熱情の檻で眠れ

熱情の檻で眠れ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
3件
平均
2.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
茜新社
シリーズ
オヴィスノベルズ(小説・茜新社)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784871827850

あらすじ

システム会社を倒産させ多額の借金を負った伊吹は、すべてを立て替えると言う見知らぬ男の車に乗ってしまった。
連れていかれた先は資産家・王丸総一郎の屋敷。
そこで伊吹は自分が男娼として働く契約をしたことを知る。
反発する伊吹に王丸は酷薄な笑みを浮かべ「では商品ではなく私専属の男娼にしてやろう」と言い放った。
娼婦に憎しみを抱く王丸の愛撫はとてもつらいもので…。
差し伸べられた手は救いの手か、それとも―。

表題作熱情の檻で眠れ

資産家・王丸
多額の借金を背負う・伊吹

評価・レビューする

レビュー投稿数1

監禁もの

伊吹は自分が興した会社を倒産させてしまい多額の借金を背負ってしまいました。
それから取立て屋に追われる日々。
こんな生活うんざりだと思っていたところに王丸という男が現れます。
王丸は自分が伊吹の借金を無利子無担保で返すといいます。…ただし伊吹の体と引き換えに。
なにか重労働でもさせられるんだろうと、今のままの暮らしが嫌だった伊吹は王丸の提案を受け入れてしまいます。
しかし王丸は伊吹に男娼になれと命じてきて―?!

とまあ最初は男娼になれとのことでした。
男娼といったらいろんな相手に抱かれることになりますよね。
でもあまりにも伊吹の態度が悪かったために王丸は自ら調教すると伊吹を囲ってしまいます。
監禁の定番といっていい全裸に手枷に鎖、あります(笑)
そして媚薬にオモチャ…w伊吹を散々嬲りますw
王丸が結構鬼畜でした。自分がイクまで絶対伊吹をイかせてくれません(^_^;)最初はほんとうに伊吹に興味がない感じでしたからね。

最後はもちろんハッピーエンドです。
相変わらず王丸は鬼畜で伊吹は生意気なのは変わりませんけどねw
エロ度は結構高めだったと思います。
続き

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ