桓武天皇さんのマイページ

レビューした作品

女性桓武天皇さん

レビュー数0

ポイント数10

今年度861位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

エロいラブコメ

タフの挿絵でぼすこ先生のことを知り、購入しました。 エロい表情を描くのがとてもお上手な方だなぁと思います。この漫画もかなりエロいので、ぼすこ先生のエロ目的で購入しても十分満足できると思いました。
内容は、高校の時の先輩と偶然仕事で会い、そこから交流が始まるというようなお話です。先輩の榊は、伊月に再開した途端エロいことを仕掛けてきて...といったようなラブコメです。
付き合ってもないし、告白もしてないのにこのエロの量は凄いですね。しかも話も面白いし、何より伊月が可愛いです...。
鈍感天然受けが大好物な私にとっては伊月君はかなりタイプです。榊もそりゃ可愛がるでしょうね..,
後半には別カップルも少し出てきます。こちらは誘い受けのエロスがぶんぶん漂うカップルでした。でも、意外と攻めもアグレッシブで、受けがちょっと怖がっているところも可愛かったです。

ちなみに私は電子書籍hontoで購入しましたが、白抜きではなく紙媒体と同じ修正だったように思います。書店で買うのに抵抗のある方は、ぜひ電子書籍を購入してみてください。
どちらのカップルにせよ、まだ全然くっついてないので二巻が今から楽しみです。

読んだら和むよ!

書店でたまたま見かけたので購入してみました。以前、ちるちるの記事でドラマCD化されてると知り、一目置いていた作品でした。
読んでみての感想は、ひたすら平和な可愛いお話で、とりあえず癒されます!!
受けの旬君は、国民的スターでありながら、謙虚で内気、ネガティヴ思考の持ち主で、世話の焼ける可愛い男の子です。彼がネガティヴスパイラルにはまると、話がべらぼうに長くなり、支離滅裂になります。彼の可愛さに、ハイジ先生の絵がとてもマッチしていて良かったです。彼の吸い込まれそうに輝くつぶらな瞳と、綺麗なお顔がイメージ通りでした。
一方、そんなヘタレなスターに惚れたのが葛生さんです。旬君の健気さに完全にノックアウトされてました。旬君のネガティヴ思考にもめげず、長い長い励ましの言葉をかけてあげる葛生さんに拍手を送りたいです。笑

今回のお話で、印象に残っているのは旬君のマネージャーの樫原さんです。厳しい母親みたいに口うるさく旬君にあたりますが、彼を大事に思っていることもわかるし、いざという時は気を利かせくれるとってもいいツンデレ保護者さんでした。笑

肉食チャラ男攻め×天然健気美人馬鹿真面目受け

安西先生の本は、2冊目です。そういえばこの本、ちるちるのランキングで見たなーと思って買いました。
健気に同期のノンケのチャラ男である加賀谷を想う瀬戸。ひょんなことで女装男子だと勘違いされたことから、2人の交流が始まります。瀬戸は女装に全く興味がなく、加賀谷のためだけに努力します。
一方の加賀谷は、自分のために綺麗にしてくれている瀬戸に好意を抱き始めます。 そしてついに加賀谷は瀬戸のことを襲ってしまいます。
天然な瀬戸は加賀谷に好かれてることも知らずに、気持ち悪く思われたと勘違いします。彼の天然ネガティヴ思考には呆れます。自分の可愛さにも微塵も気づいていない。加賀谷はそんな彼に惚れたんでしょうね。
加賀谷の肉食ぶりのおかげで割と早い段階でくっつく2人。一冊の半分きたくらいで結ばれるって結構珍しい気もします。
個人的には、この2人のイチャラブが見たかったので嬉しいです。

瀬戸が女装したまま抱かれるシーンにはかなりグッときました。エロ倍増と言う感じで。加賀谷の攻めっぷりを見ると、かなりSですね。肉食でSって....瀬戸大変や...
天然な瀬戸がどこまでも可愛いです。ぜひいつまでも仲良くイチャコラしてて欲しいです。

エロいシーンが最高でした

タフ三巻目!これまでの話で一番面白かったです。この巻で、エロいこと沢山あって嬉しかったので、馬鹿になってエロいことの感想沢山書きたいと思います。笑
今回の事件は、無自覚ゲイが可愛すぎるシンゴをストーカーして誘拐した挙句、ペロペロするお話です。(説明があまりにもひどいww) 肝心な時に響がいないのはお約束。安心してください、ちゃんと助けにきます。
響と違う男にペロペロされても嫌悪感しか湧かないシンゴ。響に触られたらあんなに興奮するのに...これは一体どういうこと?! その気持ちを確かめるために、シンゴから響に抱いてくれと誘います。
これまで散々自制してきた響の理性はプチンと切れ....長いエッチシーン突入です。
響の乳首の攻め方がしつこすぎて面白いです。何より、シンゴがめちゃくちゃ感じまくってるのに興奮しました。こんなに感じちゃってもいいのかな、とか思ってるシンゴがめちゃくちゃ可愛かったです笑笑
初エッチの翌日、盛ってドエスになった響にシンゴがまだ痛いから...って弱々しく言うところも萌えました。響も反省します。
そして数日後、再びエッチ。 今度は騎乗位も挑戦。 挿絵がエロいです。感じてるシンゴの顔を食い入るように見る攻め顏の響もイケメンです。エッチに入る前、キスだけと約束するのですが、響がそれで満足するはずもなく。シンゴの身体を攻め始めた響にシンゴが、「しないって...言ったのに!!」て泣きながら感じてて、勃起しそうになりました。
その後の書き下ろしでは、中だしされたシンゴの中を綺麗にするという口実で、お風呂で響がシンゴを襲います。ここでの乳首プレイもかなりしつこいです。笑 掻き出される時に感じてしまうシンゴがめちゃくちゃエロいです。

4巻が楽しみでなりません。

高久先生の絵も美しいよ!

高久先生の絵に惹かれて購入しました。あと、帯の「一度だけでいい、この人が抱いてくれるならなんでもする。」というのを見て、これは大好物の健気受けちゃんかペロペロ〜と思って購入しました。笑 安西先生の本は実は初読みになります。
蓋を開けてみれば、この受け様未知也は、ろくでもない男に引っかかる寂しがりやの健気受けさんでした。そんな彼は、幼少期の親からのネグレクトを通して、自分で生き抜く力を身につけ、金の稼ぎ方を知っている金持ちでした。付き合っていた男に逃げられてもケロっとしてみせる未知也が切なかったです。
攻め様はノンケの素朴なサラリーマンの橋口。未知也の元彼に妻を寝取られたり、これまた可哀想な方。
お話は、2人が未知也の元彼、恭平の居場所を探しながら進んでいきますが、ぶっちゃけ2人ともどんどん恭平のことなんてどうでもよくなってきます。読者もしかり。笑
話の軸はあくまで2人の関係にあるので、決して追跡ミステリーではありません。
個人的には未知也がかなり恋愛達者で、エロいシーンが本当にびっくりするくらいエッチで....最高でした。笑 橋口が骨抜きになるのも仕方ないです。

古き良きって感じなのかしら

みなさんの評価があまりに高いので、どんな作品なんだとワクワクして購入しました。
実は購入する前に、タフ公式で100ページ試読しました。今ならたっぷり、変なところで終わることなく100ページ試読できるので、購入を迷ってる方は是非そちらで読んでみてください。大体どんな作風なのか掴めると思います。

カップリングとしては古き良きといったところでしょうか。高身長ハイスペックで支配的な攻め様と、美人すぎる外見のおかげでトラブルを呼び寄せるやんちゃな受けちゃん。 私はBLを読み始めたのもつい最近のひよっこなので分からないですが、昔からBLを読まれているお姉様方には懐かしい感じがするのではないかと思います。

攻めの響が警官、受けのシンゴがトラブルメーカーなだけあって、物語は事件をベースに進んでいきます。事件を解決しながら、2人の仲も変わっていき....といった感じです。一巻ではエロいシーンはほぼ無いですが、これからに期待です。笑笑

響のシンゴへの執着が凄いです。シンゴが天然バカなのもおいしいです。

最近、シリアスなBLをたくさん読んでいたので少しイージーな作風はとても楽しいです。シンゴが馬鹿なので、作風が常に明るいです。笑 毎月1冊ずつ刊行とは、待ちきれません。

何度も胸が切なくなるお話

個人的に凪良ゆうさんの作品の中で五本の指に入るくらい好きな作品です。時間をあけて何度も繰り返し読んでは萌えています。

内容としては、控えめな受けが優しい攻めによって心を開き、自分の過去から解放されていくというようなお話です。過去の恋人に、お前の愛は重いと言われたことで愛することに臆病になった受けの仁居。そんな彼を歯がゆく思いつつ、真剣に向き合う攻めの国立。国立にも実はトラウマがあり、彼も恋愛について悩みを抱えていました。そんな2人が付き合い、本当に分かり合うまでを描いたゆっくりとしたストーリーがとても美しかったです。
作品の視点は、大まかなまとまりごとに仁居→国立→仁居→国立と変わります。私は、交互に視点が変わる方が好きなのでこの構成は嬉しかったです。
いろんな素敵なシーンのある中、凄く印象深い場面があります。それは、国立が仁居の本当の姿を垣間見るシーンです。デートの後、やっぱりもう少し一緒にいたいと思った国立が仁居の家に引き返した時、真っ暗な部屋の窓際できつい酒を飲み、縮こまってる彼を発見します。仁居の周りに広がる、どうしようもなく重い孤独を初めて見た国立が、本当の彼について疑問に思うシーンでした。仁居の孤独がこちらにもひしひしと伝わり、とても印象的でした。好きな本でも、時間をあけて読んだら大まかなストーリーさえ忘れてしまうことがあるのですが、この本に至ってはこのシーンだけいつでも鮮明に思い出せます。それくらい胸にグッときたシーンでした。

良い意味で裏切られました 笑

表紙とタイトルから、黒髪の日本人が外国人のエロエロ大魔王の執事にされていやらしいことをされる小説だと思って購入しました。こんなどうしようもない私をお許しください.... エロエロスイッチを入れて読み進めたものの、まさかの内容の濃さに良い意味で裏切られました。

アンドロイド系のSFは、決まって自分の存在意義について模索するという場面があります。この小説も例外ではありません。ただ、独創的だと感じたのは、処女執事の作られ方です。処女執事は、アンドロイドではありません。彼らは歴とした人間であり、自らの意思により何にでもなれるのです。ここが、この物語の味噌になるポイントだと思います。

グダグダ真面目に語りましたが、もちろん濃厚なエッチシーンも楽しめます。攻めのサイがかなりサディスティックな行為を受けの己裕に要求するのが最高でした。
特に、シックスナインの体位でのエッチがかなり萌えました。笑笑

最後に。
最後、意味深に終わるのですが良い意味に解釈しても良いんですよね?サイが己裕の愛の言葉によって全てを思い出したと信じています... まあ、もし思い出してなかったとしても彼らは大丈夫な気がします。

期待以上!

いつもの月村先生お得意、健気幸薄受けちゃんのお話かと思ったら少し違っていて期待以上に面白かったです!
今回の主人公は、少し女装癖のある意地っ張りな可愛い受けちゃんでした。ツンになりきれない可愛い男の子です。
一方の攻め様は、そんな受けちゃんを可愛く思うイケメン君でした。受けの錬が逃げまくるので、お互い両思いなのになかなか結ばれませんでした。大学生の若々しい同級生カップルです。笑
当て馬として出てくるのが矢崎さんです。彼は、今回のお話でかなり印象的な人物でした。過去にあった恋愛から抜け出せない彼が、可哀想で仕方ありませんでした。ただの当て馬じゃないので、是非是非彼を主役にしたスピンオフを書いていただきたいです。そして幸せにしてあげてほしい...涙

物語は一貫して受けの錬視線で進みますが、特典のペーパーの方で少しだけ喬介視線を楽しめます。これを読めば、彼がいかに錬を大事にしてるか、どれだけ可愛いと思ってるかが分かります。攻め目線が大好きな私としては美味しい特典でした。


月村先生お好きな方なら絶対楽しめる作品だと思います。
ぜひ、読んでみてください。(そして先生、矢崎のスピンオフ。期待してます...笑笑)

鈍色ムジカ コミック

所ケメコ 

ライトなBL

設定や絵は素敵。
でも、お話はもう一捻りほしい!という感じです。

よく言えばライトなBL。でも、続編4巻くらいまで?出てるなら、もう少しゆっくり描いても良かったんじゃないかなぁと思います。ノンケの受けがサラッと抱かれてるのをみて、スゲ〜〜と思ってしまいました。

目が見えなく、相手が誰かわからないまま恋愛するという設定はとても好きです。この設定をもっと活かして欲しかったです。終盤にはもう誰かバレて、目の手術をして見えるようになってしまいます...もう少し引き伸ばして!!という感じが否めません。

続編は気が向いたら手に取ってみたいと思います。