よそみさんのマイページ

レビューした作品

女性よそみさん

レビュー数8

ポイント数81

今年度112位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

兄弟とボーイズラブ

電子書籍先行配信で買いました。

兄弟BLではなく、兄弟とボーイズラブの短編集でした。
全3組の兄弟はそれぞれ関係性が異なりますが、全員同性が恋愛対象で、その相手が兄弟だったり、別の人だったりします。
濃淡はともかく兄弟BLを期待して読むと「どうして~~~」という気持ちになってしまうので(単にわたしがそうなったというだけの話ですが)、ボーイズラブの中にいる様々な兄弟の話くらいに思って読んだ方が楽しめると思います。
登場するカップリングはどれも可愛いです。
好きになって、好きになられて、告白したり、失恋したり。
特にcase1の二人がめちゃくちゃ可愛かったので、その後の話が読みたいです。

志村貴子先生の書く片想いは、物分かりがよくて、過度にドラマチックな展開もなく、日常の中で静かに恋をして、恋をした以外は普通に時間が流れていくので、彼らのこの先も続いていくであろう日常をいくらでも見ていたくなります。
続刊も今から楽しみです。

優しくて可愛い話

表紙の可愛さに思わず購入しました。可愛い。

コミュ強で底なしに親切で良いやつな攻めと体質ゆえに友達があまりいなかった受けの二人が、受けの大学進学を機に出会い、一緒に色んなことを経験して惹かれあっていく、という割と王道なストーリーに加わる、受けの「狐に憑かれる体質」がすごく可愛く作用していて、ときどき入れ替わる狐の人格がめちゃくちゃに可愛かったです。
動物に好かれやすい体質の攻めが狐にも好かれたことで、受けの予期せぬタイミングで攻めに抱きついたりキスをしたりとやりたい放題でも、その狐が攻めのお願いに健気に応えてご褒美をねだる姿や、受けの身に起きたことを受けのかわりに攻めに教えてあげる場面の、受けでありながら本人じゃなく、人でもない無邪気さが本当に可愛くて……絶対に一生憑いていて欲しい……
攻めと受けの恋愛に関しては割とよくある展開ではあると思うので(誰にでも優しい攻めの優しさを勘違いしてしまいそうになって身を引こうとする受けとか)、そこに関してはそこまで趣味じゃなかったのですが、とにかく狐が可愛いの一言に尽きます。

そして、当て馬として出てくる攻めの友人、どう考えてもオタクが大好きなビジュアルと設定なので、絶対にスピンオフが読みたい。

エロを楽しむ本

芸能系のボーイズラブが読みたくて選びました。
初めて買った作者さんでしたが、絵がオシャレで可愛く、ちょっとくせのある少女漫画のような絵柄はすごく好きでした。

幼馴染の攻め2人とその2人のファンだった受けが、攻めのスカウトによって関係を持つようになることから始まる話でしたが、正直最初のセックスは「なんか薬でも盛られたんか?」と思うほど唐突でしたし、その後もいくら受けが攻めに好意を抱いていたとはいえこんな無抵抗に理由のないセックスをして良いのか?と心配になりました。

3人の関係におけるそれぞれの心情の変化は三者三様で面白かったですが、単行本1冊で3人分のあれこれを描くとやはりどうしてもどれも軽く感じてしまうなあと思いました。
特に受けの家庭環境の話は、あくまで過去の話でしかなく、現在その家族とどういう関係なのか、過去から現在にかけてどう変化したのかが描かれていない分、安っぽい設定に感じてしまいました。
それでもそれぞれが抱えていた傷を綺麗に3人で補い合っていて、3人の関係としては良いバランスなのかなとも思います。

えっちシーンはたくさんあるので、顔が良い男と顔が良い男と顔が良い男がラブラブハッピーにとろとろえっちしてるところをたくさん読みたい欲はかなり満たされました。

絵が綺麗

絵が綺麗という前評判で買って読んでみたらその通りでした。
絵が綺麗。

話は至ってよくある展開だったと思います。
見た目がチャラく、私生活もだらしなさそうな大学生の攻めと真面目で神経質そうな社会人受けが、重たい愛って迷惑?みたいな話をずっとしてます。
チャラそうに見えて実は一途な攻めもまあいる、重たい愛情を否定しながら本当は誰かときちんと愛情のやりとりがしたかった受けもまあいる、どっちも「(ボーイズラブの世界には)まあいるね」という感じです。
よくいる設定ではありますが、絵が綺麗で、攻めの顔もかっこいいので、顔がかっこいいっていいな~と思いながら読みました。
また、セックスの描写が二人の初セックスではなく、それらを終えた後の翌朝、受けの出社前に攻めが欲情して……という流れだったのもすごく良かったです。
遅刻しちゃうよ~って言いながらがつがつセックスしてんの、頭悪くて最高ですね。

壁が薄いアパート、って現実にもよくある悩みですが、さすがに壁越しに普通に会話が成立するアパートは家賃いくらで借りたんですか……?と心配になっちゃいました。セックスの声、正直全戸に響き渡っていてもおかしくないので、早く立派な建築士になって引っ越せたらいいね。

大人になる

切なげな表紙を裏切ることなく、受けの子の優しさに中盤からずっと泣いていました。

20歳で別れるという約束で付き合っていた二人が別れの瞬間を迎えてから、なぜそういう約束をすることになったのかを振り返る構成になっています。
『約束をする』ということがテーマになっている話ですが、とにかく受けの子がずーっと優しくて、その優しさが宙に浮きがちだった攻めを地上に繋ぎとめてくれたんだなと思いました。
ほとんど八つ当たりのようなことをされたり、時にはひどい言葉を投げられても、「自分が先にお前を傷付けていたんだ」なんて悲しんでくれる受けの心の美しさは思い出しただけでも泣いてしまいます。
攻めが大人びた子どもで、受けが子どもらしい子どもとして描かれていますが、結局攻めがずっと子どものまま身動きが取れなくなってしまっていたのに気付いて手を引いて、抱きしめてくれる受けの方がずっと大人に見えるのも良かったです。

二人の感情のバランスや距離感が徐々に変化していくのも、その変化に本人たちが気付く展開もなにもかもが良くて、好きなシーンを上げていくとキリがありませんが、最後、別れが近づいてきた時に、今までずっと受けが一方的に「一緒に行こう」と言うばかりだったのを初めて攻めがその言葉を受けに投げかけるところがもうたまらなくて、どこへでもついていくよと答えていた高校時代に別れを告げて、「行かない」と答える受けに涙が止まりませんでした。

物語も終わり方も本当にめちゃくちゃ良くて、良い以外の感情がないんですが、二人の名前にまつわるエピソードや「友達」の意味など、約束以外にもストーリーを通じて綺麗にまとめられていたと思います。
これから先何度でも大切に読み返したい1冊です。

読解力不足

pixivで序盤を読んでいたので、コミックスも買いました。

マスクの下を暴きたい性悪となんだかんだ流されやすいマスク男子のカップリングでしたが、全体の展開がわたしにはよく分からず、イマイチ入り込めませんでした。

テスト勉強を見てもらう見返りもはっきりと言葉では書かれておらず、結局これは……?どういう条件でこうなっているのか……?と思ってるうちに、受けが攻めへの恋心を自覚してしまい、いつ!?どこで!?!?好きになる要素あった!?!?!?と混乱するという、行間を読むのが苦手な人間には少し難しい話でした。

マスクをしている理由はなるほどな~と思いましたが、最終的に小林さんがめちゃくちゃ良い子でよかったな……という方に気持ちがいってしまい、受けがトラウマを乗り越えた(のかどうかもちょっとよくわからない)あたりがかなりぼやけた印象になりました。
ボーイズラブに出てくる女の子に肩入れするのはわたしの悪い癖なので、小学生から高校生までの時間の流れを考えればすごく自然な和解だったと思います。

全然違う理由でマスクをしているのに、結局隠してるところを順調に開発されて、敏感になってしまった受けは可愛かったので、受けが攻めを好きかもと思った瞬間をもう少し理解出来たらよかったと思ってしまいました。
精進します。

不死身の命日 コミック

虫歯 

分からなさがちょうどいい

よくいるスーパーハイスペック、何気ない言動でモテてモテて仕方ないけどどこか変な男が、尋常じゃなく身体が丈夫な男と出逢って恋をする話、どちらのキャラクターも理解の範疇を超えていて、最早宇宙人の恋愛を見ているような気分で楽しめました。

生まれてこの方血を流したことがなく、超高層ビルから飛び降りても無事という奇跡の身体を持った男が、身体が丈夫ゆえに死の想像がついてなかったところまでは、一般的な人間からしたらもう全然「分からない」感覚ですが、そこから風邪を引いて身体が動かなくなって「しぬのかも」って初めて死を実感するあたりはなんとなく理解出来る気がするし、その「しぬのかも」を乗り越えた結果として「死ぬのはつまらないから風邪に勝てたみたいに死にも勝ちたい」って思うのはやっぱり分からない。この分かると分からないの絶妙なバランスで、キャラへの愛しさが助長されたように思えます。
出逢う人やものやことを「おもしろい」か「つまらない」かでしか判断できなくて、おもしろいものしか覚えていられない男が、ド天然でハイスペを自覚し、それに群がる人の煩わしさを知っていながら、変にすれたところがなく真っ直ぐでちょっと変な男に惹かれていくのは、情緒の発芽を観察してるみたいで微笑ましく可愛らしかったです。

攻め様になりたい受け!という煽りですが、攻めであろうとする男に最初は「いいよ~」って感じだった受け予定の男が、初夜を迎えるまでのあれこれの間に積み重ねた相手への愛しさに「やっぱり抱かせて?」となって、攻めの予定だった男もそれを受け入れる話なので、自分を攻めだと思っている受けという印象で読み始めると期待とは違う展開に感じるのでは?と思いました。
あくまで平和的かつお互いにめちゃくちゃ愛情深く、自然な流れで当初予定していた攻め受けが逆転したなという感じです。

個人的には攻め様になりたい受けよりも、セックスの面白さってよくわかんないな~って言ってた男が最終的に能動的に受けを抱きたがるところまで変化する流れがすごく好きでした。

セックス中に挿入の圧迫感を軽減させようと大声でサザンを歌うのはマジで分からなさすぎてめちゃくちゃ笑った。

噛みしめたくなるお話

たまたま目に入ったので読んでみましたが、もっと早くに読みたかった......!とつい唸ってしまうほど、大好きな雰囲気の作品でした。

序盤から最後まで、ずっと受けがかっこいい。
こんなことある?ってくらいかっこよくて、くらくらしました。

誤解されやすい性格と行動でうまく友達づきあいが出来なかった高校時代から脱却したかった受けに、偶然とは言えなんでもないように手を差し伸べて、連れだしてくれたのは攻めだったし、そんな攻めに感謝して大事にして守ってくれたのは受け……
このバランスがすごくよくて、出逢えてよかったね……としみじみと思います。

受けの髪が地毛に戻るところも見てみたいですね。
絶対可愛いもんね。

この作家さんの漫画は初めて読みましたが、噛みしめたい台詞や「ここが最高なの!」と抜き出したいシーンが随所にあって、一度読み終えてもまたその場面に戻って良さに浸りたくなるのも心地よかったので、別の作品も読んでみようと思いました。

食べるということ

ただただ、フレンチのフルコースを前菜から食べて行く様子が丁寧に描写されているのを読んで、こんなに泣く日が来るとは思いませんでした。

食べることは生きることで、生きることは誰かの命をいただくこと。
ジビエが苦手な受けに、その肉や血を飲みこませて、それがお前の血や肉になるんだと言った攻めの食との向き合い方もすごく良かったし、最初はその攻めに「俺の前で食事を残すな」と言われて怒られるから無理やり飲みこむだけだった受けが、最後には「攻めのご飯で生きていきたい」と思えるまでに変わっていく過程が本当に素晴らしい作品でした……
美味しいを知らなかった受けが、無理やりじゃなく食事しながらそこに込められた作り手の意思に触れて涙を流すので、わたしも具合が悪くなるほど泣きました。

10年以上前の作品ですし、攻めの多少の横暴さや無理やりに近い性行為はご愛嬌かなと思います。
その後にめちゃくちゃ反省していて、自分に怯える受けに理不尽な憤りをぶつけることもありませんし、とにかく食事を食べたか、食べていないならと簡単な料理を作って食べさせてくれる愛に完敗です。

何年経っても、素晴らしい作品の素晴らしさは色あせませんし、今読めて良かったです。

なんだかんだ可愛い二人

攻めの「不器用」なんて単語じゃ片付かないレベルの会話の下手さにずっと笑いながら読んでいた気がします。
月村先生の話はそんなにたくさん読んだことがあるわけじゃないのですが、個人的には「秋霖高校第二寮」の2人みたいな、特に攻めは波多野のことをめちゃくちゃ思い出しました。

割と序盤から、この無愛想な攻めもめちゃくちゃ受けのこと好きなやつだわと思いながら読んでましたが、案の定、定番のカンチガイからのどうしてそうなるのか分からない告白、見事お付き合いまで進んですごく楽しかったです。
受けからの好意に気付いていて自分も好きだなと思っていて、受けの覚悟が決まるまで自分からは告白しないと考えていたあたりはまあ分かるけど、その間にも「将来的に受けは俺と結婚して名字を共にすることになる」と考えてるの普通にめちゃくちゃ怖いし、すごいなお前……と思ってしまうんですが、まあそこが攻めの可愛いところかなとも思うので……。
冗談みたいに引き抜きの話したと思ったら数日後には受けが住むアパート仮契約してたくらいだしね。

受けが「結構俺のこと好き?」って聞く度に、「当たり前のことをなに言ってんだ」って返すのが、そういうとこだよな、と悔しさを覚えながらも敗北を認めざるを得ない部分です。
顔よし、仕事の才能あり、行動力あり、なんだかんだで優しい上に、聞けば好意を否定しないどころか臆面もなく答えてくれるなら、そりゃ顔も赤くなる。

ただ、何度考えても、受けが可愛いことを言う→可愛い、なんか心がむずむずする→それがどうにも鬱陶しい→実際声に出して「うぜえ」と言う→受けの発言に対して「うぜえ」と言ってるように見える、というチャートはおかしいので、一度考え直して欲しい。
受けの優しさに甘えるな。