欲望の狼

yokubou no ookami

欲望の狼
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
オークラ出版
シリーズ
プリズム文庫(小説・オークラ出版)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784775507711

あらすじ

海に囲まれた全寮制超エリート男子校。捜査に訪れた教育取締官の月島は、恋人の青葉に酷似した生徒を見かけるが!?ハード浪漫ラブ!

表題作欲望の狼

月島竜司(29) 教育取締官
白河青葉(17) 高校3年

評価・レビューする

レビュー投稿数1

シリーズ最終巻にふさわしい

教育取締官・月島竜司シリーズ3冊目、最終巻です。
2006年にプリズム文庫でも発売されています。表紙も同じなので、どちらを購入されても問題はありません。書き下ろしもありません。

月島(攻め)は、教育取締官。人権侵害の内部告発があった泰明山学院に、武道のインストラクター兼整体師として潜入捜査を開始した。生徒を様づけで呼ぶというおかしな現状に憤る中、水無月という新入生が、初事件で恋人になった高校生・白河青葉(受け)にそっくりで…という内容です。

今回の黒幕は生徒なので、シリーズ通じて一番小さな相手です。ただ、舞台が孤島なので、味方が来られない分、危険度は高くなりました。サブキャラ佐倉もあわせて、三人とも殺されるかという間際まで追い詰められます。

1冊ずつ学年を重ねて、青葉は3年生。教育取締官が浸透してしまい、早いうちに二人の正体がバレてしまったり、月島の青葉への淫行を恐喝材料にされそうになったりと、今までのような行動ができなくなりつつある、最終巻らしい内容になっています。

そんな緊迫した状況下でも、月島と青葉はエロいことをしますし、佐倉は憧れの上司・長田とちゃっか続きりデートの約束を取り付けるなど、コミカルさは前作の「沈黙の狼」「反逆の狼」からそのまま残っています。

挿し絵に長官・長田が登場して、シリーズのファンとしては満足です。
今回惜しかったのは、二人のエッチシーンで終わっているということ。後日談的な何かがちょっと欲しかったです。デートはどうなったんだろう?!

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ