白鶴組に、花嫁さんの恋返し。

hakutsurugumi ni hanayomesan no koigaeshi

白鶴組に、花嫁さんの恋返し。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1
平均
3 / 5
神率
0%
著者
高月紅葉 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
小路龍流 
媒体
BL小説
出版社
三交社
レーベル
ラルーナ文庫
発売日
価格
¥700(税抜)  ¥756(税込)
ISBN
9784815532086

あらすじ

白鶴組はテキ屋の元締め。幼稚園児の陸から八十歳のジジィまで総勢八人が共同生活を送る
『はぐれ者の集まり』だ。ひょんなことからそんな白鶴組に拾われた大学生のサトは、
紆余曲折の末、組長代理の武彦と結ばれ九人目の同居人となった。
今では陸の送り迎えから家事全般…とまさに一家の若妻さん。
だが男所帯ゆえ武彦とのエッチもままならないという悩みも…。
秋祭りの間近のそんな折、武彦が代目を継ぐ継がないで一悶着が…。

表題作白鶴組に、花嫁さんの恋返し。

岸本武彦・白鶴組組長代理
里見慎也・大学生

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

個性が溢れている

前巻で恋人になった2人が、互いのことを想うあまりすれ違いながらも甘い幸せを得ていく物語でした。
ヤクザとの違いが正直理解できてはいないのですが...出てくる脇キャラがとても魅力的で、とても楽しく読むことができました。
相変わらず陸くんが可愛いんです~癒しです。

ーーーーーーー感想とネタバレーーーーーーー

受けの慎也は性格が結構女性的で、表紙の色っぽい感じそのままだと思います。だからといって決してビッチというわけではないです。ただ、妙に男を惹きつけてしまうようでトラブルに巻き込まれたりしてしまいます。

攻めの武彦は白鶴組の組長代理として忙しくする日々。慎也を大事にしたい傷つけたくないと思うあまり、彼に対してうまく接する事ができなくなるよう。

2人の関係は、”慎也が記憶喪失前と後で性質に変化がある”ことと”いつまでも武彦が組長代理ではいられない”という2点が障害になってきます。お互いに少しずつ、自分のことをさらけ出していき、相手のことを知りながら同時に自分の過去も受け入れていく。じれじれ感とすれ違いにはらはらとしました。

関係性が発展していきながら終始2人は悶々としてまして...悩んでいる慎也は可愛かったです。
最後の濃厚なえっちは武彦の絶倫が発揮されまして、ま~濃厚で長かったです。体位が何回も変わりながら可愛がられる慎也のなんと色っぽいこと...武彦も格好よかったです。

個人的に好きなのは、最年少の陸が2人を見ながら「なかよししてた?」と子どもながらに邪魔だったかなあと気を使うところ...たまらなく可愛いです。続編でさらに3人の親子感が高まったのではないかと思っています。

前作よりも2人の気持ちに寄り添った描写が多く、恋と愛に触れることができました。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ