていき、最終的には強い独占欲を抱くようになります。受けは最初から一目惚れしているので言うまでもありません。2人が周りを顧みることができなくなるほど互いに熱烈に溺れるという意味では、ある意味「純愛」だな、と思うし、これぞ禁断愛の醍醐味ではないでしょうか。
ラストもあそこで終わらせたのが秀逸だな、と。この後の泥沼は読者の想像にお任せします、というやつですね。書ききらないからこその余韻、美しさがあると思います。
そして、「道徳的展開」に収まらなくてよかったな、とも思います。今後の2人がとても気になるところですが、後日談を期待するのは野暮というものですね…。文句なしの神作でした。

13

ずぶ濡れ必須(どこかは察してください)


丸木先生のエロ描写は、本当に、ジンジンしますね、下半身が…!

というか何より初めに、本は背後を気にしてから開いてくださいね。
表紙をめくった直後に笠井爆弾が炸裂しますので。
私なんかはちょっと、くぐもった声を漏らしてしまいました(笑)

既婚者で浮気モノのお話は漫画とかでも読んだ事がなくって、比較はできないのですが、私はどちらかというとエロ補充するために丸木先生の本を愛読しているので、その点で言ったら神5くらいです。
丸木先生の文章はドエロいし擬音もあるのに、そこに下品さとか汚さはなくて、ただただねっとりといやらしいんですよね~!大好きです!!

攻め君は既婚者でいわゆるタラシなのですが、うまい事やるのでトラブルとは無縁で食い散らかし放題。受け君の事も味見くらいに思っていたわけです。
ところが受け君は自分さえ知らない程の隠れ魔性で、攻め君と共にもつれ絡み合って奈落に落っこちていくような内容でした。

そうして丸木先生は
我々にラストを託して下さいました(ものすごくネタバレ?)

どう考えたってみんなどこかで傷付いちゃうし、絶対に結末が欲しいかと言われると知らなくて良い気がするんです。
私はこういうフェードアウトの仕方は嫌いじゃないと感じました。野暮ってもんですよね(笑)

浮気の楽しいところだけ切り取ったような、私としては最高にドキドキできる内容でした。
ケジメつけないと無理!という方にはあまりおすすめできませんが、道を外れたエロティックな恋愛ものが欲しい方にはうってつけかもしれません!

13

やられた!

丸木先生の新刊。どんなお話かと楽しみに読んだのですが、「うーわ、終わったよ・・・」と読み終わった時、呆然。さすが丸木先生。先生にしかできないんじゃないかと思うお話、「本編260P超+先生のあとがき」です。浮気話で心から血が噴き出すような思いをしたことが最近ある方にはおススメしたくないです、一応ご注意ください。

梅雨明けの暑い日、同僚に一杯と誘われたのですが、友哉はごめんと言って帰宅します。10月にはめでたく子供が産まれる予定だからなのですが、漠然とした不安を抱いていたある日、合併により新しく上司となった男に会った瞬間、雷に打たれたように一目ぼれしてしまい・・・・と続きます。

登場人物は
攻め受け双方の嫁(偶然、高校の同級生同士、攻め嫁はバリバリ働き中)。めっちゃ絡んでくるので、女子絡む話NGな人も難しいかも。

**神にした理由

テンプレなんぼのもんじゃい!と喧嘩でも売ってるのかと思うぐらい、いわゆるBLではありえない設定ではないかと思うのですが・・皆さんはどう感じられたのか。(先生もあとがきで「設定のひどさレベルは上位」とおっしゃってる)

一般的には攻め受けとも「くず」と言われてもしょうがないと思うのですが、なんだかあまりに潔すぎて(?)全く怒りが湧いてこなかったです。そしてなんら決着付けずに、ヘドロ沼のような状況に突き落としたまま終わるという(笑)。なんらかの決着付けられるより、確かにこの方が絶対いいわ!と私は思ったのですが、「ありえねーーーーー」と絶叫する方もきっと多いと思います。

そして最後の方の数ページ。攻め視点のモノローグ的書きっぷりの数ページがありまして。ああ丸木先生だわ・・と感じる箇所で、最高でした。やっぱこうでなきゃね、と思われるんじゃないかな。

先生との駆け引きという点においては完敗です、楽しい完敗でした。それが神にした理由です。本読み、楽しいー。

17

泥沼の恋のお話

作家買い。
文華さん×笠井さんのコンビって最高だと個人的に思っているのですが、今作品も最高だった…。

文華さんの新刊はW不倫もの。不倫ものって個人的に地雷なので、楽しみにしつつ、でも読み切れるかなと危惧しながら手に取りました。





主人公は広告代理店に勤めるリーマン・友哉。
既婚者で、妻は現在妊娠中。
草食系の、どちらかというと地味な男性。
裕福な家に生まれ育ち、綺麗な妻と、そしてもうすぐ生まれてくる子ども。
何不自由なく生活しているように見えて、実は、彼は自身の「男が好き」という性癖を隠し、そしてそんな自分に葛藤を抱えている。

そんな彼は、新たな上司としてやってきた絢斗という青年に恋してしまう―。

友哉も絢斗も、どちらも既婚者。
絢斗は、麗しいビジュアルに仕事の面でも有能というハイスペック男性。
そして同僚。

自分の恋心はどうにもならないと思っていた友哉だけれど、そんな彼に粉をかけてきたのは絢斗のほうで…。

絢斗の圧倒的な美貌と魅力。
そんな彼に、よくない事と思いつつどんどん惹かれていってしまう友哉。

まさに、恋は堕ちるもの。

友哉が、深みにはまっていってしまう描写が、とにかくすごい。個人的地雷のW不倫のお話ですが、文華さんの文章力に完敗しました。

既婚者でありながら友哉をはじめとして複数の女性とも関係を持っている絢斗で、一言で言うならばクズ男なのですが、それでも彼を憎めない。彼のオスとしての魅力が、妻以外の人との遊びを許容させてしまう。

一方の友哉も。
絢斗が自分と関係を持つのは、ひと時の遊びだ。
と理解している。

友哉は、本気で絢斗を愛してはいますが、愛しているからこそ、絢斗に別れを告げられたら身を引くことをはじめから受け入れている。いずれは捨てられることを、初めから覚悟している。

いわゆる「都合の良い女」、状態なわけですが、彼にも嫌悪感はない。
妻がいるのに、子どもが生まれてくるのに、男に抱かれている自分、を彼自身が許せていないからかな、と思いました。

妻にも疑われ、自分から別れることもできない。
そんな男たちの行く末がどうなってしまうのか、ページをめくる手が止められませんでした。

最後、彼らが選んだ選択は―。

こうくるかー!
という結末でしたね。
予想を裏切られました。

ぜひとも、読んでみてほしいです。

文華さんはコミカルな作品も書かれますが、この作品はがっつりシリアス寄り。
しかも、W不倫という人によっては地雷な設定。

という事で、読み手を選ぶ作品かと思います。

が、個人的にはめっちゃツボでした。
飄々と行動する絢斗。
絢斗に恋してしまったがゆえに、不倫の恋に悩みもがく友哉。
けれど、手のひらで踊らされ、そして「恋」の沼に堕ちたのは、友哉だったのか、それとも絢斗だったのか。

そして笠井さんの挿絵はこれまた素晴らしかった。

W不倫がテーマゆえに濡れ場も多いのですが、滴るほどの色香を放つ絢斗や、友哉の葛藤も、実に見事に描き切っています。

tnkの修正も甘く、非常に眼福なイラストでした。

23

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う