邪道―天荒回廊

邪道―天荒回廊
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
14
評価数
3件
平均
4.7 / 5
神率
66.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
X文庫ホワイトハート(小説・講談社)
発売日
価格
¥580(税抜)  ¥626(税込)
ISBN
9784062557818

あらすじ

恋人同士となったティアとアシュレイ。しかし、アシュレイには、その恋に向かって真っ直ぐ突き進むことに、どうしてもためらいがあった。そんななか、魔族の卵を見張るために、アシュレイは守天(しゅてん)から逃れるかのように人界へと旅立つ。そこで出会った亜火(あび)から、自分の生い立ちの手がかりを摑(つか)もうとするが……。柢王(ていおう)と桂花(けいか)の熱い新作「風の鎖」に幻のコミックを含む『邪道』第3弾!
出版社より

表題作邪道―天荒回廊

守護主天ティアランディア・フェイ・ギ・エメロード
天界南領の王子アシュレイ・ロー・ラ・ダイ

その他の収録作品

  • 天荒回廊
  • 浮火(沖麻実也さんマンガ)
  • 金枝玉葉
  • 風の鎖

評価・レビューする

レビュー投稿数1

出生のひみつ、恋のひみつ。

『天荒回廊』
人間界勤務の始まったアシュレイ。
そこでアシュレイは一角族の亜火という魔族と出会い…。

人間にとって魔族は禁忌。
人間界を守るために魔族退治に出ていたアシュレイだったが、そこで出会った亜火はもう長く人間として暮らしていて人間に害を与えるようなこともない。
角を持つ亜火の存在にアシュレイは自分の出自がわかるのでは…という思いもあって退治せずに見守るようになる。
けれど、それは天界では決して許されることではなくて。
人間たちが疫病を亜火のせいにして亜火は倒されて…。

魔族を退治することは正しいことだと信じていたアシュレイにとって亜火の存在はそれを揺るがすもので。
言葉の通じる、人間に害を加えることもない、魔族まで倒すことは正義なのか?
角のことを知るためには亜火を天界に連れていった方がいいだろうが、それで亜火が捕らえられ、自分の出自がはっきりしてしまっていいものか。
迷いの中にいたアシュレイの元へ、禁忌を侵してやってきたのはティア。
包み込むような彼の存在にアシュレイは癒されていく。

『浮火』
沖さんの3ページ漫画。
亜火のことで気落続きちしているアシュレイを想うティア。
構図は昔のままに描き直されたそうです。

『金枝玉葉』
ティアと閻魔の生誕祭もあって天界に戻っていたアシュレイ。
けれど、まだティアに会う勇気がなくて…。

亜火の角のことで秘密があるのが1つ。
ティアが望むような「恋人」になれるような同じだけの気持ちを自分が持っているかわからないのが1つ。
ティアに会えない理由。
けれど、柢王からティアがどれだけアシュレイからの連絡を待っていたのかを聞かされて、こんな日くらいは優しくしたいと思う。
自分の感情が恋なのか愛なのか。
それはわからないけれど、一番にティアのことを考えているのは事実で。
最終的にはティアにそんな素直な気持ちを伝えることに。
キスが許されるならいつまででも待てると言ったティアに拍手。

『風の鎖』
その昔、柢王と出会う前。
桂花は李々という魔族とずっと一緒に暮らしていた。
そして、ある日、李々はいなくなった…。

柢王が桂花の気配の残る剣を見つけて、そこから李々のことを調べて。
人間界にいた頃の桂花の暮らしを聞いて嫉妬してみせたり。
李々の存在に嫉妬してみせたり。
たった1人の家族ともいえる存在に捨てられた淋しさは桂花の中に今もあって。
けれど、柢王と出会った。
その腕はどこまでも強く確かで、絆なんかよりも信じられる存在。

今まで涙なんて流すことのなかった桂花が涙を見せるほどに安心して全てを預けられる柢王という存在に巡り会えてよかった。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ