彼氏の彼

彼氏の彼
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立4
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
18
評価数
9件
平均
2.6 / 5
神率
11.1%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
オークラ出版
シリーズ
プリズム文庫(小説・オークラ出版)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784775509517

あらすじ

友人に恋人だと紹介されたのは、佐枝という野性的な男だ。
その印象的な瞳を見た瞬間、伊丹は恋してはいけない相手を心の中に入れてしまった。
佐枝を避けようとする伊丹だが、彼に迫られ、ホテルに連れ込まれたうえにキスされてしまう。
このままでは流される―そう思って伊丹が考えたのは、偽の恋人をつくること。
しかし、偽の恋人と佐枝が知り合いだとわかって…。

表題作彼氏の彼

プレイボーイのゲイ:佐枝天泣
最近自分がゲイだと自覚しだしたゲイ:伊丹

評価・レビューする

レビュー投稿数5

サブキャラ萌え

作者様のあとがきに寄りますと、諸事情から今の題名になったそうですけれど、正確には「(友人である)彼の彼氏」だそうです。確かに、あらすじからもそんな感じですよね。

「彼氏の彼」「彼氏の彼2」の中編二本立てです。
どちらも伊丹目線で進んでいきます。

「彼氏の彼」
伊丹(受け)と会社の同僚・小野は友人同士。ある日、ゲイである小野が紹介した彼氏・佐枝(攻め)は、会った途端に伊丹をくどいてくる。佐枝に惹かれつつも、小野を大切に思う伊丹は、大学時代の先輩・松任谷に恋人のふりをしてもらうのだが、実は佐枝と松任谷は知り合いで…という話です。

「彼の彼氏2」
伊丹は、小野に佐枝とのことを告白する。小野は許すと同時に新しい恋について相談をする。小野の片思いの相手をこっそり見に行った伊丹は、その相手が悪い噂が流れる知り合いだと気がついて…という話です。佐枝の誤解&嫉妬も絡みます。

伊丹は天性的な優等生です。真っ当な善人すぎて、佐枝じゃなくても裏があるんじゃないかと勘ぐってしまうくらいなのですが、偽善者にならないよう、上手に書かれています。強引な佐枝に流されそうで、踏みとどまって続き自分で決断するところが良いです。

佐枝は最初から好みだ好きだと言ってくるので…結果的にお互い一目惚れ同士みたいなものだったので、蚊帳の外で別れるとか決められる小野を気の毒に思わないくらいの何かが二人に欲しかったところです。

私は二人の恋愛より、両作品に登場する松任谷先輩が素敵だと思いました。ノンケなのですが、懐も広いし、視野も広く、大人だなぁと佐枝より惹かれるものがありました。イラストは佐枝の方が野生的で男前でしたけれどね。だいたい、彼がいないと二人は恋人になれたかも怪しいですし。

二人の恋愛「中立」+松任谷萌え=「萌」評価でした!

3

正直つまんなかった

帯『俺の前で他の男の話をするんじゃない』

伊丹[受]の同僚小野はゲイなんですが伊丹は偏見無しに良き友人として付き合ってます。
でも伊丹も密かに自分は男も好きになれるんじゃないかなと自覚はしてるけど確信ある訳じゃないので小野には言ってはいない。
伊丹は、小野に自分の彼氏だと佐枝[攻]を紹介されます。
その佐枝は早々に伊丹を口説いてくる訳ですね。
佐枝はかなり強引攻なんですがこいつ身勝手だなーっていう印象。
強引身勝手攻自体は好きな方なんですが、佐枝ってキャラには魅力を感じませんでした。
伊丹も伊丹で、分かるよーな分からんよーな自我がしっかりしてる様でいて実は結構な流されタイプでいらんお節介焼き、後半とか何か読んでて余計なお世話だとか思えてなんだかなー。
あと都合良く出てくる人物同士が知り合い過ぎ~!
人口や学校の少ない田舎町とかなら有りだと思うんですが、1回ならともかく2回は偶然過ぎてご都合主義としか。
小野もあっさりしてましたね、上手くまとまって良かったんだろうけどあっさりし過ぎててちと物足りなかった。
好き嫌いっていう以前に自分にはつまらなかったです。

0

そんなに魅力的な受けには見えなかった。

うはーwずいぶん強引な攻めだと思った。
『彼氏の彼』というタイトルだけど
友達の彼氏ってことです。

友達♂の彼氏に岡惚れしちゃうんですよwww
かっこよくてグイグイ押して来る自信家な佐枝に
惹かれる自分の心にやばいやばいとブレーキをかけながらも
強引にホテルに誘われ襲われてしまう伊丹

伊丹の現在の恋人・小野は、伊丹の友達・・・
小野に申し訳ないと思い自分の恋心を捻じ曲げてしまう伊丹よりも
小野を傷つけても伊丹への想いを曲げない佐枝のほうが“いい奴”みたいに
伊丹は思ってしまうんだけど・・・それはどうよ?www

小野への謝罪をきっちりする伊丹をバカ正直な“いい奴”っていう考えも
私にはちょっとどうよ?と思ったwww

そして罪滅ぼしなのか、単なるおせっかいなのか小野に紹介されてもいない
小野の新しい想い人を、こっそりストーキングして突きとめ
先回りして相手の気持ちを聞いちゃうとか・・・
なんか伊丹って嫌い~!!!!

人のモノ好きになって奪ってしまうのはいいとして
なんか伊丹がいい子ぶっててイラっとするw
これBLで、受けが男だから読続きめるけど
女がやったら最悪最低だと思うんだけどな・・・。

佐枝みたいに自分の気持ちに素直なのはいいと思うんですよね
でも、伊丹だけが特別vみたいなことを言いすぎというか
伊丹のことが今は1番だけど、ほかに好きな人ができたらほかに行く!
そんなスタンスのスリリングな男のままでいてほしいなぁ。

1

んー

さくさく読みやすいんですが、どうにも話に入り込めなかったです。
友達の彼氏に惚れてしまうというお話です。
傲岸不遜な俺様攻めが主人公を口説き、エロい行為をしかけてきて、イケナイと思いながらも惹かれてしまう…という。
正直なのはいいし、友達のために身を引くのもいいんですが、主人公にせよ攻めにせよ、その行動原理となる理屈がオコチャマっぽくて、辟易してしまった。
友達が大事なら、そもそも最初っからホテルの個室で二人っきりになるべきじゃないよ、と。

0

こういうのもありですね

全然期待しないで読んだのに面白かったです!

主人公はうっすらと「俺ゲイかもなぁ~」と思っている男性、伊丹。
女の子と付き合った経験もあるものの、自分の心がときめく相手は男だと自覚しています。
とはいえまだ男性相手の経験があるわけではなく、積極性はありません。

そんな彼が、ある日同僚の小野という男に「俺ゲイなんだ」ってカミングアウトされちゃいます。

これってつまり、伊丹としては内心「あっ、俺もだよ~」ってなるはずなんですが、
なぜか自分のことは隠しておくんです。

しかも、この二人がカップルになるわけではなくて……、
小野が伊丹に「この人俺の彼氏なんだ」って紹介した男と伊丹がくっ付くんですよ。
つまり伊丹は同僚の恋人を奪っちゃうんです!

なかなかヒドイ奴ですが、それをそう思わせない人の良さがあり、
なんとなく納得させられました。

そして、この略奪愛が実ってからも、色々と面白い展開で楽しませてもらいました……。

1

ルネ

過剰な期待で読むと裏切られることが多いので、けっこうこの読み方は正解かもですねOKI

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ