Death13 -2nd Sword-

Death13 -2nd Sword-
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
笠倉出版社
シリーズ
クロスノベルス(小説・笠倉出版社)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784773003673

あらすじ

侵略者エネミーへの対抗手段として造られた人型兵器ヴァンガード。
黒の13号との異名を持つそれに搭乗するシリルは本来なら、学者としてエネミーを知るべく惑星ミナヅキを訪れたはずだった。
しかしそこでシリルはエネミー以外に欲する存在を知る。
研究以外の事に興味を持たないエンジニアの丞は、貴族的なうつくしさとおそろしさを併せ持つ男シリルの求愛に戸惑いつつも墜ちていく。
恋だけでは生きられない男たちは、この惑星をひとときの場として伴にいることを選ぶが…。
壮大なスケールで贈る大人気シリーズ、待望の最新刊。

表題作Death13 -2nd Sword-

ヴァンガード・ウォリアー シリル・アンドリュース
エンジニア 戒能丞

評価・レビューする

レビュー投稿数1

作者待望のオヤジ受

黒の13号の(デス・サーティーン)の名を持つザ・ヴァンガード13号機の搭乗者、貴族的な魅力を持つシリルは元々は学者としてミナヅキを訪れた変わり種だ。
しかし彼はそこで出会ってしまった。人の造った神の似姿、美しいヴァンガードと、そして愛すべき存在に。
その相手、エンジニアの丞はシリルからの突然の告白をとまどいながらも拒めなくて・・・・・・

というわけで作者待望のオヤジ受けです。
金髪の超美形の元民族学者×研究馬鹿の整備士。

七地さんの他の作品にも共通することなのですが、時々不思議なところから話が始まる気がする。
当たり前に出会いから進展することがあんまりなくて、もうできあがっている関係性を後から追体験するように書くっていうかなんていうか。

ナチュラルに丞さんヒゲですが、そんな彼がかわいく見えたらあなたはもう作者の術中。
あとがき曰くあんまりオヤジ臭くなりすぎないように自主規制されたそうで、なんかいっそ規制なしで突っ走って欲しかった気がします。せっかくだし。

あふれ出るシリルさんの包容力にはときめきです。

この巻に限ったことじゃないけれど、本文の隅っ続きこの方にいつも終わりを見据えている感がにじんでいてどきどきします。
こんなに盛大に広がった物語。ぜひとも長く読みたいので。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ