最新レビュー一覧

氷竜王と炎の退魔師 2 小説

犬飼のの  笠井あゆみ 

No Title

暴君竜シリーズ未読で慈雨ルカ(ルカ慈雨かなw?)読んでいます。
一巻でもピュアッピュアなハイスクール男子たちだったけど、二巻でも健在♡

慈雨がもう、ルカを好きで好きで早く付き合ってその先もしたくて…っていう姿がすごくかわいかった♡
新大阪行きの新幹線で食べ物どっちが好き?トークしているのもウンウンわかるわかるー!って思いながら楽しく読みました。

どっちがネコタチ案件は…
おお、な…

0

3月22日、花束を捧げよ (上) 小説

小中大豆  笠井あゆみ 

はよ下巻ーーー

先生買い。面白い。「え、ちょっと待って?」というところでぶった切られたので、待つのは苦手という方は今月末までお待ちになってくださいまし。王道設定なんだけど面白い&セツナイーーっ

同級生の光一を亡くしお別れの会に参加した海路。帰り道、光一と仲の良かった蓮が花を買い、橋の上に佇むのを見かけ…と続きます。

攻め受け未確定のため、全員について。
蓮:光一が大好き。ひっそり片想いしている。クラ…

3

嫌われ王子のおしおき婚~狼騎士の妻は丸ごと溺愛されています~ 小説

葵居ゆゆ  田中森よこた 

ちょっと評価に困った

嫌われ王子が大逆転を起こすお話だと勝手に期待していたんですが、まぁある意味大逆転だとは思うのですが、期待していたのとは大分違いました。そして私的には突っ込みところ満載でした。

シリルの母親である第二王妃はかなり問題があるというか毒親だと私は思うのですが、彼女がヴィロナス王国を嫌っていた理由も少なからず共感出来ました。

その理由がいくらシリルが悪いことをしたと言っても、まず王族であるシリ…

0

碧のかたみ 小説

尾上与一   

穴の空いた月

戦時下という特殊かつ過酷な現実の中で、懸命に今を生きる人々を描いた1945シリーズ。
今までに刊行された新装版で描かれていたどの人生も山あり谷ありのドラマティックさで心惹かれてやまないのだけれど、中でも全編攻めの六郎視点で語られる今作・碧のかたみの心理描写の細やかさが本当に素晴らしかった。
読んでいてなんだか胸がいっぱいになってしまいました。

小柄な容姿とは裏腹に、愛機を巧みに操り敵機を…

3

毒を喰らわば皿まで ~竜の子は竜~ 小説

十河  斎賀時人 

箱詰め

こちらの作品は最後まで読んだ時にタイトルの真意が分かってゾクッとするんです。もう最高でした。
あらすじにある通りヨルガが10年分の記憶を無くすのですが、その起点が今回の鍵となっておりました。

そして2人の息子であるジグルドに執着する者や、魔族の2人が登場してヨルガの記憶を取り戻す旅が面白くなって行くんですよ。
シリーズ通して、ミステリー要素もあり、今作は特に、ラストでタイトルの伏線が回収…

1

友達に求愛されてます 小説

桜木知沙子  佐倉ハイジ 

十年愛を追い求めて

桜木先生らしく、札幌が舞台のBL。

主人公は、段々活気がなくなってきている商店街の居酒屋2代目・涼真。
ある日、高校卒業後、東京で美容師になった同級生の迅が戻ってきて…
…と始まります。
迅は勤務する美容室の札幌店副店長としての帰郷。
涼真は単純に嬉しがるけれど、迅が思いがけない告白の爆弾投下!
ごく普通のノンケ・涼真には青天の霹靂だけど、笑い飛ばす事も怒って跳ね除ける事もできず、…

0

やさぐれ男、異世界で色悪騎士が愛する王子の身代わりとなる 小説

小中大豆  奈良千春 

とてもハラハラした

とても面白かった。
裏社会で悪いこともして自分第一にお金を儲けて生きてきた受け。最後は部下に刺されて終わりかと思いきや異世界に召喚される。受けを呼んだのは自分と瓜二つの病弱王子。王子を亡命させるために着いてきた家臣達の行く末を頼まれて、成り行きで王子に成り代わることに。

初めは王子達の事情なんて知ったこっちゃないって感じなのに、自分が異世界で生き残るために家臣達と協力しなきゃいけなくなって…

2

若葉さん家の箱入りオメガ 小説

市川紗弓  麻々原絵里依 

ルビーさん

麻々原先生おっかけで購入。ルビーさんらしいなあと感じたオメガ話で、めちゃ入れ込むキャラはいなかったので中立寄りの萌にしました。シンプルなオメガバースお好きな方でしたら良いのではと思う本編230P弱+あとがき。

小さなころに子役で舞台に立ったものの、オメガであることがわかり引退。なんとか成長して都内の私立大学に通うようになったものの、就職活動では何を目指せばいいのか分からないまま、オメガの児童…

1

錬金術師の最愛の悪魔 小説

宮緒葵  麻々原絵里依 

錬金術

麻々原先生おっかけで購入。雑誌掲載時に「いやあああ」と悶絶した続きが読めて嬉しかったですが、攻めの様子は前半の方が好きだったので萌にしました。雑誌掲載分140Pほど+その続き270Pほど?結構読み応えある厚みです。

暗殺者から自分をかばってくれたため、母親を亡くした第三王子のフレイ。自分を守ってくれるものが何もないので、錬金術で、強くいつまでも傍にいてくれるものを作ろうとし・・・と続きます。…

4

アイドル伝説 小説

和泉桂  木原音瀬  水壬楓子 

三者三様の贅沢

「アイドル×都市伝説」をテーマにしたアンソロジー。
Never Ending High Shool(通称ネバスク)という架空の7人組の男の子グループには、牡羊座生まれの3人から成る「アリエス」という名前のユニットが居て、事務所の先輩がやっている冠番組の1コーナー「都市伝説考察部」のレポートをしている、という設定。
そのアリエスの3人それぞれをメインに、3人の先生方が執筆した企画ものです。
読…

0
PAGE TOP