邪道―比翼連理〈中〉

邪道―比翼連理〈中〉
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
14
評価数
3件
平均
4.7 / 5
神率
66.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
X文庫ホワイトハート(小説・講談社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784062559256

あらすじ

魔族との共生の道を探るために、魔界へ向かった柢王を追う桂花。
一方、アシュレイも西の王子・カルミアを取り戻すために魔界へと赴く。
それぞれが抱いていた「魔界」への疑惑の眼差しが交錯する。
しかし、運命の歯車は止まらなかった―。
短編「魔族の血」「苺と砂糖」他、描き下ろしコミックも併録。
果てしなく膨張する「邪道」ワールド。

表題作邪道―比翼連理〈中〉

守護主天ティアランディア・フェイ・ギ・エメロード
天界南領の王子アシュレイ・ロー・ラ・ダイ

その他の収録作品

  • 魔族の血
  • 比翼連理(中)
  • 苺と砂糖
  • ホワイト・パール

評価・レビューする

レビュー投稿数1

このシリーズの中でも一番胸が締め付けられる巻。何度読んでも切なさは募るばかり。

『魔族の血』
沖さんのコミック版「邪道」6巻の『WHITE BLOOD』と同じ内容の小説版でした。
小説の方がかなりコンパクトに仕上げてあるけど、先にコミックを読んでるせいで情景が目に浮かびます。
可愛く甘える桂花が絶品!

『比翼連理(中)』
おそらく、この第1部で一番緩急があるというか壮絶な展開にあたる部分。
魔界で暮らし始めていた柢王に桂花が偶然再会を果たすのですが、そのやりとりがとても切なくて。
柢王はまだ自分が会えるような状態じゃないからと姿を見せずにやり過ごそうとするんだけども、魔族に狙われた桂花を助けるために姿を現して。
桂花は再会を嬉しく思うんだけども、柢王の瞳が自分を受け入れていないことを悟って沈んでしまって。
翳っていく気持ちがどんどん暴走を始めて。
子供のように素直なとんでもない独占欲のような気持ちを桂花は打ち明けるに至るんだけども。
そこでもそんな桂花の柢王を「唯一」とする誰にも渡したくないと思う気持ちがひしひしと伝わってきて痛いです。
そうして、桂花の願いを叶える約束をする柢王。
しばしの蜜月。
しかし、その後に待っていたのはそれ続きを上回る悲劇で。
前半が再会できてよかったー!想いをちゃんと交わすことができてよかったー!と幸せな気持ちになれればなれるほど、後半の流れはもう悲しくて仕方なくて。
昔、新書版で読んだ時も相当ショックだったんだけども、やっぱりまたショックを受けてしまいました。
柢王を運ぶアシュレイの描写とかにすごく胸をしめつけられて。
最後の気丈なまでの桂花の振る舞いさえ痛々しく映りました。

『苺と砂糖』
ティアとアシュレイ。
氷暉と柢王と桂花の飼っている魔鳥・冰玉。
それぞれの関係。

『ホワイト・パール』
沖さんによる4ページマンガ。
↑『苺と砂糖』の後のティアとアシュレイ。
ティアがやっぱり変態です(笑)
そして、アシュレイを愛でる氷暉がなんかステキ☆

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ