「パブリックスクール-八年後の王と小鳥-」電子限定書き下ろしSS「王と小鳥のバレンタイン」

public school

「パブリックスクール-八年後の王と小鳥-」電子限定書き下ろしSS「王と小鳥のバレンタイン」
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

75

レビュー数
1
得点
10
評価数
2
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
イラスト
 
媒体
GOODS
出版社
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
電子限定書き下ろしSS「王と小鳥のバレンタイン」

商品説明

電子限定書き下ろしSS「王と小鳥のバレンタイン」
明日はバレンタインだというのに、「明日は仕事で遅くなる。」と言うエド。礼は思わずしょんぼりするのだけど……

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

バレンタインにふさわしい糖度100%の番外編です

電子限定特典の書き下ろしSSです。

バレンタイン当日だというのに、いまだエドに何を贈るのか決まらず悩む礼はジョナスに相談します。
「大事なのは愛情だし、エドなら礼からもらえるものならなんでも喜ぶんじゃない?それにエドのことだから礼からもらうことよりも、自分があげることで頭がいっぱいのはず。きっと張り切ってるんじゃない?」と言うジョナス。

実は礼も最初はそう思っていたのですが、昨夜突然「明日は仕事で遅くなる。」と言いだしたエド。
バレンタインのことなんかすっかり忘れている様子に、「明日はバレンタインだけど」……とは言い出せなかった礼。

とりあえずカードは用意し、花束を抱えてトボトボ帰宅すると、真っ暗なはずのフラットのエドの部屋に灯りがついていて、おまけに閉めたはずの鍵も開いていて、まさか、空き巣?!と緊張しながら扉を開けると、そこには小さなカードが添えられた一輪の赤いバラが。


ここから超〜ロマンティックな演出たっぷりなんですよ〜!
バラの花には赤くて細いリボンが結ばれていて、それが長く長く部屋の奥まで続いていて……バラの次はラベンダーとまたしても一言を添えたカード。
そしてまだ続くリボンの先には、バレンタインとエドと礼の二人にまつわる品々が愛のこもった一言とともに置かれていて、最終ゴールはベッドの上の「Open me」というタグ付きの大きなバラの花束。
(バラのトゲは全部抜いてある!)

その花束の真ん中を開くと、玄関からずーっと続いていた赤いリボンとともにその先にはリングが!!!

そのリングの裏になんと刻印されていると思います?

あれですよ、あれ!


「key for my heart」


言葉にならない気持ちでいっぱいの礼の姿を、いつのまにか扉口で、悪戯が成功した子供のように嬉しそうに見つめているエド……。


思いもよらぬサプライズに対し、自分は花束とカードしか用意できなかったことを悔やむ礼ですが、カードは礼のお手製なんです。
礼に見立てたコマドリが、エドに見立てたゴシキヒワというバレンタインにちなんだ縁起の良い鳥にハートを差し出している絵を描いたのですが、俺だけにハートがたくさん集まっている、と指摘するエド。

その理由を礼は説明するのですが、その理由を聞いたエドは目を見開き息を止め、ため息混じりに苦笑し……完敗宣言をするんです。

これこそがエドが礼を愛してやまないところだなぁ……と。
(で、エドのそんな反応を見て、お約束のように見当違いの心配をする礼・笑)

そして「お前のサプライズは十三年越しか……」と言い、14歳の時の雪兎の話から始まり、「昔話をしよう」というエド。
礼を膝の中に抱きかかえて、13年前のクリスマスにもらったカードの話をするのです……!


もう甘い!!!!

チョコレートよりも甘くて糖度100%だと思う。
こんなデロ甘な二人を読めるとはねぇ!と、ある意味感無量になりますし、ご褒美みたいなSSでした。

5
PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ