キリヱさんのマイページ

レビューした作品

女性キリヱさん

レビュー数0

ポイント数46

今年度124位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

時代劇好きにおススメ!!

本当に上手いですよね。
画面に見惚れてしまいました。
大好きな時代劇の空気がちゃんと流れてるという。
アクションシーンも素晴らしい!
しかもこの厚み!

全てが神レベルなんですが、何故評価が神ではないかというと、肝心のラブ方面が源平の時から少し思いましたが、作者さんとは合わないのかもしれません。
もう少し情緒がほしいような。
ただそこまで描くと、ページ足りなくなるのかもしれないですが、多分要因はページよりは感性の違いかもです。

おりうさんが出来過ぎた嫁……妾で泣けました。

心中エンドでも受け入れられましたが、ハッピーエンドでよかった!!!

こういう作品待ってました!

あらすじを何かで見かけて「え!?アーミッシュ!?」と食いついて初回だけ雑誌で買いました。
これは好みだと思いつつも、雑誌を買う習慣がないので気づいたらコミックス発売。
しかも、この分厚さ!!
好きなネタにじっくり読ませるお話。
もう最高です!
何を書いてもネタバレになりそうなので、アーミッシュというネタが好きな方には全力でオススメです。
BLでは初めて見ました。

作者さんがおっしゃっていた通り、地味にじわじわくる単館系映画のようなお話でした。
ただ「誰も観ない」ではなくて、口コミで広まっていく系統の良作です。

二人の未来には光だけではないと思いますが、幸あれと願うばかりです。

前作も既読ですが。

作家ものが本当に大好きなので前作も既読ですが、正直前作は微妙でした。
気持ちがそこにあるかもしれないですが、自分が攻めだったらここまで嘘つかれて馬鹿にされていたら無理だなあと思ってしまいまして。

その記憶はあれど、装丁のお遊びがたまらなかったのでコミックスで欲しくて購入。
こういう装丁楽しいですね。素敵。

内容も前作よりも小説を読んでいるようでたまらなかったです。
この二人がもうどうにもならないのがわかっていて、逆にそれが切なくていい感じでした。
続編ではあれど、全く後から足しましたという感じがなく、個人的にはこっちが本編では?と思えそうなほどしっかりした内容で。
すみません、完全に前作が霞みました。
本当は神評価ですが、前作に続くと思うと少しマイナスで。

まあ、実らない方が結果的には良かったのかもですが。

SMごっこ コミック

三井椿 

SMとは?

「めっさえろいよー!」と勧められて、購入。
電子で購入しましたが、後で電子での販売がなくなっておりました。
何かあったんでしょうか?

内容は、えろいです(笑)
SM自体は好きなので少し期待しておりましたが、申し訳ないけれど私は萌えませんでした。
何かプレイがお店みたいで。
やってる事は本格的SMかもしれないですが、感情がついていっていない気がします。
そもそもノンケ(?)を調教というのも好きではないのですが。

一時期、本気でSMについて色々考えていた時期があったせいかもしれないですが、
SMを描くならプレイの先にあるものが重要な気がします。
O嬢的な。

ああ、でも「ごっこ」なんですよね。
だったらタイトル通りかもです。
惜しい!

絵も綺麗だし、神評価でもいいのですが…………。

表紙で、これはきっと好みのはず!と購入。
当たりでした!
受さんがとても好みです。
ずっと攻に執着し続けてる美人受とかたまらんです。
話も表紙から受ける印象ほど暗くもなく、当て馬は何か微妙でしたけど、頑張られても困るのでほどほどでよろしいかと。
絵も綺麗だし、神評価でもいいのですが…………奴がいたので。
友人、怖くないですか?
すごい怖くて、話の半分くらい持ってかれてしまいました。
笑ってこんな事できる愛妻家って、すごいサイコパスっぽくてダメでした。嫁、逃げて!
ここさえなければ、満点なのですけれど。

惜しい!

嫁とくっついた方が幸せかもしれない。

時代は大好き、雰囲気もたまらん。
使用人×当主!ばっちこい!
と思って読んでいたのですが、
嫌いじゃないのですけれども何とももやもやしておりました。
それが3巻で「ああ、やっぱり」という感じで外れていってしまったような。

普通、受でも攻でも嫁がいたら話の都合上邪魔なことが多いじゃないですか。
この話だと、蚊帳の外の嫁が、心底蚊帳の外で良かったし、受は攻よりも嫁を選んだ方が100倍くらい幸せになれる気がします。
過剰な執着攻は嫌いじゃないんですけれど、決定打が根性焼き。
あれはあかん。
跡を残したいって事なんでしょうけれど、あのシーンでドッと冷めてしまいました。
大切なんじゃなかったの?

多分、最後まで読むとは思うのですが…………蔵の中の子の方を応援します。

あ、逆だった。

電子書籍サイトで、気になって購入。
絵は綺麗だし、漫画も上手い方ですね。
新人さんとはいえ、二次の大手さんっぽいので描き慣れていらっしゃいます。
綺麗なお兄さんに一目惚れのノンケくんに、可愛いうさぎ!(すみません、うさぎ大好きなので)
浮かれて購入したのですが、あらすじを確認しなかった自分が馬鹿でした。

年下攻めかと思ったら、逆でした。(とほほ)※自己責任

ちるちるさんで確認すべきでしたね。
普通に面白かったのですが、最大萌えポイントが欠落してしまったのでそこそこの読後感でした。
綺麗なお兄さん狭が好きな方にはオススメです。

ツンデレ好きにはおすすめかも。

昔に読んだのでとっくにレビュー書いたものだと思っていたら、書いてませんでした。
新刊読むために読み返してみました。

あー、こういう話だった。
読み返してもまた同じような感想でした。
私、ツンデレって不得手なのですよ。
筧くんは最後までめんどかったですね。
ここに萌えるか萌えないかで評価が180度変わるかも。
私はどうもずっとつっかかってるのがダメでした。
素直じゃないのも可愛いんですけれども、こういう感じではないみたいですね。

当時も同居人に興味があったので、それを期待して新刊買いました。
結構彼の話がありそうで期待。

本作は本当、ツンデレ好きにはたまらないと思われます。
私は…………パスかな。

ああ、もふもふ。

表紙にいる何か丸きもふもふが気になって購入。
なんだろう、これ。
あらすじも何も知らないで購入しましたが、こ、これは!
健気なもふもふのもののけが、甲斐甲斐しくご主人様に尽くすお話でした。
けだまの可愛さが半端ないです。
動物を飼ったことがある方には、たまらないお話なのではないでしょうか。
最後のほうは、もう涙が止まりませんでした。

ちょこっとだけ、これはBLではなくて女の子でも良かったのでは?とか、絵は綺麗なんですが人間の姿よりも困り眉のもふもふのほうが好きだったりとかありますが、ほっこりするお話でした。
こういうBL、いいですねえ。

素晴らしい!

まず、表紙の美しさとタイトルの秀逸さ。本当、素晴らしいですね。
表紙から、内表紙、表題作の表紙までの流れも美しい。

好きな作家さんなんですが、一作ありえないくらい大ハズレがあるのでいつもビクビクしながら買っています。しかしあれ以外ハズレはないので、あれが何かあっただけなんだろうか??(うーん)

短編集なのに、この読み応えさすがですね。
どれも良かったのですが、私は表題作が好きでたまらなくて!
もうおかしいくらい読み返してます。
人魚姫ネタもちゃんと仕事してるBLも、本当ツボで!
ここまで読ませてたったの32Pなんですよ。
素晴らしい。

ただ受けがずっと蚊帳の外なのは、可哀想だったかも。
この手のタイプは知らないままのほうがいいというのも分かりますが。

満足してはいるのですが、わがまま言えば表題作で一冊読みたかったです!