誑惑の檻―黒皇の花嫁―

kyouwaku no ori

誑惑の檻―黒皇の花嫁―
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ワンツーマガジン社
シリーズ
アルルノベルス(小説・ワンツーマガジン社)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784862960627

あらすじ

凛はチャイナ・マフィアから身を隠しひっそりと生きてきた。雷雨の夜、突如襲われた凛を救ったのは、大富豪・嵩原だった。手厚い看護と慈しむような眼差しに癒されるが、救い出されたのではなく、罠にかけられたと知る。毎晩繰り返される陵辱行為。圧倒的な熱に犯され、嵩原の底知れぬ恐ろしさに触れた時、それは記憶の底にある、何かと符号して……。“そなたこそ黒の花嫁にふさわしい”凛の封印された秘密を言い当てる紳士。その正体は……。

表題作誑惑の檻―黒皇の花嫁―

黒の花嫁を探す大富豪/実態は闇の黒皇・嵩原壯一郎
チャイナ・マフィアから身を隠す黒の花嫁・緑川凛

評価・レビューする

レビュー投稿数1

陵辱から始まる愛

闇社会に生きる二人が、仕事もプライベートも信頼できる関係を築くまでのわりとテンプレなストーリー。
攻め様は激強な”黒皇”、しかも大富豪。エッチのテクも抜群です。一方受けの凛は細腰の美形。でも気は強く、芯のある青年。
凜は昔の衝撃的な出来事のために大切な記憶をなくしています。あるとき、何らかの勢力に殺されそうになったところを、攻め様に救われて屋敷に軟禁されてしまいます。しかし、攻め様の根気強い熱意にだんだんとほだされ、真実にたどりつく。。

決して無理な設定もなく、中だるみもなく最後までしっかり読ませます。ただ、もう一つ何か迫るものがなかったので、この評価になりました。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ