オレの体…どうなっちゃったの!?

今日からΩになりました。

kyou kara omega ni narimashita

今日からΩになりました。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×29
  • 萌22
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
9
得点
138
評価数
39
平均
3.6 / 5
神率
17.9%
著者
舞木サチ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(メディアファクトリー)
レーベル
フルールコミックス
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784040654294

あらすじ

スペックが高いαの幼馴染×βだと思っていたら実はΩだった大学生

平凡なβの奏は、隣の家に住む幼馴染の宗近が好きだった。けれど、宗近は優秀なα。だから自分とは不釣り合いだと思い、気持ちはこっそり自分の中に仕舞っていた。しかしある日、奏の体に異変が。病院で検査すると実はΩだったことが分かって――…!?

舞木サチが送る、ほのぼので胸きゅんなオメガバース・ラブ★

表題作今日からΩになりました。

木津 宗近(α・大学生)
椎葉 奏(Ω・大学生)

その他の収録作品

  • 番になったそのあとで(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下おまけマンガ「恋人」

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数9

ちょっとだけ焦れったい、ほのぼのオメガバース。

ちるちるの作家インタビューが全て。
そのものズバリ。両片想いのほのぼのオメガバースです。

幼馴染で、いかにもαでカッコいい、優秀な宗近。
そんな宗近に憧れる、奏。
側から見てると、宗近の奏への構いっぷりは、執着愛に他ならないんだけど。
言葉にして伝えて無いばかりに、奏には伝わっていない。
どころか、突然の誤診により、実はΩだと判明して、奏は慌てる。
親切な宗近は、好きでも無い自分の相手(処理)をしてくれているだけで。
自分を好きになってくれたわけでは無いと。卑屈。とにかく卑屈なのだ。
しかも二人の親同士が祝福するほのぼのした環境なのに。
宗近は宗近で、奏は、本能でαを求めているだけだから、落ち着くまで番いになろうと
求めてはならない、などと妙な自制をする。
その様子を見て、「宗近は、オレなんかと番いになりたく無いんだ‼︎」と、ショックを受ける奏。
言葉少ない為にドンドンすれ違って行く。
拗れてるとも言う。
結局、奏が他のαに襲われそうになって、ようやく。
ちゃんと告白する宗近。やれやれ。

謎に波多野先輩が、やはりΩで、発情期の苦しみを紛らわせる為にαを求めて、宗近に近付く当て馬かと思いきや。ただの親切な先輩っていう。
しかし、波多野先輩を尋常じゃ無く心配している保健医の安里先生が居るので。
こっちはこっちで始まりそうな予感。

子供の時から、βだと思っていた奏とずっと一緒にいるにはどうしたらいいか?
なんて、ずっと想い続けて来た、執着攻めなんだから、
奏がΩと分かって、もっと有頂天になってくれても良かったのになぁって、思いました。
描き下ろしは、宗近がペアリングならぬ「番いリング」を買う、めちゃ甘な後日談。
奏を溺愛してる様子はもっと見たかったです♡

4

読後、気持ちがほっこりします

可愛い表紙で思わずジャケ買い。

タイトル通りのお話。

主人公は奏。
今までβだと思って生きてきたのに、ある日突然変異でΩに転生してしまった。

奏は幼馴染の宗近のことが好き。
αの宗近は、イケメンで、なんでも完ぺきにこなすことが出来るハイスペック男子。彼らの母親のアドバイスがきっかけとなり、番になることになる二人だけれど―。

どんくさい自分と完璧男子の宗近。
奏は自分がΩになったことに戸惑いを感じつつも、それでも宗近と番になるチャンスを嬉しく思う。でも、宗近にとって自分はどんな存在なのか。

そんな奏の恋心をベースに描いた作品です。

オメガバースものにしてはちょっと珍しく、と言って良いのか、とにかくほのぼのな展開。
オメガバースものにありがちなドロドロな展開とか、エロに振り切った作品ではありません。

奏が発情期に入った時でも、宗近は冷静さを失うことはほぼなし。

それはひとえに、宗近が奏をずっと一途に想い続けてきたから。

王道の両片想いのストーリーで、お互いに自分のことよりも相手を想うがゆえにすれ違う彼らに、お約束とわかっていても萌えが滾りました。

が、それゆえに、「オメガバースもの」と思って読むとちょっと肩透かしを食う作品かもしれません。「オメガバース」というバックボーンはあるものの、この作品はそこまでオメガバース色満載な作品ではありません。ドロッドロのオメガバースものを好まれる方にはちょっと物足りないかな。

が、この二人を取り巻く周囲の人たちが凄く優しく、そして温かく、読後ほっこりした気持ちになりました。

宗近×奏の先輩にあたる波多野くんという青年が登場しますが、この男の子がもっと腹黒い子だったら一波乱あって面白かったかも。でも、彼がひたすら「良い人」だった故に、この作品はほのぼのオメガバースもの、になったんだろうな。

波多野くんと保健医の安里先生の恋の行方も気になります。スピンオフ出ないかな。

優しいオメガバースものを読みたい方や、ほのぼのな作品が読みたい方には超お勧めな、非常に可愛らしいお話でした。

2

言葉足らずな両片想い

フフッ。。。可愛かった。


第二次診断でβと誤診された奏が、幼馴染の宗近(α)と番になれなくても友達として傍にいられればいいと気持ちを諦めていたのに、突然自分がΩだと分かり少し浮かれ気味になるのが可愛かったですねー!!

でも、お互いを想うが故に「自分は番になりたいけど、相手が本当に望んでいないなら番は諦める」とかいう何とも優しい性格でこじれるこじれる・・・・・・・
超じれったかったですねー(悶)
同じ境遇の先輩の喝に、思わずウンウンッ!と頷きたくなりました!

可愛い二人にホッコリ癒されました!

1

優しいオメガバース

個人的な見解(思い込み)で、オメガバースというと、ドロドロしてる、ひたすら悲しい、激しいエロ…というイメージでした。が、この作品は違いました。皆様のレビューにもある通り、ほのぼのしてます。登場人物も、物語の展開も優しい。
湊くんと宗近はずっと両思いで、ただその伝え方などが上手くいかず、少し回り道してしまう、そんなお話に感じました。どちらも相手のことをすごく考えているんですよね。特に湊くんのひたむきさが印象的でした。Ωになって宗近と結ばれて良かったね、という、珍しい?着地点で、あたたかい気持ちになれました。

0

穏やかな幼なじみオメガバース

家が隣同士で生まれた時から一緒にいる
幼なじみのふたり。
優秀なαで文武両道な宗近と
元βで遅発性Ωの愛されキャラな奏。

両想いなのにふたりとも気持ちを内に秘めていて
お互いを思い遣るがあまりにすれ違って。

奏に長年想いを寄せて、βでもΩでも奏のそばにいると
いう覚悟を決めている宗近、かっこよかったですが
奏に伝わるまでが、すごくじれったかった〜。
言葉にする、行動を起こすって難しい時もあるけれど、
本当に大切だなあとしみじみ…。

波多野先輩も安里先生もふたりの背中を押してくれたり
見守ってくれてめちゃくちゃいい人達…。

とにかく終始どこまでも穏やかで少しせつなくて
優しいお話でした。

この先も奏を甘やかす天才の宗近がとことん構いまくって
ラブラブで過ごしていくんでしょうね♡
奏は構いたくなるかわいさだから仕方ない。

奏のメールのアイコンもかわいくてちょっと
ツボでした(笑)

0

両片思い

オメガバースで両片思い。ほのぼの可愛い2人でした。

主人公の奏は、ぽやぽやボケボケしてるβ。幼馴染の宗近は、なんでもできる優秀なα。昔から宗近に想いを寄せてて、宗近も奏のことをなんだかんだと構っている仲。ある日、奏が体調を崩し、病院でΩと診断される。お互いの両親から番になればいいと言われ、宗近も良いと言って、嬉しい奏だけど、宗近からある日よく考えろと言われてしまい…。
お互いがお互いに遠慮し合う両片思いです。恋人未満の2人も甘くてラブラブで非常に可愛い。両片思いのモダモダも十分に楽しめます。嫌な人も出てきません。安心して読める一冊です。オメガバース初心者の方でも楽しめると思います。

0

平和なオメガバース。

オメガバース、大好物!
オメガバースものとみれば片っ端から読みたい!と抑え切れない衝動にかられますが、それでも取りあえず基本α×Ω設定と好きそうな絵かどうかは選びます!です。
選んだ結果‥。
甘い‥
なんて可愛らしく胸キュンなお話なんでしょう。
少女マンガのような綺麗な絵で、攻はイケメンで、カッコ良く!眼福。
受けの男の子も一途で可愛らしく、とて好みでした!
という事で絵はとっても満足でした。
ストーリーも可愛らしい恋愛ものです。
両思いなのに肝心な事言わないから、お互いの気持ちが分からずお互いを思うあまりに拗らせるという‥
恋愛ものによくあるストーリーではありますが、オメガバース設定を基盤にし、ちゃんとオメガバースとして楽しめる作品でした。
何にしても2人の親が軽い!
こんなノリでいいのか!ってくらい受君の外堀を埋めちゃいます!
まぁ、多分この世界はあまり種の格差や偏見がないんだなっと。

とにかく、明るい健全な?オメガバースです。
初めて読む方にぴったりかと!っと思ったのですが、待てよ‥。
オメガバースってこんなもんじゃありません‥。
現代社会でも男女差別は今だ解決出来ない問題、そこへ更に種別が増え、もう理解しきれない中での人間模様がドロッドロのくっちゃくちゃ‥なんて話が根本だと思うのですよ。

なので、逆にひと通りオメガバースを読んで知っている人が、ああ、こんな明るい世界もあるんだな〰っと読んでホッする作品ではないかな。

主人公の2人よりやたら絡んでくる保険医と先輩が、オメガバースの難しさを醸し出しています。
そっちの方が気になる!って人が多いかも。

0

最近のオメガバース?

こちらもあっさり風味のオメガバースでした。今までのドギツイ世界観に疲れた人にも安心して読めるのではないでしょうか?
当て馬も居ないし、αの宗近が一途なので好感があります。途中、両片思いがじれったいですが可愛いもんです。
奏と宗近の家同士が良好な関係で、奏がΩだとわかってからは親の方が積極的でした。
普通の一般家庭同士だったからでしょうか?
平和なオメガバースの世界観でした。
当て馬や絡んで来る女子が苦手な方にオススメな作品だと思いました。
ただ半つきしたら忘れそうなくらいにあっさりしてます。

0

表紙が期待を裏切らない、可愛いオメガバースv

オメガバースものにしては(いい意味で)毒気がなく、
安心して読める一冊!
どろどろしない、ほのぼのオメガバースv

最初から番いになる二人は決まっていて、
周りも暖かく見守っていてくれるのに、
お互いの気持ちだけが置いてけぼり。
そんな二人が本当の番いになるまでのお話でありますが、
周りが皆いい人で、最初から最後までほんわかですv

特に大きな事件が起こるわけでもないのですが、
二人の気持ちのすれ違いがもどかしい!
両片思いのストレート!

そんな二人をさりげなくフォローしてくれる、
保険医の安里先生と波多野先輩の展開も気になります!
こっちの二人の方が色々ありそうv

とにかく読後がほんわかでほっこりという、
ほわほわな一冊でありました。

強いて言うなら、絵に個性の欲しいところ!
でも、このお話には舞木さんのこのタッチがベストマッチかなv

評価的には、
安里先生と波多野先輩のスピンオフを期待しつつ「萌×1」!

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ