めちゃくちゃに抱いてやる

REVERSE

REVERSE
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神59
  • 萌×252
  • 萌26
  • 中立5
  • しゅみじゃない7

--

レビュー数
16
得点
586
評価数
149
平均
4 / 5
神率
39.6%
著者
ゆいつ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
コアマガジン
レーベル
drapコミックスDX
発売日
価格
¥666(税抜)  
ISBN
9784866532400

あらすじ

刑事の浮島は、危機的状況に遭遇すると性的な興奮を覚えてしまう悪癖があった。
事件後はいつも背徳感と昂揚感を抱きながら一人でヌいていたが、怪しげな男・真壁との出会いでそれは一変する。お互いの素性も知らないまま、出会ったその日に激しく犯され、えも言われぬ快楽を得る。
ところが、真壁が浮島の追っている事件の容疑者として浮上し、二人の関係はより禁忌さを増してゆき…?

表題作REVERSE

真壁 光(25歳くらい)
浮島 隼人(33歳くらい・刑事)

その他の収録作品

  • 番外編
  • カバー下:人物設定

レビュー投稿数16

最悪で最高な男

最初の勢いそのままに、最後まで失速することなく読み手を引き込む画力と構成の巧みさ。
絵の緻密さや謎解きの面白さだけなら「REVERSE」より評価の高い作品はまだまだあるんだと思う。
でも『この内容にはこの絵』っていう私的法則と照らし合わせた時「REVERSE」の上をいく作品を多くは思いだせない。

職業的倫理は一先ず脇に置いておくとして。
「危機的状況に性的な興奮を感じてしまう」人種にとって刑事は天職ですよね。この浮島の厄介な嗜好を読み手に伝える導入部分がいい。
本作の濡れ場で何度か描かれるほぼ全裸に靴下って、どこか間抜けで頼りなくて私は好みではないんですけど浮島にかぎっては、そこがエロい。性急さ(いろいろな意味での)を物語っていてむしろそれがいい。
あと真壁に特に言えることですが、セリフの言葉選びのセンスが光ってます。いかにもこんな下衆いこと言いそうだもん。読んでいてゾクゾクします。
でも5話の終盤『お前なら信用できる』のコマの真壁は最高にイイ男。
発売からしばらく経っている作品ですが、ネタバレなしで読まれることをオススメします。

1

絵も話も見応えガッツリ

刑事ドラマとしての硬派然とした浮島が、だんだんコメディに見えてくる程Hシーンとのギャップがあって面白い。真壁の怖い印象がリアルで、キツい吊り目がかっこいい。1ページ目のロシアンルーレットから話の流れが勢いがあり、テレビドラマを見てるようでがっつりBLコミックになってるのが見事。

1

エロい!かっこいい!読みやすい!

受けがかっこいいのに可愛い
表情がうまくてたまらんです!

話は1冊なのにすごいまとまってて読みやすいです。

3

漢らしい!

REVERSEってリバの事ではなかったんですね。
勝手にそうだったらいいなと思ってしまってすみません。
ゆいつさんのお描きになるずっしりとした質量の体格とエロ、
これでもかと見せていただけて満腹です。
基本的に無理矢理は好ましくなく、甘い愛のあるHがよいのですが
浮島刑事がめちゃくちゃイイ顔で感じているので嫌な気持ちにはなりませんでした。
しかも多少強引に抱いても頑丈そうというか…。
語弊がありそうですけどそういう方が好きなドMでしょうし
正義感の強い刑事さんなのでどこか安心出来るような。
真壁が相当うさんくさい感じでしたが
なるほどそうきましたか~という設定で意外性が楽しかったです。
浮島に対しては嘘が無かったのも高ポイント。
萌×2寄りの萌です。

2

糖度低め、スパイシーな男のドラマ

刑事モノということで気になっていた本作。
甘い少女漫画のような作品と交互に読みたくなるんですよね。
甘いものの後はしょっぱいものが欲しくなる。
こちらの作品はハードボイルドな雰囲気で、しょっぱいというよりピリッとスパイシーな男たちの物語でした。

正直言うと、前半はなかなか入り込めなかったんです。
スリルを感じたときに性的興奮をする受けの刑事が謎のチンピラ風男に荒々しく抱かれる関係となり、気付けば会う度にセックスしてる…みたいな感じで。
事件もわりと淡々と描かれている印象。

ところが後半、事件が真相へと動き出し真壁の正体も見えてきた頃から、急にキャラクターが魅力的に映り始めたんです。
特に攻めの真壁がカッコいい!
男らしい肉体美に甘さのない雰囲気。
とても素敵でした。

事件の方はやや展開が読めてしまったのですが、淡々と描かれていた前半とは違い、ラストに向けては動きがありテンポよくまとめられていたように思います。

糖度低めの男のドラマがお好きな方にはオススメです(^-^)

3

ガツガツのゴリゴリ

ゆいつ先生初読み。とても絵柄が良くて好みです。
内容は警察・刑事もの。
主人公は刑事の浮島。危険な事や極限状態的な事に昂りを感じ、犯人を取り押さえた後などは興奮がなかなかおさまらない。
その日もそんな状態で、そんな時怪我をした男を見つけて、通報してあげようとしたが拒まれたのでホテル?に連れて行くが…
…という冒頭。
勃ってしまった事に気付かれ、ガツガツのゴリゴリにヤられます。
その相手の男・真壁は、偶然追っている事件の関係者で…と続きますが、写真を撮られて脅される?と思いきや、浮島の方も情報を引き出して利用してやる、という感じで、弱みを握られつつも非常に対等な感じです。
体つきも、攻めも受けも非常にしっかりとした筋肉。男同士ー!という感じで、H描写も甘さがあまり無い。それでいてちゃんと需要と供給?というか浮島の願望を真壁が実現しているという流れがわかるようなセックスが描かれていると感じました。
ここからちょっと事件内容に関するネタバレ強めですので、未読の方ご注意。



事件の被害者の方の担当刑事・西原が登場した時、真壁にとても似ていて、これは西原が怪しいとわかってしまった。そうすると汚職系?とか、ならば真壁の立ち位置は?と芋づる式にわかっちゃった。とはいえ、警察モノとしてのサスペンス的なドラマ性は損なわれず、期待を裏切らない面白さだったと思います。
Hシーンは最後まで激しめ。
しかしながら、逆にラストシーンは名前呼びでテレテレの浮島への甘いキスで締める。ニクいですね。

6

攻めがどストライク

正体不明俺様攻め×生真面目M受け。

ストーリーは折角のハードボイルド刑事もの、もう少し作り込んでもよかったんじゃないかなと思うけれどあくまでBLだからこんなもんなんかなー。
後書きによれば囮捜査する刑事とあるけれど潜入捜査って麻取じゃあるまいしよかったんだっけ??とか色々わからなくてぐるぐるしちゃった。
でもまぁその辺りの物足りなさを補ってあまるくらい個人的には攻めの真壁がどストライク過ぎました!
長身ガチムチ冷徹そうな見た目で高圧的、見た目通り強引な俺様攻め…
でいながら実は情が深いとかギャップ萌えがはんぱない。
後半、Hの最中も明らかに受けに対して気持ち入ってたし番外編でデレたのにはキュン死するかと思った。かわいい…
ゆいつ先生の青年誌風の作画で攻め受け共にしっかり男って感じで良かったです。

3

がっちり系の男と男のあれそれ。刑事モノストーリと濃厚エロス満載です

正体不明のチンピラ(……?)やや加虐指向持ちの真壁×危機的状況に陥ると性的興奮を覚えてしまう体躯のいいお人好し刑事の浮島。

艶のある絵柄がとても印象的でした。クソ真面目な浮島がガッツリバックリ、柄の悪い真壁に食われちゃいつつ、刑事の捜査で関わり続けなければならない状況が続く……みたいなストーリーです。
絡みがかなり濃厚で、かつ絵柄もかなり艶っぽいのでエロ度合いはかなり高いです。
私が一番燃えたのはめちゃくちゃネタバレになってしまうので言いづらいんですが。。。
真壁は完全にみたままのひとだと思ってたので、どう決着をつけるのかと思いながら読んでいたら、最後にああそういうことか!!とストンと来ました。

終わり方いいんですけど!!いいんですけど!!願わくばもう少しご褒美(いちゃいちゃ)欲しかったなー!!笑

2

紙書籍の尊さ

クールイケメン×お人好しのカップル描かせたら天下一品ですねー。
前作の「バカな犬ほど~」もめちゃ好みのカプでしたが、
今回も最高に萌えるふたりでした。

表紙の雰囲気からもっとシリアスなストーリー展開を想像してたのに、
グロい暴力シーンとかなくて実に読みやすい内容でした。
その分二人の絡みがエロいことエロいこと。
刑事ドラマにこんな絡みがあったら良いのに!な腐女子の夢をこの作品でやってくれてます。

前半はクールにオラオラ攻めまくる真壁、特に第1話の言葉責めがかっこ良い。
ドMじゃないのにしびれました。浮島は、道端ですごい良い拾いものが出来て幸運です。
後半になるにつれて真壁の紳士的な面が顔を出し始めると、強引に抱いてもらえなくなって、真壁不足で悶々してしまう浮島の可愛いこと。真壁といると火照りっぱなしです。

ビッチとは一味違う、くそ真面目な浮島がむっつりどスケベなことが浮き彫りにされて行く展開で、非常に微笑ましいです。
ドMの無言の欲しがりっぷりを1冊丸々でご堪能ください。

8

がっしりした絵柄で迫力あるエロ!大満足です。

絵がものすごく上手で、エロくて、話も伏線があったりどんでん返しがある濃厚なストーリーで最高でした。
ボーイズラブというよりは、刑事モノミステリの中にBLがある感じ。
画力がすごいのでエッチシーンが大迫力。でもただエロいだけじゃなく、お話もキャラもしっかりしているので読みごたえがありました。
普通の青年誌でも連載できそうな、雄々しい絵柄ですね。

攻めの真壁さんがめちゃくちゃかっこいい。
吊り目でS、筋肉質、ピアス多い、そしてミステリアス。
最後、受けを真正面から抱えてベッドまで運ぶシーンがすごく好きです。力持ち♡
受けの浮島さんも正義感が強くて、Mで、真面目でかわいいです。
どちらも男らしくて好きです。

最初の出会いから初エッチまでの流れが早いw
半ばレイプに近い形ですが、Mな浮島は捜査のために抱かれるようになり…。
目隠しプレイが萌えました♡

そこで終わるのか~~。この二人の今後はどうなるんだろう。
本気で続きが見たい。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う