コミックランキング1位

囀る鳥は羽ばたかない(1)
BL新時代幕開けの囀りが聞こえる

「囀る鳥は羽ばたかない (1)」

ポイント:
2335pt
著  者:
ヨネダコウ
出 版 社 :
大洋図書
シリーズ:
H&C Comics ihr HertZシリーズ
発 売 日 :
2013/01/30

BLアワードに設けられた賞の3割をこの作品が独占するというBLアワード史上類を見ない異常事態。2013年のBL界に金字塔を打ち立てたのはヨネダコウ4年半ぶりの新作でした。ヤクザで淫乱ドMの矢代とインポの攻め百目鬼の組み合わせ、これまでのボーイズラブ作品の常識を覆す構成、キャラ、デザイン。すべてが衝撃的です。

ユーザーの声を紹介

問答無用で引きずり込まれる!

2013年 一番いろんな意味で濃い作品だった。まず表紙に惹かれ「これは間違いない」と思った。そして想像以上に深く心に残った作品だった。
トーキ。さん

BLの常識を覆す程の汚れ主人公に、まず衝撃を受けました。
Ninaさん

世界にのみこまれていく!
匿名さん

私の中のヤクザもののイメージを変えた
聖っとさん

BLを越えたBLだと思います。
じゃすみんてぃさん

囀る鳥は羽ばたかない(1)/ヨネダコウ/大洋図書

とにかく矢代が美しくも切なくて…こんなに「綺麗」という言葉が似合うキャラクターに初めて出会いました。読後の余韻も絶妙で、しばらく引きずってしまうほど世界観に引き込まれます。
匿名さん

記憶に残る。表紙のインパクトも強烈ながら、内容としては登場人物の心情を繊細に表現している点に物凄く引き込まれた。本編だけではなく、スピンオフと過去編も、本編を読む上でとても重要なつながりを持っている。
1冊読み終わると、心をぎゅっとつかまれた様な感情が沸き起こる。重たい題材をベースにしてるのに、主人公の軽快なしゃべり方や、性格もあっさりしていて、同情を誘うような物語でも決してないところが良い。
ラブ面がどうなっていくか、ありきたりな想像を許してくれない状態なのに、これからが非常に楽しみな作品だ。
匿名さん

ヤクザでありながら淫乱ドMの矢代様が神がかっております。普段はいい加減のようですが、心の奥底に秘められた矢代様のせつなさにやられました。読めば読むほど矢代様の魅力に引き込まれます。変態具合もたまらん!百目鬼もいい味だしてます。矢代に魅かれながらも救ってあげて!と本気で願ってしまいました。
Kさん

映画を観ているような

画面の白黒を越えたリアルなものを感じました。コンタクトケースを手に握り締め泣くシーンに涙しました。と同時に白黒のはずの画面から色が溢れてきました。矛盾する交錯した恋心をあんな風に抱くのはきっと矢代だけなんだと思います。
そしてその矢代の側に寄り添えるのも彼だけでありますように、と願わずにはおれませんでした。
kaysさん

映画を見ているような画力、無駄のないセリフ、世界観、読むたびに考えさせられ、考察したくなってしまうくらい夢中になります。ヨネダさん、おそるべしです。
yukishioさん

囀る鳥は羽ばたかない(1)/ヨネダコウ/大洋図書

作者の構図、光線の描き方は本当に優れている。映画館にいるような気にさせてくれる。だからといってオシャレでセンスだけ尖っているものとは違う気負いの無さが「マンガ」本来の娯楽性をあらためて思わせてくれる。
よこたさん

スピンオフから始まり、本編、そして過去編という物語構成が珍しく、絶妙なバランスで付き合う訳でもセックスする訳でもない二人なのに、こんなに二人の関係に夢中になれる作品なんて他にないです。
匿名さん

ダークな余韻に萌え浸る

強烈に心に残る作品でした。暗い世界をフラフラと歩き続けているような、登場人物の数々。 忘れられません
だんさん

「泣くなよ」 2巻の最終ページのセリフ。恐らく親にさえも、自分を心配してないてもらったことなんてない矢代が、自分の為に泣いてくれる人を目の当たりにして、どんな思いで百目鬼を見ていたんだろうって思うだけで、切なくなります。
DatoChikoさん

矢代が影山のコンタクトケースを握り締めて泣くシーン ほんの数ページ、セリフもほとんどなく淡々とした画面構成、なのに心を抉られるような切なさが詰まったシーンだと思います。『漂えど~』カラーページの窓から見える夕焼けの空も憎い演出。
匿名さん

私自身、セックス依存症だった過去があったので、正直当時を思い出して、読むのが辛いと思ったりもしました。でも、私にとってはセックス依存症はトラウマなのに矢代はセックスを自分探し、そして自分が結構好きという台詞に度肝を抜かれてしまいました。
私はセックス依存症のことを人に言うことは出来なかったですし、自分が嫌いだから誰かに必要とされたくて、セックス依存症になったと当時の自分を分析しているので本当に驚きました。
BL歴はまだ1年も満たないくらい浅いのですが、この作品に出会えて本当に良かったと思っています。
匿名さん

そしてさらなる余韻

ただ切ない。萌えとかはないんだけど読みおわった後もずっと余韻にひたってました。ふにゃちん最高!!
YUMEKA1212さん

ヨネダ先生、矢代の下の名前ってなんですか?下の名前が明かされる時はくるのでしょうか?気になります~(>_<)
ちさこさん

関連作品

関連作家・声優

戻る 次へ アワードTOPへ