乙女貴族。

うちのダーリン英国紳士。

uchi no darking eikokushinshi

うちのダーリン英国紳士。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
27
評価数
9件
平均
3.1 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~(コミック・海王社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784877248987

あらすじ

「こ…これがセックスというものなのかっ!?」
伯爵位を持つ英国貴族、クリストファー(33歳)は、規則正しく定時な日常を過ごしていた。規則正しすぎて、彼はあまりに箱入りだった。セックスという行為はおろか言葉すら知らないほど…。ある日、クリスは領地の中で野宿している男を見つける。日本の庭師だという彼・金森によって領地の一部は、いつの間にか鹿威が響く日本庭園になっていた! 怒りまくるクリスを金森は「好みだ」といきなり襲ってきて…? 紳士の「初めて」を野外で奪うなんて…野蛮なり、ニッポン人!
出版社より

表題作うちのダーリン英国紳士。

金森奨 (庭師・28歳)
クリストファー (スタンレー伯爵家 当主・33歳)

その他の収録作品

  • 僕のご主人英国紳士。
  • 続・僕のご主人英国紳士。

評価・レビューする

レビュー投稿数6

どこまで天然(笑)

「ダーリン」シリーズ第2弾と銘打ってますが、「うちのダーリン外国人」とはキャラは被ってないので、この作品単独で読んでも大丈夫です。
今回は舞台は完全にイギリス。
貴族の屋敷でお話は繰り広げられるのですが、たとえ落ちぶれたとはいえ、貴族なので執事も登場します。それもお約束の様に名前はセバスティアン!(新也先生、期待を裏切りません 笑)
今回もいつもの通りツッコミの入る楽しい展開で読みやすいです。
貴族のクリスが余りに箱入りすぎて笑えます。そのくせ貴族のプライドは持っていて、かなりの意地っ張りです。
攻め様の奨は強引で男前。天然なクリスをグイグイ引っ張ってリードします。
描き下ろし漫画はクリスの愛馬、アレクサンダー。ご主人のクリスが大好きなんですが、このアレクサンダーが可愛かった!
新也さんの発想の豊かさが伺えます。^^

0

愛馬ってやはり美しい

新也さんのセンスが好きでちょくちょく読むのですが
イラストは好きということはないものの
外人であればイラストは見やすいなと気がつきました

今回は英国紳士
広大な敷地を持つ伯爵位貴族
真面目でまっすぐな箱入り息子??箱入り貴族?
箱入りって言葉がぴったりきすぎるくらいぴったりくる
クリストファー

敷地内に入り込んでいた庭師の金森と恋におちます

2人もかわいいですが
今回の作品で一番かわいいのは、クリストファーの愛馬アレクサンダーです

アレクサンダーからみた2人
こちらに一番キュンときました

0

受けの愛馬 vs 攻め

古本屋さんでパラパラと見てみて、面白そうだったので購入しました。

新也先生の作品は嫁シリーズ以外では初めて読みますが、
嫁シリーズ以外の作品でも作風は変わらず、相変わらず面白いと思いました。

英国人なのに英国というより日本人っぽい受けと、
日本人なのに日本というより英国人っぽい攻めが
対照的に描かれていていますが、
受けは伯爵として英国人らしく振る舞い、勤め、
攻めは庭師として日本人らしく仕事をしていて、
二人っきりの時とのギャップが面白かったです。

『僕のご主人英国紳士。』
受けの愛馬のアレクサンダー視点の番外編です。
まさか馬の視点で描くなんて思いもしませんでした。
もっとユニークな発想がたくさん出来るよう、
精進したいと思いました(笑)。
アレクサンダーと攻めとの やり取りが面白かったです。
失恋をなかなか受け入れられないアレクサンダーですが、
アレクサンダーにも新しい春の兆しが見えてきているようなので、
次の恋に向けて頑張ってほしいと思いました。

今回の評価は、あまり迷うことなく「萌」です。
頼もしくて野性的でカッコいい攻め続きですが、受け視点で描かれているためか、
攻めの心情が分かりづらかったので、今回はこの評価にしました。

0

馬がかわゆかったー

おぼこい世間知らずの英国貴族が日本人庭師に上手いこと言いくるめられて、やられちゃう話なんですがアホかわういです。
スタンレー伯爵は30代ですが世間知らずで浮世ばなれした初心……というかアホの子。
しかもこれはいいアホの子です。
伯爵といっても金銭的に行き詰まってはいるのですがそれでも優雅。
金森は俺様だし強引ですがアホの子にはこの位の相手がぴったりだと思うんですよね。
ところかまわず犯っちゃうのも笑えるのでアリで。
あと伯爵の愛馬が馬ですがもっそいいい味出してます。
主人想いで健気で可愛くて、ちなみにこの馬も受……多分。
思いっきりぶっとんではいないけど、普通にぶっとんでるアホエロ話で最後も大円団だしライトに楽しむにはおもろい作品。

0

もー、めちゃくちゃですねw

突っ込みどころ満載のギャグ漫画です。(作者本人が作中でガンガン突っ込み入れてくれてますw)
セックスを知らない英国貴族が、日本からガーデニングの勉強をしにやってきた庭師に出会い、いきなりセックスを教えられ、なし崩しにお屋敷のなかでエロエロな毎日を過ごすことになる。
ぶっ飛んだ展開ですが、面白いからok。
難しいことは考えず、割り切って楽しむべし。

見た目完璧な三十路童貞の英国紳士がそれまでのきっちりした生活を崩されてアタフタしてる様子がやたらカワイイです。こういうのもアホ受けの一種だと思う。アホ受け好きのツボに入る感じ。
攻めはよくワカランです。あんたほんとに日本人か?と言いたくなるw

さらに馬のアレクサンダー萌え。
忠実で健気なアレクサンダー、可愛いね~。

0

英国貴族のキャラが面白い

表紙は一見コテコテっぽいけど、中身はギャグ漫画です。

英国貴族のスタンレー伯爵は、
もう33でいい歳だけど、ずーっと自分の領地内での生活を送ってきているため、
箱入りでウブでちょっとバカなんですね。

朝昼晩の食事や領地の見回りetc 毎日決まりきったことをこなす日々を送って、
適当に仕事っぽいこと(主に領地の見回り)とかもやってますが、
基本すごく暇そうです。感傷的に見れば、孤独でもあります。
が、そんな生活の中、
ある日突然、日本人庭師の金森に出会います。
そんでもって段々段々ラブが芽生えちゃう……ってお話。

まぁギャグなので、
話の展開でどうこうって作品ではなく、深~い何かはありません。
でも私はスタンレー伯爵のキャラがとても好き。

見た目可愛らしいおバカも良いけれど、
見た目はしっかりしてそうなのに、どっか抜けているおバカはもっと愛着を感じる!
彼はまさにそのタイプで、バカ過ぎるけど、なーんか憎めないヤツなのですよ。

ちなみに、スタンレー伯爵は
攻めの金森と出会うまで、『セックス』というものを知りませんでした。
ただ未経験と続きいうだけではなく、
知識がないので『これは何?』という反応を示すんです。

これもスタンレー伯爵の歳が幼かったら普通かもなんですがね、
もうオッサン入ってるんで、新鮮というかちょっとキモくてウケるというか……です。

そうそう、カバーを取り外した表紙&裏表紙の部分にも
「かわいそうなぼくは」というプチ小説がついています。
これもかなりバカバカしくて笑えましたよ~。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ